« 電子書籍“サービス”Amazon Kindle | トップページ | “うふふ”マーケティング こぼれ話 帽子を探して »

2007年11月22日 (木)

自分の帽子を探して――個人を結ぶ地球サイズのビジネスの可能性

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードです。

郷好文の“うふふ”マーケティング:
自分の帽子を探して――個人を結ぶ地球サイズのビジネスの可能性
なぜ人は帽子が好きなのだろうか。最近帽子に目覚めた郷氏は、1日弟子入りして帽子作りに挑戦。生まれて初めてのミシンを踏みながら考えたこととは……。



・・・肩に力が入っている。わかっていても抜けない。線路は続くよどこまでも♪の電車のように運転はスムーズにも行かない。線路の“枕木”続くよ・・・どこまでも♪のようにコトコトコト・・・が精一杯である。だが次第に縫うコツがわかってきた・・・

今週はミシン初心者の帽子づくり体験から感じたことを書きました。

体験教室、終わってみると4時間以上経過して、同行のCherryさんともども「疲れた~」、いやむしろ生徒より先生がくたびれただろう。「こんなに疲れる生徒は始めてかしら」と帽子デザイナー山之井美穂さんは思ったに違いない。好奇心だけは旺盛なわれわれを迎えていただきありがとうございました。明日は帽子からこぼれ出た話をランダムに書きます。
   
         ************************************

※先週のビジネスメディア誠連載で書いた『途上国から世界に通用するブランドへ――マザーハウス』のバッグ生産地、バングラディシュに、ご存知の通りサイクロンで大被害がありました。先週末、研修旅行で訪れた上海のホテルでCNNなどを見ていました。研修中、誰からもその被災の話題がなかったのは残念だった。

  Im20071117ns001y3471711200713  
  出典 http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20071117NS001Y34717112007.html

11月15日木曜日、バングラディシュの南西部を襲ったサイクロンはカテゴリー4という二番目に大型のサイクロンで(最強はカテゴリー5)、1分間の最大風速は240キロに達しました。政府当局者は、死者3,500人、被災者の数2,700万人、そのうち今現在85万人が緊急援助を待っていると試算しています。
引用元 http://www.afpbb.com/article/pressrelease/contribution/2315239/2378236

マザーハウスの山口さんのメッセージ。ご健在でかつしっかりされているご様子、被災の中でも援助のことを考える姿勢、さすがです。
http://www.mother-house.jp/topics/2007/11/post_25.html

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャルも義援金を送るそうです。フラットな地球、義援もフラットでありたい。今日は以上です。

|

« 電子書籍“サービス”Amazon Kindle | トップページ | “うふふ”マーケティング こぼれ話 帽子を探して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/9063024

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の帽子を探して――個人を結ぶ地球サイズのビジネスの可能性:

« 電子書籍“サービス”Amazon Kindle | トップページ | “うふふ”マーケティング こぼれ話 帽子を探して »