« ノートPC 無線という理想に向かって | トップページ | MacBook-改良のポイントは正直さかしら »

2008年2月26日 (火)

いまなぜ、かりんとうなのか?

 先日、V-Dayでビジネスメディア誠の吉岡編集長に、愛のFairycake Fair(フェアリーケーキフェア)の塩カップをグランスタで買った。そのとき変だな?と思った。近くの通路の真ん中に人だまりがあるのだ。だが不覚にもその疑問をやり過ごしてしまった・・・。NTTドコモの季刊誌で“行列研究家”として発言さえしたわたし、あまりにもうかつ。まさに研究家失格である。ドコモさん、失礼しました!

 人だまりはもちろん行列。その行列は何かといえば「かりんとう」。グランスタの日本橋錦豊琳(にほんばしにしきほうりん)では連日連夜、かりんとうを求める人で行列がある。「そういえば『めざましテレビ』か『朝ズバッ!』でもやっていた。今日は行列研究家として猛省をするためにも、夕方並びにいきます。並びながら「いまなぜ、かりんとうなのか?」を考える所存です。

【hmm・・なアドバイス38.いまなぜ、かりんとうなのか?】
 まずは店主敬白から。

Photo
 画像引用元 http://www.nishikihorin.com/

 07年11月にグランスタにオープンして以来、お客さまが殺到するゆえ、現在通販は中止。味わうためには並ぶしかない。がんばります!

01_px250
 画像出典 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080116/1006173/?P=1

 その人気の秘密、「甘くなく、ナチュラルな素材での今風のアレンジ」が効いているそうだ。「七味唐辛子」「黒糖」「きび砂糖」「洗双糖」「そば塩」「ねぎ味噌」「野菜」「きんぴらごぼう」「胡麻」「黒こしょう」「十穀」「竹炭」、すべて330円。

04 1114   
 並んだら買おうと思っている3つ。

 「錦豊琳では、昔から“なじみ”のあるかりんとうを、今ふうにアレンジして
 12種類そろえ、その9割が今までにない商品です。なかでも“きんぴらごぼう”
 などの斬新な味が支持されて、クチコミとリピートが増えています。ずーっと
 朝から並んでるんですね。常にこの状態で、途切れない」

 引用元 同上

【大根+かりんとう】
 盛り上がっているのは錦豊琳だけではない。今日(08年2月26日)の記事では『高校生開発の「だいこんかりんとう」、完売目前』というのがあった。

Tky200802200148 切り干し大根のようにひなびていない。

 福島県南相馬市小高区の県立小高商業高校の生徒らが地場産のダイコンを
 使って開発した「だいこんかりんとう」(130グラム入り、250円)が、「甘すぎず、
 お年寄りでもかめる柔らかさ」と評判を呼んでいる。

 引用元 http://www.asahi.com/komimi/TKY200802200244.html

 地元商店街のお祭での販売を目標にして、商業高校の3年生が先生と一緒に「あれでもない、これでもない」と大根を活用する味を考えて、あきらめかけて遂に行き着いたのが「かりんとう」だった。直売所で置いてもらったら、それがバカウケして約7200袋も売れたという。

【チョコ+かりんとう】
 まだある。これを悪ノリと言ってはいけない。北海道のロイズチョコレートからは『かりんとうチョコ』が販売されていて、これもウケているそうだ。

Karintoul まったく違和感を感じさせない。

 カリッとしたかりんとうに、沖縄県産100%の黒糖を使用したコクのあるまろやか
 なチョコレートをコーティングしました。黒糖のまろやかな甘さを、ほのかに香る
 カカオで和らげて、後味よく仕上げました。

 引用元 http://www.e-royce.com/items/white/1183047_2198.php

 食べた人のブログの書き込みも読んだが「黒糖とチョコがやわらかく溶け込んでいる」そうである。かりんとうで黒糖だと「アメ~ッ」と思いそうだが、むしろ素朴な味わいをねらっている。製品画像を見るとチョコとかりんとう、一緒になって悪い感じはない。

【現場に移動します。】
 元は小麦粉を棒状に練って揚げて砂糖をまぶしたものがかりんとう。作っていた家も多いだろう。製品としてウケているのは、甘さ控えめ(アンチ・メタボリック時代、当たり前ですよね)、自然系の味わい(野菜や胡麻や黒糖)、意外な組み合わせ(大根、ネギ)と・・・こんなところがトレンドのようだ。ここまで書いたところで、今日は行動するブロガー、グランスタに移動します。

 【並びました、買いました、試食しました!】
 6時過ぎにグランスタに到着。行列は大したことがなく20分も経たない内に売場に移動。肩すかしくらいました。並ぶとパンフレットを渡されて、立ち札には12品の内、売り切れが2品ほどありました。

 

Pict0465 売場です。2坪ありや?

