« 西川美和さんにゆらされて。 | トップページ | 手帳とは変化への挑戦グッズ »

2006年11月27日 (月)

浦和レッズのエモーショナル・ドメイン

今日は隔週で書いている ぷろこんエッセイからの転載です。

△○○○○△○○●○●○△●○○△○△○○●○○○○△●○●○

手が早いと自称するわたし(PC操作のことです)にしては珍しく、先週は仕事が
立て混んでいた。だから11月23日のJリーグ第32節の浦和レッズvsヴァンフォ
ーレ甲府
戦は、横目でちらちら見るのが精一杯だった。

それでも前半、FWのワシントンが2発もペナルティ・キックを外したのが視界に
入ってきた。2発もPKを外したのである。わたしの記憶が正しければ、試合中の
PKで2発連続で外すJリーガーは見たことがない。これで前半は0-0である。

ヴァンフォーレ甲府のゴールキーパーが神のような俊敏性と予測力を持って
いるなら納得もできるが、横目チェックのわたしには、ワシントン選手はなぜか
「びびっていた」ように見えた。大事に決めようと考えすぎて力の無いボールを
蹴ったように見えた。チームトップの得点をゲットしているだけではなく、今季の
Jリーグ得点王のワシントンである。びびるはずはないのだが。

わき道にそれるが、JリーガーでPKの最多得点を記録しているのは、同じ浦和
レッズの福田正博(元)選手である。J1在籍10シーズンで34本のPKをけり、
そのうち26本を成功させた。決定率は76.5%。なるほど名手でも1/4は外すの
である。
参考サイト http://sports.biglobe.ne.jp/soccerclick/column/column024-1.html

カタルシス(PK失敗の鬱積からの解放)は後半に訪れた。後半開始早々、MF
山田からのクロスに反応、遂にワシントンはヘディングでゴールを右隅に決めた。
喜びの表情。はずんだ。歓喜の瞬間。

061124st20061124011_mde00143g061123t 正面。  20061123e000y40023 側面。

だがレッズ・サポーターにカタルシスをもたらせたのは、ゴールそのものより、
ワシントンの元に殺到したチームメイトの手荒く、だがやさしい祝福だった。

キーパーを除く全員が来たのではないかと思ったほど多くの選手がワシントン
に飛びかかってきた。山田、闘莉王、三都主、長谷部、鈴木、ポンテらが殺到し、
抱きつき、乗りかかり、頭をなで、しがみつき、からだをたたき合い、その得点を
たたえた。普段の1点のたたえかたではなかった。いつまで続くのかと思われた
とても長い手荒い祝福だった。遅延行為でイエローカードが切られる!とさえ
思った。

その1点が浦和レッズにとってJリーグ初制覇につながるという重い1点だという
意識もあっただろう。だがわたしは、それよりも、2発もPKを外していたエースへ
の祝福であり、「落ち込まず良くがんばったな!」という仲間へのおもいやり
だと感じた。

目的の高さ、明確さ、個々の技術、選手起用、攻撃と守りの遂行力、ゲーム
コントロールとその戦略、そして運。チーム力を構成する要素はさまざまである。
だがわたしがもっとも大切だと思うのはたったひとつのことである。それを
ワシントンのゴールへの仲間の祝福に観た。

良い仕事は良い仲間から生まれる。こう言い換えてもいい。良い仕事は良い
仲間との協働からしか生まれない。

△○○○○△○○●○●○△●○○△○△○○●○○○○△●○●○

先日聴講したセミナーで「エモーショナル・ドメイン」という言葉を聴いた。

セミナーの講師(リッツカールトン日本支社長の高野登さん)は、「心の立ち
位置」と表現されていたが、その人がどういう心の立ち位置の人なのかという
意味だそうだ。

おもてなしの品質で有名なホテル、リッツカールトンはサービス業である。
サービス業は人間が財産である。そんなことは誰にでもわかることだが、
では財産は育てるものなのか、恵まれるものなのか。どちらなのであろうか。

