« e耳くんで小さな声で耳でしゃべろう! | トップページ | 切り絵にやどる生命力-切り絵作家 福井利佐さん »

2008年1月13日 (日)

ミシュラン日本観光ガイドの目線

シュラン東京レストランガイドは爆発的に売れた。一時は書店の店頭からも消えたが、最近はAmazonでも中古が出回っている。行ったことのある店なぞないだろうなぁ、買っても★レストランにさえ気軽に行けないんじゃなと思いつつ、買い損ねています。

 そのガイドではなく、もうひとつのミシュランガイド、MICHELIN Japon ─Voyager Pratiqueがテーマです。

【hmm・・なアドバイス5.ミシュラン日本観光ガイドの目線】
 ミシュランが初めて日本を取り上げたガイドブックで、日本を訪れる外国人
 観光客向けに豊かな自然や文化といった日本の魅力を紹介しています。

 引用元 http://www.michelin.co.jp/news/corporat/p1640.htm

    Img461627fb10c69  MICHELIN Japon ─ Voyager Pratique

 日本の観光地の格づけをした『ミシュラン・ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン』。Voyager Pratiqueとは“旅行の便利帳”といった意味。ざんねんながら仏語のみ。07年4月に刊行されたこのミシュランガイド、日本は26ヶ国目だった。そんなものか・・・はともかく、4人のライターが7ヶ月滞在し、観光地や都会を歩きき食べ、半年かけて書きあげた。主な構成。

 ・旅行の期間、予算、スタイルに応じて計画を立てやすいテーマ別の表
 ・旅の見所や土地の名物、ヒントを満載したミシュランマンのコーナー
 ・フリーランスのライターが現地に赴いて選んだ、さまざまな価格帯の
 ホテルとレストランの情報

【観光地の格づけが波紋をひろげた】
 詳細な結果はこちらからどうぞ。 

 観光地:三ツ★は知床国立公園、松島、日光、東京、富士山、高山、京都、奈良、姫路城、上野そして高尾山(!)。ちなみに山で三ツ★は高尾山と富士山のみ。鎌倉は★ふたつ、横浜は★ひとつ。沖縄は★もなく紹介は2ページにとどまる。

 博物館・美術館は飛騨高山美術館(岐阜県高山市) 、京都国立博物館(京都府京都市) 、九州国立博物館(福岡県太宰府市)、そしてミホミュージアム(滋賀県甲賀市信楽町)。ざんねんながらわたしはまだひとつも訪れたことがない。行きたいなあ。地中にうまるミホミュージアム、美しい。飛騨高山美術館のミュージアムスクールも楽しそう。

    Sigarakim01  Profile
  ミホミュージアム               ぬぼでこ美術館

 この観光地の格づけは、東京ミシュランガイドを喧噪を約束したように、また観光業界を狂喜と波紋をひろげたそうだ。

【高尾山は観光ブームに】
 「東京中心部から約50キロ、約50分の八王子近郊にある」「山の斜面には亜熱帯から温帯の木々からなる美しい林が広がっている」「山頂からは東京のすばらしい眺めを楽しむことができ、天候に恵まれれば富士山を臨むことができる」 いずれもミシュランに書いてあるという報道があった(フジサンケイ)。

    Fuji02  高尾山公式ページより。 

    169703 Air BE-PALより。

 新宿から京王線高尾山口までたったの50分。東京近辺にお住まいの人なら1度や2度は訪れたことがある。ミシュラン効果で07年の4月-9月は前年同期比3万5,000人増。Air BE-PALの松美 里瑛子さんのエッセイによると、紅葉の秋のシーズンは人いきれ(!)。山頂が大混雑って・・・先日無くなったヒラリー卿には信じられないでしょうが。

  わたしの高尾山体験といえば、遠足ではモチいった。なぜか大学の呑み会もあった。たしかビヤガーデンだったのだろうが、呑み会で何かに腹を立てたのか、フラれたのか(いつものことだった)、ひとりで(ケーブルカーに乗らずに)歩いて降りてきたのを覚えている。青春の地だ。標高599mだからこそ、東京で山の青春が演じられたのだった。

【自然と触れあうのが好きなフランス人】
 選に漏れ、また★の数が少ないと感じた観光地や施設には激震だった。悲喜こもごもに次期改訂で挽回しようとしているそうだ。だがこれは、「自然と触れあうのが好きなフランス人が書いた」という前提を忘れてはならない。

 「評価は格付けではなくフランス人にとっての興味深さが基準になっている。フランス人には、ハイキングなど自然に親しむ国民性があり、高い関心を持ったのではないか」 (日本ミシュランタイヤ広報部の石井陽子さん) 

 そもそも格づけにはさまざまなものがある。

 「業界専門家の格づけ」 (一般的にはもっとも信頼されるが、ウラはある)
 「有識者の第三者視点の格づけ」 (かなり怪しいが報酬は高い)
 「オタクの一人称の格づけ」 (わたしはこれに一票だ!)
 「一般ピープルの体験からの格づけ」 (ピープルの格づけが必要)
 「外野席の格づけ」 (外野席はそもそもサポーターだからバイアスすべし)
 
【hmm・・なアドバイス】

 ミシュランガイドは言うまでもなく外国人目線の格づけである。日本の地を“まだ壊れていない風景”としてとらえている。だからこそ上野が三ツ★で、お台場がひとつ★なのである。

 そういう目でミシュランガイドを読めば、“メタ日本人”の目線、つまり現代人や東京人に失われた目線を回復できそうな気がする。日本のほんらいの良さ=田舎に目を向けよう。今日は以上です。

|

« e耳くんで小さな声で耳でしゃべろう! | トップページ | 切り絵にやどる生命力-切り絵作家 福井利佐さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン日本観光ガイドの目線:

» 東京ミシュラン [東京ミシュラン巡り]
ミシュラン日本観光ガイドの目線/この観光地の格づけは、東京ミシュランガイドを喧噪を約束したように、また観光業界を狂喜と波紋をひろげたそうだ。 【高尾山は観光ブームに】 「東京中心部から約50キロ、約50分の八王子近郊にある」「山の斜面には亜熱帯から温帯の木々から..... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 17時24分

» 東京ミシュラン 三ツ星 [東京ミシュラン巡り]
長瀬智也4年ぶりの最新主演作 『ヘブンズ・ドア』エキストラ300名大募集!(cinemacafe.net)23日20:20 / 「一人ぼっちの撮影さびしかった」夏帆が時空を超えて恋する『東京少女』完成披露(cinemacafe.net)23日16:10 / ジェニファー・ロペス、夫と2人でベビーシャワーに出..... [続きを読む]

受信: 2008年1月24日 (木) 06時22分

» 東京ミシュラン 三ツ星 [東京ミシュラン巡り]
PCウイルス作成者 国内初逮捕 / 携帯フィルタリング不満続出 / ツインタッチパネルの電子辞書 / 「Eee PC」日本だけの3大特典 / 「百度」日本展開、強みと弱み / 最薄防水ケータイF705iの中身 / 不用品を共有する携帯サイト / ナイナイがやっている「ゴチになります」で今ま..... [続きを読む]

受信: 2008年1月24日 (木) 16時01分

« e耳くんで小さな声で耳でしゃべろう! | トップページ | 切り絵にやどる生命力-切り絵作家 福井利佐さん »