« オンライン・アイデンティティ/Online ID | トップページ | オンライン・アイデンティティ/Online ID 【3.アイデンティティ・ビルダー】 »

2006年12月 5日 (火)

オンライン・アイデンティティ/Online ID 【2.セカンドライフで生まれ変わる】 

【勝手にアドバイス旬ネタ: 2.セカンドライフで生まれ変わる】
昨日から書き始めた「オンライン・アイデンティティ/Online ID」、今日は2回目。昨日のBREEは、個人の表現欲から始まったエンターテイメントであった。今日はSNS、youtubeと次いで、いよいよ日本でもブレイクしそうなのがSecond Lifeにおけるオンライン・アイデンティティがテーマである。

***********************************************
Lonelygirl15というオンライン・アイデンティティ → fin
Second Lifeで生まれ変わる → today
膨張するオンラインID
オンラインIDビジネス
オンラインIDはペルソナか?リアルか?
オンラインIDの価値
***********************************************

米国のSecond Lifeのサイトのトップにはサイトへの訪問者数値の表示がある(2006年12月5日18時現在)。

Total Residents(全居住人口=アカウント数): 1,814,140人
Logged In Last 60 Days(60日以内のログイン数): 690,800件
Online Now(現在のオンライン数): 8,641人
US$ Spent Last 24h(過去24時間にトレードされた金額): $654,016(約7450万円)
LindeX Activity Last 24h(リンデクス消費=サイト通貨): $125,432

100万人を突破したのは2006年10月19日の早朝だということですので、わずか2ヶ月で倍増しそうな勢いである。180万人を行政区としてみれば、だいたい栃木、岐阜、熊本、鹿児島各県の人口と等しいサイズである。現在はアメリカ国民がほとんどであろうが、いよいよ日本や韓国への上陸も間近、そしてSun MicrosystemsReebokBBCトヨタ自動車Wells Fargoなど大手企業が続々進出しているのだ。

Second Lifeの「住人」がMixi規模に達する日は間近である。

Ph1 

【Second Life/セカンドライフとは何か】
バーチャルワールド Second Life は、すべてユーザーが創造し発展させてゆく、永続的な 3D オンライン スペースです。 巨大で急速に拡大していくこの世界では、想像できるあらゆるものを創造し実現できます。 内蔵のコンテンツ クリエーション ツールを使って、リアルタイムで他の住人と協力して、想像できるものを何でも作ることができます。
(日本版の準備サイトより) http://secondlife.com/world/jp/whatis/

サイトの運営側が用意しているのは、基本的に、バーチャルワールドで遊んだり、住んだり、働いたり、買物したり、飲んだり食べたり、飛んだり、生まれ変わったりできるウェブ上のパーツだけである。参加する住人が好きなときに好きなように、自分や自分の世界を「向こう側」で作り上げていくという世界である。

Second Lifeが登場した2003年頃、「オンライン・ゲームの派生版」と捉える向きが多かったが、あくまで運営者(Linden Labというベンチャー企業でAmazonのJeff Bezosらも出資)はアバターやサイト(家や店)構築の技術までをユーザーに公開する「第二の世界である」としていた。

Second LifeはMOD技術(ユーザーがサイト内で好きな表現ができる技術)をとりこんだMMORPG(多人数参加型のロールプレイ・ゲーム)で、もともとのアイディアは「シミュレートされたバージョンの世界(第二の世界)をつくろう」というもの。組み込まれている物理シミュレーションとスクリプトエンジンがユーザにも開放されているのが特徴で、ユーザは3Dモデリングをおこない、スクリプトを書くことで、ピアノや銃、クルマといったゲーム内アイテムを自由に作成することができる。
http://www.rbbtoday.com/news/20060323/29780.html

つまりどんなアイデンティティ(顔、背丈、体重、ファッション、挙動・・・)を創るか、そこで何をするか(遊ぶか、学ぶか、働くか、住むか、買うか、食べるか、逃げるか、消えるか・・・)、いくら遣い、いくら稼ぐか、すべてユーザー自身に委ねられている。

