« demanoのバナーエコバッグ | トップページ | 新月伐採の智恵 その1 »

2007年10月15日 (月)

HONDA PUYO モビリティの革新

今日は隔週でメルマガ発行をしているぷろこんエッセイからの転載です。
 ご購読をいただける方は まぐまぐ めろんぱん からお願いします。
 

HONDA PUYO モビリティの革新

「自動車をもたない生活」「自動車のない住宅」の底にある哲学は、クォリティ・
オブ・ライフ(騒音、排気ガス、自動車の危険にわずらわされない快適な居住
空間、セイブマネー(自動車所有や駐車場にかかる費用を節約)、セイブタイム
(渋滞や駐車場さがしの時間を節約)、フリ-ダム(場合に応じて列車、自転車、
タクシー、カーシェアリングと選べる自由)だと言う。

ドイツを変えた10人の環境パイオニア』 今泉みね子 白水社

       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

この車の報道を見たときは(20数年ぶりに)モーターショーに行きたいと思った。
それはHONDAのコンセプトカー「PUYO(プヨ)」である。

  20071009at1d09046091020071f
  http://www.carview.co.jp/tms/2007/preview_car/honda_puyo/default.asp?p=17

この昆虫のようなスタイルの車は、全長2.8mで4人乗り、燃料電池で走行させ、
走行状態を車体の色の変化で表すという。何色あるのかどう変わるのか知ら
ないが、スピードが出てくると真っ赤、止まると緑、電池切れだと黄色かしら?

1522434829_4e0b18eb21_o  1523299016_7915ec804d_o

ボディはシリコン製で、押すとプヨっと沈みこむ柔らかさ。もしもの場合に他の
走行車や歩行者にやさしくするためとされる。ショーでは現物に指タッチができる
のだろうか?また紹介するコンパニオンの女性は、笑うとエクボのある人をぜひ
起用
してもらたいたい。エクボには指タッチできませんが。

  Puyo01 17_l    
  美人にはつい・・・               ・・・PUYOしたい(セクハラですか?)     

 HONDAのウエブサイトにはPUYOの【動画紹介】がある。
 http://www.honda.co.jp/motorshow/auto/index.html

それを見ておもしろかったのはステアリングホイールが無いことだ。左右への
操作は、右ドアパネルにおかれたジョイスティックでやる。スティックでオートマ
操作とハンドル操作をすべて行う。ステアイングが無いインテリア・・・それは
かつてない運転席からの解放感がある。メーター類も走るとき以外は隠れると
いう発想も新鮮である。テントウ虫のようなスタイルさながら、その場で360度
回転
もできるようだから、めんどうな縦列駐車をしなくて済む。

 Puyo02 Puyo03  
 右利き用ジョイスティック。         運転するときにもっこり立ち上がるメーター。

PUYOは、スタイルにしろコンセプトにしろ、従来のクルマのありかたをすべて
否定しているから、男性のクルマニアには不評かもしれない。だがすでにピーク
オイル
(世界の石油埋蔵量/生産がピークに達して下り坂に転じるポイント)を
過ぎたという説が強い昨今であり、酷暑を通じて、多くの人がこのままでは
ヤバイと感じたのが「環境変化実感元年」、それが2007年である。

HONDAが今回のモーターショーで主張するコンセプトワードは、「この地球で
モビリティを楽しむために
」。もはや自動車とは言っていないのである。

きっと20年もたたないうちに、現在のスタイルや装備の自動車は消滅し、移動
手段(のバラエティさ)は大きく変化しているはずだ。その意味でPUYOは、自動
車業界だけでなく、買い手や乗り手の意識を変える起点になるだろう。

  1523293228_dd7a2d00eb_o 小さくても広々している。

       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

まだ実車を見ぬPUYOのコンセプトを解剖しつつ、何が変わってゆくのか、変わら
ざるをえないのかを考えてみた。

まず作り手にとって「後ろめたさがない」

そもそも自動車は環境悪である。大気汚染や騒音の素、事故や不愉快な運転
者を生む素である。それでも人が自動車が好きなのは、スピードや移動する
ことが爽快だからである。だから環境を汚染しても危なくても乗るのである。
だが作り手はどこかで後ろめたさを感じている。時速150km出せばスカっとする
かもしれないが、安全面でも環境面でもエネルギー消費面でも、それは善ではない。

