« ホーム・スワッピング | トップページ | 外食SNSの登場!ぐるなびPRO »

2006年10月19日 (木)

近ツリと「Knt!」の略式関係

今日の勝手にアドバイスの題材は、近畿日本ツーリストの新ブランド名として採用された「knt!」である。ネーミングこだわり派には「はぁ?」という感じのニュースであったと思う。

Ph

【勝手にアドバイス Vol.56 近ツリと「Knt!」の略式関係】
近畿日本ツーリストは、来年1月1日から新たなブランディング活動に取り組む。新企業ブランド名「KNT」、企業ロゴ「knt!」を導入する。発音は「ケイ エヌ ティ」。従来、顧客や取引先からは社名を「近ツー」や「近ツリ」と略されることは多かったが、会社として一度もコンセンサスを取ったことはなかった。正式な社名は変わらないものの、呼称は新たなブランド名で統一していく。
引用元記事 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20061018/251041/

【正式な社名ではなく略称を変えるという選択】
この記事を読んで驚いたのは、略称とは「コンセンサスを取るものである」という点である。行間を読めば「略称とは企業が決めるものである」ということなりそうである。それってどうなの?といいたい。

著名な会社の名称はブランドの一部であり、資産である。登記地が異なる場所であっても、著名な会社なら類似社名を付けられたら財産権侵害などで警告や訴訟はできるし、特定のサービスならサービスマーク登録で保護もできる。

しかし、いくら有名だからと言って、巷の会話で使われる「略称」までコントロールできるのであろうか

近畿日本ツーリストという長~い名称では舌をかみそうになるので、お年寄りだって「近ツリ」と言っている。その短縮には特に悪意も別称もないと思う。むしろ、親しみをこめた「近ツリ」という語感。それがどうして悪いのだろうか。浸透しているだけでなく、愛称と言ってもいいような名称なのに。

【略称とは、水が低きに流れるがごとし】
日本人(日本のメディア)は略称好きである。それは止められないのである。

たとえば・・・
 キムタク
  ロケフリ
 エロカワ
 アキバ
 デジカメ
 マクド
 東スポ
 ヤフオク

会社名で思いつくままにあげると・・・
 ソニプラ(ソニープラザ)
 ニッスイ(日本水産)
 日テレ(日本テレビ)
 スタバ(スターバックス)
 東電(東京電力)
 日通(日本通運)
 近鉄(近畿日本鉄道、おまけです)

業界最大手2社でひとつの略称もある。
 デンパク(電博=電通、博報堂)

「企業名と商品の統合略称」とは、モノ凄い知名度の価値。
 よしぎゅう(吉野家の牛丼)

ちなみにコンサル会社の名前も長ったらしいのは略されることが多い。
 ベリポン(べリングポイント)
 ボスコン(ボストン・コンサルティング・グループ)
 ノムソウ(野村総合研究所)
 当社も長たらしいので自主的に略しているが、著名でないゆえ恐れ多くて併記できません。

そう、略されるほどの知名度は、資産価値としてズバ抜けているのである。会社名がニッポン何々で略せるものであっても、知名度が低ければ略して呼んでくれない。社内や取引業者、せいぜい業界では略称が通じるが、一般には「はあ?」である。

近ツリ。その語感はリッチな旅行そうに、あるいは上品な旅立ちには聞こえないかも知れない。でも旅行会社なんだから身近な存在感で、「近ツリ行ってぇ・・・」みたいな会話で語られてもいいでしょ。無形資産価値としてモノ凄い。もっとも略称という無形資産価値の算出はむつかしいし、この手のあいまいな価値の算出を「請け負います!」というのは業界でもわたしぐらいである(冗談デスがそれに近いことはやってます)。

ネットで「近ツリ」とググってみてほしい。3万6000件がヒットした。ブログに書き込みが中心だろうが、それを捨ててしまうのである。さらに「knt 近ツリ」だと1万4000件である。それを捨てて「ケイエヌティ」なのか。

