« “うふふ”マーケティングこぼれ話 代償、そして選択 | トップページ | Handled with Careのデザイナー、Reiko Kaneko »

2007年12月15日 (土)

合理性と砂漠のティーブレイク tea tube

紅茶をどんな淹れかたをしますか?ティーポッドで茶葉が沈み、浮くのをじっと見て(ジャンピングとも言うらしい)・・・と優雅な人もいるだろう。ティーバッグをちゃっちゃっと上げ下げして終わり!という人もいる。それさえも面倒でペットボトルの紅茶を飲む人もいる。

人それぞれ人生もそれぞれなら、お茶もそれぞれである。お茶は間口が広く、しかも奥行きがある。そんなことを考えさせるきっかけになったのは、スマートに合理的にお茶を飲めるドイツ発の道具を知ったからだ。今日のテーマはひとりでも優雅に思いいれ深く紅茶を愉しめるグッズ「tea tube」。

【勝手にアドバイス Vol.295 合理性と砂漠のティーブレイク tea tube】
わざわざポットをつかって紅茶を入れるには、後片付けもたいへんですし、ティー・バッグでは多彩な茶葉を楽しむことができません。それなら。一杯分の紅茶の葉を計量し、美味しく入れる作業をひとつで行ってくれるツールができました。それがこのドイツの合理主義的発想とも言えるLeopold社の「Tea Tube」です。
引用元 http://www.assiston.co.jp/?item=1245

     

Lep001topzoom Lep001img1

ステンレス製のチューブのお尻を斜めにカットした形状で、そこを紅茶の袋や入れ物に差しいれて、紅茶の茶葉を適量をすくう。茶葉は閉じられたチューブの反対側に落ちる。チューブをお湯を注いだカップに入れる。しばらく待って、そろりそろりとチューブをマドラーのように回すと、チューブの穴を介して、茶葉とお湯が混じり合って、お好みの濃さの紅茶ができあがり。

   

Lep001img21245_03

片付けもかんたんで、お茶をだす方の口のフタを外して、茶葉を捨てて水洗いで完了。非常に合理的な商品を考えたのはドイツ人デザイナーのMatthias Lehrさん、発売元はLEOPOLD社でNurembergで食器やワインアクセサリーを製造している。長さ16.2cm、直径1.6cmというペンライトサイズなので、お皿立てなどにちょこんと置けおけるし、オフィスでなら引き出しにも入れておける。もちろん日本茶、烏龍茶などにも。\2,940(税込み)

 

Kd9243    Matthiaslehr
   くるくると・・・。            Matthias Lehrさん

【紅茶の淹れかたを変えるtea tube】
合理性ばかりでなく、この商品のおもしろさは「マドラーのようにぐるぐる回す」ところ。ティーバッグは上げ下げして、お湯をきってポイ。昨日のブログでも触れた深澤直人氏は、ティーバッグの持ち手を樹脂のリングにして、リングを紅茶色に染めた。お湯がリングと同じ色、つまり「ちょうど美味しい紅茶色」になったら引き上げるという洒落た商品もあった。

tea tubeのぐるぐる回しもそんなおもしろさがある。イライラしたりアイデアに詰まったときなど、良い効果がありそう。お店で使ってもおもしろい。ほら、デートで相方がなかなか気乗りしないときってあるでしょう。「ポットにしますか?tea tubeにしますか?」なんて質問もいい。ぐるぐるで相手の気を惹くこともできるかもしれないから。    

41_1             Img55376767  
 Matthias Lehrさんデザインの何か。 茶筅。

直感でこれは日本の茶道からのヒントだと思った。茶筅(ちゃせん)です。それでこのデザイナーのサイトをあさったら、やはり!(上左)。何に使うかドイツ語でよくわからなかった。とにかく発想源は茶道であろう。お茶を点てるときは撹拌する。動かすことで美味しくなり、味を調整する一方で、精神的な効能がある。

【お茶という自由な飲み物】
先日CherryさんとYukaさんとランチを頂いた。若い二人と話すのは刺激になるが、世代の違いにときどき呆れることもあって嫌だぜ。嫌だなと思ったのは、話がなぜかサハラ砂漠に飛んだとき、2人とも『tea in the sahara(邦題はサハラでお茶を)』というThe Policeの名曲を知らなかったことだ。ショックではなかったが(でも有名な曲だぜ)、発表は1983年だから君たちは生まれたてか、ちっちゃかったからな。まあよしとするか。サハラのお茶の淹れかたはまた違う。 

070821_01  たっぷりと泡を立てて飲むサハラのお茶。

この写真はノンフィクション作家の島村菜津氏のエッセイ『サハラ砂漠でお茶を』から。モーリタニアの茶道はジャバジャバと泡立てる。tea tubeが使えるのか・・・なんて思えばさにあらず。緑茶を淹れたティーポッドを頭の高さからコップにめがけて注ぐ。ぶわっ泡立つ。そして泡だけを残してミント葉茶を淹れる。砂糖二杯。お茶の香りがいっぱいになるそうだ。島村さんのこのエッセイ、ラクダのチーズという話も興味深い。

