« 「考えない」から「10人目の嘘」へ | トップページ | 夢の街創造に健康・医療も! »

2007年4月30日 (月)

窮屈さからの改革

今日は隔週で書いているぷろこんエッセイからの転載です。
→ご登録いただける場合、まぐまぐはこちらから
めろんぱんはこちらからです。


窮屈さからの改革

“I suddenly wanted to dress differently, to wear clothes designed by
Hedi Slimane. But these fashions, modeled by very, very slim boys?and

not men my age?required me to lose at least 40 kg. It took me exactly
thirteen months.”

ファッション・デザイナー Karl Lagerfeld 氏の言葉

出典: http://en.wikipedia.org/wiki/Karl_Lagerfeld

            @@@@@@@@@@@@@@@@

一度は引退したデザイナー高田賢三氏が、2003年頃から再びファッションの
仕事にもどったのは、ケンゾーブランドを売却して、自身が充電をされただけ
ではなく、ぶらぶらしていると太ってしまって洋服が似合わなくなるから、と
コメントされていたのを覚えている。今年68歳になる高田氏にして「洋服が
似合わなくなったらまずい」というコメント、身にしみる男性も多いだろう。

デザイナーのダイエットと言えば、何といってもシャネルの大御所デザイナー、
カール・ラガーフェルド氏である。100kgの巨漢が60kgまで減量した前と後は
まるで別人である。その物語を本にまでしている氏も商売っ気たっぷりだが、
こちらのブログではその変身ぶりがしっかりとチェックできる。マーク・ジェイ
コブス、アレクサンダー・マックィーンの両氏(いずれもデザイナー)との比較も
おもしろい。

100007453 ダイエット前  100049317 後 

今年73歳のラガーフェルド氏が、ダイエットを完了した姿は2002年春夏のフォト
にあるので69歳ぐらい、始めた2001年は68歳ぐらいである。ダイエットの理由も
有名である。「(ディオール・オムのデザイナー)エディ・スリマンのデザインした
スーツを着たい」。冒頭に引用したラガーフェルド氏のコメントの拙訳である。

  がらりと服を変えたくなった。それもエディ・スリマンのデザインした服を
  着たくなったんだ。だけどこの種のファッションはとってもとっても痩せた、
  わたしのような年寄りじゃない若者がモデルだ。これを着るために40kg
  痩せなきゃならなかった。それには13ヶ月かかった。

エディ・スリマンのデザインするスーツとは、美しい細身のシルエットを特徴と
しており、ジャケットの前ボタンが締められないほど前身頃が狭く、窮屈な服で
ある。その前衛的なスタイルがモード系の若者にウケてきた。ディオール・オム
発で他のデザイナーズ・ブランドにも影響を与え、タイトフィットなスーツが増え
てきた。わたしのようなオヤジ向けのスーツにも、足長や美脚スーツが増えて
きたのもその波及であろう。

だがエディ・スリマンのデザインは、どうもスリムさを強調するだけではない
雰囲気がある。そこには繊細さ、ストイックさ、そしていつまでも挑戦をやめない
(やめさせない)姿勢を挑発する何かが感じられる。それがラガーフェルド氏を
ダイエットに挑戦させ、50代、60代のセレブにも支持されるブランドに成長した
理由であろう。

            @@@@@@@@@@@@@@@@

ファッションの世界では窮屈さが美しさへの挑戦だとすれば、普通の仕事の
世界では、窮屈さが業務改革のステップになる。

「どうしたら導入したシステムを使ってくれるんでしょうか?」 システムは入れ
たが使用率が向上しないという、お客様からの問いかけ(嘆き)は多い。導入
時点で、使用する現場を巻き込めなかった、あるいは、そのシステム(化)が
自分の仕事に不可欠であるという認識が広がらなかった。システム自体の
良し悪しもあるかもしれないが、使われない原因はたいていそんなところに
ある。

効率化をするためにシステムを導入したのに、使われなくても仕事が回せて
いる。ということは仕事のやり方はまるで変わっていないということである。
これに業を煮やした武蔵野という企業の社長さんがいた。小山昇氏という
有名社長のいる会社である。小山さんの情報化推進は社員に「業務上の
窮屈さ」をわざわざ強いることだった。

