« 京友禅の823SHから見る孫氏の戦略 | トップページ | 梅干し石けんの効能 »

2008年1月31日 (木)

無線LANフォトフレームで“アルバムビッグバン”の時代へ

 今日はビジネスメディア誠で連載する『“うふふ”マーケティング』へのリードです。

無線LANフォトフレームで“アルバムビッグバン”の時代へ
   写真がデジタル化して、人類が“解放”されたことが3つある。 
   1つはアルバムの整理。2つ目は撮影枚数の制限。そして3つ目は “秘め事”だ。

 実はわたしは、ビジネスメディア誠にエッセイを連載するようになってから、“本格的な”三流デジタル写真家になりました。“本格的な”という意味はいつも持ち歩くという意味です。上手い・下手ではありません。“世の中観察撮影係”のメン・ウーメンは、たいていいつもお持ち歩き。しかも携帯カメラにもカールツァイス搭載の時代ですからね。ところがわたしは、昨年秋からその仲間入りです。カメラオクテと言ってもいいでしょう。

 それというのも、わたしのカメラ遍歴が影響しているようです。

 ゲテモノばかりのカメラ三昧。小学生のときの初のマイカメラは、コダックのインスタントマチックカメラ。これはまだ良いとして、中学生の頃にはミノルタの110フィルムカメラを買いました。ちっこいフィルムが使えないシロモノでした。

 Pict0411 まだ持っている110カメラ

 さらに血迷ったのはコダックの“ディスクカメラ”。15枚の“観覧車”のようなフィルムがぐるぐる回るんです。コダックはあれを発表した当時、「カメラのフィルムはみんなディスクになる」なんて言っておりましたが、もちろんそうならず、むしろコダックの経営が回っていたのではないでしょうか(笑)。失敗作でした。PDAの迷機と言われるApple『ニュートン』と同じくらいのレベル。
D4000D4000_2
出典 http://www.citizenet.or.jp/~nomusan/Pages/disk4000.htm

 こんなマニアックなカメラ遍歴が災い(ないし幸い)して、カメラと撮影に身をやつすことはありませんでした。父が遺したNikon Fもマニュアルで絞りきれず、ただオリンパスXAは良いカメラでした。コンパクトで手軽に写せて、スライドするデザインもよかった。 

2916079  オリンパスXA=名機でした。

 だから原稿出稿時に写真を付けても、ビジネスメディア誠の編集長の吉岡さんによく没にされています(笑)。そんなわたしだから、アルバムも乱雑なのでしょう。今日は以上です。

|

« 京友禅の823SHから見る孫氏の戦略 | トップページ | 梅干し石けんの効能 »

コメント

通りすがりの方、コメントありがとうございました。著名な方というのは無しにしていただき、初歩的ミス、誠にすみません。

まったく知らなかったわけではありませんが、まだあるな・・と思いながらの調査不足、否めません。ご指摘ありがとうございました。連載の方は陳謝の上、修正をいたします。

しっかり反省して、気をつけて書くようにいたします。すみませんでした。

投稿: 郷/Marketing-Poka | 2008年2月 1日 (金) 09時50分

著名な方が初歩的なところでミスしていると気の毒なのでご連絡しておきますが、単独でネットワーク接続可能なフォトフレームは1年半以上前から存在していますよ。それも1機種や2機種じゃなく。
例えば
http://www.engadget.com/2006/10/23/a-living-pictures-momento-wifi-photo-frames-with-sideshow/
など。
Wi-Fi Photo frameあたりでググるとたくさん見つかります。

投稿: | 2008年2月 1日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/10168428

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANフォトフレームで“アルバムビッグバン”の時代へ:

» 無線LANの接続ポイント [広く浅い生活]
最近は家ではもちろんですが....外出先でも、無線LANでネットを利用することが多くなりました。以前は、外でネットを利用するとしたら、携帯電話ぐらいでしか利用できなかったので、使い勝手が悪く、利用はメールぐらいでしたね。最近は、携帯電話も、かなり改善はさ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 15時34分

« 京友禅の823SHから見る孫氏の戦略 | トップページ | 梅干し石けんの効能 »