« ブロガーズ・パラドクスからの脱出 まずは新丸ビル | トップページ | 相手を直視する岡島投手 »

2007年5月13日 (日)

蒔絵師 伯兆さんに見る伝統の進化

蒔絵(まきえ)という工芸技術をご存じだろうか?

蒔絵とは、日本独自の工芸技術としてすでに1500年も昔から日本にある技法です。漆(うるし)を接着剤代わりにして純金箔、純金粉、銀粉又は螺鈿(らでん:貝殻の裏の奇麗に光る部分)等を蒔(ま)きつけて行き模様(絵)として完成させていくので蒔絵と呼ばれます。
パイロット社HPより http://www.e-bunguya.net/makie-giho.htm

 Fountainpen  祖父の形見のパイロット万年筆。鳥の蒔絵です。

蒔絵師が日本に今何人いるか知らねども、今日紹介する蒔絵師の技も見事である。それも伝統の伝承をするだけでなく、現代的なデザインの進化がある。アート日和の休日なので、今日は若き女性蒔絵師と、彼女らを盛りたてる和物の女性起業家の紹介。

【勝手にアドバイス Vol.168 蒔絵師 伯兆さんに見る伝統の進化】
まずこの蒔絵ボタン。左から「」という作品。つくし柄も見える。次は「ロザーロ」と名付けられている、宮沢賢治の愛したデザインモチーフ。薔薇(rose)なのだろうか。三つ目は「Angelos」。エンジェルのモチーフが蒔絵になっているという美しさ。いずれも3000円~5000円/個と安くはない。もちろん一品一品の手作り品であるから、受注後2ヶ月を頂いているそうである。

 4052300 4121300 4118300   
 蕨             ロザーロ         Angelos
 http://www.a-yarn.com/product/2007/03/hakutyou_eb24.html

この作品の作者は伯兆さんという女性。1972年茨城県生まれ、女子美術短期大学造形科生活デザイン教室後、父である蒔絵師「一径」に師事し、2003年に「伯兆」という号をいただき蒔絵師となる。

 Dscf1206 父 Dscf1262_1 毬詠さん(2007/06/29修正)。

【伯兆さんの作品の一端】
17年、一緒に暮らしてきた死に面した愛猫を蒔絵して下さいという依頼。もうひとつは猫のブローチである。

 Chobi1  Nene01
 猫と桜蒔絵姫鏡            猫と蜥蜴と花と(ブローチ)

「結婚15年目のお祝いに主人へお三線を贈るので蒔絵をお願いしたい」。そういう依頼で、「蝙蝠(こうもり)は吉祥文様のひとつ 夫婦を象って2羽 月夜へ」。
 
 7633 78372  
 三線(「さんしん」 2007/06/29修正しました)。垂涎のできばえ!

伯兆さんのHPには、注文依頼やこれまでの作品、そして蒔絵の作り方がていねいな画像で載っている。それを見ると蒔絵とはずいぶんと手間がかかる。2ヶ月も仕方ない。
http://homepage3.nifty.com/makieya/framepagetop.htm

【伯兆さんの作品は野庵(やあん)で注文できる】
野庵とは職人による1点ものの着物まわりの和小物を扱うお店」である。そのコンセプトは次の通り。

同じものはなく、ここにしかないものを季節に応じてご紹介していきます。職人さんをはじめとする毬詠含めスタッフ一同、想いをこめたものづくりに賛同いただける皆様の気持ちの中に存在する庵です。虫の声や草や水の匂い、季節を感じる心の中に野庵が在り続けるよう精進していきたいと思います。
出典 http://a-yarn.tea-nifty.com/shop/2006/06/post_4834.html

野庵には伯兆さん以外にも数名の作家が名を連ね、鞄作家、絵師、箸作家、彫金作家、切り絵作家などによる、鞄、根付け、かんざし、帯留、扇子や団扇など、女性主体の職人作品の一品モノ販売をしている。こういう一品和モノのビジネスも成立するのである。

その野庵、Yukoさん(着付師)と野庵庵主の毬詠(marie)さんらで運営されている。「同じものはなく、ここにしかないもの」を販売するのがコンセプトである。しかし販売(受注)するのは、かたくなに伝統を守る伝承技術ではなく、伯兆さんの作品のように注文主の要望も受け、伝統を守りつつさらに技術を進化させるデザインであり、芸術である。

