« ポイント・ウォーズ 3.ポイントからターゲット・マーケティング? | トップページ | ポイント・ウォーズ 5.ポイント・コミュニティ vs. ポイント・コモディティ »

2007年3月 1日 (木)

ポイント・ウォーズ 4.公金も税金も投票も?クレジット・ポイントでお得に!

今週(2007年2月26日~3月2日)の勝手にアドバイス 旬ネタのテーマはポイントである。3日書いてどの程度ポイントを書けたか不安であるが、顧客満足のための活用シナリオが不明確なポイント提携やポイント発行は、顧客のためならずばかりか、自らの首を絞めることになる、というのがわたしの基本的なスタンスである。

今日は月初めとはいえ、読み手も書き手も疲れが出る週の中日=木曜日である。ちょっと肩の力を抜いた話題・・・と思っていたが、ところがどっこい、顧客のためとか顧客ニーズなんて吹き飛ばす、税金のように大きなポイント市場があるというのだ。いや・・・実は税金そのものである。

法律(地方自治法)が2006年に改正され、公金のクレジットカード支払いが解禁されるのである。税金のとりっぱぐれが減るのかわからないが、国民年金徴収にクレジットカード・ポイントの力を借りるという本末転倒な施策にも触れなくてならない。やっぱり肩に力が入りそうだ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
1.日常生活消費にポイントという衝撃  →2/26
2.ポイントか割引かクーポンか、それが問題だ。 →2/27
3.ポイントからターゲット・マーケティング? →2/28
4.公金も税金も投票も?クレジット・ポイントでお得に!→本日
5.ポイント・コミュニティ vs. ポイント・コモディティ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【勝手にアドバイス 旬ネタ ポイント・ウォーズ 4.公金も税金も投票も?クレジット・ポイントでお得に!】
その昔、千葉県松戸市の松本清市長の考えた投票率のアップ策は「くじ」だった。

市長在職当時、県会議員選挙の投票率が低迷していたため、松本は、投票整理券の整理番号を用いてくじを実施しようと考え、公職選挙法を管轄していた自治省にお伺いを立てたが、当然却下。しかし、くじを実施しても投票の公正性が害されることがないと考えた松本は、その案を実施した(ただし、景品は1等賞が自転車と、それほど高額なものではなかった)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%B8%85

この話は有名であるが、どの程度投票率が上がったか、その後くじを廃止したら下がったのか、情報を調べようとしたが・・・

                 全県平均  松戸市
昭和46年   65.87%     ??           クジ付きの年
昭和50年   68.26%    58.66%
昭和54年   60.77%    52.74%

県のウェブサイト統計には不備があり、かんじんの46年の投票率がわからなかった。今日はもう夜間で電話も掛けられない。いずれ問い合わせてアップします。しつこく調べると、あるブログに『投票率は全体で1.74%も上昇。とりわけ女性票は5.17%も上昇した』とあった。

これがほんとうであれば、特に女性はお得に敏感なのである。ポイントを付けるの価値はありそうだ。尚、松本清氏は1969年当選、選挙のポイント化の志半ばで?73年市長在職中に心不全で逝去している。

【国民年金、カード払いOK・厚労省、08年初めメド】
厚生労働省は2008年初めをめどにクレジットカードで国民年金の保険料を払えるようにする方針だ。カードで払えばポイントもためられ、若者を中心に低迷する納付率の向上に役立つとみている。今通常国会に提出する国民年金法改正案に盛り込む。政府の公金決済では初めての試み。地方税や水道料金など公金決済のカード払いが今後広がる可能性がある。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070218AT3S1602H17022007.html

国民年金の不平等感を、クレジットカードのポイントで補おうというのだろうか?まずそこが、本末転倒な法律改正案と言わざるを得ない。もっとやることが先にあったはずだ。

純粋にポイントとしてみれば、数万円ならばクレジットカード・ポイントは、確かに消費者にはお得感がある。だが給与から天引きされる人にはポイントは付けられないのですよね

さらにクレジット会社への支払い手数料(3.8%ぐらい)は誰が負担するのだろうか?事務合理化で役所のコストがきちんと下がるので、そこで埋め合わせるのであろうか?あるいはカード支払いの利便性として納付者が納めるのだろうか?そんな複雑なシステム化はかえって複雑性を増さないだろうか?今の納付状況をみれば、徴収率が少しでもアップすれば、手数料ぐらい年金機構が肩代わりしてくれるのだろうか?