Webmain

それらの特徴をひとことで言えば、現実の世界と同じ

【3つの先進アイデンティティ】
ビジネスとしてもブレイクしつつあるが、それは明日/以降に取り上げよう。3つのオンライン・アイデンティティ事例を挙げて、アイデンティティとは一体何なのか、その可能性と危うさを考える。

1.ニュース・リポーター: ロイターSecond Life支局 Adam Pasick氏
2.芸術家:スザンヌ・ヴェガ(ミュージシャン)
3.経営者:サミュエル・J・パルミサーノ氏(IBM 現CEO)

【Adam Reuters(アダム・ロイター) in Second Life】
ニュース配信会社、ロイターは「支局」を2006年10月、Second Life内に設置した。それ自体も耳目を引くことだったが、開設にあたりもうひとつ(CEO自ら、相当に)突っ込んだコメントがあった。

ロイターCEO トム・グローサー談 「ロイターはすべてのイノベーション、新技術、新顧客、新しいニュース技術をカバーする。Second Lifeにおいても新しい時代にふさわしい役割を担い、Second Life内のニュースをリアル世界に伝え、リアル世界の話題をSecond Life内で伝える

16reuters_1_600x374 左リアル、右Second。

Second Lifeのニュースを外部に伝える、リアル世界のニュースをSecond Life内で放送する、というのだ。アダム・ロイターことアダム・パシィック氏は、世界初の、「リアルとバーチャルを結ぶニュースキャスター」というアイデンティティを背負ったのである。いかれたベンチャー企業のイケイケムードの中での実験ではなく、伝統ある大手ニュース企業の社員としてである。

あの世とこの世に分裂したアイデンティティを彼は保てるのだろうか?

今までのところ、彼が統合失調症になったというリポートは(自ら言い出すことはもちろん)ない。だがリアルとバーチャルの境目に立ったニュースキャスターとして15年後ぐらいには、宇宙旅行に初めて行った民間人と同じレベルで崇められるのではないだろうか?
http://about.reuters.com/pressoffice/pressreleases/index.asp?pressid=2768

【芸術家:スザンヌ・ヴェガ(ミュージシャン)】
スザンヌ・ヴェガはSecond Lifeでアバターを持った、最初のメジャー・ミュージシャンである。2006年8月からだそうだ。彼女自身のアバターよりも凄いのが「Building Suzanne Vega's Guitar」のアニメ。ギターが作られる工程が3分ぐらいに圧縮されている。これは見とれてしまう。ぜひ見てほしい。

彼女のアイデンティティとは、このギターが作り上げられていくサマなのであろう。

Robbie Guitarが。 2 できあがる。

ちょっと前まで多くのミュージシャンたちは、自分の曲がネットからダウンロードされることさえ嫌がっていた。ところがスザンヌは自分自身をSecond Lifeで「歌う分身」にしてしまったのである。今のアバターのスザンヌは、Second Life内のスタジオで歌うぐらいだが、きっとSecond Lifeでの生活や思いをこめて作詞・作曲し、そこでヒットした曲が、リアル世界に逆上陸する日も近いかも知れない

そのとき、リアルの世界向けのメッセージと、Second Lifeシチズン向けのメッセージとでは、いったい何が異なるのだろうか。

69775942v8_240x240_front  スザンヌ・ザ・アバター・シャツ(販売中)。

Screenshot_2今やスザンヌだけでなく。

【経営者:サミュエル・J・パルミサーノ氏(IBM 現CEO)】
IBMは2006年11月、Second Lifeで新事業育成に「1億ドルの出資を決定する」という発表をした。

どうやらこれは同社の若手従業員からの発案らしく、CEOのPalmisano氏がどこまで本気か怪しいのだが、それにしても世界最大のコンピュータ・カンパニーが1億ドルの内、何%かをSecond Lifeでのミーティング開催の予算として割り当てるというのだ。

このニュースよると、『IBMと中国政府がSecond Lifeの仮想世界に設けた「Forbidden City」では、Palmisano氏のアバターが、今回の発表について論じることになっているとIBMの関係者が語った』そうだ。軸足を中国内に置き、そこで市場や発想を得たいということなのだろう。パルミサーノ氏、結構マジである。

Ibmsamavatar  IBM meets the forbidden.