   Dscf4700  Dscf7065
   Yukoさんと毬詠さん(marieさんのブログにも共感しました)

【勝手に和物ポジショニング】
マトリクス病のわたしを許してほしい(笑)。「蒔絵師のマトリクス」と名付けた。

 Photo_56

縦軸は「受注形態」である。カスタマイズ=一品受注生産レディメイド=標準化生産。横軸は「伝承」に留まるか、「進化」へ移行するか。カスタマイズで伝承一本槍は、いわゆる文化財で商売にはならない(しない)アートである。

そこから一歩踏み出したのが伯兆さんの一品モノ。左上は「MOTTAINAI」というテーマで書いたむす美のポジションで、伝統を標準化した商品を販売する。右上は「ソールワーク 和柄への熱い気持ち」と題して宮崎あおいさんの着るデザインを紹介した。伝統の和柄をモチーフに、洋服にまで進化させた。

どのポジションで勝負するかそれぞれの想い次第だが、重要なことは「変わらないものは廃れる」、だが「無節操に変わるものも廃れる」ということである。信念と商売のバランスが大切
今日は以上です。


【お知らせ・追記】
このテーマでご紹介させていただきました
野庵の毬詠さんから今日(2007/06/29)ご連絡を頂戴しました。ありがとうございました。わたしの不勉強・不案内かつ粗雑な性格から、2点間違いをご指摘いただき、修正致しました。

①記事中の「猫を抱いていらっしゃる方=伯兆さん(間違い)→
毬詠さんへ修正。
②記事中の「三味線」(間違い)→
三線(さんしん)へ修正。

そもそもは伯兆さんがお読みいただき、ご指摘いただいたそうでありがとうございました。
また、掲載時何ら連絡入れなかった件もお詫びいたします。すみませんでした。

毬詠さま、ご丁寧なお手紙、ほんとうにありがとうございました。週末になって一週間を振り返り、精神的にも打ちのめされたこともあった中、オアシスのようなお手紙でした。伯兆さまにもよろしくお伝えくださいませ。

いつの日か、郷様のような方に是非お誂えをご利用頂きたいと願って」とまでお手紙に書かれてしまいました(笑)。いずれ世界に一本しかない筆記具をお願いしたいと切に思います。読者の皆様におかれましても、素晴らしい蒔絵をお愉しみいただけると思います。

|

« ブロガーズ・パラドクスからの脱出 まずは新丸ビル | トップページ | 相手を直視する岡島投手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/6404572

この記事へのトラックバック一覧です: 蒔絵師 伯兆さんに見る伝統の進化:

» 宮崎あおい さん ふむ。。 [最新情報缶]
宮崎あおい さん映画好評のようですね。画像はこちらこれからもいっぱい活躍されるでしょう。宮崎あおい さん に関する情報です。 いま瞬の話題をGETして、あすの話題作りに。 豆知識を身につけ雑学王に。 お役立てくださ... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 20時19分

» 宮崎あおい 画像 [熱愛?]
宮崎あおいの画像。映画「初雪の恋」の出演も増えた宮崎あおいのオフショット写真は可愛らしい笑顔が沢山... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 20時59分

» 宮崎あおい [いま話題の検索語とは?]
宮崎あおい プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 21時35分

» コーチの財布 [コーチ コーチの財布の魅力について]
コーチの財布 [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 23時20分

» 宮崎あおい 画像・動画サイト [宮崎あおい 画像・動画サイト]
宮崎あおいちゃんファンによるファンのためのサイト~~ 彼女の魅力を伝える画像・動画などを全力で集めるよ! 宮崎あおい DVD-BOX/OLARE Foto por favor 宮﨑 あおい(みやざき あおい、1985年(昭和60年)11月30日 - )は、日本の女優。... [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 16時42分

» ( 蒔絵 )についての最新のブログのリンク集 [クチコミコミュニケーション]
蒔絵に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 16時19分

« ブロガーズ・パラドクスからの脱出 まずは新丸ビル | トップページ | 相手を直視する岡島投手 »