« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の33件の記事

2008年3月31日 (月)

ロッキン’チェアに揺られて 年度末

  さぁて、いよいよ今日は年度末です。今年度はどんな年でしたでしょうか?

 年度初めにはバブル景気を謳歌する風潮さえあった2007年度、後半からサブライムという金融工学が過ぎた信用破綻で景気の雲行きがおかしくなり、年度末には株価総崩れ、減損で利益減少。これ以上の余波はないという楽観論と、2〜3年不況が続くという悲観論が交錯しています。ガソリン価格一つ守れない政府も、ご覧の通り総辞職寸前です。

 今日は川柳ぽく「ロッキン’チェアに揺られて 年度末」(ちとくるしい_笑)と“揺れる日本”をテーマに。

【hmm・・なアドバイス66.ロッキン’チェアに揺られて 年度末】
 ステンレススティールの円形フレームを組み合わせたユニークなデザインの
 ロッキングチェア。デザイナーのGala Whightが子供のための揺りかごをデザ
 インしたいと考えていた時に、2つの円形フレームをクロスさせることで揺り
 かごのような動きをすることを発見しました。

 引用元 http://www.livingmotif.com/news/index.html?date=20080221 

0330_fur06009_1  0330_fur06009_4ヨーロピアンなテイスト。

 この『LOOP ロッキングチェア』のミニマルなデザインと合理性、スリークな美しさもすばらしい。シンプルな素材とデザインの融合、丸い輪二つの交錯でごろんごろんするアイデア、あるようでない。折りたためるのもいい。

0330_fur06009_2   0331_pratt Galaさん。 

 デザイナーのGalaさん、「子供のための揺りかごをデザインしたい」と考えて輪を思いついたそうだ。このチェア以外にも揺れる椅子を発表している(イタリアのデザイン家具会社のCoroのサイト参照)。春ですからベランダやポーチでこの椅子に揺られて、“揺りかご読書”もいいだろう。 日本での価格は¥162,750。価格に揺れましたか?

【海の波間にロッキングチェアを!】
 新時代のロッキングチェアのアイデアは他にもある。しばらく前だがdesignboomでロッキングチェアのデザインコンテストをしたら、世界中から1000件以上もアイデアが寄せられた。みんな、揺られるのが好きなのである。

0330_1big

 大賞はこの『rookie』で、サーフボードの製造技術を応用し、スタイロフォーム素材をウッドシートとファイバーグラスでカバーしたもの。長いものを製造して、必要な長さに切断できれば金太郎飴みたいでおもしろいですね。波間に揺られるには軽い方がいい。

【川下りもロッキングチェアだ!】

0330_2big

 『glide(滑走)』と名づけられたこのチェアは、椅子というよりは川下りの舟だ。これにゆらゆらゆられて川下り。なるほど、ボートこそ揺れそのものだ。

【ロッキングチェアをふたりで!】

Photo

 まさにシーソーなロッキングチェア。大人になって以来、ずぅっと乗っていないのがシーソーですよね。今さら公園でひとりでできないし(それ変態です)、相方にお願いしても「バカじゃない?」とさげすまされるのがオチ。だからこそ、このふたり用のロッキングチェアが、何気なくマクドナルドにあれば一緒にギッタンバッコンできるじゃないですか。

 「だから何なんのよ」(ギッタン) 「いや、だからさ・・・」(バッコン) 恋はギッタンがあればバッコンがある。上がりもあるし下がりもある。それが楽しいのだ(渦中にいるとそう思わないものだろうが)。

【hmm・・なアドバイス】
 こうしてみてみると、子どもならずとも大人も“揺れるのが好き”。学術的にいうと『眩暈(イリンクス)』、古典的な名作『遊びと人間』でロジェ・カイヨワが、遊びの4要素のうちひとつにあげたのがめまい。それは遊具を揺らし、遊戯に揺らされの感覚。

 つまりこうだ。人は揺れたがる動物であり、この世もそもそも揺れるもの。揺れを楽しめなくなったら糠床(ぬかどこ)の変え時、揺れたくなくなったらもう年貢のおさめ時なのだ。

 だから年度末がワイルドに揺れたとしても、揺れを(ちっときつくても)愉しみ、いずれはおさまるものと達観しましょう。収まるところに収まる。自分の根幹さえ揺れなければいい。そんな気持ちで新年度へ。年度末はこれで以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

リンゴになりました!

