« オゾンで落とすか、ナッツで落とすか? | トップページ | ギアチェンジにこだわった多色ペン“リポコン4”を検証する »

2008年2月20日 (水)

『その1人が30万人を動かす』の書評を掲載しました。

 

41wcghzna2l_bo2204203200_pisitbdp_2  『その1人が30万人を動かす』

 インフルエンサー・マーケティングに関する本、『その1人が30万人を動かす』の書評を書きました。マスメディア、プロフェッショナル・インフルエンサー(その道の専門家やセレブ、タレント)、個人インフルエンサー(カリスマブロガーら)をいかに組み合わせて消費者を自ら動かすか?という内容。とても参考になりました。

  http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0802/19/news006.html
  http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0802/19/news006.html 
  (どちらも同じ内容です=併載)

 ふと目に止まったのは『日産ケンメリTシャツ 完全復刻プロジェクト』の記事です。

       Sl02

 久米繊維工業の久米信行さんが、新型スカイラインの招待試乗記を書く話です。久米さんは経営者かつ実名でブログを書いているので(こちら)、その信用もあってのことだったそうです。しかし自動車評論家でもない自分が何を書いたらいいだろう?と彼は思ったそうです。

 ふと壁を見ると、先代の社長(久米さんのお父様)の飾る『スカイラインTシャツの生産に対する感謝状』が目に入り、「おぉ!これだ」とブログに書いたそうです。久米さんの父君がそのTシャツ・ノベルティを制作したとのこと。

 なぜなら、私は、多感な多感な小中学生時代を
 ケンメリTシャツに囲まれて育ったからです。

 http://kume.keikai.topblog.jp/blog/120/10004191.html

 久米さんは“プロフェッショナル・インフルエンサー”。そのブログを読んだ日産(マスメディアが「Tシャツ復刻やりましょう!」と乗ってきたそうです。さらに復刻するにあたり、オリジナル未開封Tシャツを探す知らせをメルマガに出すと「個人のスカイライン・インフルエンサー」から次々にレスポンスがあった。それで今、制作中とのこと。まさに現在進行形の“インフルエンサー・マーケティング”。

 商売を考えてのワザとじゃないというところがミソです。ブログには商売っけ抜きで、思ったことをサラと書くべし。これが今日の教訓でした。

|

« オゾンで落とすか、ナッツで落とすか? | トップページ | ギアチェンジにこだわった多色ペン“リポコン4”を検証する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/10641267

この記事へのトラックバック一覧です: 『その1人が30万人を動かす』の書評を掲載しました。:

» 関心を生み出すマーケティング [a note]
CGMの台等により、個人が発信する情報がメディアとしての価値をなすようになった。... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 08時49分

« オゾンで落とすか、ナッツで落とすか? | トップページ | ギアチェンジにこだわった多色ペン“リポコン4”を検証する »