タバコ企業もガム企業も環境悪であるが、吸うと発ガンが抑制されるタバコ
(未だ無い)や、噛むと虫歯が抑制されるガム(キシリトールはガムの概念を
変えた)といった開発は、後ろめたさがないがゆえに自由な商品発想が可能
なのである。PUYOを作ることはモビリティ環境(道路や駐車場や交通法規)を
もう一度作り直すことにもつながる。後ろめたくない。

売り手にとって「訴えることがガラリと変わる」

以前トヨタ「レクサス」のカーディーラー研修のビデオを見た。お客さまを迎える
姿勢から、おもてなしやサービス、BMWやベンツとの違いの説明力など、しっか
りとレクサス研修所で教える。高級車ディーラー網を維持するのは並大抵では
ない。

だが性能や品質の高さ、高機能装備、ブランドの差異で商品の違いを訴える
ことが、車ではいつまでできるだろうか?
こうしたマーケティングも販売方法も、
20年後にはゴミ箱行きかもしれない。今のタバコのパッケージにあるように、
ガソリン自動車の広告には「地球資源にそむいています、環境には害があり
ます」という文面を入れる時代がやってくるかもしれない。

乗り手にとって車は「走り抜ける喜びではなくなる」

PUYOの「必要なときに必要な運転情報を提示する」というコンセプトは、速度
やトルクやエンジン温度、空調、GPS、ETC、iPodやサウンドなど、情報処理に
忙しい運転者にとって福音である。「情報処理がやさしい車」は高齢化社会
にもぴったり。

どでかい排気量とブランドイメージ、メカがモリモリの車で「走るよろこび」と
いう価値観はすでに否定されつつある。乗り手=歩き手にとっても、「自動車が
敵でなくなる
」方が正解なのだから。

       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

自己否定からの出発は当面は痛いけれど、企業を強くする。

PUYOは「ガソリンの否定」「鋼板素材の否定」「従来の運転操作の否定」「高
スピードの否定(くらげみたいに動きそう)」など、自動車会社にとって、いくつも
自己否定がある。

有名なHONDAの社是「作って喜び、売って喜び、買って喜ぶ」。この社是の根本
を変える必要はないが、「何を」の部分は従来の商品を完全に否定しているのが
PUYOである。自己否定商品をショーの目玉出品にできる企業は、ほんとうに強い。

       @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

そろそろモーターショーという名称も変えなくてはならない時期である。あえて
言えば「モビリティショー」になるのであろう。移動ということを、作り手、売り手、
乗り手、持ち手(所有者)から考え直す展示会という内容になるのなら、これから
毎回行ってみたい。

10年後には、カーシェアリングで4人乗りの「PUYO」や8人乗りの「BUYO」(笑)
が街中を走っているといいと思う。 

Motorshow
 四角いPUYOみたいなクルマばかり(渋滞してるけど_笑)

ちょっと遠出だが愛車(自転車)でモーターショーに行く、という企画を立てたい。
今日は以上です。 

|

« demanoのバナーエコバッグ | トップページ | 新月伐採の智恵 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HONDA PUYO モビリティの革新:

» あなたの一時間はいくら [はやりのものはナンダ]
突然ですがあなたの一時間の価値はいくらですか?1万円くら?それとも100万円?1万円くらいと答えたあなたは日本人に近い感覚です!カシオ計算機がインターネット上で調査したところによると日本は9193円、中国は9735円、米国は3万9240円、ドイツは4万2869円。(各都市100人ビジネスパーソンに聞いた答え)アメリカやドイツと比べるとアジアはかなり差をつけられていますね。1日24時間に足したい時間は、日本が2位以下を大きく引き離して平均8時間32分と最も多かったそうです。2位...... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 21時34分

» もっと知識をつけたい []
メルマガ発行しちゃいましたよ!!! いや初回費用の一万6千円はでかかった。 まあ投資と考えてよしとしましょう。 [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 22時15分