恐らく自治体によって対応は異なるはずだ。クレジットカード・イシュアーや代行会社は口にしたくないだろうが、自治体ごとに格差は出るはずだ。ポイントとは、結局は誰かが負担をする割引に過ぎないのである。年金に関しては、根本疑問があるだけに、疑問が疑問を呼ぶカード払いOK方針である。

 Untitled_1
 江角さん、クレジットカードなら支払いやすかったでしょうか?

【水道料金のクレジットカード払い】
一般の公共料金なら利便性は高い。2007年2月5日付けにこういうニュースもあった。

GMO-PG、自治体向け「公金クレジットカード決済サービス」を提供 今日の非対面クレジットカード決済の市場は、(中略)物販の分野のみならず電力やガス、NHK放送受信料などの分野に範囲が拡大しており、昨年に開催された第164回通常国会においては、地方自治法が改正され、国民年金保険料や国民健康保険料の他、水道料金のクレジットカードでの収納が可能になりました。これに伴い東京都水道局は、2007年度中にクレジットカードによる料金支払の業務を開始いたします。

これはGMOペイメントゲートウェイ株式会社がASPサービスを使って公金をネット決済をするサービスである。同社ではすでにNHK、家賃、宅配などでクレジット決済サービスを広げてきた。今回その対象を住民税、自動車税、固定資産税、国民年金、国民保険、水道料、反則金まで広げた。

 Foam_03

GMO-PGの事例として、神奈川県藤沢市では今年度(平成18年度)の軽自動車税をクレジットカード決済を実証研究として実施したところ納期内納付が前年の72.56%から75.65%に3%も向上することができたという。http://www.gmo-pg.com/service/exam/exam_fujisawashi.php

手数料や督促費用については、事例中にも「手数料に見合う効果」とあるので、従来は公金は金融機関が手数料を取らないのが通例だったが、これからは手数料支払いが発生することになる。もちろんコスト削減に見合う固定費削減が必要である。公金クレジット決済協議会という業界団体もできており、手数料やチャージバック(決済非同意)についても、統一ルールを進めている。

ポイントがすべてというわけではないが、数万円の支払いにポイントが付くのであれば、公金をカードで支払おうという動きが広がることは間違いないだろう。なにしろ市場規模(というのか?)は20兆円もあるそうだ。

【市民の義務をなぜポイント化しなくてはならないのか?】
わたしの疑問はこうだ。公金の義務払いに、なぜポイントを付けなくてはならないのだろうか?

お年玉くじはハガキを年初に送るのが風習視されていたが、近年の激少ぶりである。くじ効果はまるで無いと思う。NHK聴取料は放映に御利益がないと判断する人が多いので支払い滞る。こちらは、給食費滞納と同じくモラル未満の人もいる。

年金やNHK不払い、年賀状拒否などを、大きな視点でみれば日本という政治体/国体に対する不信が根本にある。国民=顧客とすれば、支払いが少ない=義務なのに集金できない。それは顧客ニーズを満たしていないからである。

だとすると、義務払いをカードのポイントにおんぶするのは、民間企業でいう「勝ちに行く戦略」ではない。衰退企業の弱者の戦略に過ぎない。いずれ破綻するのは古今東西の歴史が示している。

勝手にアドバイスするとすれば、クレジット決済という電子化=徴収の省力化=運営のコストダウン=組織の改革=構造改革。この流れを可視化させなければならない。それこそが市長や県知事の財政再建上の使命である。

【選挙でポイントゲット?】
財政の極貧が進む千葉県松戸市でこそ合理化はすべきだろう。だが今夏の参議院選挙に松戸小選挙区と比例代表にダブルで投票したら、マツキヨのポイントを100ポイント進呈します!らしいなんてことはないです、冗談です)。それより支持率でちゃんとポイントを稼ぐ政治家こそほしい。

