« 旬ネタ:1.Apple iPhoneという製品機能で携帯を‘再定義’ | トップページ | 旬ネタ:3.Apple iPhone チャネル・キャプテンの行方 »

2007年1月16日 (火)

旬ネタ:2.Apple iPhone 電化ライフ・ロックイン

今週の勝手にアドバイスは旬ネタとして、今Hotestな話題、iPhoneを取り上げている。今日はその二回目。

【勝手にアドバイス 旬ネタ 2.Apple iPhone 電化ライフ・ロックイン】
今回のMac Worldのニュースの中で、びっくりはしたが考えりゃ当たり前!と納得もしたのは、Apple Computer Inc.から  Apple Inc.へとなることの発表であった。

スティーブ・ジョブスはこういった。

「Mac, iPod, Apple TV, iPhone。"コンピュータ"と考えられるのはMacだけだろう。よくよく考えてみた。われわれの名前もそれを反映したものにすべきじゃないだろうか。」

 Dsc_0246  社名から・・・・

ここからAppleのロックイン戦略は始まっている。

【ロックイン(顧客囲い込み)とは何か】
マーケティング用語でいう顧客ロックイン/囲い込みには、いくつかのタイプがある。

 ・なじみの関係を構築: 例 あのスタイリストのいる美容室
 ・ブランド・イメージを構築: 例 Sony、Honda、エルメス
 ・購入を継続させる: 例 雑誌の定期購読、ゲームのシリーズタイトル
 ・メンバー制度: 例 ポイントカード、マイレッジ
 ・システム互換: 例 ウィンドウズ
 ・コミュニティづくり: 例 ハーレーダビッドソン、Mac ピープル

Appleの場合は伝統的にブランド・イメージの構築とコミュニティづくりでロックインを獲得してきた。だが近年の囲い込み戦略のねらいは、ウィンドウズ陣営に押されたこと、マニア層だけのコンピュータ会社では株主が納得しないことから、顧客層の拡張をめざしてきた。その活路が他社にはない「PCのデザイン化」というものであった。

iPhoneでやろうとしているロックインは、従来の企業がまだなし得ていない、消費者の電化ライフをApple製品とAppleサービスで囲い込んでしまうという戦略だと考えられる。

これほどのことをなし得る会社があるとすれば、SONYぐらいしかなかったのだが・・・。

 Page0_blog_entry406_2
 出所不明(・・・てことはない。こちら http://www.my-mac.org/

【従来の携帯キャリアの顧客ロックイン】
まず従来の携帯キャリアの顧客ロックインを見てみよう。下図である。

 03_1
 <拡大可能>

わたしもさもしい奴なので、確かに携帯のポイントは気になる。今の使用中携帯の電池が切れそうだ。auなのだが1,000ポイントで電池を交換するのがルールだ。長く使ってくれればいいことあるよ!と言いたいのだろうが、これだと貯める方も貯めてもらいたい方も、さもしい感じがする。

それはともかく「料金ロックイン」はあまりロックインにはなっていないと思う。どこのキャリアも大差なく、横並び意識して(料金のデフレを避けて)いるだけのように見える。細かく見れば差はあるが、ロックインまでのヤル気を感じさせてくれない。その意味ではソフトバンクの0円奇襲は評価できる。

一方、契約の継続部分では各社で競い合っている。顧客数の多いDoCoMoにアドバンテージがある。そこに追随するauとソフトバンク。だが5年スパン、あるいは10年スパンで見た場合、実際にはどれほどの違いがでるのか?料金政策を毎年のように変えるのであれば、消費者は揺らされるだけだ。生命保険が掛け金をわかりにくくしているケースと似ていなくも無い。

携帯キャリアが重視しているのか判然としないのが、サービスロックインの領域。機器の保証期間であってもさまざまな例外があり、修理費を請求されるケースもある。故障すれば「買い換えた方が安い」のは、環境破壊と言えなくもない。これはキャリア=製造メーカーではないことが影響してるのだろうか?