高野さんは「良い人材はギフトである」と言っていた。もうハタチにもなる人
の性格は教育でも訓練でも訓話でも変えられない。だから雇う時点でギフト
を見分けるしかないのだ。

その見分け方が「エモーショナル・ドメイン」である。高野さんは二つ、三つ
例を挙げていた。ひとつの例は電車の中での振舞い。優先席の前に立った
とき、座っていた人が降りた。自分は年をとってもおらず障害を持っている
わけでもない。座るか座らないか。携帯電話を持っている。電源を切る人か。
電源を切らないまでもマナーモードで使用しないでいる人か、どうか。

雨の日、傘をさす。その道は工事が行われていて、歩道が狭くなっている。
行き交うにはかなり狭いので傘を傾ける必要がある。すれ違いざまに傘を
どちらに傾けるか。すれ違う人の方に傾けるか、それとも反対側に(外側)に
傾けるか。すれ違う人の方、つまり道路の内側に傾けると、自分は濡れない
が、相手に傘からしたたり落ちる水を浴びせることになる。外側に傾けると、
自分は濡れるが、相手には水をかけない。

ギフトとは、どちらの立ち位置に立つ人か簡単に見分けられる。

△○○○○△○○●○●○△●○○△○△○○●○○○○△●○●○

わたしの仕事の師匠は、最近人材評価に凝っていて、「社員が高い業績を上げる
ためには、職種と組織の双方に対する適合性が必要」であると言っている。
職種に対する適合とは「仕事に対する向き・不向き」であり、組織に対する適合
とは「組織の中での役割(ミスマッチ)」「上司・同僚・部下との「人間関係(相性)」
である。

いくつかの分析項目があるのだが、師匠が変えられないものとするのはまず
「性格」であり、次いで変えにくいのが「組織適合度」としている。他のもの、
スキルや知識やコミュニケーション力、交渉力などは変えられる。教育や訓練
でなんとかなるのである。性格や組織適合は見抜くしかないのである。

わたしの仕事上の人材評価ポイントはこうだ。「この人と一緒に仕事ができるか
どうか」、言い換えれば「この人と二度(以上)仕事をしたいか」。メンバー判断の
ポイントはこれだけだ。これだけで充分だ。

(今季の浦和レッズの勝敗)
△○○○○△○○●○●○△●○○△○△○○●○○○○△●○●○

サッカー日本代表は、2006年のワールドカップでは一次予選で敗退して
本選に進めなかった。サッカー一流国とはまだ技術力、体力、ゲームコント
ロール、さまざまな差があることは認めよう。だがドイツにだってひと泡吹か
せた日本チームなのである。優勝はできなくても予選突破はできたはずだ。

敗退した深層に、日本代表にエモーショナル・ドメインが不足していたから
ではないだろうか。

中田英寿対その他の選手という構図があったと伝えられた。だが、その他の
選手たちも決して一枚岩ではなかった。ワールドカップ後に代表離脱選手が
続出したのは、あのときの共通したドメインの不足、精神的な不完全燃焼
ゆえに疲弊したからだと思う。

そのときの監督にくらべて派手さがない「無名の選手起用」をする新監督の
オシム。名の通ったスター選手を呼ばないので、テレビ視聴率が上がらないと
いう声もある。だがオシム監督は、選手起用を名声やスキルや経験からではなく、
「エモーショナルな立ち位置が同じ選手」を集めて、時間をかけてしっかりした
チームづくりをしようとしているように思えるのだが、どうだろうか。

今日は以上です。ではまた明日。Click on tomorrow!