おもしろいのは、IBMはミーティングという機能の上でリアルとSecond Lifeを行きつ戻りつする点。両者の境目をあいまいにすることで、どんな発想上の効果をねらっているのだろうか?それはどっちに(リアルかSecond Lifeか)展開させるのだろうか?同社の実験の成果報告を待ちたい。
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20315209,00.htm

【行きつ戻りつ、生まれ変われるとしたら】
わたしは生まれ変われたとしたら、断然建築家になりたい。家でもオフィスでも美術館でも庁舎でも道路でも橋でもいい。世の中にかたちに残るものを創り、遺したいから。

Second Lifeはそういう夢を持つ人を誘い、実現してくれるワールドである。スザンヌの「Building  Guitar」と同じようなアニメで、基礎、養生、柱、梁、棟上、壁・・・・と建築工程を教えてくれるのがSecond Lifeの機能である。速習効果は相当高いだろう(だがリアルの腕前になるかどうかは別)。

リアルの生活に疲れた。敗れた。やり直したい。だがリアルの世間は冷たい。40代ではやり直せない。

だがSecond Lifeなら、いつでも受け入れてくれる。捨てた夢にもチャレンジできる。バーチャルで行動のパーツがそろっているから、ある程度までは自分でできる。あとは先生アバターやコーチ・アバターを探して上達すればいい。しばらくそれを繰り返していると、そんじょそこらの学校に通うよりも早く、ある分野の専門家になっているかもしれない。ニートにも効くかもしれない。

スキルを身につけSecond Lifeを卒業して、リアルの世界に(再)デビューできるかもしれない

Second Lifeは新たなアイデンティティを生み出すというより、リアルのアイデンティティをリセットし、修復し、リストアし、再生する機能をもたらすように思える。その意味では、カウンセリング、教育という分野に可能性が高いと思う。

今日は以上です。今ではまた明日。Click on tomorrow!

|

« オンライン・アイデンティティ/Online ID | トップページ | オンライン・アイデンティティ/Online ID 【3.アイデンティティ・ビルダー】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/4441033

この記事へのトラックバック一覧です: オンライン・アイデンティティ/Online ID 【2.セカンドライフで生まれ変わる】 :

» あのMIXIで稼げる秘技教えちゃいます! [あのMIXIで稼げる秘技教えちゃいます!]
パソコンすら触ったことのない人でも簡単に稼げるMIXIの裏技ここに公開!これを知っている限りある意味MIXIはやめれません(笑) [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 20時11分

» 中国旅行計画中 [店舗物件今すぐ欲しい]
中国旅行を計画しています。。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 16時10分

» youtube ダウンロード [http://youtube77.livedoor.biz/index20.rdf]
特youtube ダウンロード情報満載です! [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 11時51分

» youtubu ダウンロード [http://youtubu1.livedoor.biz/index20.rdf]
youtubu ダウンロード情報満載です! [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 12時56分

» YouTube の成功の秘密 [YouTubeの動画をダウンロードする方法]
YouTubeの動画をダウンロードする方法があるんです。その仕方について。 [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 15時33分

» 月刊Computerworld (コンピュータ ワールド) 5月号 [雑誌] [副業在宅【公務員・サラリーマンの在宅副業ビジネス】]
月刊Computerworld (コンピュータ ワールド) 5月号 [雑誌].... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 12時05分

« オンライン・アイデンティティ/Online ID | トップページ | オンライン・アイデンティティ/Online ID 【3.アイデンティティ・ビルダー】 »