以上のように、既存の携帯キャリアには、ロックインはまだまだ希薄であるい。逆に言えば、だからこそMNPは盛んにはならないのであるどこに契約替えしても大差ない)。寡占業界にありがちな「横並び意識」が透けて見えてこないだろうか。

【iPhoneの3つのロックイン】
これに対してiPhoneには、3つのロックインがあると考える。それが商売ロックイン、電脳生活ロックイン、そしてサービスロックインである。

 04iphone  
<拡大可能>

商売ロックイン」とは、ブランド・イメージと商売イメージで構成されると考えてみた。ブランド・イメージに関しては、PCや音楽デバイスでAppleという強力なブランド力を誇る。現時点では地球上で最も強力なブランドである。

もうひとつの商売イメージと名づけたのは、最近の同社の硬軟取り混ぜた事業戦略の妙である。例えばマイクロソフト・オフィスと互換性のある「マッキントッシュ・オフィス」、Intel MacというCPUの搭載などで、PCとしての前提条件をウィンドウズ陣営と同一にする。その一方でiTunesでは、互換性の低い音楽形式で提供をしてロックインを図る。マック=変わり者やプロ、商売というよりカルチャーという以前のイメージはなく、商売巧者でもあるのだ。

「電脳生活ロックイン」とは、iPhoneを入口にして「Macで電化製品を埋め尽くす」という戦略である。

iPhoneの大きな特徴に「PCとの連携」がある。iTunesストアはPCありきである。新発売のApple tvもまたそうであろう。PCだけでなくネットへの接続、プリンタ、さらにはオーディオとの接続が無線でできるAirMacという製品の存在は大きい。 AirMacを中核にAppleの電化製品で家庭内シェアを占有しようというのがねらいだろう

 Indexairtunesflow06072004 Air Mac。地味だが大きな存在。

【サービスロックイン】
Appleケア・プロテクションという保証制度が、iMacやMacBookなどPCやiPodには適用される。当たり前のことなのだが、「壊れたら買い換えればいい」わけではないから。

iPodのように「保証期間を2年に延長してください。電池交換や消耗品交換が可能です」というのが、メーカーと購入者のロックインの関係である。日本のゆがんだ携帯市場では、メーカーではないキャリアが受付をしなくてはならない。費用負担といい顧客満足といい、ロックインできない重要な要因がここにある。

今日は以上です。ではまた明日。Click on tomorrow!

※本日早目の投稿は、15時からcocologのメンテナンスがあり、24時間閲覧のみ可能になるからです。お昼を抜いてがんばりました(嘘です笑)。

|

« 旬ネタ:1.Apple iPhoneという製品機能で携帯を‘再定義’ | トップページ | 旬ネタ:3.Apple iPhone チャネル・キャプテンの行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/4951601

この記事へのトラックバック一覧です: 旬ネタ:2.Apple iPhone 電化ライフ・ロックイン:

» iTunesをインストールすると、お好みの曲に簡単にアクセスしてダウンロードできるようになります。 [厳選500社の最新情報]
iTunesをインストールすると、お好みの曲に簡単にアクセスしてダウンロードできるようになります。 http://blog.livedoor.jp/skabudo/archives/50916837.html/ [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 20時18分

» エルメス ヨーバッグ [ピンポイント百貨店]
ピンポイント百貨店です!是非、お越しくださいませ!! [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 21時51分

» 【寝る前即効アフィリ】自動集客機を使ってアフィリエイトで稼ぐ!ブログもホームページもメルマガもいらない。 [天道よしおです]
タイトルやセールスレターからすると、寝る前に自動集客機をセットするだけで翌朝には報酬が入ってくる……とても短時間で手間がかからず、すぐ収入になるイメージがあります。 そんなうまい話は信じられない。チョー疑問!? ... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 22時27分

» ドコモ・auをお持ちの方にお得なJCBカード入会キャンペーン!! [簡単に借りれる消費者金融・ローン・クレジット]
携帯電話にお得なカードのご案内 DocomoJCBCard&KDDITHECARD入会キャンペーン 今ならカード入会で通話料1,000円分が無料に!! 更に抽選で20名様にモバイルプリンターをプレゼント!! ■特典1:カードにご入会いただくと、必ずもらえる! ・DocomoJCBCardの場合 ⇒モバイラーズチェック1,000円分をプレゼント! ・KDDITHECARDの場合 ⇒モバイラーズチ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 13時00分

« 旬ネタ:1.Apple iPhoneという製品機能で携帯を‘再定義’ | トップページ | 旬ネタ:3.Apple iPhone チャネル・キャプテンの行方 »