« “うふふ”マーケティング こぼれ話 帽子を探して | トップページ | 雲外蒼天のきらりっ娘 里見香奈 »

2007年11月24日 (土)

メンズノンノのエコバッグ

11月も後半の今日、すでに書店の店頭に並ぶ雑誌は12月号や1月号ばかり。いや12月に入るそばから来年の2月号の表紙で売り出す雑誌もある。そんな中、11月号から気になっていたのは(まったく)柄にもなくメンズノンノである。

 

12

郷さん、メンズノンノでエコバッグを取り上げています!」。例によって同僚Cherryさんからのタレコミがあったからだ。

ハタチ前後がターゲットで、ファッションだらけのこの雑誌でエコバッグ(人気ブランドとタイアップ)その組み合わせが新鮮だった。2007年10月号から12月号まで3号連続で、実費(1,000円)を負担するとブランド・エコバッグが入手できる誌上販売である。今日はメンズ・エコバッグというテーマで。

【勝手にアドバイス Vol.282 メンズノンノのエコバッグ】
人気のブランドとコラボレーションして制作した、話題のエコバッグを応募者全員にお届けするスペシャル企画を絶賛開催中。今月号は繊細な世界観が魅力的なファクタム!シンプルで美しいグラフィックデザインに加えて、コンパクトに折りたたんで携帯できるなど機能美も秀逸。さあ、いますぐ応募を!
メンズノンノ 11月号より

 

02  2007年11月号

このファクタムのバッグの表には「世界を上から見下ろしているだけでは物事を理解できない」というフレーズが入り、しかも折りたたんで腰にカラビナ(登山で使うロープをぱちんととめる金具)でぶら下げられるというファッションまで考えられている。

 

03  2007年12月号

ラッドミュージシャン(11月号)、ナンバーナイン(12月号)という人気ブランドとコラボレートしてのエコバッグ販売、結構ブログでも話題になっていて取り上げる人も多い。アニヤ・ハインドマーチのブームに倣っての企画かも知れないが、たとえばラッドミュージシャンブランドの洋服、とってもカッコイイ。こうしたブランドのエコなら・・・と思わせる。

 

Photo  帽子もイイ。
出典 http://www.ladmusician.com/photo/index.html

【若い層、男性もエコ意識は高い】
この世代の男性にもエコがいよいよ浸透してきたのか、それともメンズノンノの情報発信なのか。きっと両方ありなんだと思う。

博報堂が2004年から毎年実施している「環境に関する生活者の意識調査」では、2006年と2007年の比較では、「スーパーで自分の買物袋を持参する」は2006年の34.4%から2007年は42.7%まで高まってきた。

また年代層別の環境に関する関心度の高さでは、「非常に関心がある」は、50代以上が27.7%とトップで、次いで18~29歳が21.5%、わずかながら30代・40代(共に18.5%)を上回った。さらに男女別の「非常に関心がある」は男性26.9%、女性16.2%と、男性の方が高いのだ(ただし「まあ関心がある」を入れると女性の方が高い。いずれも2006年調査より)。

男性の間でも、それも若い層でも環境への意識が変わってきているというトレンドがあるのだ。Myバッグもそして遂にMy箸も持ち歩くようになったわたし的には、若者よ!どんどんエコかっこいいを追求しよう!と言いたい。こうした企画をした集英社メンズノンノ編集部も偉いと思う。

【若い世代向け女性誌を洗ってみた】
しかし本来エコといえば女性でしょう。結婚し子どもがいる女性では、エコ感度は相当に高い。本屋でその層の読む雑誌の表紙を眺めるだけでそれはわかる。

だが問題は、メンズノンノに対応する世代向けの女性誌でどうか?いくつかの女性誌の最新号の目次から、エコになんとなく近そうなワードを探してみた。

non-no』 着回し・買い足し・着倒し・・・たしかにコーディネイトもエコの親戚ではあるが、本質的にはエコと正反対。
anan』 綺麗道楽、性格美人、一人暮らしのCook Book・・・いくら見てもまったくそれらしいワードがない、おっと「ガーリー風水」はひょっとしたらエコ?いや恋愛エゴ?
Hanako』 30席未満の小さな店、ビストロノミー、リアルフード、デイリーフード。こんなワードの多いところはさすがはhanako、フードがらみでもエコぽいワードが散りばめられている。
Ray』 安いのに高く見えちゃう、Happy着回し・・・フレーズはnon-noと似ている。決戦ランジェリー(これには何となく惹かれた)。
ViVi』 最強でか目メイク(笑いました、いえ笑えません、ごめんなさい)、アウトドアガールでいこ!(相当遠まわしのエコかしら)、みんなのかぶりコスメ(これひょっとしたらエコ・・・?)
JJ』 着るだけで噂(う~ん、そうさね・・・)、去年と一緒(のカレ)じゃ噂にならない!(リサイクルも考えて)、ステディブランド(ちょっとエコかも)、3WAYヘア(意味不明だがどこかエコぽい)、護唇術(これはエコでなくてもいい)

ということで、エコバッグに関して若い世代の女性誌はメンズノンノに遅れを取っているようだ(他の号では超ガーリー・エコバッグという特集があるかもしれんが知らないんで)。

【勝手にアドバイス】
メンズノンノという、エコとはずいぶん距離があるような媒体誌からエコが発信されるようになった。それは、いよいよエコという切り口がマーケティングとして確立しつつあることを示している。メンズノンノのエコバッグを買った若者には、コレクションアイテムではなく、ぜひ日常シーンで使ってもらいたい。スーパーでもいいのだが、できればファクタムのショップでセーターを買ったとき「いえエコバッグ持っていますから」と言ってもらいたいものだ。

もうひとつの教訓は、「マーケティング施策はターゲティングの意外性にあり」である。メンズノンノ読者&エコバッグという意外性はGootきた。買物をするとゴージャスな手提げ袋を頂ける女性ブランドが多いが、一流ブランドが「手提げ袋を全廃しエコバッグに切替えました」と言うなら意外性はあるしメディアにもウケると思う。若い女性にはまだ時期尚早でしょうか?今日は以上です。

|

« “うふふ”マーケティング こぼれ話 帽子を探して | トップページ | 雲外蒼天のきらりっ娘 里見香奈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/9092125

この記事へのトラックバック一覧です: メンズノンノのエコバッグ:

» チャンス 50ml 【シャネル 香水・フレグランス フルボトル EDP】 [メイクコスメ化粧品の人気ランキング、美容の為の徹底解析]
チャンス 50ml 【シャネル 香水・フレグランス フルボトル EDP】 香水・フレグランス:フルボトル:女性用:シャネルCHANCEチャンス 50ml 【シャネル 香水・フレグランス EDP】ご存知シャネルの新作。チャンス(好機)とは、形があるものではなく、ただ感じるもの。目に見えるものだけではなく、目に見えないものも信じる心を持つ女性のために創られました。「シャネルの鼻(ネ)」ジャック・ポルジュのロマンチシズム溢れる香水です。 慣れ親しんだ香りを、シャネルのフレグランス...... [続きを読む]

受信: 2007年11月26日 (月) 20時44分

« “うふふ”マーケティング こぼれ話 帽子を探して | トップページ | 雲外蒼天のきらりっ娘 里見香奈 »