« ポイント・ウォーズ 5.ポイント・コミュニティ vs. ポイント・コモディティ | トップページ | 四元奈生美さん 「やってる私たちは暗くない!」 »

2007年3月 3日 (土)

ホンダF1からe1への道

2007年2月26日、ホンダレーシングF1チームは、2007年のレース用マシン・デザインをロンドンで発表した。それは青い地球をイメージした、企業の広告ロゴを外したものであった。

 Tky200702260458  地球F1。

自動車レースの最高峰と言われるF1では、塗料ひとつとっても武器のひとつである。たとえばメルセデスチームは軽量化を図るためにペイントを剥いだこともあった。

気象庁が2007年3月1日に発表したように、今年は不都合な記録的な暖冬である。今冬の平均気温は全国63カ所で観測史上最高を記録した。気象庁によれば暖冬の主因は①北極振動、②エルニーニョ現象、③地球温暖化だが、①も②も温暖化に関連していると言われる。

そんな中、ホンダチームでは「F1も気候変化と無縁に存在できない」とコメントした。今日の勝手にアドバイスのテーマは2007年のホンダF1の環境への取組みを考えたい。

【勝手にアドバイス Vol.128 ホンダF1からe1への道】
ホンダチームが地球色デザインのF1を発表した場所からして変わっていた。ロンドン自然史博物館(Natural History Museum)。生命ギャラリー、地球ギャラリー、そしてダーウィン・センターなどから成る自然科学の博物館である。

ホンダチームのCEOニック・フライ氏(Nick Fry)はこの会見でこう語った。
“Climate change is probably the single biggest issue facing our planet and F1 is not immune from it,” “On the contrary we believe that F1 with its huge global profile and cutting edge technology can play an important role in not only highlighting the issues but also playing our part in developing solutions.”
(拙訳 気候変化は恐らくわたしたちの惑星が直面する最大の問題である。F1といえども無縁というわけにはゆかない。だがF1の地球規模の活動とその最先端技術は、環境問題をクローズアップさせ、その解決策を開発するという役割を果たす上で重要なものである」

“So we at Honda F1 are proud to dedicate our car to the environmental challenge. We believe that solutions can stem directly from engineers working on our F1 programme and are working harder than ever to achieve our dreams and win the world championship while embracing and underscoring Honda’s environmental ethos.”
(拙訳 ホンダF1チームは環境問題へ貢献することに誇りを持つ。その解決策は、F1チームの活動から直接エンジニアがもらたらしてくれるものである。われわれの2つの目的、ひとつはチャンピオンシップを勝ち取ること、もうひとつはHondaの環境エトス(同社の環境宣言のことだろうか)を浸透させることを実現する)
引用元 F1公式ウェブサイト http://www.formula1.com/news/5689.html

 Web_big  ニック

使われている色は「海の青、大地の緑、宇宙の黒」の3色で、地球の衛星写真状のデザインを施し、環境の保護を訴えた車体には自社とタイヤメーカーの小さなロゴ以外にスポンサー名を掲出せず、“走る広告塔”のイメージは消えた。

 昨年までの大口スポンサーのたばこ企業が撤退し、戦略の見直しを迫られた今季は、レコード会社や飲料メーカーなど新たに10社と契約。引き続き契約した企業と合わせた41社は、環境問題への取り組みに賛同するパートナーとして位置づける。ホンダ・レーシングF1チームの和田康裕会長は「F1を環境問題のシンボルとして、一つのメッセージを分かち合う、新しい試み」と意図を語った。
引用元 http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20070226ie27.htm

会見ではエンジンがどうだとかサスがどうだとか、まったく語られていない。環境に貢献するというメッセージのF1お披露目であった。

【F1とは規約という意味である】
言うまでもなくF1はフォーミュラ・ワンの略である。フォーミュラ(Formula)とは「規約という意味である。F1という取り決めの中でレースを実施するという意味である。

その取り決め/レギュレーションは、近年燃費や安全性確保、V8エンジンのみに限定するなど開発費の高騰の抑制などの問題を色濃く反映してきた。さらに今後ギヤボックスの標準化、レアメタルの使用禁止、スペアカー禁止、燃費効率アップ、ハイブリッド化まで取りざたされ、コスト低減と環境問題への関与は明確である。とは言えレースなので、抜け駆けが多いと言われているが。

環境保護の主張を通すために】
ビジネスの現実面では、ホンダチームはメインスポンサー(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)との関係があった。2007年で同社とスポンサーシップの終了するのに合わせて、車体色を自由にできるようになり、この地球色が実現した。それに先立つ2006年、HondaはF1チームへの出資を増資し100%として、その活動をコントロールできるようにもしてきた。

Hondaには他社に先駆けて1992年に「環境宣言」を発表している。商品開発における資源の節約、商品のライフサイクルでの適切な廃棄物処理、汚染の最小化、企業市民としてまた社会の一員として地球環境維持などを宣言している。
参考 http://www.honda.co.jp/environment/policy/03.html

