« ネームオフに見る優しい個人情報保護 | トップページ | ドッグ・バギー新世代 »

2007年7月13日 (金)

GDOと日本創生ビレッジ、2つのオフィスへの羨望

昨日、ゴルフダイジェスト・オンラインGDO)さんに訪問した。クライアントではないので実名を出してしまって構わないだろう。それというのも、2007年7月25日(水)GDOの統括本部長のお話をメインとさせて頂くセミナー「顧客視点のセールスフォース」を開催する。その打ち合わせのためだった。

 Gdo01 GDO本社

もうしばらく前だがこのブログで、オフィス環境をテーマにしてGDOさんのオフィスを取り上げたことがある。だから日経ニューオフィス推進賞も受賞したそのオフィスを、一度見てみたいと思っていた。それが思わぬ縁で実現した。その感想をひと言でいうと、とても自由で、のびのびとして、合理的で、くったくがない

訪問の夢がかなったGDOオフィスと、最新のオフィス・デザインを羨望するのが今日のテーマである。

【勝手にアドバイス Vol.205 GDOと日本創生ビレッジ、2つのオフィスへの羨望】
虎ノ門にあるGDOのオフィスは2006年3月6日より使用しているからもう一年以上。最初は奇異な感じがしただろうが、すっかりなじんでいる感じ。統括本部長いわく「薄汚れてきた(笑)」。階段にも手摺りだけで壁がない各階をご案内していただいたが、社長以下全員がフリーアドレスという『一人ひとりが仕事のTPO(部門内業務・部門横断プロジェクト・個人集中業務・各種ミーティングなど)に応じてふさわしい場所を自由に選択できるワークスタイル』を実現している。 
引用元 http://www.news2u.net/NRR200610470.html

 Orep2_06 2階でしたか。

当然みなさんオフィス・カジュアルなスタイルだったが、普通の会社のフリーアドレスと違うのは、経理や総務、人事といった管理部門までもがフリーなところ。経理の方と営業の方が同じテーブルに座って自然に仕事するところは軽い衝撃を覚えた。そして徹底したペーパーレス。ポスターひとつない(今年は一枚スローガンを貼ってしまった・・・と本部長は嘆いていたくらいなのだ)。

 Orep2_11  ナチュラルでいい。

要約するとこうだ。「フリーアドレス」「ペーパーレス」「ウォールレス」という3つのレスで、オフィスの合理性を突きつめつつ、それが冷たいものにならない社員の皆さんのくったくなさが共存している。心から羨ましいと思いました。訪問できて良かった。

【オフィス設計の新潮流】
2007年4月に竣工した新丸ビルには、従来丸ビルにあったビジネス交流を目的とした会員制のクラブ「東京21cクラブ」を移設し、ベンチャー企業向けのオフィスに鞍替えした。

事業初期の段階にあるベンチャー企業を主なターゲットとした小割りの「インキュベーション(起業支援)オフィス」も併設され、国内では珍しいビジネス交流クラブとインキュベーションオフィスを融合した「日本創生ビレッジ」が誕生した。
引用元 http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/office/column/20070605/508219/?P=1

このオフィスにはフレッシュなベンチャーの入居をいざなうように、さまざまなデザインの試みがある。詳細はこのKenplatzの記事(渡邊朗子の「オフィス設計の新潮流」)をお読み頂くとして、わたしが気になったのは次の3つのポイント。

【曲線で構成したエントランス】

 182 181 

ねらいは、曲線でストレスを緩和してアイデアを創出してもらおうというもの。確かに日本のオフィスには曲線が足りない。だからわれわれは直線思考ばかりに陥るのだろうか

【テーマカラーを持つ会議室 】

 10_1 12_1 21   

カラー別の会議室はとても素晴らしい。銀河カラーの「Ginga Blue」会議室、イエローの「Room Y」、そしてグリーンの「Room G」。今日の会議は「発想を出そう!」なら銀河色、「アイデアを揺らそう!なら黄色、まあまあ「落ち着いて話そうぜ」なら緑かしら。

