« 犬も猫もみなハンコになる―ワン書体印鑑 | トップページ | USBアナログプレーヤーに学ぶ2つの温故知新 »

2007年10月 5日 (金)

“うふふ”マーケティング こぼれ話 ワン書体印鑑てんまつ

  ワンコやニャハンコのおかげで、連載3回目にして、早くも締め切りへの耐性がついてきた。というのも、ほんらい掲載予定の原稿が、入稿日当日になってサイトにアップできなくなったからだ。

あんなに精魂を込めて書いたのに!内容は「うふふ度」は低いけれど、書いておきたかったテーマである。それがある理由からとりあえずペンディングにした。今週発売中止になった写真週刊誌の『フライデー』のような理由ではないし、内容面でもない。あえていえば矜恃(きょうじ=潔さ)に関する理由です。

だが代わりの原稿がいる!デビューして3週目で欠号や遅延はしたくない。でもどうしよう!・・・あと十数時間しかない(マイナス睡眠時間)。

【“うふふ”マーケティング こぼれ話 ワン書体印鑑てんまつ】
少し書き出していたネタがあった。その前日に、吉岡編集長(わたしが連載しているビジネスメディア誠)からのタレコミ『ワン書体印鑑』のプレスリリースがそれだ。ネタがおもしろかったので、ブログに載せたいと思っていた。よし、これを書こう!

・・・と、ひいひい言いつつ書き、無理を言って締め切りを延ばしていただいた。編集長殿、ありがとうございました!おかげさまでおもしろい一文になりました。しかし文筆業を生業としているわけではなくマーケティング・コンサルタントをしているので、書きモノの締め切りには慣れていない。

モウロウと思いだしたのは、敬愛する向田邦子さんのエピソード。遅筆で有名だった女史は、スタジオに入ってから書くこともよくあった。いつぞやはスタジオ脇に駐めてあったオートバイの荷台を机にして書いた、という。いやそれは記憶違いで、女史が経営していたお店(赤坂見附「ままかり」)の厨房で、ご飯のはんぼ(お櫃)をひっくり返して机にした、だったかも知れない。両方とも追い詰められたわたしの妄想かしら。ならばお許しを。

   246_1  最高・最愛のエッセイスト。上の絵は猫?

【つくねの写真もバタバタで】
ついに全国?デビューになったCherryさんの飼い猫の写真がよかった。真一文字の猫です(笑)。

名前は「つくね」。同僚のCherryさんは料理研究家らしく、猫でも名前はつくねである。わたしのウチでは猫は飼っていないので、うふふなハンコの話を書くためには「猫写真が必要だ!」と直感した。その夕刻遅く、お客様のオフィスを訪問する直前、Cherryさんに電話をして「つくねちゃんの写真を数枚ほしいのよ、これこれシカジカの理由で・・・」

   Dsc00077 つくねくん。ほんとは賢いんだ。

すぐに携帯で送ってくれたのは「真一文字の猫」。客先でもう・・・思いだして笑いかけて。「これオモシロい!採用!」とミーティング後に打電。しかしCherryさん、何時間もかけてかしら、20枚ぐらいつくねを撮ってくれた。ありがとう。

【ブログ向けにこんな遊びもしていた】
敬愛する毬詠さんの美写真サイトから、またまた猫の写真を(無断に)拝借しました。すみません!

  Mariesann_yoshiokasan

それというのも、毎夜終電と言われる吉岡編集長、きっとお疲れだろうなあ、伸びもされているだろうなあと思って。

【TOMOYOさんの慧眼】
「ところでgoさん、話が変わりますが、なんだか最近文章に親密さが加わってきました!」 とTOMOYOさんからはお褒めのお言葉をいただいた。「今までは喫茶店で向かい合っておしゃべり、でも最近はカウンターで隣あってという感じで・・・」。

おっと、あまり近寄り過ぎると、火傷するぜお嬢さん!(なんて・・・文章、がですからね)。

だが書き手とコンサルタントに共通するのは、高見から見下ろしがちという癖である。講釈をたれがちなのである。書き手にはその気がなくても、読み手はそう感じてしまう文章になる。

ハンコの急ぎ書きの今回は、高見に上る時間がなかったのかもしれない

だが、その「上らない」感覚こそ、顧客視点の起点であり、消費者に支持されるビジネスモデルづくりの秘訣なのである。その感覚は、かなりフラジャイル(=Fragile、はかない)。つかまえたと思うとスルリと逃げる。ビジネスどっぷりのたいていの殿方には持てない感覚なのである。バイクの荷台やハンボにそれが宿っているのかもしれない

ああ、多くの皆さん(女性ばかり)にお世話になった号(郷)でした。今日は以上です。

|

« 犬も猫もみなハンコになる―ワン書体印鑑 | トップページ | USBアナログプレーヤーに学ぶ2つの温故知新 »

コメント

TOMOYOさん、コメントありがとう。
たしかに猫だ!URLも受領しました。
http://www.ne.jp/asahi/gallery/koyama/nihon/fujita/leonardfujita.htm
そこまで計算せずに、画像をコピペしたのも出来過ぎの偶然であります。

投稿: 郷/Marketing-brain | 2007年10月 9日 (火) 15時59分

向田さんの上方の額は猫の絵ですね。
きっと藤田嗣治のねこ。私ダイスキです。

投稿: トモヨ | 2007年10月 9日 (火) 14時52分

早速修正しました(笑)。
そうだよね、フォーカスってもうない(爆)。ドジ&ポカがこんなに多いのは、O型・獅子座・オオカミのせいです。読んでいただいている方にスマン。いつになく反省してます。
ともあれ「つくねくん(♂)」はカワユイ。いずれ「つくねくん感謝ツアー」でCherry家まで自転車でゆこうと思っています。

投稿: 郷/Marketing-brain | 2007年10月 9日 (火) 11時11分

動物にほとんど縁のない私ですが、つくねちゃんは本当に素晴らしく可愛らしい!姿も美しいですね~。
そうそう、ちなみに発売中止になったのは「フライデー」かと。(なぜならフォーカスはずっと以前に休刊しているのです。)

投稿: emmy | 2007年10月 9日 (火) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/8256282

この記事へのトラックバック一覧です: “うふふ”マーケティング こぼれ話 ワン書体印鑑てんまつ:

» 弧印がグッドデザイン賞中小企業長官特別賞を受賞! [きっと日刊じゃんくま新聞]
書面、申込み、契約などに印鑑を使うケースは たくさんありますが、 かすれてしまわ [続きを読む]

受信: 2007年10月31日 (水) 11時06分

« 犬も猫もみなハンコになる―ワン書体印鑑 | トップページ | USBアナログプレーヤーに学ぶ2つの温故知新 »