« 20代のPCデバイドたち 2.PCもネットもコモディティ | トップページ | 20代のPCデバイドたち 4.フラッシュ&チャージ »

2007年3月28日 (水)

20代のPCデバイドたち 3.恋愛漂流世代

20代の群像を考える勝手にアドバイス旬ネタ、今日はその3回目ですが、昨日2007年3月27日はココログサイトのメンテナンスでアップロードができませんでした。すみませんでした。この機会に、ついでに自分の心のメンテナンスもしかけましたが、こちらは補修できない箇所が発見されました(笑)。補修不能箇所も匂わせて、今日はブログ2発!お届けします。

  Photo_35 今回のメンテナンスは長かった。

3回目となる本日3月28日付けのテーマは、産地直送(?)の仕入れネタで「恋愛漂流」。どうも20代の恋愛観は、30代の団塊ジュニア世代、40代の新人類世代とかなり違うのではないか?という仮説からスタートします。ひとことで言うならば「あっさり系」なのである。あっさり恋愛が吉とでるか凶と出るかはさておき、あっさりはクールだけど、情熱的はクールじゃないという意識があるようなのだ。

恋愛だから何が正しい、正しくないという答えはない。しかし何が若い世代を「あっさり恋愛」に向かわせているのだろうか?情熱派でありたく、経験的には壊滅派のわたしには、あっさりスタイルが恋愛なのか?疑問がある。そこが世代ギャップと言ってしまっては身も蓋もないけれど。

「PCデバイド」というテーマとはちょっと離れますが、恋愛観は消費スタイルの根幹でもあるので、そういう視点でお読みください。

【勝手にアドバイス旬ネタ 20代のPCデバイドたち 3.恋愛漂流世代】
まずわたしお手製の恋愛マトリクスを見てほしい。この軸づくりは、今20代と、つい最近まで20代だった女性二人へのまじめなヒアリングに基づいて行われた。その意味で生の実態を表していると言っていいだろう。

タテ軸には「愛しているよ、なんてうざい」と「愛しているよ♪そう言ってほしい」を置き、日々の恋愛表現の態度を表す分類を行う。ヨコ軸には「あっさり恋愛 【落ち着けば、愛】」と「こってり恋愛 【波瀾万丈が愛】」を置き、恋愛への態度の分類を行う。

 01_12 

愛しているよ、なんてうざい=毎日「愛している」なんて言われたくもないし、言いたくもない気持ち。
愛しているよ♪そう言ってほしい=毎日「愛しているよ」と言いたいし、言われたい気持ち。
あっさり恋愛 【落ち着けば、愛】=冷静に相手を値踏みして、この人なら付き合えるし生活力もあるから、結婚してもいいな、と結婚することに落ち着きを見出すライフスタイル。
こってり恋愛 【波瀾万丈が愛】=大恋愛の末、結ばれたいと思う態度で、波瀾万丈は極端であるが、起伏のある恋愛を楽しむライフスタイル。

まずポジションAである。愛しているよなんて言わないし、言ってもらっても「うざい」と感じる感性をもち、その結果、恋愛には「あっさり」を求めるという人々がここに入る。20代のステディな彼のいるAさんのコメント、うざそうな表情(笑)はそんな感じだったと思う(違ったらすまん)。

次にポジションBであるが、ここには30代になりたての20代の香りのするBさんが当てはまりそうだ。結婚=落ち着くことという合理的な考え方を示す一方で、毎日愛を確かめたいという、いわば欲張りな方である(失礼!笑)。まったくの仮説だが、20代後半、そしてトランタンになる頃、何割かの女性は落ち着きを求める心と純愛の狭間に挟まれて、こんなことを考えるのではないだろうか?