良い政治リーダーがいれば、わたしは自治体クレジットポイントなど要らない。それをNPOや途上国に寄付するべきだと思う。e-Sales宋文洲さんじゃないが、こんな政策ばかりじゃ「日本の政治、おかしいよ」と言いたくもなる。

今日は以上です。ではまた明日。Click on tomorrow!

|

« ポイント・ウォーズ 3.ポイントからターゲット・マーケティング? | トップページ | ポイント・ウォーズ 5.ポイント・コミュニティ vs. ポイント・コモディティ »

コメント

H兄い、コメントあっりがとう!
まさにその通り!同感です。病院ってさ、一刻も早く出たいよね。いればいるほど変な感染症に罹るしさ(笑)。それはさておき、決済についてのコメントは今日(3月2日)のブログに書きました。

会津中央病院のサイトをのぞきましたが、良い病院だという雰囲気、じわじわ伝わってきました。ペイメントひとつ工夫するかしないか、病院職員の意識次第でしょ。この病院はきっと事務方に頑張り屋さんがいるのでしょう。応援したくなります。

病院と言えば、わたしの母、入院中です。会社のお近くの恭雲堂(なんかキョウが違うが)です。夕刻早めにお見舞いしたら、お茶なぞさせてください。ご無沙汰しておりましてほんとうにごめんなさい。

投稿: 郷/Marketing-brain | 2007年3月 2日 (金) 21時38分

公金徴収ポイントテーマとは関係ないコメントとですがお許しを。医療機関の支払いに関しての話題提供です。
「病院でもVISAがつかえます」のCMで一般的になりました医療費のクレジット決済ですが、自動支払機の前に長蛇の列では、患者側のメリットはあまり無いと思っていました。病院内ロボット調査で、昨年10月に受付ロボットを導入した会津中央病院を調べていたところ、メディカル・データ・コミュニケーションズという会社が行っている医療費あと払いサービスを知りました。診察を終わってサービス窓口に診察券を提出すれば処方箋を受け取りすぐに帰れるというものです。手数料が月1回なら187円というのは、会計待ち時間を考えれば安いと思いました。会津中央病院ではJRの最寄り駅に外来受信の再来受付端末を設置した事と合わせて、外来待ち時間の見かけ上の短縮を図っているとの事です。郷さんはどう思われますか?

投稿: hishoot | 2007年3月 2日 (金) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/5537091

この記事へのトラックバック一覧です: ポイント・ウォーズ 4.公金も税金も投票も?クレジット・ポイントでお得に!:

» 顧客満足をどうすれば高められるか? [顧客満足]
お客様、顧客、更には従業員の視点に立った経営を目指したいですね! [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 22時49分

» 即金バイト [即金特集]
即金のバイトを集めています。良かったら見てみてください♪ [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 23時38分

» ネットを使わずにたった2日間で5,632,200円稼いだ極秘情報起業術 [情報通販デジアナミックス起業]
メルマガもブログもSEO対策も不要!?インターネットよりもはるかに簡単で効率的に情報起業で儲ける方法 [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 00時08分

» 【Vista対応】【【3月2日値上げ&再配布特典発動】あなたの成功までの時間を大幅節約!買いたい人のアドレス「だけ」を "無料" かつ "速攻" で集める最強ツール!『 メールアドレスコレクター 』 [メルアドコレクター]
メールアドレスのコレクターです。たった5分で、700件のアドレスを入手。2500件のオファーで32件の成約。属性別のコレクターなので優良顧客が集まります。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 00時38分

» 競馬オンチが競馬で儲ける!98%の的中率!ウソホント? [堅実、確実な投資を通じて所得の余裕を持とう!]
様々な投資方法を紹介しながら、自らも本業かたわらのビジネスで追加の所得を得ていくことを報告するブログ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 01時32分

» リア・ディゾン日本デビュー前の画像&動画集!! [必見!写真集やテレビで放送できない画像&動画集!!]
必見!写真集やテレビで放送できない画像&動画集!! [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 08時25分

