« iPod touch and go? | トップページ | ほんのきもち レビューの買取&卸売 »

2007年9月 7日 (金)

デジカメで笑顔チェック!

先日、2回続けてカメラマン(ひとりはウーマン)に写真を撮られる機会があった。もともとわたしは写真を撮られるのは好きではなく慣れてもなく、あぁ・・・きっとぎこちない顔していただろうなぁ・・・。

そこへゆくと女性はニッコリしたり、ポーズをつくったり、自然体である。「ハイ、チーズ」の笑顔づくりだけでなく、髪型、化粧、ファッション、小物・・・男性からばかりでなく、同性からも見られることに日々身をさらしているから被写体慣れしている。

ところが最近のカメラは、勝手に笑顔を検出してシャッターを切ってくれるそうだ。ハイ、チーズはもう不要なのだろうか?台風の影響で交通機関が寸断され、お疲れの週末には笑顔で締めくくろう。

【勝手にアドバイス Vol.237 デジカメで笑顔チェック!】
2007年9月21日に発売されるSONYのサイバーショットDSC-T70とDSC-T200には笑顔検出機能、「スマイルシャッター」が付いている。

Cybershot03 Cybershot04 
 
「スマイルシャッター」は従来の顔検出機能「顔キメ」を進化させ、笑顔を検出して自動的にシャッターを切る機能。笑顔はデータベース解析に基づいて検出し、検知レベルも「強・中・弱」の3段階で設定できる。子どもや自分を撮影する場合、セルフタイマーの代わりとしても役立つという。最大6枚まで撮影が可能。登録した人物の笑顔だけを検出する「スマイリスト機能」も搭載する。
引用元 http://journal.mycom.co.jp/news/2007/09/04/008/

カメラをかまえて、シーンセレクションモードで「スマイルシャッターモード」を選択する。そして液晶モニターに人が写るとすぐに顔を検知し四角く囲う。複数の人がいるなら、囲み顔の中から「笑顔の主役」をひとり決める。その人が笑顔になった瞬間に自動的にシャッターが切れる。

Photo 左側がわたしの笑顔チョイス。

でもにっこりとガハハとフフっでは違うでしょう。そんな声が出るのもSONYはお見通し。スマイルレベル設定がある。「強=微笑み程度でも感知」「中=普通の笑顔で感知」「弱=大笑い状態で感知」という三段階で設定できる。なるほど、このカメラだと意中の人だけをねらって、段階別の笑顔をGetできる。笑ってくれなくても、こわばり笑顔でシャッターが切れる。いいのか悪いのかわからないが。

【笑顔の開発者たち】
顔検出機能とは、「目、鼻、口など顔のパターンを画面上で探すというのが、顔検出の基本的な考え方です。とSONYのDI事業部ソフトウェア技術担当者の小川さんは言う。目や鼻や口や歯をデータとして持たせて、それが表れたり、ある形になったときに反応する仕組みである。同じく開発担当の萩原さんは、「スマイルシャッターは最終的にデータの検証、つまり笑顔の画像の数が、開発のカギでした」と話している。つまり、何百、何千もの笑顔データを集めて、スーパーコンピュータで解析し、笑顔のバリエーションを詰めていったという。
参考 http://www.jp.sonystyle.com/Style-c/Special/Smile/developer01.html

  Developer_it03_pic_03
  開発者の萩原さん(左)と小川さん(右)の笑顔もデータ化されたのだろうか?

2台の違いは光学ズーム(3倍/5倍)、液晶画面(サイズとタッチパネル化の有無)などである。DSC-T70が37,800円、DSC-T200が47,800円。こういう機能はホントに楽しいし、その裏側のご苦労の話もぜひお読みください。さすがはSONYだと思いました。

【Olympus μ1200】
オリンパスイメージングから2007年10月12日に発売される有効1200万画素のコンパクトデジタルカメラ「ミュー1200」にも、笑顔を認識して撮影を行う「スマイルショット」機能が付いている。

 Mmitdu001006092007_1_1_da Index02_image01   

スマイルショット機能では、口の周辺部分と歯の動きから「笑顔である」とカメラが認識すると、自動で3回シャッターを切る。ただし、撮影画像の解像度は最大2048×1536ドットまで。
引用元 http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITdu001006092007

こちらの商品も画像検索エンジンを積んでいる。個人的には宮崎あおいさんの笑顔を掲載してほしい。1200万画素で、予定価格は¥49,800である。

【笑顔トレーニング】
2007年9月10日変更&追記
笑顔トレーニングの話をここに書きましたが、事後承諾を得ましたところ、写真やリンクを外して頂きたい旨連絡をいただきました。ですので、ブログとしての内容が完結しませんが、お申し出を受けとめて、この項目をすべて削除いたします。読者にはご了解をいただければ幸いです。

ネット上にオープンになっているとはいえ文章にも画像にも当然肖像権、著作権はありますので、尊重いたします。ゆえにできる限り出典を記載するようにいたしております。内容面でも褒貶をするものにしないよう気をつけているつもりです。しかし削除のお申し出があればもちろん従います。

このような事情ですので、下記、勝手にアドバイスも尻切れになりましたが、ご容赦ください。


【勝手にアドバイス】
人を笑わせるには、まず自分が笑うことから。笑顔のない人に笑顔の人は近寄らない。こわばった顔で売場に立っていないだろうか?恐い顔で店舗の中から道行く人を眺めている店員はあんがい多いものである。

カメラに笑顔を検知されずとも、お客さまの口元は正直である。だからこそサイバーショットないしμ1200を企業で購入して、従業員の笑顔をデジカメでチェックするという予想外の使い方もあるかも知れない。でも強制すると笑顔はこわばる(笑)。アンビバレントに今日は以上です。

|

« iPod touch and go? | トップページ | ほんのきもち レビューの買取&卸売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/7845986

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメで笑顔チェック!:

» 顔たるみ [顔たるみ]
顔のたるみは、老いて見えるので気になります。顔のたるみの原因から解消法まで、いろいろ分かります。 [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 00時30分

» ソニーが笑顔を感知するサイバーショットDSC-T200とDSC-T-70発売へ [営業ネタに使えるニュースマガジン]
ソニー(Sony)が、笑顔を感知し自動的にシャッターを切るデジタルカメラを発売します。発売日は、2007年9月21日。せっかくの写真に1人だけしかめっ面。こんな写真にうんざりしていた人には朗報です。この機能を搭載するのは、デジタルカメラ「Cyber-shot T」シリーズの「DSC-T200」と「DSC-T70」。新開発の「スマイルシャッター」機能により、笑顔を感知し瞬時にシャッターを切ります。3段階のスマイルレベルの設定が可能で、ふとした瞬間の微笑みから大笑いまで検知できる...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 23時27分

« iPod touch and go? | トップページ | ほんのきもち レビューの買取&卸売 »