« Wii Fitが“続く”3つの理由 | トップページ | “うふふ”マーケティングこぼれ話 美ジョガーの教訓 »

2008年1月17日 (木)

MacBook Air雑感

 みなさんも記事は読まれたでしょう。わたしもじっくり読みました。MacBook Airの記事。

Zentai_300x

 衝撃的な薄さ(最薄部はわずか4mm、最厚部19mm)、インターフェースの少なさ軽さと堅牢さ、iPod touchライクなタッチパッド無線で済ますソフトウエア導入、そして価格、などなど。

 隠れMacファンのわたしに「買いたい!」と思わせたのは間違いないが、HDDモデルで229,800円はちょっと引いた。Panasonic並に高い。USで1799ドルなら、まもなく1ドル=100円だろうから(瞬間風速では間違いない)、18万円ぽっきりせめて20万円なら予約が殺到しただろう(実際どのくらいの予約があるか知らない)。

 価格はともかく、このマシン、近未来のモバイルPCを先取りした。薄さやパッドはともかく、モバイルのかたち、そこが核心である。ワイヤレスですべてを済ますというスタイルだ。通信はもちろんソフトウエア導入も映画もテレビもPod Castingもすべて無線。それがモバイルですよというメッセージだった。

 それを実現するのは、家やオフィスのまん中に「Apple TV」のような「母艦機能」を持つサーバマシンがあって、そこと通信して使う。あるいは街角でネットにフックして母艦につなげる。それがほんらいのモバイルですよ、とAppleは言っている。

 まったくその通り!今のモバイルスタイルは、真のモバイルスタイルではない

 電源持って、マウスひきづって、AirEdge持って、USBメモリ持ち歩いて、エキストラバッテリーを抱えて・・・それってモバイルですか?これがMacBook Airのメッセージ。

 このねらいが日本市場にしっかり伝われば、日本のモバイル市場はもう一度活性化できる。やるなジョブス、そう思った。あとは価格だ。ドルといっしょに下げてくれ。

L_og_macworld04_002

|

« Wii Fitが“続く”3つの理由 | トップページ | “うふふ”マーケティングこぼれ話 美ジョガーの教訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/9938406

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air雑感:

« Wii Fitが“続く”3つの理由 | トップページ | “うふふ”マーケティングこぼれ話 美ジョガーの教訓 »