« 所有2.0 サイバー・クローゼットの時代 | トップページ | 顧客LOVE 1.恋愛マトリクスからの考察 »

2007年5月20日 (日)

ミス・ディウイーに恋するサーチエンジン

探しものが見つからないときはイライラするでしょう。そそかっしいわたしは、ある一枚のミーティング・シートがどこを探しても見つからず、会社に置いてきたかと思って、休日にわざわざ探しに会社に行ったこともある。結局会社にもなく、いつも持ち歩いているノートにはさんであった。なんたるアホウよ!別のシートと重ねて折ってはさまっていたので気づかなかった。

そんな探しモノ嫌いのわたしが気に入っているのが「イライラしないでね!」とジェスチャ混じりに語りかける、美しいミス・ディウイーのサーチエンジンである。

 Misdewey02

こんな楽しいサーチエンジンだったらずっと喋っていたい(笑)。マイクロソフトでも(失礼)こんな遊びがある。今日はミス・ディウイーを見つめながらサーチエンジンをテーマに。

勝手にアドバイス Vol.174 ミス・ディウイーに恋するサーチエンジン】
このサーチエンジンサイトは、マイクロソフトが2006年11月から開設したもの。ミス・ディウイーという美しいスマートな女性がビデオ映像で登場する(600種類以上あるという)。彼女はさまざまな表情や仕草、そしてジョークを入れて語りかけてくる。

 Misdewey01 検索結果は右に。

検索ワードを入れないと、「ハローゥ!いるの?何してんの!早く書き込みなさいよ!と催促してくる。右下のBEST of DEWEY を選択すると定型ワードが自動で入力され、ミス・ディウイーが銃を撃ったり、ナイフを研いで投げたりする。

 Misdewey000 そこにいるの?

もっとほっておくと、退屈してメモをほっぽりなげやがる(笑)。このサイトはマッキャンエリクソン・サンフランシスコと開発会社のEVDがWindows Live Searchを用いて開発。今のところ英語のみであるので、日本人で使用する機会のある人は限られるのが惜しい。

 E0037589_1739944

登場している女優はJanina Gavankarさんで、インド人とオランダ人のハーフだとか。エキゾチックな顔立ちはそのせいか。The L Wordというレズビアンたちを主役にしたドラマで準主役で出演中。

 2007022f122f632fc0104663_22584123 セカンドライフにも。

【検索はGoolgeのひとり勝ち】
マイクロソフトがこんなサーチエンジンサイトを作るのも、検索サイトはGoolgeのひとり勝ちであるからだ

日本では進出が早かったせいもあり、yahooが5割のシェアを占めるが、それはむしろ特殊市場。米国ではGoogleが5割、yahooとMSNが2割程度である。ヨーロッパの多くの国では7割がGoogleと言われる。かく言うわたしは95%Googleを使っている。マイクロソフトがいくらLive Searchなど良い技術を開発しても、Googleの牙城が崩せないのである。
参照 http://g.1o4.jp/ 他

Yahooの検索事業部長を務める井上俊一氏は自身のブログにこう書く。

今USではYahoo!もMicrosoftもみんながGoogleになろうとしてる頑張っているように見える。非常に危ない状態にあるように見える。Googleになろうとしても、Googleを追い越すことは出来ないのに。
出典 http://inoue.typepad.com/

氏が「Yahoo!はYahoo!ならではの道を行きましょう」と書くように、つまり差別化が必要なのである。
Googleと同じことをしていてはダメなのである。そのyahooでは検索エンジンを下図のように位置づけ、「ソーシャルサーチ」で勝負を挑もうとしている。それはWebページ以外のさまざまなコンテンツやSNSの情報、ヤフーオークションなどを串刺しで検索結果を出したり、マイランクというユーザー個人の特性に応じたプッシュ型のお奨めを組み合わすものである。

 051118_yahoo02
 出典: http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20091218,00.htm

エキサイトも差別化を図ろうとしている。ひとつには2007年4月から始まったデザイナーズ・ポータルがある。

  Dp シンプルでGoot。

デザイナーズポータルとは、機能やコンテンツはそんなに多くなくてもいい、毎日使うものだから、とにかくデザインにこだわりたい!という人に向けたトップページ。気鋭の若手デザイナーによる、今までにないデザインにこだわったポータルサイトです。
http://www.excite.co.jp/design/

