« 擬音語・擬態語で、グ~ッとマーケティング上手に | トップページ | e耳くんで小さな声で耳でしゃべろう! »

2008年1月11日 (金)

“うふふ”マーケティングこぼれ話 擬音語・擬態語はことばのコラーゲン

 今日はビジネスメディア誠連載の『擬音語・擬態語で、グ~ッとマーケティング上手』の与太話しの続きです。

 擬音語・擬態語という“ことばのコラーゲン”が失われると、ことばのハシバシが乾燥する。ことばに木枯らしがふきすさぶ。カサカサになる。やがて「無味乾燥なヒト」になってゆく。まずい・・・ というようなことを書いた。

【擬音・擬態は知的じゃない?】  
 すると同僚のYUKAさんからゼツミョーなツッコミがブログに入った。   

  「擬音語・擬態語が多い人は知的に感じられない」  

 どうも昨日某テレビ番組で「大阪人は擬音が多い」というネタがあったようで。その番組、観てい ないのだが、そう思いますでっしゃろ? そう思いますねん(笑)。たしかに擬音語・擬態語=知的 というより、関西人のノリ、落語家ぽいと思わへんか。  

 だが続けて書いてくれた「ぜひお近くの関西人で潤ってください」というコメントにはちょいとねぇ ・・・とツッコミ返したい。関西人=擬音語多し=耳心地よし=潤える、とは限らない。某知人の関西人には“がっちょ~ん”。ここだけの話です(どこだけか知らんが)。   

06021701  『てなもんや三度笠』知ってますか?    
 “スコーンとドタマかち割ってストローで血吸うたろかーッ”

【擬音も擬態も使いかた次第で知的に】  
 擬音語・擬態語、語いが少ないから音でゴマかすのでは知的ではなく痴呆的。だが擬音も擬 態も知的であったりもする。たとえば詩だ。夭折の詩人中原中也の『サーカス』。

  落下傘奴(らっかがさめ)のノスタルジアと   
  ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん  
 

 わたしはココロが弱くなると読むのは高村光太郎の『』(WORDでわざわざタテ書きで筆写したファイ ルあり)。     

  牛の眼は聖者の眼だ   
  牛は自然をその通りにぢつと見る   
  見つめる   
  きよろきよろときよろつかない

 短歌・俳句・川柳でもまた擬音・擬態は重要な役割をになう。そのあたりのことは、山口仲美さんの名著『犬は「びよ」と鳴いていた』をお読みください。読みやすく深く理解できます。  

【擬音・擬態が多いわけ】  
 「ギャフンと言わせてやる」は何がギャフンなのか?という疑問を投げかけているのは情報考学 の橋本大也さん。してやられたときにギャアといってもギャフンというのか?ギャはいいとしても、 フンは何か。よくわからないが、そこに音を創作する知的さを感じる。  

 日本語の擬音・擬態の多さは脳の音の受け止め方の違いだという。次の一文は伊勢雅臣氏の「国際派日 本人養成講座」より。   

  西洋人は虫の音を機械音や雑音と同様に音楽脳で処理するのに対し、日本
  人は言語脳で受けとめる、ということが、角田教授の実験であきらかになった。   
  日本人は虫の音を「虫の声」として聞いているということになる。

 音楽脳=右脳で、音や機械音を処理する。言語脳=左脳で、声として音を処理する。西洋人 はリ~ンリ~ンの虫の声を「」として処理し、日本人は「」として処理するというのだ。声として 処理するから、豊かな表現で擬音・擬態出てくる。へぇ~・・なるほど。

【知的な擬音語・擬態語を学ぶために】  
 さらに。わたしの仕事上の師匠Yさんのエピソード。地方都市へ師匠と通ったことがあった。そ の道すがらの機上でYさん、めずらしく何かヘッドホンで聴いている。  

  「何聴いているんですか?」とわたし。  
  ヘッドホンをはずして「落語だよ」  
  「ほぉ・・・落語ですか」  
  「オレはね、最近志ん生のCDも買ったんだよ」  
  「ええ!10枚ぐらいのセットモノの落語のCDですか?」 
 

41yg0gft2tl_aa240_    

 その先輩、もともと普通ではなくハズれた発想・生き方をする人であるが、その人にして“アタマ を柔らかくしないとダメだ”というのだ。そのときはフフン・・・と聴きながしたが、自分の堅い文章を 読んでフト思いだした。   

 パチン(箸を割る)、おさきにぃ!ズルズルズルっ(蕎麦をすする)、うぅぅぅ・・・んめえ!と人の仕草、ココロの機微を擬音で表すうまさは落語の特徴。観察して脳で処理して擬音・擬態で さらりと言う。脳トレにもってこいですね。今日は以上です。

|

« 擬音語・擬態語で、グ~ッとマーケティング上手に | トップページ | e耳くんで小さな声で耳でしゃべろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/9828119

この記事へのトラックバック一覧です: “うふふ”マーケティングこぼれ話 擬音語・擬態語はことばのコラーゲン :

« 擬音語・擬態語で、グ~ッとマーケティング上手に | トップページ | e耳くんで小さな声で耳でしゃべろう! »