« lalaというCD&善意交換ネットワーク | トップページ | ZOZOタウンという‘カウンター・カルチャー通販’ »

2006年12月14日 (木)

うつぶせ寝グッズに観る「素直な」商品開発

あなたはうつぶせ寝派だろうか、仰向け寝派だろうか?どちらですとお答えになろうと、寝床ではこっち向いたりあっち向いたり、ゴロリゴロリしているのが健康のあかし。

たった15分、ウトウトして机にうつぶせて寝る気持ちよさ。これはベッドや布団ではなかなか味わえない、短くも深い眠り。zzzzz・・・

と午後ウトウトしかけていたら、フランスベッドからの新製品のニュースを読んで目がぱっちり。思わず「これはいい!」とうなずいてしまった商品開発から、今日の勝手にアドバイスは「うつぶせ寝」がテーマ。

【勝手にアドバイス Vol.85 うつぶせ寝グッズに観る「素直な」商品開発】
フランスベッド(本社:東京都新宿区)は、いびきを軽減し、床ずれを予防するうつぶせ寝専用ベッド「健康うつぶせ寝専用ベッド」を2006年12月中旬に発売する。マットレスに“呼吸穴”を設けて、うつぶせに寝ても呼吸しやすくした。

Bed20061212mat  くぼみがポイント。

ありそうでなかったのがこの窪み。よだれがたまったらどうしよう!と思ったが、そこはもちろんちゃんと工夫されているようだ。

【製品コンセプト】
今回発売する「健康うつぶせ寝専用ベッド」は、ベッドフレームとマットレスから構成しており、マットレスの頭を置く付近に円形の呼吸口を設けて寝ている間も呼吸をし易くして快適なうつぶせ寝を実現します。呼吸口の下部にはメッシュ仕様のフィルターを設置し、物の落下やベッドの下からの埃の吸引を防止するとともに、取り外しが可能なため掃除が楽にできます。

Img91_file  いろいろ変則モノあり。

どうやら鼻と口を入れる部分は取り外して洗浄(洗濯かしら?)が可能なようだ。これで枕をわざわざどけて、うつぶせ寝をするあなた(わたしはそうしている)にも朗報。

【素直な商品開発の発想】
ウンチクとして「うつぶせ寝(腹臥位)療法は、気道を確保して、いびきやせきの軽減、床ずれの改善ができる」という主張をフランスベッドはしている。『うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!』という本もあり、「イビキ、睡眠時無呼吸症候群、肺炎、脳梗塞の予防」などを主張されている。

4584189099  いくら先生が高名でも、著者より名前が大きい・・・。

だが、わたしは直感的に、そういう科学(シーズ)は裏づけであって、そもそもの発端は「うつぶせ寝って気持ちいいよね」「どうして今までうつぶせ寝ができるベッドが無かったんだろう」という「素直な発想」から企画したように思えてならない。この点はいずれフランスベッドに問い合わせてみたいが。

【うつぶせ寝グッズは案外多い】
これは「ちょっと寝 うつぶせ枕」として紹介されている商品。その商品説明文のさわり。

逆U字の本体に顔を乗せるという、こちらもちょっと特殊な枕である。顔の輪郭をこの枕で支えることで、口と鼻は宙に浮いた状態となり、気道はきちんと確保されるので安心だ。

St_mak01  St_ma04  よさそ。

価格は1980円と失敗しても損がないレベルである。他にもいくつか類似の商品あり。

【顧客への共感がスタート地点】
シニアビジネス』(村田裕之氏著)で、村田さんは睡眠障害に悩むシニア向けの商品開発について「なぜ眠れないのか、眠り方のどこが問題なのか、どうすればもっと快適に眠れるかのアドバイスが、不眠で悩む顧客にとっては有益なはずだ」と書いている。シニア分析では一人者の方、その好著です。

「顧客の潜在需要に『共感』するテーマ選定力が大切だ」と主張されている。

4478502315_09__aa240_sclzzzzzzz__1 好著。

短い時間でいいから深い睡眠がとりたい。睡眠障害のある人には切実な問題なのである。それが「うつぶせ寝」や「短い時間オフィスで仮眠」で実現できるなら、その方々にはこうしたちょっと変わった商品でも「福音書的な商品」になる。

【勝手にアドバイス】
うつぶせ寝」には、仰向け寝に対してどこか「呼吸とか姿勢とか良くない」という罪悪感ないし迷信があった。

しかしそれは、単に「既存の商品ではうまくそれができない」だけなのを、「身体に良くないこと」と盲信してしまっていただけだった。うつぶせ寝はひとつの例に過ぎない。今ある商品が当たり前と思ってしまうことで、商品開発に自ら壁を作ってしまっていないだろうか