All_come_together00  優勝祈願!

|

« 西川美和さんにゆらされて。 | トップページ | 手帳とは変化への挑戦グッズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズのエモーショナル・ドメイン:

» 人間関係が気絶するほど得意になる方法! [インフォトップ ランキング]
人間関係が気絶するほど得意になる方法! 10人中10人全員に好かれ愛され応援さ... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 23時40分

» 渋谷ではたらくギャルサー総長ブログ [ショップ店員の派手な外見とは裏腹に、お給料は少ない。]
ウリやってる子はちょっと軽蔑する。もう店で着る服が数着残ってるだけ。どうしてこうなっちゃったんだろう。 [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 04時28分

» 渋谷ではたらくギャルサー総長ブログ [ショップ店員の派手な外見とは裏腹に、お給料は少ない。]
ウリやってる子はちょっと軽蔑する。もう店で着る服が数着残ってるだけ。どうしてこうなっちゃったんだろう。 [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 04時37分

» こんなサイトがありました [こんなサイトがありました]
こんなサイトがありました なかなか楽しいですよ http://www.1happy-net.com/nanpabicban.html ぜひ観てください。 [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 10時48分

» 夏目理緒動画:混浴「あぁスゴ〜ィ」 [エロスな動画【youtube】]
しかし、夏目理緒ちゃん。タオルの上からはっきりわかるほどの大きさですね。こんな娘と温泉一緒に入ったら・・湯船からあがれない(笑 [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 18時55分

» 浦和レッズ優勝 [今、話題のキーワード]
浦和レッズ優勝 優勝 浦和レッズ レッズ レッズ優勝 試合 祝 Jリーグ 浦和 初優勝 ガンバ大阪 ガンバ サッカー 嬉しい 悲願 サポーター J1 争い チーム 最終節 FC東京 対決 サポーター 最終戦 3点差以上 勝てば リーグ優勝 一戦 ホーム 2006年 セレッソ 埼玉県民 初制覇 応援 降格 3対2 意味 よかった 福岡 ポンテ ワシントン 生 友達 得失点... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 07時43分

» 浦和レッズ優勝おめでとう♪@スーパーサッカー [サッカーを知り尽くせ!サッカー用品、スパイク、グッズ、ワールドカップなんでも情報局]
こんばんわ。サッカーを知り尽くせ!ののぶ~~です。浦和レッズ優勝!!おめでとう!!!おいらは闘莉王がすきになり、そして今シーズンは浦和レッズサポーターとなりつつありました。ガンバが負けたのはちょっと残念なんですが。。そして、昨日...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 17時21分

» 福田正博(経歴)◆浦和レッズ [サッカー用品を選ぼう!]
現浦和レッドダイヤモンズ(通称:浦和レッズ)の前身である三菱重工業サッカー部時代からの所属選手。福田は当時日本サッカーリーグ2部に降格していた三菱重工業サッカー部を、1年で日本サッカー1部に復帰させる原動力の一つを担った。1993年のサッカーJリーグ発足と同時に、三菱重工業サッカー部は、浦和レッドダイヤモンズとして新リーグに参加。福田も浦和レッズの主力としてチームを引っ張った。... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 05時25分

» 浦和異例の「JAPAN」ユニフォーム 第三ユニフォーム [サッカーブログ]
レッズがACL(アジアチャンピオンズリーグ)用の第三ユニを作るとのこと。 うーん、いいなー、レッズはいよいよビッグクラブへの道を歩み始めているようだ。 最近、ヨーロッパのテレビ局が選別する世界10大ビッグクラブの一つに、レッズが選ばれたということだが、その大きな理由の一つがサポーターということだった。 やはり、あの熱狂的な赤いサポーターは、他国のサッカー関係者から見ても良い印象を与えているらしい。 私が思うに、レッズには優れたマーケティングプランナーがいるのではないかと思う...... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 11時07分

» リッツカールトン大阪 [リッツカールトン大阪に泊まってみたい]
大阪のホテルリッツカールトン。一度でいいからスイートに泊まってみたい。自分の結婚式でも友達の結婚式でもいいから行きたいなぁ。ささやかな幸せを味わいたい。 [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 22時39分

« 西川美和さんにゆらされて。 | トップページ | 手帳とは変化への挑戦グッズ »