Photo 糸人間、52%しか到達しなかった・・・

 そのこゝろは・・・マックを買ったんです!ついに!大それたMacではなくて、ごくふつぅの白いMacBookです。のっけから余談ですが、先週、ビジネスメディア誠の取材で訪れた、デザインともITともかけ離れた本業のある中小企業にはMacProが2台もありました!でっかくて高性能。ほ〜れぼれ。

 今日はMac転向にまつわる話をテーマに。

【hmm・・なアドバイス65.リンゴになりました!】
 まだまだ入力も操作も慣れないけれど(ショートカットがポイント)、本体は2.2kgもあって重いけれど(筐体はいと美し)、まともなオフィスソフトが入っておらず(30日限定試用を使用中)不自由だけれども、所有する喜びは換えがたい。 

Mac開封式という記事にある『抑えきれない愛情がにじみ出る“Mac開封式”の動画』にはビンテージモノの『Apple IIc』を開封する様子が紹介されている。ん〜マニア。そんなビンテージモノじゃなくて、こちらはyoutubeに投稿されたふつぅMacBookProのオタッキィな開梱式MacBookProのオタッキィな開梱式の様子。わたしも似た気持ちを味わった。

【包装に情熱を注ぐApple】
 Appleの商品を初めて買ったのはiPodでした。あのときも「なぜこんなにオシャレな包装なのか!」と驚嘆したけど、MacBookでも裏切られなかった。小さく、スリムで、無駄がなく、スタイリッシュ。家で商品を開けるところから物語は始まる。梱包=“包装”ではなく、梱包=“開梱という夢の儀式”なのである。Appleは商品だけがワクワクの対象ではないことを熟知している。

0330 取説とCD-ROMのコンパクトさ。

 しかも最小限の取扱説明書しかないのもWindowsと根本的に違う。Less is beautifulというのがよくわかる。Appleがカルトで、Windowsがグッズということも言えるが。

【入力でバイスにこだわって】
 ノートPCを買おうと考えて、リンゴにしようと最終的に決めたのはエイヤだったが、こだわりは入力デバイス、つまりキーボードと液晶でした。キーの間隔とかサイズとか深さとかさまざまな要素がありますが、そういう合理性からの評価基準ではなくて、その入力装置で自分が(ちっとは)創造性を持てるだろうか?気持ちいいだろうか?そこにこだわりました。

 たとえばオンライン販売で著名なD社のモバイル。価格対スペックはベストで、液晶もそこそこでかなりお買い得だが、店頭でキーボードに触れてみると、これで文章を打つ自分の姿が想像できなかった。会社で使用する、プリンタで有名なE社のレアモノノートPCも悪くはないが、キーボード全体が沈むのはいかがかと思う(耐久性も低い)。今はR社になった黒い考えるPad、キーボードは世界ベストだが、販売が大陸的になってしまって極め細かさが感じられない。スタイリッシュなSonyは最後まで迷ったが、Windowsから脱皮したくて落とした。

  キーボード好きです。0330_mac

 スペックじゃないところでの差別化とは、入力というクリエイティビティ。WindowsPCでももっとそこにこだわりができるはず。差別化の原点をPCメーカーはまだ見逃している。ソフトとCPUのコストに押されて原価低減やむなしとはいえ・・・。

【Appleロゴにクリエイティビティ宿る?】
 Appleロゴをサブリミナルに見せられると人間は創造的になるらしい。デューク
 大学を中心とした研究によると、被験者にAppleとIBMのロゴをサブリミナル画像
 として見せるという実験を行ったところ、Appleのロゴを見せられた被験者はIBM
 のロゴを見せられた被験者よりも多くのクリエイティヴなアイデアを創出したと言う。

 引用元 http://slashdot.jp/index.pl?issue=20080324

 これはウサギが先かニワトリが先かの問題でもあります。クリエイターが使ってきたのがMacだから、当たり前といえば当たり前です。眉唾でもあるけど、ちゃんとした論文である。でもMacは商品のデザインだけでなく、ソフトウエアの見た目のデザインに精力を注いでいる。フォルダのアイコンにもデフォルトの文字体にも、Windowsにないデザインの“粋”がある。そこで見えない差がついているかもしれない。

