« シェリル・クロウ/原点へのまわり道 | トップページ | JALパックのスーパーツアコン »

2008年1月28日 (月)

Sun Jarはジャーであってジャーでない。

 今日はお昼まで晴れていましたが、だんだん曇ってきました。明日は雨もしくは雪という予報。It'sわたしの心模様・・・と言えなくもないですがそれは脇へ。曇っていても空元気を(カラゲンキと読んで_笑)、暗くなってもポッする明るさを・・・

   Sun_bluejarmain

 曇ってしまったニッポンに、ポっと明るいプロダクト『Sun Jar』を。

【hmm・・なアドバイス15.Sun Jarはジャーであってジャーでない。】
 Sun Jarは日中に太陽光で充電して、夜間にやさしい太陽のような光を放ちます。
 最初に蓋を開けて
中にあるスイッチをオンにして、後はセンサーによって暗くなれ
 ば自然に発光し、明るくなれば充電を開始します。

 引用元  http://www.gnr8.jp/product_info.php?products_id=390

       P1548h  P1548ex4
         Sun Jar & Moon Jar

 英国のギフトオブザイヤー2007エコギフト部門受賞のこのプロダクト、つまり昼間お出かけしている間に、窓枠において日光をサンサンと浴びせる。それで充電となって夜には自然に発光して、ろうそくのようにやさしい光をLED光源で安全に放つ。

 ジャー本体はガラス、ふたを開けるとソーラーパネル、その下に充電電池、さらにLEDランプという単純な構成。大きさは、高16cm x 横10cm x 縦10cm。充電3時間、光るのは5時間。日本での価格は7500円(Generate)。

     Sunjarwebdrawingcentral
     出典 http://www.suck.uk.com/product.php?rangeID=50&showBar=0#

【人を喰ったデザイナーTobias Wongさん】
 デザイナーはTobias Wongさんで、アバンギャルドなデザイナーとして有名。たぶんこれもウリなのだろうが・・・
                     Tobias_wong
        "このサイトは846日間更新されていません。古いサイトへはこちらから"

フィリップ・スタルクのデザインチェアをランプにしてしまう鮮烈なデビュー(2001年)以来、前衛デザイナーとして注目を集めてきた。「デザインは職業ですか?」という質問にこう答えている

During my senior year, I gravitated towards using design as a medium
 because I felt there was a void in the process of creating design work,
 specifically during the conception stage. I wanted to apply my interests
 in conceptual art towards design and see what would happen.

 「在学の最終年に、僕はデザインを自分表現の武器にしようと思った。
 なぜってデザインを創造するプロセス、特にコンセプトを決める段階には
 “穴”があると感じたから。で、僕は芸術コンセプトとしてデザイン表現をして、
 みんながそれをどう思うか見てみようと思った

      Tobiaswong3 Tobiaswong2
      フィリップ・スタルクの椅子に光をともして。紐スイッチに注目!

【売らないお店プロジェクト】
 2007年5月に2ヶ月限定でニューヨークに開いた店、『The Wrong Store』は、彼にとって大成功のプロジェクトだったという。多数のアーチストがレアな一品モノを作って店舗に陳列したが、そのお店、「誰も中に入れない、もちろん買えない」という皮肉なプロジェクトだった。
       Thewrongstorethumb

 このプロジェクトを通じて彼が問いかけたのは「売る・買う」というプレッシャーを与えなければ、人はデザインもマーケティングも販売も展示もクリエイティブになるん、ということだったとインタビューで語っている。“店=売る”を否定するとクリエイティブになるというアンチテーゼ。

【棚で眠る?】

       Cappstudioe
      “ i sleep in a drawer  1998 - present ”

これウケた(笑)。大手メーカーや家具やデザインハウスから次々に注文を受けていらっしゃるWongさんですが、デザインスタジオは持っていない、お客さんのショールームや倉庫、スタッフラウンジ、プラットフォーム(駅ホーム)、レストラン・・・で制作をするそうだが、これも前衛表現者ゆえのパフォーマンスだ。1974年バンクーバー生まれ。

【hmm・・なアドバイス】
 Sun Jarもアイデア商品というよりはコンセプト表現のひとつ。窓辺のジャーは、ジャーであってジャーでない。実は“照明”。なるほど、じゃあ「マーケティングは売ることであって、売ることでない」とも言える。え?営業の現場からはいつも「マーケティングは売るのを邪魔する」と言われるって? あぁ!(笑) 今日は以上です。

|

« シェリル・クロウ/原点へのまわり道 | トップページ | JALパックのスーパーツアコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/10121267

この記事へのトラックバック一覧です: Sun Jarはジャーであってジャーでない。:

« シェリル・クロウ/原点へのまわり道 | トップページ | JALパックのスーパーツアコン »