 4つ買いました。「唐辛子」「きんぴら」「ねぎみそ」「十穀」(最初は五穀と書いていました。間違いでした)。 

Pict0466

 まず唐辛子:これいけます!美味しい。軽いのですが歯ごたえがあって、しかも甘さから辛さへスっと入っていく。喉に唐辛子が残るのがまた心地よし。まさに癖になります。全部食べちゃいそうです。
 次いできんぴらごぼう:これも美味しい。ほんとうにゴボウの香りがして、口の奧の方にほんのりとゴボウがいる感じ。微妙に唐辛子が振ってあるのもいいです。
 そしてねぎみそう~ん・・・。これは微妙。確かにちょっと臭め(笑)。ねぎの味ばっちしです。唐辛子ときんぴらほどの感動はありません。でもお酒のおつまみにはもってこい。

 3点に共通するのは「ほどよい上品さ」。ヨソのかりんとうよりも(たとえば虎ノ門きや)細いのがおその理由でしょう。かっぱえびせんサイズですから(十穀はちょっと大きめですが)、食べやすいし上品なおももちもあり。しかし味わいは深い。

 またその軽い食感とヘルシーなコンテンツも支持される要因。子どものお八つのかりんとうが、大人にも楽しめる万人向けのお八つになった。この量目(60g)で1袋330円もほど良い。ヒットする理由は納得しました。この三点、厳重にゴム輪で止めましたので、明日なら大丈夫でしょう。会社のみなさんに食していただきます。十穀だけは開封しないでTomoyoさんにお裾分けしますので、味わってください。

【hmm・・なアドバイス】
 そしてなぜいま、かりんとうなのか?こんな風に思いました。実はかりんとうでなくてもいいのではないか。昔ながらの“和の要素”があるもの、それがウケている。和を愉しみ、和に安らぎたい意識が今そこらじゅうにある。まっとうな日本美があるものなら、かりんとう以外にも、次々に流行る可能性を感じます。もちろん何でもとは言いませんが。その底流のトレンドをつかんだのが“かりんとう”なのではないか。

 もちろん錦豊琳のバリエーションのように、現代風アレンジは必要。食ならカロリーとヘルシーと無添加は無視できない。衣であれば素材の織りや染めは伝統でも、カタチは今風にとか。住であっても、火鉢はムリで、火鉢を囲むようなナチュラルな板の間がいいとか。

 この日本美の流行には2つの意味合いがありそう。ひとつは積極的な意味合いで「日本独自文化への礼賛」。もうひとつ、消極的な意味合いは「国際化はしんどい」。内向きの方が楽だ・・・そんな意識がありそうです。産業界も内向きなら、若者はこんもりだし、中年以上も今さら国際化?って感じです。挑戦無きニッポン、そう感じるのはわたしだけでしょうか。今日はお腹いっぱい♪で以上です。

|

« ノートPC 無線という理想に向かって | トップページ | MacBook-改良のポイントは正直さかしら »

コメント

yuki y tomoyoさん、コメントありがとう。
サッポロポテトね、なるほど、軽い味。
十穀だけ網状なのは、サッポロポテト
バーベキュー味の真似でしょう(笑)。
というか、混ざりモノが多くて、棒状に
ならなかった?こんど質問してみましょう。
でもね、お笑い芸人が美女を次々とゲット
するように、軽いほどウケるんでしょうか。
愛は濃い方がいいけどなぁ。

投稿: 郷/marketing-imo | 2008年2月29日 (金) 21時21分

郷さま

十穀かりんと、二人でいただきました。ご馳走様でした!
細い棒状かと思いきや、なつかしのサッポロポテトのような
網目状の四角いかりんとうで新鮮でした。
他の商品は棒状のようなのに、十穀だけどうしてこんな形なんでしょうね?

お味は香ばしくて後を引く美味しさ!でした。
歯ごたえもよく、甘すぎずちょうどよくて。
ありがとうございました。

投稿: yuki y tomoyo | 2008年2月29日 (金) 11時22分

Cherryさん、コメントありがとう!小桜(こざくら)は上品な感じ。よく錦豊琳と似ていますね。「
ゆめじ、おもいで、ふるさと、かえで、きなこ」ですか。なるほどネーミングもかりんとうぽくない。
アンチにも反アンチにも揺れるのがニッポン人ですね。明日の誠連載のテーマでもあります。

投稿: 郷/marketing-cozakura | 2008年2月27日 (水) 12時26分

tomoyoさん!コメントありがとう。木村屋かりんとうパンなんてあるんですね♪んじゃ社内便かりんと愛を受けとめてください。けっこうイケましたよ~

投稿: 郷/marketing-hagotae | 2008年2月27日 (水) 12時16分

なぜ今かりんとうなのか?
すごく謎です。
でも、私の中では、昨年はメタボ元年でありながら、
アンチメタボな年だなと思っていました。
ドーナツだったり、パン(はまだいいけど。)だったり、
カップケーキだったり、パンケーキだったり、
かりんとうだったり・・・。
小麦粉+油+砂糖がうけているのです。
カロリーとりたいんだろうか・・・って組み合わせです。
やっぱり、ヒトは欲望に逆らえないのよってことでしょうか。

ちなみに、かりんとう御三家は、
・銀座の「かりんとう たちばな」
・湯島の「花月」
・浅草の「かりんとう 小桜(こざくら)」
だそうです。
http://allabout.co.jp/gs/wagashi/closeup/CU20070719A/index2.htm

投稿: Cherry | 2008年2月27日 (水) 09時57分

わーい!かりんとう待ってます!!
それも五穀だなんて、良く私をご存知でいらっしゃる。笑

そういえば、先日日比谷のUさんにかりんとう頂きました。
かりんとうはかりんとうでも、柔らかいパンでした。
美味しかったですよ。
木村屋かりんとうパン、機会があればお試しください。


投稿: tomoyo | 2008年2月27日 (水) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/10770186

この記事へのトラックバック一覧です: いまなぜ、かりんとうなのか?:

» アカデミア酵母の通販最前線 [テレビ通販口コミ最前線]
アカデミア酵母がショップチャンネルのダイエットコーナーで大評判です。 アカデミア... [続きを読む]

受信: 2008年2月27日 (水) 20時50分

« ノートPC 無線という理想に向かって | トップページ | MacBook-改良のポイントは正直さかしら »