【ケイエヌ・・・ティ?】
加えて「knt」は同社のドメインネームにも使われていて、新しいものではない。強いていえば「!」を付けたことが変化ではある。

だが語感が悪い。「ケイエヌ」まではひと口で言いやすいが(「KMタクシー」と韻が似ているけど)、ティが付いたとき、舌の位置が変わること、それにシラブルがひとつ余計に増えるのがよくない。DHCならディエッチシーと、ストレスなまっすぐ発音できるが、ケイエヌ・・ティになってしまう。もちろん略しようもない。

わたしはネーミングや題名にはこだわりはあるが、ネーミングのプロではないのでこれ以上批判はしない。だが現場を離れた経営陣や経営企画が決めたような匂いがすることだけは指摘しておきたい。社員からネーミングを募集して決めたと記事にはあるが、プロは起用しなかったのだろうか(「knt!」のロゴデザインはプロの仕業だが)。B2Cの会社なのだから情報デザインはアマではダメだ

なのに、「ウェブのドメインネームでいいでしょ」という保守的な大衆意見で決めてしまったのだろうか。しかもロゴだけの表現なら、「Kin2」(2を二乗にして、サービスの相乗効果を表すとか)ぐらいで充分だと思う。「knt」だと「キント」と呼ばれないだろうか。

【勝手にアドバイス】
auの音楽サービス「LISMO」は、略される前提でのネーミング。略されることも計算するのが今の世の中。LISTENのLISは動物のリス柄で広告することができる点も含めてネーミングしたはずだ。

Lismo

②口につきやすいことに加えて、携帯で打ちやすいことも必要。docomoはomoがアルファベットで同じキーであり面倒。今どきサービス名やブランド名は、携帯キーで入力されることも計算に入れるべきだろう

短縮社名といえば、ダイエーが昔、社内用語でジャスコのことを「ジャコ」と蔑称していたと日経ビジネスに載っていた。なるほど、水は低きに流れるものである。

今日は以上です。ではまた明日。Click on tomorrow!

|

« ホーム・スワッピング | トップページ | 外食SNSの登場!ぐるなびPRO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近ツリと「Knt!」の略式関係:

» 少女が豊胸手術を決意するとき -茨城高三ブログ [陥没乳首を洗濯ばさみで直す]
はじめまして。面白そうなブログなのでお気に入りに入れさせていただきました。よろしければ私のブログもお気に入りに入れていただければ幸いです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 06時23分

» 少女が豊胸手術を決意するとき -茨城高三ブログ [陥没乳首を洗濯ばさみで直す]
はじめまして。面白そうなブログなのでお気に入りに入れさせていただきました。よろしければ私のブログもお気に入りに入れていただければ幸いです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 06時32分

» 少女が豊胸手術を決意するとき -茨城高三ブログ [陥没乳首を洗濯ばさみで直す]
はじめまして。面白そうなブログなのでお気に入りに入れさせていただきました。よろしければ私のブログもお気に入りに入れていただければ幸いです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 06時40分

» “近ツリ”から「KNT!」へ。 [コンシェルジュ「J」のマーケティングブログ]
  近畿日本ツーリストには、旅行会社のイメージである、国内外の パッケージツアーや航空券の販売だけでなく、大型のスポーツイベントや アーティストのコンサート、企業主催のイベントに伴う、移動や宿泊を中心とするコーディネート業務を行う「イベント・コンベンショ... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 15時01分

» 初トラックバック [もなみ]
うーん。ブログって難しい・・・でもハマリそう(笑)旦那がいないうちに更新w [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 09時29分

» 貧乳でもあきらめるのはまだ早い! [バストアップ豊胸の術]
豊胸手術、その前に!あきらめるのはまだ早い。 [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 01時44分

« ホーム・スワッピング | トップページ | 外食SNSの登場!ぐるなびPRO »