« “布のコンセプト”ショップ cocca | トップページ | ナチュラルスタイルというナチュラルな生きかた。 »

2007年12月 3日 (月)

NYの競争力を高めるCBSモバイルゾーン

モバイル」という意味は何だろうか?辞書を見ると「動きやすい」「動かしやすい」と載っている。でもノートPCを持っていても必ずしも動きやすくはない。重いしかさばるし、しょせん客先で使う道具でしかない。無線LANだってどこでもつながらない。EDGEでは遅くてイライラ。メールチェックがいいところ。ぜんぜんモバイルではない。

街の無線LANがあるでしょと言うが、タダ乗りのものは限られる。東京ミッドタウンでもひとつくらいだった。ファーストフード店でもタダとは限らない。電車内でネットをという触れ込みのTX(つくばエクスプレス)もタダではない。無線LAN環境では東京は便利ではない。

だがニューヨークの中心部ミッドタウンはCBSモバイルゾーンで一歩進んだようだ。今日はビッグアップルのニュースから。

【勝手にアドバイス Vol.288 NYの競争力を高めるCBSモバイルゾーン】
(2007年)11月15日、CBSが「CBSモバイルゾーン」と題し、マンハッタンのミッドタウンほぼ全体に、無料LANを設置する事を発表した。このホットゾーン企画は、ニューヨークの都市交通局(MTA)との協力により、Wi-Fiテクノロジーのコミュニケーション機能を調べるために開始された6ヶ月間に及ぶテストプログラムで、マンハッタンのタイムズスクエアからセントラルパークの南側まで一帯をカバーする。
引用元 http://www.901am.jp/archives/2007/cbs-offers-free-wireless-internet-access-in-midtown-manhattan.html

 Cbs_wifi

CBSが実験を開始したWi-Fiの無線LANは、ニューヨーク州と市の都市交通局と協力をして、地下鉄出入口のMTAの看板(東京メトロでも同じようなものがあるだろう)や、CBSのビルボード(広告板)にアクセスポイントを設置するものである。さらに当該エリアの店舗や企業には無料のルータが配布されるという。それはFONもこの企画には一枚かんでいるそうだからなのであろう(FONは無線LANのコミュニティ)。

 68  
           Wi-Fiエリアはこんな感じのようだ。

【タダの力は凄い】
無線LANでCBSモバイルゾーンにアクセスすると、広告付きのポータルが現れる。Citiがトップにあり、真ん中にはCBSテレビの広告、右手には無線エリアを示す地図にお奨めレストラン。左手にはCBSの動画ニュース。下部にはCBS系のニュースなどが並ぶが、つないだ後はGoogleでもYahooでもお好みである。

 Cbs_wifi02

これにより6番街から8番街までの20街区がカバーされるという。どこを歩いていてもこのエリア内なら無線LANがつながる。これを放送局の通信事業への反撃というのか、放送と通信の融合というのか、そんな“消費者軽視の諍い”を超えるCBSという米国の三大放送ネットワークの底力を見せつけられた。

【NYならiPhoneのブラウジングが高速になる】
CBSモバイルゾーンによって恩恵があるのはノートPCユーザーより、携帯スマートフォンユーザーである。代表格はもちろんiPhoneである。

   Os_ph18  Os_ph19

iPhoneでは、画面左上にネットワークの接続状態が常時表示される。左側がGSMのアンテナの感度で、右側が無線LANの接続状態となる。無線LANの接続が途切れると「E」のアイコンを表示して、EDGEによるデータ通信へと移行する
引用元 http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0708/24/news120.html

EDGEのデータ通信でイライラするのはやめて、NYミッドタウンに行こう!CBSモバイルのようなゾーンが都市部に広がれば、iPhoneの表示で“E”が表示されることはなくなる。都市内なら高速無線LANでブラウズが可能になる。モバイル機器=“持ち運べる”という意味から一歩進んで“動きながら接続”という意味になる。外出した先でも“マーケティング・ブレイン”を高速で書けるのである。東京ではいつだろうか?

【アクセスポイントの設置の妙】
もうひとつの妙は地下鉄のサインをアクセスポイントに使う点である。都市ならどこにでもあるので、アンテナをつけるには最適である。
 
   040418  ここにアクセスポイントがあれば素晴らしいのだが。

だが東京メトロでは広告をうまく活用しているだろうか?疑問のひとつは、東京メトロの男子トイレの「一歩前へ」の広告機器である。失礼だが、広告主を見たことがない広告(ひょっとしてあれば、ごめんなさい)。だが広告仕掛け人の明祥印刷のサイトの文言(用足し・・・)にはハマった。

   T_ad 便器それぞれに広告あり。

メトロ東京の男子トイレ200箇所に広告媒体としてVideoPrintが採用されています。(中略) 用足しの間は間違いなく釘づけです。
引用元 http://employment.en-japan.com/search/desc_115651

これ・・・採用した方もした方だが、つくった方もつくった方。おしっこしながら、釘づけにならずに費用負担を気にかける(のはわたしだけではあるまい)。

【勝手にアドバイス】
ニッポン、いや東京だけ見ても・・・広告屋も広告主も、放送局や電力会社も、みんなエゴだらけなのである。大きな流れで打ち手をしないし、する気がない。だから国の競争力も落ちるし、都市の競争力も落ちる。

携帯電話の通信網開発のエゴ、回線卸売り拒否、次世代通信網投資の綱引き、海外から見放されても知らぬ存ぜぬ、新東京バベルタワーの建築・・・と、さまざまな投資や思惑が入り乱れていて、一消費者から見てもムダが疑問が多い。

東京メトロは地上の出入口に看板が表示灯がある。東京都交通局だってバスの停留所や屋根がある。東京電力は電信柱がある。丸の内の地主の三菱地所、千駄ヶ谷の地主の創価学会(おっとこれは余計です)でも、似たようなWi-Fiネットワークを構築できるはずである。情報通信で都市や国の競争力が高まるなら、なぜもっと積極的にやらないのだろうか?

もちろん事業は競争だが、大きな社会インフラへの貢献とか、消費者インフラをよくしたいという視点が、欠けている気がする。国の競争力を高めようという大儀は見えない。だから日本は国際的に地すべり的な負けばかりである。政治家は好きではないが、日本は政治家や官僚がいなければ業界を制御できない。いつからなのだろう、このエゴな企業の思考、それを改める力が見えない企業人たち一歩前へ!今日はため息とともに以上です。

|

« “布のコンセプト”ショップ cocca | トップページ | ナチュラルスタイルというナチュラルな生きかた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/9237603

この記事へのトラックバック一覧です: NYの競争力を高めるCBSモバイルゾーン:

» 携帯ケータイ情報リンク [携帯ケータイ情報リンク]
携帯ケータイ情報リンク [続きを読む]

受信: 2007年12月 4日 (火) 12時08分

» company ratings for auto insurance [company ratings for auto insurance]
categorize sycophant?deprived:immediately.monumentally. [続きを読む]

受信: 2007年12月11日 (火) 21時29分

» online casino for us players [online casino for us players]
census glacier Hetman!inconsistent crazed dismiss [続きを読む]

受信: 2007年12月20日 (木) 15時03分

« “布のコンセプト”ショップ cocca | トップページ | ナチュラルスタイルというナチュラルな生きかた。 »