» FXで、100%の勝率と、月平均25%の利益率を獲得する方法 [★☆100%の勝率で、月平均25%の利益を得ていくための方法☆★]
FXで、100%の勝率と、月平均25%の利益率を獲得して、一度きりの大切な人生を、お金にゆとりを持って過ごして行きたいと望む方です。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 09時56分

» リアル&ネットマーケティングで独立起業 [情報販売のインフォカート・・・SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツール]
儲けたければ マーケティングを身に着けるべきです 小手先だけでは 長くは稼げません 売る商品 リアルとネットと異なっても 基本的なマーケティング戦略 手法は同じです。 そもそも リアルとか ネットとか区別する必要はありません 儲かることをやればいいのです ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 15時22分

» 伝説の海外投資法知ってますか? [緑の扉]
繰り返しになりますが、あなたは伝説の海外投資法を知ってますか?資産運用を考えているサラリーマンの方、FXではありません。まずは無料レポートを読んでみてください。『追伸』先着100名40%割引先着100名メールサポート1年間ということです。... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 17時25分

» 安全安心なクレジットカードのショッピング枠を現金化する仕方。 [Infortop.net]
クレジットカードのショッピング枠を自分で現金化する方法!!自分一人でやるから安心安全です☆ [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 21時04分

» パソコン初心者でも超簡単アフィリエイト! ネットで稼ごう! [SNS Mixiで月収93万円の不労所得を得た男]
今後の年金に不安を抱えていませんか?家庭で出来る副収入GET法! 今話題のMixiを使ってチョットした仕掛けをするだけ! 月収24万円のサラリーマンが一気に93万円の副収入を得る事に成功! あなたはただ「マネ」をするだけです! [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 13時17分

» ステイタス [クレジットについて学びましょう。]
国際ブランドとは、世界中に加盟店があり、利用者はこのブランドが付いたカードを世界中どこでも使える汎用性の高いカードです。5つの国際ブランドはVISA、マスターカード 、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ で、ほぼ全世界的に使うことが可能になっています。 日本国内のカード会社は、この国際ブランド各社のカード発行と加盟店開拓の権利をもらい、自社カードにこれら国際ブランドのついたカードを発行しています。近年のクレジットカード業界は、利用者の増加と金融業界の再編などと...... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 21時38分

» FXで資産400倍分儲けるノウハウを公開中。 [期間限定価格!FX必勝投資法☆10万円の資産を400倍にした為替投資法【特典でもう一冊付いてきます】【野田 哲郎】で儲けるのはあなた?]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「期間限定価格!FX必勝投資法☆10万円の資産を400倍にした為替投資法【特典でもう一冊付いてきます】【野田 哲郎】で儲けるのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者であるこれまでのFXノウハウで不労所得を得られていない方や、インターネットビジネス・アフィリエイト・競馬などで思ったような成果が出ていない方には、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は...... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 00時31分

» 【無料レポート】極秘インターネットマーケティングマニュアル [無料レポートの図書館]
インターネットマーケティングに関する無料レポートです。ではどうぞ☆もしあなたがインターネット上で商品を販売したいと思っているのなら、それが通販であれ、情報起業であれ、アフィリエイトであれ、このサイトはあなたが今までに見たサイトの中で最も珍しいサイトになり...... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 02時03分

» [特集]フォトレポート「RETAILTECH」、Web決済のクレジットカード情報入力不安も少しは解消する? [通販旬報]
総合展示会「街づくり・流通ルネサンス」(「JAPAN SHOP」「建築・建材展」「ライティング・フェア」「RETAILTECH JAPAN」「IC CARD WORLD」「SECURITY SHOW」「フランチャイズ・ショー&ビジネス・エキスポ」の7展、主催:日本経済新聞社)が、3月6日(火)〜9日(金)に東京国際展示場「東京ビッグサイト」で開催された。... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 23時45分

» お金の質問サイト [TOEIC満点対策法]
税金や保険、運用などお金に関する便利な質問サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 09時48分

» クレジットカードの選び方 [クレジットカードの選び方]
いつもトラックバックやコメントをいただきありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 01時19分

« ポイント・ウォーズ 3.ポイントからターゲット・マーケティング? | トップページ | ポイント・ウォーズ 5.ポイント・コミュニティ vs. ポイント・コモディティ »