【世間をあっと言わせた太陽電池】
Hondaでは2007年より自社開発の太陽電池を量産する。その変換効率もすごいが、製造効率も高いという。

「自動車は多くのエネルギーを消費する製品であり,CO2も排出する。こうした製品を中心に扱う企業として、世の中のエネルギー消費量やCO2排出量を削減することに自ら少しでも貢献したい」
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051220/111785/

【Hondaの環境への取り組みの本質】
同社の一連の動きは、自動車やF1が環境問題で敵視されないように、組織的に先手を打っていると言える。このまま不都合な事態が悪化すれば、自動車会社はその存在悪さえ語られるようになる。同社の有名な3つの喜び(買う喜び、創る喜び、売る喜び)も怪しくなってしまう。その危機感から先手を打っているのである。

 2_3_illu1   3つの喜び
http://www.honda.co.jp/recruit/hondaism/02_03.html

わたしはそれをF1からe1へと表現してみた。eはエコノミー(economy=効率性)、エレクトロニクス(electronics=電子制御)、エンバイロンメント(environment=環境)、そして地球(earth)である。「F1も実社会の情勢を反映すべきである。孤立した社会になってはならない」とニック・フライ氏も話している。

Hondaは自動車という環境を破壊してきたビジネスで儲けてきた。その環境破壊の負い目は作り手だけでなく、売り手も買い手もすべてが負っている。もちろん部品企業も素材企業もみんなが負っている。

この地球色のF1、Hondaは地球を車体にデザインしただけではない。本質的には、環境保護を踏まえながら、ビジネス欲求と人間の欲求(いずれも環境汚染につながる)を同時に満たすアプローチを企業PRとして示したのである。売る喜びと創る喜び、そして買う喜びの三者を損なわないアプローチがHondaの地球色のF1であった。

050515c  Mm20070226223025966m0
昔、環境のことなど誰も考えなかった頃のHondaF-1   2007年の e-1

今日は以上です。ではまた明日。Click on tomorrow!

|

« ポイント・ウォーズ 5.ポイント・コミュニティ vs. ポイント・コモディティ | トップページ | 四元奈生美さん 「やってる私たちは暗くない!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/5557105

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダF1からe1への道:

» ガソリン代金を節約する [ガソリン代節約!]
ガソリン消費を効率よく行う最新機登場!簡単で安価が魅力! [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 21時37分

» 節約 暮らし [節約 暮らし]
暮らしの節約方法を掲載 [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 22時35分

» 節約生活 [節約生活]
節約生活の方法やお役立ち情報 [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 02時00分

» 人気上昇中の二人、加藤美佳&上原やよいのプライベート画像流出です!! [人気上昇中の二人、加藤美佳&上原やよいのプライベート画像流出です!!]
彼氏(外人モデル)とのラブラブプリクラに始まり彼氏とのカーセックスまで! [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 03時10分

» エコレーヌ [エコレーヌ]
驚きの美容液エコレーヌがついに登場!45分で10歳の若返りに人気殺到! [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 09時17分

» 問題提起 [地球冷却運動 (Earth Cool Movement) [地球温暖化防止対策]]
 地球温暖化が、世界中で多くの不幸をもたらしています。異常気象により被災者になってしまう人や沈み行く島に住む人々。絶滅してしまう動植物も・・・。  この不幸を回避するために、私たちは何が出来るのでし... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 00時12分

» さくらJCBゴールドカードネットde入会キャンペーン [無料データバンク]
さくらJCBゴールドカードネットde入会キャンペーンETC/JCBカードさくらカード(三井住友銀行グループ)年会費無料・ポイント2倍カードこの情報はエーハチネットより提供されています。アフィリエイトはエーハチネット登録は無料です。...... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 11時54分

» 燃費向上≪ガソリン節約≫大作戦! [ガソリン節約≪燃費向上≫大作戦!]
燃費向上≪ガソリン節約≫大作戦!では、燃費の向上,ガソリンの節約に関する情報を、ご紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 15時22分

» プロ野球開幕! [サッカー、F1、プロ野球、スポーツで日本を熱くさせてくれ!]
プロ野球も始りスポーツファンにとっては忙しい季節に成ってきた! パリーグでは昨年の覇者日本ハムが大幅な戦力ダウンを心配されたが、出だしはやはり良くない! 接戦を取りこぼしている! やはり新庄、小笠原の存在感は相手に与える威圧感と、チームのムードを盛り上げる安心感この二つが一気に無くなったのだから大きな穴だ! しかし一度優勝を味わった精神的自身は各自に大変な力を与えたと信じた...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 15時58分

» 「ガソリン節約ポイント」 [ETCマイレージで得するETCカード生活  ]
   ETCマイレージで得するETC生活      アイドリングストップでガソリン代を節約!      アイドリングストップという言葉は   ご存知の方が多いですよね。   5秒間のアイドリングとエンジンの始動時に必要な   ガソリン量は同じ量との...... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 15時47分

« ポイント・ウォーズ 5.ポイント・コミュニティ vs. ポイント・コモディティ | トップページ | 四元奈生美さん 「やってる私たちは暗くない!」 »