【hmm・・・なアドバイス】
 わたしは結局文章打ちなので、すんごいスペックは不要(メモリーは足したいけど)。高価なMacOfficeは買えないので、たぶんiworkを買います(AppleのMSオフィスの互換のソフト)。Jneomanさんから紹介されたオープンソフトのNeoOffice、既存のWord文書もパワポ文書もまともに読み込めないので没です。きっとサラから文書作成ならいいのでしょうが。

 昨日からMacでブログを書いていますが、Windowsとは勝手が違うことも多くてまだまだスピードがあがらない。ずっとWindowsで次もWindowsならソフトもハードもストレスなく使えます。急にリンゴを食べてお腹こわしたくない人にはMac転向をお奨めしません。でもわたしは転向してよかったと思っています。腹痛も一時でしょう。今日は以上です。

0330_getamac  アメリカ人はこういうの好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

アースアワーの夜へ。

 今日は何の日か? Earth Hour(アースアワー)の日です!午後8時から1時間、つまり60分、3600秒、不要な電気を消して、うふふなブログも読むのは止めて、夜空の下、じっとうふふなコトをしましょう!

【hmm・・なアドバイス64.アースアワーの夜へ】
WWF (世界自然保護基金 World Wide Fund for Nature)が主催する環境保護
イベントです。3月29日(土)の午後8時から9時、不要な電気をOFFにすることで
電気の使用量を減らし二酸化炭素の排出量を削減するための取り組みです。

引用元 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000000595.html

Bd82d6afbf431ceec2ea45a417d704bcj_2 60minutes

 ハインツは同社の世界中のオフィスや関連施設と社員の自宅で、午後8時から9時のあいだ、電気を消して「アースアワー」に参加する。ハインツは世界中で33,000人の社員がいるので、家族も合わせると10万人規模の参加になるはずだ。

【アースアワーとは何か?】
 オーストラリア シドニー発のこの地球温暖化防止イベント、2007年3月31日に初めて行われた。推計220万人が消灯し、予想した5%を大幅に上回る10.1%の省エネに成功した。今年はすでに会社は19000社以上、個人28万人近くが登録しているので、さらにを上回る省エネを実施できる。

 Earthhour

 シドニー、パース、懐かしいブリスベン、キャンベラ、メルボルン、アデレードなどオーストラリアの主要都市はもちろん、サンフランシスコ、トロント、バンコク、バンクーバー、さらにアラブ首長国連邦(UAE)のドバイも参加(現在28都市)し、130万人が消灯に参加するという。アラブ諸国では唯一の参加都市になりそうだ。

 Afp_2007_earthhour 昨年のシドニーのハーバーブリッジ

【停電のウエーブが見えるはず】
 各地の8時〜9時に各国が参加するので、地球が自転するにつれて宇宙ステーションから見れば“停電のウエーブ”が見えるはずだ。宇宙飛行士の土井さんは帰還してしまったが、ぜひ確認してもらいたかった。

 この活動でいいことは何か?といえばもちろん電力削減によって、少しでも温暖化を防止することだが、この1時間だけでなく日常的な省エネ活動の意識を上げることがねらい。そこに異論はないはずだが、どうもこの手のイベントや運動となると腰が引けがち。わたしはMyバッグにMy箸を持つが、バッグは時に忘れたり、呑み屋でMy箸はちょっと・・と思ったりする(前に呑み屋で使ったら、相方に“そんなのありか?”という顔をされた)。まだまだ腰が引けています。

 1 わたしも登録しました。

【エコが苦手な日本社会】
 日本の企業の取り組みも腰が引けている。モノの「コーズ・リレイテッド(企業のビジネスを経由して、商品やサービスの一部や全部の売上を慈善団体に寄付する)」が多いのはその表れ。ゴミを拾うコーズ・リレイテッドもありなのに少ない。どこかにまだ「事業活動とエコ活動は相反する」、そういう意識が邪魔をしていて、エコだエコだというのは嫌なのである。だからアースアワーへの企業参加も少ないし、都市参加がない。

 地産地消を推進しようといいつつ、FTA(自由貿易協定)で関税引き下げをやっているのってすごい矛盾でもある。“エコトレード”のためには、関税はもっと上げて地産地消を推進すべきなのかもしれない(ちと乱暴な理屈ではあるけど)。それもこれも、エコに腰が引ける男性社会だからだと思う。