» やわらかい車 [さくっと解決 自動車保険比較]
ホンダが24日開幕の東京モーターショーに向けた参考出品車を発表した車、そのうちの一台がやわらかい車「PUYO(プヨ)」だそうです。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/89295/何に役に立つかわからないけどとにかくやわらかい...... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 09時24分

» キシリトールは砂糖に変わる甘味料 [キシリトールと虫歯予防]
お馴染みのキシリトールが日本の食品添加物としての認可を受けたのは1997年です。もともとは樺の木より発見され欧米では以前より使われていた砂糖に代わる甘味料です。砂糖の4分の3のカロリーで甘味は砂糖並みです。気になるキシリトールの効果についてです。口に含んだ場合細菌による発酵、虫歯のリスクになる酸にならない。また虫歯の原因菌のミュータンス菌の繁殖を抑制、歯垢の増加を防ぐという虫歯に極めて有効なものです。キシリトールの効果を利用して食品甘味料としてだけでなく医薬品やオーラルケア用品と多く使われています。... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 22時53分

» 燃費 燃料 ガソリン 向上 節約 [燃費 燃料 ガソリン 向上 節約]
燃料(ガソリン)が高騰している今の時代、ガソリン代を節約しなければ、家計を圧迫する危険があります。本ブログでは燃費向上グッツを紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 21時04分

» 超おススメのメルマガがあります!! [硬式テニス好き会社員が贈る、アメブログ体験生活。]
おすすめのメルマガを一本紹介。 ネットの広大な情報の中では、 面白いサイトを探すのも大変。 しかし、 このメルマガを読めばそんな疑問はすぐに解決!! 最新ニュース、最新サイト、ブログの書き方まで すべての最新情報が 毎日あなたのメールアドレスに届きます。 重要な情報を見逃すことは絶対にありません。 現在、読者プレゼント企画展開中。 まだ、購読していない人はいますぐ読んでみよう。 今回は、 できたてホヤホヤの最... [続きを読む]

受信: 2007年10月21日 (日) 11時04分

» ホンダPUYOなど 東京モーターショー [温故知新〜温新知故?]
今年のモータショーは、各社面白そうな電動の車を展示しているようだ。 行ってみたいとは思うのだけど、ひどく込んでるだろうと思うと、行っても結局人ごみにめげて、空いているところだけ見て帰る自分が目に浮かぶ。 そんなわけで、今年は結局行きそうもない。 来年春の自動車技術会のテクノロジー展までおあずけかな? そんな自分には以下のyoutubeの映像が非常に役に立つ。 行くより良いくらいかも?。 トヨタのRINの機敏な動きは、凄いと思う。 ヒューマンマシンインターフェースに興味がある私としては、肘掛けにのせ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 7日 (水) 23時06分

» クルマ素人ですが何か?「東京モーターショー市販化熱望」ランキング! [FLO:Q日刊ランキングニュース:Rankies]
2007/11/5(月)更新 / Vol.74 / クルマど素人&ペーパードライバーのランキース記者が、モーターショーの見どころをチェック! 2007/11/5 クルマ素人ですが何か? 「東京モーターショー」 市販化熱望ランキング! 東京モーターショー●会期は11/11(日)まで。まだの人は幕張へGO!! http://www.tokyo-motorshow.com/ ■ランキングはこちらから! 第1位:PUYO/ホンダ 第2位:308RC Z/プジ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 22時02分

» ビバラックを通販で [ビバラックを通販で]
歯医者さんも推奨しているビバラックのご紹介です。 漢字では『美歯楽』と書きます。 ビバラックは高齢者や障害者で介護を必要とされる方に利用されています。 ご自分で、うがいができない方にとって、口腔内を清潔に保つのはとても難しいことですよね。 だからといって、キレイにしていないと虫歯や飲み込む機能の低下による肺炎など、さまざまな病気にかかりやすくなるという問題点があります。 日ごろからビバラックを使って、口の中を常に清潔にしておきましょう。 口腔内を清潔に保つということは、健康な生...... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 13時56分

« demanoのバナーエコバッグ | トップページ | 新月伐採の智恵 その1 »