« N704iμ Slim Womanの実像 | トップページ | わかりやすさが命 3.わかりやすさシンドローム »

2007年7月31日 (火)

わかりやすさが命 2.わかりやすさ事例

今日は「わかりやすさが命」というテーマで書き出した第2回目である。昨日(2007年7月30日)はジャパネットたかたの事例から、大多数の「わかりやすさを求める」お客様が知りたいのは、商品の機能よりも、どう使えるのか」に尽きるということを書いた。

「どう使えるのか」を言い換えると、「使い方」であり「使い方のやさしさ」「使い方のメリット」である。それが買い手の何を変えるのか、具体的に言えることがわかりやすさである。

今日は予定していた「わかりやすさで抽象化思考が停止する」を繰り下げて、3回目のテーマ「事例」を先にしたい。なぜなら事例、そしてその批判、こういう順序の方がわかりやすいからだ。

【勝手にアドバイス旬ネタ わかりやすさが命 2.わかりやすさ事例】
まず事例その1選挙ウェブサイト。7月29日に選挙へGO!したわたしは、自分の清き1票と大衆の票の行方をつぶさに追うため、テレビではなくインターネットで、高みからならぬ網の上からの見物をした。

参院選挙は任期更新時期が2度に分かれること、比例と選挙区が分かれること、いくつもの数字のボーダーラインがあることなどにより複雑である。テレビならばコメンテーターや評論家が随時説明・補足するのでハハンとなるが、ネットはまだおしゃべりを聴くメディアの段階にまだない。だから、ひたすらサイトのつくりがわかりやすさを決するのである。

【結論を言えばNHKの圧勝】
ネットで選挙はNHKのサイトのわかりやすさが圧勝だった。画面コピーを見てほしい。

 01bynhk

一番上はテロップが流れる。自民丹羽総務会長の「大変厳しい状況・・・」。その下には与党VS野党を赤対青に区分して、非改選議席を塗りつぶし、人形が議席、塗りつぶしは当確、真ん中の線が過半数を示している。青の人形が刻々と増えていくさまが今回の選挙だったが、この図だけでNHKのサイトは満点と言える。

 03bynhk_1 過半数を超えた瞬間。

その下には選挙区と比例代表のタブがあり、それぞれ候補者と当確/落選状況が動的に開く。右上のサイドバーは「対決1人区」で赤勝て、青勝て。ここでも青の勝ちだった。NHKのウェブサイトのわかりやすさとは、争点(改選議席の取り合い)を図解し、しかも動的に動向を一刻一刻見せることであった。

他の新聞系サイト、ポータル系サイトもおおむねチェックしたが、NHKの出来の良さに比べれば、やる気があるのか?とさえ思った。他のサイトは選挙情報を「ニュース」としてしかとらえていなかった。対してNHKは投票数という「事実」にフォーカスして、それをいかにダイナミックに見せるかに腐心していた。

 By_1 By_2 Bymsn
 毎日新聞            読売新聞            MSN 

【株主探偵というキャッチコピーのわかりやすさ】
事例その2野村證券の「株主探偵」である。株主・・・探偵・・・?それ何?という興味の引き方がうまい。株券の電子化とは、2009年1月から、これまで流通していた上場会社株券を廃止し、帳簿上で電子的に管理・権利確定をする仕組みに移行するものである。しかし株券が自宅のタンスにあるか、証券会社の金庫にあるかさえわからない株主も多いだろう。そこで株券さがしに探偵が必要というわけである。

 00_1 01_32  

ウェブサイト(CMも)では断崖絶壁の「株主探偵」のテーマから始まり、株主探偵こと名取裕子さんが登場。188億株もの電子化対応株券が眠っていることを指摘する。そして「あなたも株主かもしれない!」「だから名取裕子は株主探偵として立ち上がったの」という流れとなる。

 02_22 03_10 
 あなたも株主かもしれない!