【hmm・・なアドバイス】
 フト思うのですが、「季節を感じることのできる女性」が、企業経営者とか役人とか議員にもっと増えればいいのです。季節感のある人って、自然の変化に敏感だし、季節がら美味しいモノにも敏感。季節に感じる詩もうたうだろう。地球を大切にすることの原点は“季節感”のような気がする。特に日本のような美しい四季があるところならなおさら。季節感とは仕事オンリーの男性の価値観にはない要素です。

 1 これもひとつの愛(明日の話題です)。

 でも今日は堅いこと抜きに電気を止めましょう。代わりにロウソクを点けよう。そして暗闇に似合うことをしよう。それは“”です(うふふ)。相手がいない人は好きな人を夜空に想って。人を愛することは地球を愛すること。今日はアースアワーの暗闇へ投げキッスを捧げて。

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年3月28日 (金)

経営情報誌『Globis.jp』への転載

 ビジネスパースンに贈る経営情報誌『Globis.jp』への転載も始まりました。

Logo

“うふふ”マーケティング 『まだまだ修行不足、“女を知る”は難しい』

 内容はビジネスメディア誠と同じです。誠とGlobis、記事の交換掲載を始めたのですが、その一部になりました。グロービスにはマーケティングの大家が執筆されているので、並べられると恥ずかしいやら穴に入りたいやら・・・。
 読み比べないでください!何ていってもこっちは“hmm・・”や“うふふ”、いわば食玩のごとく“食べられない食べ物”をめざしてます!(すでに意味不明_笑)。Globis.jpもブックマーク、よろしくお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボウズとカシラのコラボレーション

 いよいよ春めいてきました。風もおさまり、花粉もおさまり、オモテに出るのが楽しい春。春といえばファッション、帽子も防寒着からファッションへ!

 今日は帽子好きのわたしが気になったボウズとカシラのコラボレーション。オーディオのBOSEと、帽子を“ヘッドアパレル”と呼ぶCA4LA(カシラ)のコラボをテーマに。

Chn11_rpt1523_01  

【hmm・・なアドバイス63.ボウズとカシラのコラボレーション】
 1 年間という期間限定で始動したプロジェクトの第1弾、SS COLLECTIONでは、
 「Phon」と「BLACK」の2ラインをラインナップ。ファションと音楽は身近な関係と
 言われながら、帽子を被った時にヘッドフォンやイヤフォンを使うと、見た目が
 しっくりしない、音楽が聞きにくいなど、正直使い勝手が悪いところがあった。

 引用元 http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_1523/

Chn11_rpt1523_03 耳、音に開く。

 『Phon』は耳フラップを付けたり、頭部にヘッドフォンを固定するパーツ、コードを収納するポケットを付けて、BOSEと帽子を一体のデザインにする。若い女性、男性のためのニットキャップで¥6,825。

【BLACKもいい】
 もうひとつのライン『BLACK』は、BOSEのブランドカラーである黒をモチーフにデザイン。ヘッドフォンをイメージしたアクセサリー付きもポイント。4タイプ各¥5,250で、どっちもBOSEのヘッドフォンよりかな~り安い(セットでお安くなりますか?)。

Chn11_rpt1523_04 Cimg0533thumb
 BOSE logo入り             右の写真はTokyotimezより

 『TOKYOTIMEZ』のクリエイティブ・デザイナーの安友麻躬さんのブログ(このデザイン・コラボレーションの仕掛け人?)にこうある。

他分野でのコラボによって広がる価値観。
そして新しい文化や行動。
そんな きっかけを創り現実に味わってもらい、記憶に残るモノになる事。

 BOSEとCA4LAの文化のぶつかりあい。まさにこれが感性型マーケティングのひとつのありかたである。発売は08年4月下旬頃からとされる。

【帽子屋の夢】
 CA4LAはオリジナルデザインの帽子屋さん。帽子を“ヘッドアパレル”にまで地位を向上させようと、創業者のウィーブトシこと吉澤利男さんが、アメヨコで帽子を売り始めたのが20年前、今では国内外19店帽子ショップで展開する。ブログもおもしろい

帽子デザイナー山之井美穂さんにうかがったことがあるが、90年代は帽子不況で、帽子屋がバタバタと倒れた。帽子人口も減り、生産はほぼ中国へ移った。帽子屋にはきつい時代だった。だから過去10年くらいずっと、「帽子好きを増やす」という活動が帽子屋の意識だった。吉澤さんが帽子を“ヘッドアパレル”と呼ぶのも、「アパレルの主役になるぞ!」という心粋だろう。