【オフィスゾーンの真ん中に"コピーキッチン" 】
 
 14_1 15_1 

このアイデアがワンダフル。『コピーを取る合間に偶発的なコミュニケーションもできたら、一挙両得ではないか。そこで、コピーを取りながら、人と出会ってコミュニケーションし、コーヒーまで飲めてしまう「コピーキッチン」と呼ぶゾーンをつくることになった』 渡邊さんのご発案。

キッチンとコピーがくっついているなんて・・・最高である。渡邊さんは色々発案をしてたどり着いたのが「蔵庫、コピー複合機、「オフィスグリコ」、文具、コーヒーメーカー、電子レンジが設置された多機能なコピーキッチン」だった。これはとっても素晴らしいです。気に入りました!満点のオフィスになった。

日本創生ビレッジをわたしが注目したポイントで要約するとこうだ。「カーブ(曲線)」「カラー(会議室)」そして「コピーキッチン」の言わば3Cが明日のベンチャーの飛躍をいざなう。

【勝手にアドバイス】
名は体を表すというように、オフィスは企業を表す。GDOさんは企業のありたいワークスタイルを「3つのレス」と「くったくなさ」で表した。日本創生ビレッジは明日の飛躍する企業の背中を押しながらも、「曲線や色やキッチン」という3Cでアタマを柔らかくしなさい!と表現した。これで飛躍できないわけがないですね。

オフィスを総務的な発想から考えると、生産性・効率性・セキュリティしか出てこない。しかし真の生産性は、実は「非直線思考」からしか生まれないのである

今日は以上です・・・と言いつつ、最後にPR。冒頭にPRした「顧客視点のセールスフォースセミナー」ですが、GDO事例はオフィスと情報システムとワークスタイルは不可分、というような骨子になるとのこと。わたし自身、とても期待しています。システム導入には顧客視点の構造改革があるべしが全体テーマです。もう少し残席がありますので、お時間があればぜひお越しください。
お申し込み先 http://www.bbs.co.jp/seminar/detail/sm1182916046.html

GDO参考URL 
http://www.meiho.co.jp/aboutmeiho/example16.htm
http://www.news2u.net/NRR200610470.html
http://www.bunshodo.co.jp/antiaging/a_report02.html

|

« ネームオフに見る優しい個人情報保護 | トップページ | ドッグ・バギー新世代 »

コメント

「起業リスクの最小化」をテーマに事業成功を夢見る起業家支援プロジェクト!!
起業を目指す方、または起業してビジネスの効率化を求める方への情報の1つとして、ご覧頂けましたら幸いです。

【開催要項】
■ プロジェクト特徴
起業や企業運営に必要な資金や資本政策などの資金面の支援や事業計画や経営戦略の立案・実行サポートなどの営業面の支援、オフィス貸与や事務支援、会計・財務、法務などのバックオフィス・環境面等を『完全支援』いたします。
詳細はこちらになります。
http://www.alito.co.jp/project/efp/
一度ご覧頂けましたら幸いです。
またご不明な点やご意見・ご要望に関しましては、
efp@alito.co.jp
でメールをお待ちしております。

ALITO株式会社
アントレプレナー・フルサポート・プロジェクト(EFP)事務局

投稿: ALITO | 2007年7月23日 (月) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/7131388

この記事へのトラックバック一覧です: GDOと日本創生ビレッジ、2つのオフィスへの羨望:

» 今までとはまったく違うのが私のマニュアルです。 [私は本当に悩みました。]
あなたの『ここからどうしたら?』という考えに対し、全て答えをだしてマニュアルを作成しました。 ですから、あなたはこのマニュアル以外で新しい事を覚える必要もないのです。 もう、知識だけの無意味な情報や知識はいらないのです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 22時04分

» やらない人はいますが、できない人はいません。 [創立49年目の会社です。]
今世紀最後、最大のチャンス! 確かめた人だけが、手にする権利収入! [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 22時15分

» どうもです [どうもです]
どうもです [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 16時37分

» オフィスレイアウト [オフィスレイアウト]
オフィスレイアウトと一口に言っても、小さな事務所からビルのオフィスのように、オフィスの規模により、考慮すべきポイントが違ってきます。そのポイントとは・・ [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 23時47分

« ネームオフに見る優しい個人情報保護 | トップページ | ドッグ・バギー新世代 »