営業の情報系のシステムが入力されない状態を改善するためにとられた
窮屈策とは「コンピュータ二人に一台でナレッジシェアリングさせる」だった。
普段はひとりに一台のパソコンを、ある日から二人に1台にしてしまったのだ。
とうぜん現場からはブーイングが巻き起こった。だが社長は意に介せず、パソ
コンの半数をしまってしまったのだ。

そうすると何が起きたか。二人に1台の入力は窮屈だが、入力時間を調整し
あうなど相手を慮る気持ちが芽生えてきただけでなく、情報を共有することの
意味や大切さを各社員が考えだした。情報共有は相手の仕事を楽にするこ
と、それは自分も楽になることだと。そんな気づきをさせたというところに
「二人に1台の窮屈策」の巧妙さがあった。意識が変わりだしたころ、一人1台
の状態にもどした。

            @@@@@@@@@@@@@@@@

もうひとつの窮屈策に「言葉を窮屈にする」手がある。

たとえば「顧客ニーズ」という言葉がある。誰もを黙らせる便利な言葉なのだが、
その内容は顧客層ごとに違うし、顧客を見る人によっても異なるあいまいさを
含んでいる。モノやサービスを売る仕掛けでありコンセプトに、無造作に「顧客
ニーズ」という言葉の衣をかぶせてしまうと、ほんとうのニーズが見えなくなり
がちである。さらに深刻な問題は、開発やマーケティングの発想がステレオ
タイプになってしまうことだろう。

そこである企業では「顧客ニーズ」「パッケージング」「顧客へのロイヤルティ」と
いうような抽象的な慣用表現を禁句にするという「言葉の窮屈策」をとった。
禁句を社内文書に書きたいときは、別の言葉で置き換えなければならない。

そうなると社員はその「便利な抽象語」が持つほんらいの意味を考えるように
なった。禁句を別の言葉を置き換える思考の中で、その言葉にはこれまで
含まれていなかった需要やサービスや顧客の思考をを見出し、新たな発想が
生まれてきたという。言葉を窮屈にして思考を誘発したのである。

窮屈にすれば見えてくることがある。ありがたみもわかり、ステレオタイプな
発想からも逃れられることもある。

            @@@@@@@@@@@@@@@@

ポジションが固定化したり、同じ仕事のやり方を続けていれば、どうしても
不要な肉がついたり保守的な心理を持ちになりがちである。いつの間にか衣が
型くずれして太っていることに気づかないかもしれない。

だから図らずも太ってしまったとき、そう感じたときは、タイトフィットな洋服を
着ることを考えよう。洋服ダンスの奧から「昔は着れた」服を出してみるのも
いいが、ラガーフェルド氏のように「あれが着たい」という本能的なチョイスが
いいような気がする。

身体も仕事もギリギリに追い込んで、いったん窮屈になるようにしてみれば、
意思のサイズ(挑戦)と体形のサイズ(結果)のギャップも小さくなるはずだ。

今日は以上です。

|

« 「考えない」から「10人目の嘘」へ | トップページ | 夢の街創造に健康・医療も! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 窮屈さからの改革:

» 美脚にになる [脚を細くする]
脚を細くする 脚をほそくするのは簡単です。 [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 23時14分

» シャネルネックレス [シャネルネックレス]
シャネルのネックレスをきっかけに、シャネルやネックレスなどについて書いています。パールや新作、ロング、カメリア、ライトストーンなどに関心が集まっています。参考になると嬉しいです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 23時14分

» キーワードアドバイスツール [キーワードアドバイスツール]
キーワードアドバイスツール関連情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 00時43分

» シャネル 財布 [シャネル 財布]
シャネルの財布は、とても人気のある商品です。シャネルは、とても有名なブランドなのは、皆さんもご存知のはずです。シャネルの財布のバラエティーはとても豊富なので、どれにしようか迷っちゃいますよね。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 01時50分

» ディオールオム [ディオールオム]
ディオールオム(diorhomme)は、デニム、ジャケット、レザー、ブーツ、シャツ、ベルト。どれをとっても洗練された気品あふれるデザインばかり。ディオールオムがなぜ愛されるか、ディオールオムのみりょくに迫ります [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 02時35分