ポジションDは、あからさまに言えばわたしである(笑)。言いたいし、言われたいし、恋愛にも紆余曲折が欲しい。変わり者のわたしは新人類の代表選手ではないので、ここにわたしの世代の多くが集積するか、それが新人類世代の特性かわからない。団塊ジュニア世代がこことも言えない感じはする。読者の皆さんがそれぞれ胸に手を当てて考えるしかないだろう。

尚、もちろんポジションCは、嘘つきか偽善者である。

 02_8 

【仮説1=Aに20代の大半が入る】
ポジションAに20代の大半が入るというのが仮説その1。後で述べる「彼は空気のような存在がいい」とする10代女性のアンケートからもそれが裏付けられる。

ここに多くの20代が所属するとなると、消費行動としても、衝動的なデートよりも予定調和したデート。バケーションで熱く燃えるよりも、エブリデイの付き合いで馴染むいう恋愛行動になろう。デート.comのようなサイトもあるくらいだから、冒険よりも手堅さ(このお店よかったよ!あのドライブコースよかったよ!というお手軽重視の姿勢)が求められるのだろう。

【仮説2=若い男性は実はBを望んでいる】
20代の男性は「オレもAだよ」なんてシラを切りながら、実はBポジションを望んでいるのではないだろうか?つまり相方がAポジションだと言ってるがゆえに、自分もAですとやや偽善的な態度を取る。だから擦れ違いが多いのではないか?というのが仮説2である。

【彼は空気のような存在がいい】
ちょっと前の調査(2004年)だが、博報堂生活総合研究所の16歳~19歳の女の子200名の調査によると、その51%が「束縛するのもされるのも嫌だ」と答えている。もっとも理想的なのは「空気のような存在の彼」だというのだ。http://www.shibukei.com/special/51/index.html

設問:つきあう相手のすべてを知りたいと思いますか。   
すべてを知りたいとは思わない 89人(解と数) 44.5%(比率)
すべてを知りたいと思う  72人  36.0%
知っても知らなくてもどちらでもいい  39人  19.5%

相手のすべてを知りたくない+知りたいと思わないが6割以上なのである。好きでも知りたくない、という態度、わたしにはとても信じられない(おじんですまん)。

設問:恋愛関係での「束縛」についてどう思いますか。
束縛するのもされるのも嫌だ  102人  51.0%
束縛するのもされるのも構わない 41人  20.5%
自分が束縛されるのは嫌だが相手は束縛したい 30人 15.0%
自分が束縛されるのはいいが相手を束縛するのは嫌 27 人 13.5%

これもあっさり系が大勢である。面倒くさがりというよりも、実は相手に関心が薄いのではないだろうか?

【仮説3=ポジションDはドンビキ】
これは仮説ではなく、たいていの20代が思っている事実なのであろう。大恋愛物語がTVドラマで流行らなくなって久しいが、波瀾万丈の愛を追求したいライフスタイルDは、20代にはダサいばかりかドンビキである。わたしは気をつけなくてはならない。

今日の2発は以上です。明日のテーマは「20代=フラッシュ・メモリー」という仮説。

|

« 20代のPCデバイドたち 2.PCもネットもコモディティ | トップページ | 20代のPCデバイドたち 4.フラッシュ&チャージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/5887372

この記事へのトラックバック一覧です: 20代のPCデバイドたち 3.恋愛漂流世代:

» アグネス・ラムは昭和のアイドルだった。 [団塊世代の生き方]
団塊世代の2007年 問題は深刻な問題が山済みです。 定年後の退職金、つまり資産運用をいかにするか。 老後の生活設計を含め、"生きがい"のある暮らしをしましょう。 [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水) 19時30分

» 無料 ゲーム 料理 [To]
元彼とは無料のゲームを通じて知り合った。 もっとわかりやすくいうと、無料でダウンロードする インターネットを利用したゲームで、 たまたま私と対戦することになった一人と付き合うことになったというわけ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水) 19時54分

« 20代のPCデバイドたち 2.PCもネットもコモディティ | トップページ | 20代のPCデバイドたち 4.フラッシュ&チャージ »