【勝手にアドバイス】
お茶も処変われば淹れかたいろいろ。その土地や民族性を反映しているのがお茶なのである。

商品開発や店舗でのサービスでも「正統性」を忘れることも必要。正統性=正しいとされるお茶の淹れかたはもちろん尊重はするべきだが、たとえば茶葉の「ジャンピング」という用語自体、日本でしか通用しない言葉であるという(Liyn-anサイトに詳しい)。ひるがえってみれば茶道だって、最初は革命的な流行だったのだから。今日は以上です。

|

« “うふふ”マーケティングこぼれ話 代償、そして選択 | トップページ | Handled with Careのデザイナー、Reiko Kaneko »

コメント

Annieさん、コメントありがとう!
そうです、サハラでソーラークッキングでお湯を沸かして、マグカップでお茶を!がふさわしいかもしれません。ブログに書かなかったのですが、ライターの佐藤恵菜さんのtea tubeの紹介では「
 アウトドアでお湯を沸かし、カップに「ティーチューブ」を入れて紅茶が出るのを待っている間、最高にくつろいだ気分が味わえます」とありました。そういうタイプの商品だと思います。
お茶それぞれ、人生いろいろ、会社も色々あって。。。おっと愚痴に(笑)。

投稿: 郷/marketing-brain | 2007年12月17日 (月) 15時25分

Yukaさん、コメントありがとう。
ウケましたか、よかった♪・・・でもお茶飲まないんぢゃ使えないね♪わたし的にはコーヒーでこうしたヤツがないかと思う。紙フィルターをしこんでくるくる回す・・・とか。
1983年ってギリギリだと思ったら、オギャはまだでしたか、失礼しました。遅生まれですね、きっと(あらこれまた余計かしら)。

投稿: 郷/marketing-brain | 2007年12月17日 (月) 15時20分

実は気になっていた商品ですが、購入に至らなかった理由があります。

紅茶(日本茶も中国茶もそうですが)は蒸らした方が香り高く淹れられると思うのです。"蒸らす"というのはお湯を注いで密閉する、要するにちゃんとポットや急須の蓋を閉めるということです。

多分、tea tubeを使用するシチュエーションってマグカップで簡単にお茶!というときではないかと思うのですが、蓋ができなくなってしまうんです。マグカップ+ティーバッグでも小皿で蓋をするだけで全く香りが異なり、同じものを使っていると思えない風味になりますのでお試し下さいませ。(...つまり、そんなシチュエーションでさえもこだわりたいんですね、私って。)

投稿: annie | 2007年12月17日 (月) 13時52分

Tea tube、久々に「手に入れたい」願望で震えました。(Living colorの照明以来。。。お茶飲みませんが。)
一石二鳥的合理的製品大好きです。シンプルなデザインも。

ところで、、、
発表の1983年には、「うまれたて」でも「ちっちゃく」もなく、生まれてません(笑)

投稿: YUKA | 2007年12月17日 (月) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/9415787

この記事へのトラックバック一覧です: 合理性と砂漠のティーブレイク tea tube:

» PerfectFXツール検証 [PerfectFXツール検証,合理性と砂漠のティーブレイク tea tube]
7ヶ月で4万pips デイトレードから6日に1回のトレードにも対応 PerfectFXツールFXツールというものがあるとはじめて知ったときは大変な衝撃でした。ただ、そのソフトの紹介のページに実際のトレード中の画面が1 2点あるだけであとは本当かどうかもわからないエクセルで作られた表やグラフ、現金の束やリッチな車やマンションの画像でした。正直そんなに確実なものならなぜもっと実績画像を提示しないのかと思いました。 そうしながらも大変興味があったため不安ながらも購入したわけです。い...... [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 20時45分

» おめでた!?タレントの釈由美子(29)が激太り!! [おめでた!?タレントの釈由美子(29)が激太り!!]
おめでた!?タレントの釈由美子(29)が激太り!!真相は!?最新流出画像・動画・過去動画倉庫もあり! [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 20時50分

» トレードモンスター式プロファイリングFX投資法 [FX情報商材一刀両断,合理性と砂漠のティーブレイク tea tube]
FX市場にいる犯人を見つけろ!今までなかったユニークな投資法で元手200万円が3000万円に!6年負け無しのトレードモンスター式プロファイリングFX投資法今回は、超ユニークな情報商材を一刀両断していきます!!それは・・・・・・" target="_blank">FXに限らず、株式、日経225先物などの投資法を科学的アプローチで開発し、評価しています。これまで、データを徹底的に集め、そして数値で裏打ちされた分析にこだわり続けてきました。その結果、日経マネーやZAIなどの雑...... [続きを読む]

受信: 2007年12月16日 (日) 00時15分

« “うふふ”マーケティングこぼれ話 代償、そして選択 | トップページ | Handled with Careのデザイナー、Reiko Kaneko »