» ■まぐまぐの発行承認 [アフィリエイトそこが知りたい!]
まぐまぐの発行承認がそうとう厳しくなってるようです。 5回6回当たり前、10回... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 06時05分

» 今朝の新聞 5/ 1 [にっかんせきぐち]
連休谷間の出勤は不本意ですが、まぁいいでしょう。仕事は無いより、あったほうがいいですからね(笑)おはようございます。マーケティングプランナー・せきぐちです。では、今朝の新聞です。●USEN 出版子会社を売却... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 08時19分

» 発毛促進剤リカピン [発毛促進剤リカピン]
59%の発毛率で話題独占中の発毛促進剤リカピン!あなたの悩みを解決いたします。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 08時36分

» 内職 募集 [内職 募集]
初心者のための副収入ワーク。日払制、日給8000円以上可能。現在、追加募集中 [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 12時44分

» ディオール(Dior)とは [ディオールオムで財布を買おう!]
初めまして。突然のTB失礼致します。ディオールに関する記事をアップしたので、宜しくお願い申し上げます! [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 21時13分

» ディオールオム [ディオールオム]
ディオールオムが好きな管理人のブログです。実際に購入した物や、気になるディオールオム アイテムを紹介したいと思います。ディオールオムのデザイナー、エディスリマン、退任しちゃいましたねぇ・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 23時42分

» ディオールオム [ディオールオム]
ディオールオムについての情報満載。ディオールオム デニム、ディオールオム ジャケット、ディオールオム ブーツ、ディオールオム レザー、ディオール ベルトなどの商品紹介。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 11時48分

» シャネルの財布♪ [シャネルの財布♪]
シャネルの財布を中心に        シャネルの魅力を探ります! [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木) 18時39分

» アフィリエイトで稼ぐ [アフィリエイトで稼ぐ]
アフィリエイトの紹介で〜す [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 15時52分

» マーク・ジェイコブスの歴史 [マークジェイコブス]
マーク・ジェイコブスは1963年4月9日、ニューヨーク生まれ。ハイスクール・オブ・アート・デザインに通いながら、当時コロンバス・アヴェニューにあったヨーロッパ・ブランドのセレクトショップ、シャリパリで働く。81年卒業後、パーソンズ・スクール・オブ・デザインに入学。在学中の84年、卒業制作につくったニットのセーターが、ペリー・エリス金の指ぬき賞を受賞。86年カシヤマU.S.A.のバックアップにより初のコレクションを開催。87年、ペリー・エリス賞(新人デザイナー賞)を最年少で受賞...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 16時29分

» MARC JACOBS バッグ [マークジェイコブス]
   ★MARC JACOBS バケツトートバッグ カラー ブラック サイズ W36cm×H25cm×D12cm 素材  カーフ 海外セレブやスーパーモデルの所持率の高いマークジェイコブスのバッグ。キルティングが施されたオシャレなバッグです。 細かい型押し素材なのであまり傷は気にならないバッグです。 ブラックにゴールドの金具がゴージャスなマークジェイコブスのバッグはいかが?☆ マークジェイコブスならではの太めの重量感あるバッグで、ゴールドチェーンがポイントのバッグです☆バッグ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 16時57分

» 脚を細くすることだったら簡単!! [宝くじ@全国自治宝くじ情報館]
脚を細くすることだったら簡単!!■エステに行く必要のなくなる脚やせ法■これを読むだけでもヒントになると思います。また、エステで時間とお金をかけるよりまず、ここで試してみましょう。この金額でスピーディーに結果がでたらかなりお得ですね。...... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 08時44分

» アースフラワー●アバハウス通販ガイド● [アバハウス通販ガイド-アバハウス通販ガイド-]
こんにちは。いつもコメント、トラバ、ランキングなどなど応援ありがとうございます。アバハウス通販ガイドです。アースフラワー●アバハウス通販ガイド● [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 20時25分

« 「考えない」から「10人目の嘘」へ | トップページ | 夢の街創造に健康・医療も! »