« Stayokayでユースホステルも変わる! | トップページ | 自転車に宿る出発点にもどる力 »

2008年2月18日 (月)

2008東京マラソン 藤原新選手とその応援に感動した。

  

080217_n01

 『佃大橋左側に見えたマンションのベランダから、「フジワラ!頑張れ」と
 大声が聞こえた。誰がかけてくれたのか、レースをテレビで見ていた普通の
 人か、知り合いなのか、とにかく「自分の名前を知っている人がいるんだ、
 とうれしくなった」と、リズムを取り戻すきっかけになった。

 引用元 増島スタジアム http://news.thestadium.jp/2008/02/17_marathon.html

 スポーツライター増島さんの記事によれば、藤原新(あらた)選手、マラソンは2度目(前回は35Kmで棄権)。そして今回も「頭の中では走っていた」が、マラソンとしての長距離練習は多く重ねていなかったそうだ。

 だが足が攣ったあと、“誰か”の声援というきっかけをつかんで、ストライドからピッチに走法を変えてしのいだ。間違いなく天性ありなのでしょう。そして努力が運を引き寄せた。『何があっても「ダメならその時考える」というのびやかな対応力がオリンピックを引き寄せた』と増島さんが書いている。

 彼のことを知りたいと思って、ググっても“藤原新也”さん(著名な写真家)ばかりが出てきて(笑)。陸上界でもいかに伏兵だったかわかりました。JR東日本のサイトに「81年生まれ、出身長崎県、特技=コーヒーを淹れること(笑)」とあってアスリートぽくないのがいいですね。

 このマラソンで3人に惹かれました。

 藤原さんという「ノーマーク」の選手の快挙。
 ベランダから大声を出して藤原さんを応援した人。

 さらに、ブレイクするまで苦節14年のにしおかすみこさんの完走。

 明日の“スター”は隠れている。でもどこかできっと浮上する。浮上するのを応援して、ちゃんと見ている人もいる。

 藤原さんは北京五輪代表の座の最右翼へあとひと押し。にしおかさんはSMキャラの深掘りと拡大(欲張っちゃいけないし、とどまるのもいけない)。佃大橋左側に見えたマンションのベランダの人も、今日は気持ちいい洗濯日和ですね。

 お膝元の宮崎のマラソン大会ではわずか5kmしか走らなかったそのまんま知事もマラソン完走。走ること、いいなと思いました。この秋にはまず10kmからがんばろうと思いました。

|

« Stayokayでユースホステルも変わる! | トップページ | 自転車に宿る出発点にもどる力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008東京マラソン 藤原新選手とその応援に感動した。:

» 新選手 [シャア専用ケータイ 913SH  ソフトバンク  TYPE-CHAR  シャア・アズナブル]
そして!![sports]活躍した選手はJR東日本所属昨日の東京マラソンで2位に入った藤原新選手はJR東日本出身。特別協賛した東京メトロはさぞかしくやしいことだろう。一方藤原選手の方も東京メトロのマークをつけて走るのは不本意だったかも。 東京メトロ(当時は営団地下鉄)の陸上部が解散したのはもう8 ... 東京マラソン右往左往(その3)藤原新選手が日本人トップを走っています。途中、よろめいたのにはヒヤッとしましたが、そのままゴール。北京五輪に向けて大きくアピールしました。マラソン2度目で、一... [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 08時18分

« Stayokayでユースホステルも変わる! | トップページ | 自転車に宿る出発点にもどる力 »