« Googleのyoutube新広告でyoumediaの時代へ | トップページ | マルマンのスケッチブックに仕事を描く »

2007年8月24日 (金)

ループウイング風力発電キットに学ぶ環境保護

子供たちの夏休みもあと1週間となった。その昔、宿題の工作だけがまだ仕上がらず、あせってウンウンうなったことがあった。かといって工作が嫌いだったからではなく、好きだったからだ。オンリーワンを作ろうと凝ってしまい、なかなか仕上がらずにあと数日・・・そういうパターンだった。

わたしの子供の頃はまだ東急ハンズもなく、工作材料を買うのも一仕事だった。だから田宮模型から発売されている風力発電工作セットを知って、子供たちはなんて恵まれているのだろうと思う。今日は夏休みラスト1週間にささげる、社会的に意義のある工作キットをとりあげたい。

【勝手にアドバイス Vol.229 ループウイング風力発電キットに学ぶ環境保護】
風力発電キット内容は次のとおり。

環境にやさしい新エネルギーの1つとして設置が進められている、風力発電のメカニズムを体験できる組み立て工作キットです。風車は弱い風でも回転しやすいユニークな3次元形状のループウイングを採用。風車に連結された発電用モーターを回して電気を起こし、その電気を風車の上部にセットしたモーター駆動車内のキャパシターにたくわえます。
引用元 http://www.tamiya.com/japan/products/75021loopwing/index.htm

 Top
 
風力発電の仕組みを簡単なプラモデルで体感できるのがこのキットである。風力発電の素であるウイング、発電機、蓄電機と小型モーター部分(ミニカーになっている)から成る。蓄電された状態で、ミニカーを本体から外して走行させれば発電効果が実感できる。

風車には強風と弱風に対応する二種のギヤ比があるなど、風力発電の仕組みをモデルで学ぶにはベストなキットである。工作時間は30分程度で、3,500円で発売中。工作締め切り間近で品切れだったら不運としか言いようがない。あきらめて工作も自家発電でやってほしい。

 Loopw_a01s Loopw_a02s 

【ループウイングという技術】
このキットで特徴的なのが「ループウイング」である。これは風力発電ベンチャー企業ループウイング株式会社が開発した独特な形状の風力発電風車を縮小したものである。この形状のメリットは、空気の渦流が少なく騒音が小さい、低い回転速度でも(風があまり吹いていない日でも)発電できる、小型軽量なので用途が広いなどとしている。

クリーンなエネルギーとして世界的に期待されている風力発電は年間25%のペースで増えていますが、同時に敷地面積や景観などの問題から大型の風力発電機を設置できないため、風況が良くても風のエネルギーを得られないケースも増えてきています。
引用元 http://www.loopwing.co.jp/jp/04profile/aisatsu.html

こうした欠点を解消した技術が、2006年にGOOD DESIGN賞の新領域デザイン部門を受賞した、このベンチャー企業のユニークな風車形状である。

  Loopw_a05s 01case_miz1 時計塔。  

風力発電と言えば、あのびゅんびゅん回るプロペラが山間にあるのは良く見る光景である。だがこの形状のおかげで、時計塔や街路灯に設置できるほど小さく、安全に設置ができるようになった。街角の風力発電とはしゃれているし、自宅用の工作キットとして玄関灯があればおもしろい

【環境意識を深めるために】
同社社長の吉田穰氏はHPにこう書いている。

私が高校生の頃はふるさとの野山に1~2mの積雪がありましたが、今では0~0.3mになってしまっています。身近に起きている異変は誰もが感じているのではないでしょうか。
引用元 http://www.loopwing.co.jp/jp/04profile/aisatsu.html

同社が田宮模型とタイアップしてこのキットを作ったのは、「ループウイング」の知名度向上もあるかもしれないが、それよりも子供たちの世代から環境への意識を高めたいからだろう今年の猛暑を思うと、日本は、いや地球は、ほんとうにヤバいと思う

【夏休みの自由工作への勝手にアドバイス】
だから子供たちには、工作と同時に社会的なことも勉強してもらおう。先日の中越沖地震による影響を受けた発電所の安全対策も生々しいニュース。このキットを応用して工作だけでなく、風力発電や水力・火力・原子力発電の社会的な意義や現在の発電量、そのメリットやデメリットをリポートすれば、銀賞ぐらいはとれるはずだ

【ループウイングさんへの勝手なアドバイス】
子供たちのこうした勉強を支援するため、キットを販売するだけでなく、自社HP上で、子供にもわかりやすくエネルギーの事実やデータ」を提供するのもいいと思う。たいへんかもしれませんが、できればブログ形式で、子供たちの工作やリポートの質問に答えるなんてことができれると、子供たちにも先生にも印象が良いと思います。自治体さんなどにもPRがするかもしれません。

【わたしの夢キット】
わたしが欲しいキットがひとつある。それは「芝生づくり」のキット。それも普通の芝生ではなく、サッカー場の芝生を学ぶものである。

国立競技場のようなプロフェッショナルゲームをするグラウンドでは、一年中芝を枯らさないために、地中に導水管を持ち、幾層にも分かれた地層と表層、そして春夏秋冬で異なる芝草を植えるという。国立競技場の芝づくりにはものすごい苦労談があることを読んだことがある。
苦労談はこちら http://www.naash.go.jp/kokuritu/sibafu/index.html

100年構想で校庭を芝生にしよう!という運動をJリーグがしている。たとえば畳一畳サイズでもいいので、芝作りの実際を学べるキットがあれば、芝生キーパーという緑づくりの職業への興味を持つ子供も増えるかもしれない。わたしの秘めた夢への一歩でもある。今日は以上です。

 Profilepitcheimg Mr.ピッチ=Jリーグの芝生化マスコット。

|

« Googleのyoutube新広告でyoumediaの時代へ | トップページ | マルマンのスケッチブックに仕事を描く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/7660006

この記事へのトラックバック一覧です: ループウイング風力発電キットに学ぶ環境保護:

« Googleのyoutube新広告でyoumediaの時代へ | トップページ | マルマンのスケッチブックに仕事を描く »