« 無線LANフォトフレームで“アルバムビッグバン”の時代へ | トップページ | 次は犬に生まれ変わりたい?/ドッグ・パーティ »

2008年2月 1日 (金)

梅干し石けんの効能

 2月1日です。ということはすでにネズミ年も1/12が過ぎ去りました。今年の誓いを立てて早一ヶ月、まずいな・・・と思いつつ、でも昨日の夜も、出張帰りにある本を読みながら「自分の感覚を信じて生きればいいんだ!と今日も明日に向かって走ろうと気持ちを新たにしました。

 そんな気持ちにふさわしいのは、季節がら“”です。梅干し石けんが今日のテーマ。

【hmm・・なアドバイス18.梅干し石けんの効能】
 お風呂のお湯にも溶けず、泡切れ抜群、梅の持つ強い抗酸化力やヒアル
 ロン酸による美肌効果、塩すりエステ効果、何と言っても従来の石鹸の倍
 以上も長持ちがする経済的な石鹸が出来上がりました。

 引用元 http://www.airbepal.com/bn/10509172229500/1201145254.html

172604

 この梅干しの石けん(梅の石けんが)、梅干しの実、種、中の仁までも微細に粉末にして、それを石けんに混ぜ込んで圧縮成型をする。その効能は「化粧荒れが無くなる」「乾燥肌がおさまる」「保湿された感じがする」さらには「手のイボが無くなった」という声まで届いているという。 

17640302

 微細な粉末での成型ゆえか、泡もすごく細かいということ。この写真にはびっくりした。いつまでもコップの水に溶けないほどキメ細かい泡立ちだという。

172608

 写真とこのくだりの記事は、愛読しているAirBE-PALのメルマガ記事(虫フリークライターの佐々木 茂美さん執筆)を参照しました。ありがとうございました。

【梅の効能】
 販売しているのは大分県日田市大山町の「水辺の郷おおやま」や製造元のインプレストライ(日田市)。 

 熱を加えずに圧縮成型するため、ヒアルロン酸など熱に弱い素材も成分が
 壊れず、風呂場など湿度の高い場所に置いていても溶けにくい。

 引用元 http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1199804400=119984153532087=1

1199841535320871  インプレストライの中野社長

 梅の主成分はクエン酸で、体内のエネルギー代謝を高めて老廃物が蓄積するのを防止する。その効能を利用しての石けん。沖縄の塩やモンゴルの塩で狂喜する女性にウケないわけがない。目の付けどころ良しです。

【特産物と日用品の組み合わせ】
 中野社長のおっしゃるように、いろいろな村の特産品と石けんを練り合わせるのもいいだろう。練り合わせるには自然乾燥か凍結乾燥か、乾燥させたモノがいいのだろうから、いくつか考えてみた。

 切り干し大根石けん (大根娘なれる?笑)
 ブルーベリー石けん (目元ぱっちりになりそう)
 シイタケ石けん (好き嫌いありそう)
 レモン石けん (よさそう)
 にんにく石けん (臭そう)

 これは冗談ですが、自然素材+日用品という組み合わせ、梅に限ってみても飲料はもちろん、ポン酢やはみがき、ジャムやガム、佃煮・・・などさまざまな商品開発がこれまでなされてきた。日用素材と地方特産の自然素材を混ぜ合わせ、けっこうたくさんある。

 その中でも梅干し石けんになぜ惹かれるかといえば、石けん=身を清めるもの、梅=浄化の効果という“清浄なイメージ”がセットになっているからだろう。つまり組み合わせには、ニーズのツボにはまる妙が必要だということだろう。

【hmm・・なアドバイス】
 一村一品運動という村おこしがあったが、特産品を売りこむ要素をあげてみよう。

  「地方限定」「素朴さ」「無添加」「自然な良さ」「生産者の顔」・・・

 “お土産的要素”が多い。それはお土産だから当たり前。だがなかなかそれだけでは差別化にならない。梅干しの石けんから浮かんできたのは、ほんらい持っている効能や特産品要素をベースにしつつも、「お土産ではなく」「都会の人にずっと(繰り返し)愛用できる」というもの。田舎モノだからこそ都会のヒトのニーズを意識する。そんな切り口で一品を開発するのよさそうだ。

  Pict0409
 発売したばかりの梅えびせん。まだ食べてません。

           ************************************

追記: 1月31日付けのビジネスメディア誠での掲載記事にミスがありました。取り上げたWiFiフォトフレームの無線機能を「初」と書きましたが、それは間違いであります。訂正いたしました。すみません。テーマとしては「アルバムの変化」ということを書きたかったわけですので(だから商品紹介はそこそこの構成にしました)、そのような観点でお読みいただければ幸いです。でも・・・ミスを洗い落とす石けんを開発していただけませんか?(笑) 
では今日は以上です。

|

« 無線LANフォトフレームで“アルバムビッグバン”の時代へ | トップページ | 次は犬に生まれ変わりたい?/ドッグ・パーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/10184688

この記事へのトラックバック一覧です: 梅干し石けんの効能:

« 無線LANフォトフレームで“アルバムビッグバン”の時代へ | トップページ | 次は犬に生まれ変わりたい?/ドッグ・パーティ »