« “うふふ”マーケティングこぼれ話 スイーツ男が増えるウラの仮説 | トップページ | シェリル・クロウ/原点へのまわり道 »

2008年1月26日 (土)

落語家もデリバリー?ピザハッ亭

 同僚でダンサーのTomoyoさん、業務提携先のIT企業から出向しているJKさんと三人で、新宿でフラメンコを見ました。その帰りにお茶を飲んだのですが、話がなぜか携帯プレーヤーの話に。JKさんが持つのは第二世代(かしら)のiPod。なんと彼の場合、音楽はいっさい聴かないそうです。

 「で、何聴くんですか?」と訊いてみると、
 「英語のオーディオブックと・・・落語です

 英語はともかく落語!とハマりました。う~ん、いいですねぇ。そう聞いてフト思いだしたのが「ピザハッ亭」。さっそく彼にURLを教えました。

     Pizzhattoei

【hmm・・なアドバイス13.落語家もデリバリー?ピザハッ亭】
 6人の若手落語家による本格古典落語をポッドキャストにてお楽しみいただけ
 ます。演目は2ヶ月に1度更新されますのでご期待ください。ピザハットスペシャル
 サイト【ピザハッ亭】では動画による寄席の上演、噺家のプロフィール、お囃子
 着メロプレゼントなどをご用意しております。

 引用元  http://podcast.pizzahut.jp/rakugo/

 07年12月から始まったポッドキャスティングでの落語。これまでNiftyの「ぽっどきゃすてぃんぐ落語」、フジテレビの「お台場寄席」などがあり、初めての試みではないのですが、なぜピザハットが?と思いました。

【二つ目5人、真打ち1人のキャスティング】
 噺家は若手6人。三遊亭遊喜、三笑亭可龍、雷門花助、桂才紫、春風亭朝也、そして08年1月に真打ちに昇進した三遊亭好二郎。現在、春風亭朝也の「片棒」、三笑亭可龍の「ぞろぞろ」、雷門花助の「てれすこ」がかかっている。「てれすこ」と「ぞろぞろ」を聴いてみました。

 02  Up_ph_b51 雷門花助さん

 古典落語は古典ゆえに、現代の人にはピンと来ないこともあるので、噺のマクラを語るのが普通です。雷門花助さんも、まず自分の名前の由来から入り(雷門には住んでいません、東松戸に住んでいます、その妙な親近感が笑)、松戸市の「すぐやる課」に蜂の巣を取ってもらおうとして電話をしたら、市役所から可愛い女性がやってきて、彼女では蜂の巣を取れなかったそうです(笑)。結局、花助さんが取ったそうです。

 てれすこでは、お上(奉行)の目が節穴で、テキトーな裁きゆえに死罪を申し渡されるのですが、最後にお上をギャフンと言わせるくだりがあります。そのマクラ噺として蜂の巣のエピソードなのでしょう。花助さん、弱冠26歳と若いですがうまいです。

【パソコンならではの配信】
 凝っているのが動画のタイプを選べるところ。「前の席で観る」(表情をしっかりみたい方)、「後ろの席で観る」(所作(身振り)をしっかり見たい方)。

03 Photo

 三笑亭可龍さんの「ぞろぞろ」は、閑古鳥の鳴く店の主がお稲荷さんにお祈りしたら、ぞろぞろとお客さんが現れる噺です。彼も今年30歳。無料のポッドキャスティングですが秀逸です。

【なぜピザハットが落語なのか?】 
 なぜピザ屋さんで落語なのか?そのオチを探してわかったぁ!と思ったのは、落語は一本15分くらいだから、デリバリーの目安なんだ!落語の間にピザが配達されます!とヒザを打ちました(が違うだろうな_笑)。

落研出身者には、ピザ好きが多いという説もある。ちなみにこの寄席の収録はお江戸日本橋亭でやったそうですが、昼の部と夜の部の間には、噺家にピザが差しいれされたそうです。可龍さんのブログにそうありました。旨い!とは書いてありませんでしたけど(笑)。

【宅配ピザ市場のオチ(落ち)】
 結局「宅配ピザ市場がオチているからこそ落語なのだ」とヒザを打ちました。

 市場規模は縮小傾向。市場調査会社富士経済の調査では「2002年のワールドカップ特需”により一時的に息を吹き返した」が、「2003年に再び縮小傾向に・・・」、中食ブームに押され外食にも押し返され、マイナス成長が続いています。大手ではピザハットは業績は良いようですが、それでも危機感はアリアリなはずです。

 少子高齢化でお客さんも高齢化の一途。若い世代が買わないなら、寄席を聴く高齢層にも顧客を広げたい。味での話題づくりも一巡して、原料高もあってこれ以上開発投資を抑えたいし、できるだけ広告宣伝費も削りたい。だから安く手早く企業PRができる落語に目を付けた。このあたりが真相でしょう。ピザハットさん、お目の付け所がよろしいようで。

【hmm・・なアドバイス】
 ピザと言えば熱々のチーズのとろ~り感。宅配となるとそこがちょいとなのでわたしはあまりソソられません。街角のメロンパン屋台車のように「屋台ピザ車」はいかがでしょうか(仙台にナチュラル屋台ピザ ココペリというのがある)。焼きたてとろ~りでシズル。

     02_2_6 車に窯があるようです。

 屋台車でピザだけでなく落語家もデリバリーして一席打つと、そこで集客もできそうです(笑)。お後がよろしいようで~テケテン♪

|

« “うふふ”マーケティングこぼれ話 スイーツ男が増えるウラの仮説 | トップページ | シェリル・クロウ/原点へのまわり道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/10085311

この記事へのトラックバック一覧です: 落語家もデリバリー?ピザハッ亭:

« “うふふ”マーケティングこぼれ話 スイーツ男が増えるウラの仮説 | トップページ | シェリル・クロウ/原点へのまわり道 »