【hmm・・なアドバイス】
 CA4LAでは、これまでアンディ・ウォーホルを始めアディダスやプーマ、バンダイやボルサリーノ、そしてスワロフスキー、工藤探偵事務所まで、さまざまなコラボレーションをしてきた。それらはデザインやキャラクターの合体である。 

Ca4la00 これは買いたい。

 今回のBOSEとのコラボのおもしろさは「デザインだけでない」ところ。BOSEもCA4LAも、人のアタマという同じ舞台で、それぞれデザインや機能を競ってきた。片方は音で、片方はファッションで。同じ舞台で別々に極めてきたモノ同士のコラボレーション、こういうぶつかりあいが、普通のデザインコラボとは異質の迫力を生んでいる。そんな異質の組み合わせ、他に何がありそうか。

 ・眼鏡やサングラスと帽子のコラボ(できそう&ありそう)
 ・イヤリングとイヤホンのコラボ(重いと福耳になる)
 ・指輪とネイルアートのコラボ(ホビットはすでにやっているだろうか?)
 ・チョーカーとシップ薬のコラボ(ホカロンでもいい)
 ・マスクとゴーグルのコラボ(花粉症へ捧ぐ品―曇らない、咳き込まない)

A998a68e Dasubr_2  
 ユダヤのもみあげとイヤホンのコラボ マスクとゴーグルとヘルメットのコラボ
 (金曜ですので、ふざけはお許しをば)
  

【hmm・・な食玩コラボ】
 『リプトン×ピエール・エルメの食玩マカロン』もコラボです。

Pict0379 写真下手ですみません。 

 このせいでリプトンばかり飲んでいます(笑)。2つは人にあげちゃいましたが、さらに2つゲットしてます。貯まったらayanologにささげにゆきます!今日は以上です。

 Cherryさんからさっそくコメントが飛んできた!彼女がCA4LA好きとは・・・知りませんでした!
 200712_31_25_d0081025_8493242
 しかし・・・生茶パンダといいリプトンといい・・・君もやるねぇ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2008年3月27日 (木)

まだまだ修行不足、“女を知る”は難しい

 今日はビジネスメディア誠での連載“うふふ”マーケティングへのリードです。

まだまだ修行不足、“女を知る”は難しい
「マーケティングとは女性を知ること」――筆者のモットーだが、ある女性に 
これを打ち砕かれた。「同じ洋服を買うときでも、180度違う目的で買うのよ」
という彼女のセリフにひそむ、マーケティングのヒントとは?

 

 エッセイに登場する同僚のMayuさんは仮名ですが、実在の人物。頭脳明晰で、突破力が高くて、企画やら仕事やらブログネタやら、いろいろな点でお世話になっています。謝々。

 さて、マーケティングとは最終的には「いかに売るか」に尽きるのですが、売るためにはお客さまとの関係づくりがしっかりしていくわけです。関係づくりの起点、どこに置くかでマーケティングはかなり違ってくる。起点は2つあると思う。

【モノの流行や都会という状況からのマーケティング】

 ひとつは“状況から考えるマーケティング”。

 状況とは都会の変化やトレンドや世相を読みこみ、ニーズの変化や競合の出方へ敏感に対応し、お客様の不満足を減少させ、時代を一歩先んじようというアプローチです。たいていのマス・マーケティングはこのアプローチです。

 「マーケティングとは変化に対応すること」でもありますので間違ってはいません。ですが、今回の誠のエッセイにも書きましたが、顧客をターゲティングし(標的とする)、セグメントし(細かく分割する)、ポジショニングする(差別化を図る)やり方がどうも通用しなくなってきています。とくにセグメンテーション顧客細分化というのは、これまで収入や購買履歴や購買頻度で消費者を区分けする、かなり荒っぽいやり方でした。

 荒っぽいから当たらない。当たらないなら、ネットと統計技法を用いて即時的にレスポンスしよう。それが昨今流行している“行動ターゲティング”です。サーチエンジンやウエブ店舗での検索履歴から商品のレコメンデーションをするあれですが、機械的に関心をもってもらえそうな商品を提示することができるので、採用が増えています。

 ただ・・・これは売り手との関係が希薄なのが気になります。ネットサーフィンの足跡に自動でレスするだけですから。マス・マーケティングのひとつの進化形でありますが・・・。