【興味と奥行きのあること】
このあとウェブサイトには「株券の電子化」に関する説明と「自分が株主かどうか(どうすればわかるか)」のリードがあって、親切なつくりになっているし、わかりやすい。

 05_5  ウンチクサイトもちゃんとある。

対象ターゲットは(間違いなくわたしなぞではなく)団塊世代以降の金融資産を持つ富裕層である。いくつになっても美しい名取さんという起用もハマっているし、金融機関のウェブサイトとしては珍しいほど顧客視点がある。興味(探偵)を引いて、奥行き(どうすればいいのかという情報)がある

わたしなら野村證券の各店舗に「株主探偵」を配置して、「株券の尾行追跡調査、承ります!」というPOPをつくるのだが、実際はどうだろうか?CMやウェブなど広告から店頭まで一貫性があるかどうかも、わかりやすさの訴求ポイントになる。

【ロクロでPCのオーナーメイド体験】
3つ目にSony「Vaio オーナーメイド」ウェブサイト。ウェブ上で陶器をバーチャルに作ることで、Vaioならではのオーナーメイド体験を紹介するという趣旨である。

キャッチコピーとして『毎日使うものを自分で作る あなただけのこだわりをカタチにする喜び』が表れ、ロクロでオーナーメイド(60秒で感じるオーナーメイド体験)が始まる。
ウェブサイト http://www.vaio.sony.co.jp/Products/Concept/Vision/index.html?product=VOM

 01_33 02_23 

最初に「形をつくる」でロクロで回っている粘土をマウスで変形させる。これがなかなか難しいがおもしろい。

 03_11 04_4
 カラーパレットが見える。           そして焼く。

彩色し、そして窯焼きを経て、自分だけの一品を作れる(ウェブ上に投稿可能)。これまでのPCのオーダーメイドと言えば、メモリーやバッテリー、ドライブ、ソフトウェアなどの機能の取捨選択であった。だがVaioのオーナーメイド体験とはそれとは違います、「自分の道具を自分で作る」というメッセージです、Sonyは感性が機能に優先するということを伝えたいようだ。メッセージをわかってもらうために、消費者にわざわざ手を動かしてもらうこと、体験させることがポイントなのではないだろうか。

【まとめ】
3つの事例を挙げた。NHKの選挙サイトは「争点を図解し、動向を一刻一刻見せる」、野村證券の「株主探偵」は「興味(探偵)を引いて、奥行き(どうすればいいのかという情報)」、そしてVaioはウェブ上で手を動かしてもらうことで「オーダーメイドという体験」メッセージを伝えようとしている。

この3つの事例から、わかりやすさのためには、抽象化(図解化)、たとえ(探偵)、体験/事例(ロクロ)がカギであることがわかった。今日は以上です。

|

« N704iμ Slim Womanの実像 | トップページ | わかりやすさが命 3.わかりやすさシンドローム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/7341489

この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすさが命 2.わかりやすさ事例:

» 探偵興信所 [探偵興信所]
探偵興信所をお探しなら、まずはサイトで確認を、安心な探偵興信所の情報サイトをご紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 18時58分

» 敬老の日のプレゼントって、迷いますよね・・ [敬老の日のプレゼントって、迷いますよね・・]
突然のトラックバック失礼します。もうすぐ秋がやってきますよね、敬老の日に関する記事を書きましたので、トラバさせて頂きました。結構プレゼント選びとか迷っちゃいますよね?色んなイラストやプレゼントなどに関する記事も書きました^^よかったら遊びに来てください [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 17時03分

» 株券の電子化 かぶけんのでんしか [投資に関する用語集]
株券の電子化 かぶけんのでんしか とは、証券取引所で取引される株式の株券が2009年6月までに電子化され、証券保管振替機構(ほふり)や株券の発行会社によって、コンピュータ上で保護・管理される仕組みになること。株券の電子化は、2009年1月からの実施に向けて準備を進めている。株券の電子化後、印刷された株券そのものには価値がなくなるが、株主情報や株主の権利は変わらない。他人名義の株券を持っている場合は株券の電子化前に本人名義に変更する必要がある。投資に関するおすすめサイト集おすす...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 21時40分

« N704iμ Slim Womanの実像 | トップページ | わかりやすさが命 3.わかりやすさシンドローム »