①顧客の習慣や生理に共感しようじゃないか。
潜在ニーズを探せ!とよく言われるが、その立場になろうとしてウンウン唸っても、フォーカス・インタビューしても、製品化のアイデアはなかなか湧かない。疑い深いわたしは、ニーズという用語がどうもクセ者だと思う。

ひとつの提案。顧客ニーズの「ニーズ」という語を使用禁止にする。代わりに「顧客の習慣」、「顧客の生理」などと言い換えてみよう。

②正規な使い方をしていないモノはないか?
もうひとつのアプローチは、正規の使い方をしていないグッズを探すことである? 「仰向けに寝る設計の布団で、うつぶせに寝る」のは正規の使用法ではない。ちょっと使いにくいからと言って、ほんの少し改造しているような商品がないだろうか。そこに商品と少しだけずれた、あるべき生理やあるべき習慣がある。

これと似ていることだが、せっかく許された膝枕(ひざまくら)で、すやすやと寝入ってしまうと正規の関係構築につながらない(こともある)。

今日は以上です。ではまた明日。Click on tomorrow!。

|

« lalaというCD&善意交換ネットワーク | トップページ | ZOZOタウンという‘カウンター・カルチャー通販’ »

コメント

うつ伏せに眠る枕には(仮眠トリーナ)と言う枕があります
特に机の上で仮眠を摂るには良い枕です、ネットショップでの販売しかしていない商品です、キーワードは仮眠トリーナで検索して見て下さい。

投稿: | 2011年4月 6日 (水) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うつぶせ寝グッズに観る「素直な」商品開発:

» 白河ななか 抱き枕 [抱き枕通販〜カバーから等身大まで]
白河ななかの 抱き枕はどうですか? [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 23時46分

» トランス脂肪酸 [やじうま通信]
トランス脂肪酸について皆さんも聞いたことがあるでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 02時19分

» 睡眠時無呼吸症候群 [心と身体の病気と健康と]
睡眠時無呼吸症候群とは、SAS(Sleep Apnea Syndrome)ともいい、「睡眠時」に「無呼吸」状態になる、睡眠障害の1つ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 17時10分

» 睡眠障害:トラブル5人に1人 健康のバロメーター [総合情報ニュース徒然草]
 今日は睡眠についての記事ですが、引用記事を読んでみると「睡眠」についての障害、問題はいろいろと多いようです。  個人的には、布団に入ると3分以内には眠りにつくほど寝つきがいいのですが、この間見ていたテレビに出ていた人などは、睡眠時の障害として有名な「睡眠時無呼吸症候群」を患っているらしく、計ってもらうと2分間も呼吸をしてなかったとのことでした。  なぜ2分間も息をしてなくて、目も覚めず普通に寝てられる(生きていられる?)のかは人体の不思議ですが、睡眠時間と言えば1日のうちでと...... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 17時13分

» 睡眠障害と不眠症の実態 [アンチエイジング@若返りの秘訣 あなたの加齢対策は何?]
睡眠障害の実態、高齢社会の今、5人に1人が不眠症です。成人男女3030人を対象とした睡眠の実態調査では、23.1パーセントが睡眠で休養がとれいないと回答、21.4パーセントが何らかの不眠があると訴え、5人に一人が不眠の悩みを抱えていることがわかりました。また...... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 20時15分

» 眠気指数テストで睡眠時無呼吸症候群を見破れ [子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ]
JR山陽新幹線の運転手の居眠り運転をはじめ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)による問題が取り上げられてきています。そのような時代の流れをうけ国土交通省は1月4日に、眠気指数テスト(ESS)を推奨し...... [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 10時58分

» 睡眠時無呼吸症候群は命取りに① [アンチエイジング@若返りの秘訣 あなたの加齢対策は何?]
睡眠時無呼吸症候群は、10秒以上の呼吸停止が7時間の睡眠中に30回以上、あるいは睡眠1時間あたり5回以上ある場合と定義されています。 [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 13時31分

» 1日100人の読者を集めるアクセス方法 [情報起業家の教え]
1日100人の読者を集めるアクセス方法このブログに初めておいでいただいた方は先ずこちらをクリックしてください。(人気ブログランキング)  無料レポートで読者を増やす方法として メルぞう、まぐぞうなどがありますね。 それよりももっと凄いもの見つけまし...... [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 14時04分

« lalaというCD&善意交換ネットワーク | トップページ | ZOZOタウンという‘カウンター・カルチャー通販’ »