これもGoogleが「サーチと広告にフォーカスし、稼いだお金でさらにディストリビューション・パートナーを増やしたり、ユーザーへ新しいサービスを提供する」(井上氏)という王道を行き、他のポータル・サイトが消滅する危機感からの差別化策であろう。

【勝手にアドバイス】
技術的にもニーズ的にも、サーチエンジンにとって今は端境(はざかい)期にあると思う。

たとえばAmazonのお奨めはかなり精度が上がってきたとはいえ、購入や探索目的外のサーチワードまでが組み込まれて、お奨め精度が下がることもあるし、あらゆる記録が残るので嫌な感じがする。たとえそれが美女の人工知能でガイドされるにしても、微妙である。

それに、サーチエンジンやポータルサイトがパーソナライズされればされるほど、自分の好みや興味という狭い範囲からのサーチに留まるところにも疑問がある。新聞を一面から社会面まで読むことは、広い見識やアイデアの発想の上で意味があるのだ。検索だってアクシデンタルな出会いがあってほしい。偶然性とパーソナライズとは両立するのだろうか?

ということで、当面わたし個人としては、ミス・ディウイーが日本語で喋って「ほら、何してんの!早く入力しなさいよ!と叱られてみたい(笑)。今日は以上です。

|

« 所有2.0 サイバー・クローゼットの時代 | トップページ | 顧客LOVE 1.恋愛マトリクスからの考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/6488051

この記事へのトラックバック一覧です: ミス・ディウイーに恋するサーチエンジン:

» セカンドライフゲームで一億円!? [セカンドライフゲームで一億円!?]
Second Lifeセカンドライフゲームのwoldで、本当に1億円を手にした人がいる!!というから驚いてしまいます。この人物は、中国人だという噂です。Second Lifeセカンドライフゲームで、1億円を手に入れるなんて、本当にうらやましいですね〜。 [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 19時33分

» amazon japan [amazon japan]
amazon japanに関する商品紹介をしております。amazon japan関連の商品を集約しておりますので、是非、amazon japanのご購入にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 19時41分

» お笑いコンビMint姉弟ツッコミ担当元AV嬢すぎはら美里の作品 [Mint姉弟ツッコミ担当元AV嬢すぎはら美里の作品]
エンタの神様出演中のお笑いコンビMint姉弟。実の姉弟でもあるこのコンビのツッコ... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 20時59分

» シンプル ビューティー シーサー [沖縄!シーサー陶芸体験工房 琉球窯]
難産で産まれましたね!と、男はつらいよの柿本さんに岩井さんが声をかけました���男はつらいよのTシャツ!いいですね! (^o~)/ [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 06時49分

» 久しぶりのチャット体験 [アフィリって合わせ技!]
先日久しぶりにチャットしました。 何年ぶりだったんだろう?10年ぶりぐらい? 相手とペースを合わせながら、一行でどう表現するか微妙な緊張感が面白いですねチャット熱、再燃しそうです。 セカンドライフ、知ってますか? [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 09時06分

» 抜け毛 薄毛でお悩みの方へ [抜け毛 薄毛でお悩みの方へ]
59%の発毛率で話題独占中の発毛促進剤リカピンがあなたの悩みを解決いたします。 [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 09時51分

» SecondLifeとは [セカンドライフ徹底研究 ~Second Lifeで二度目の人生を~]
Second Life(セカンドライフ)は、米・サンフランシスコに本社を置く、 リンデンラボ( Linden Lab )社が運営するバーチャル世界のこと。Linux、Macintosh、Windowsに対応している。アカウント数が400万以上存在する。オンラインゲームと呼称されることが多いが、 リンデンラボ はWorldと呼称している。また、World内に存在するコンテンツのほとんどはユーザの手によって作り上げられており、ゲームというより�... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 15時51分

« 所有2.0 サイバー・クローゼットの時代 | トップページ | 顧客LOVE 1.恋愛マトリクスからの考察 »