【お客さまの関心の本質からのマーケティング】

 もうひとつは“本質から考えるマーケティング”。

 人と商品の関係をじっと見つめて、ありたい姿や心の満足を増やし、感じるポイントを探ろうというアプローチ。こちらは時代を読むというよりも、モノとヒトとの本質的な関係を見つめて、あなたが欲しいのはこれでしょ?と作り手が提供するものです。「そうなのよ!なぜわかったの?」という声が返ってくれば、買い手と売り手は一生の付き合いになる。

 作り手は何か新しいモノをゼロから作るというよりも、積み重ねてきた技術や商品やサービスを“アーカイブ”として引き出しにもっていて、お客さんの心をさぐって、「これですか?」と新しい組み合わせで再編集して提供します。

 たとえばソフトバンクの漆塗り”や“友禅”の携帯電話、20色展開の『Pantone』携帯電話がひとつの例です。伝統の技巧と現代の精密装置のマジカルな出会い。多彩な色の好みの心理と精密装置の微妙なミクスチャ。こういうテイストのモノを欲しがる人が増えてきた

56_px250 修行してみたい女性と友禅携帯。
 出典 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080129/1006574/?P=7

 このブログを書いてきて、これまで400~500品目ぐらいの商品やサービスやブランドを取り上げてきました。振り返ってみれば、わたしがグっときて取り上げる商品は、いわゆるマーケティングプロセスを経たものよりも、こっちのアプローチで考えられたものが多いのです。

【わたしのマーケティング定義】
 そんなわたしですから、いわゆる世の中のマーケティングの定義とわたしの思うそれとは違います。「このブログではマーケティングの勉強ができない」と言われる由縁です(笑)。

インフルエンサー・マーケティングの本田哲也氏のマーケティングの定義はこうでした。「生みだされたものをうまく伝え、手にしてもらい、消費してもらうための繰り返し作業」。かなりわたしの思いに近い。それを、ちょいと変えさせていただきますと。

 「お客さまと作り手が感じあえる“場”や“プロセス”を創りあげ、生みだされたモノを購入し、使い続けてもらうための繰り返し作業

 セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングというアプローチが決して廃れたわけではないのです。だが成熟市場ニッポンで通用しにくくなっている。なぜならわたしたちは感性型消費社会への過渡期にあるからでしょう。

 わたしの定義が正しいかどうか、それを仕事や執筆を通じて確かめてゆくのがわたしのライフワークです。今日はかな~りマジメになりまして、すみません。明日はまたいつものおちゃらけです。以上であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

デスクレイアウトが生みだす“ひらめきの力学”

 発想について古今東西、さまざまな見解が述べられてきた。カードやノートなどの文具、思考法や発想法、“馬上・枕上・厠上”のようなひらめきの場。人それぞれだろうが、なんといってもひらめきや思考で一番お世話になるのは“”である。

 先日おもしろい机のレイアウトができるデザインを見つけて、"ひらめきって机のレイアウトで違うんだ”をテーマに。

【hmm・・なアドバイス62.デスクレイアウトが生みだす“ひらめきの力学”】
 これはイスラエル人デザイナーitay ohaly氏の手によるデスク。ネーミングが『Sheeps』なのはあちこちに人が群れるという意味だろう。

Oh2

 外枠のテーブルの中に4つの小テーブルのセット。さまざまな組み合わせができる“デスクの集合体”。思い思いに、その場その場の目的で、自在にかたちを変えることができる。

Oh3 Oh4

 このデスク、大工の経験もあるこのデザイナーらしく手作りの味わいもある。群れれば一緒になれるし、個々の作業に入れるときは机だけエイやと持って行ける。高さが28cmなので家庭用途だが、こんなかたちと機能を持つ椅子の高さのデスクができれば、オフィスのミーティングルームにもいいと思う。

【Cakeの一片を切りとったり、くっつけたり】
 もうひとつはチェコ人デザイナーのDesign Brothersの『cake table』と名づけられた円形にも“?形”にもなる机。これもレイアウト次第で集合作業と個人作業を平行させたり、群れと個人を同時に作ることもできる。

Cake_knihovna01 Cake_knihovna02

 Sheepsもcakeも、集合でのコミュニケーションも大切し、個人の作業も大切にすることから発想されている。レイアウトを自在にできることで、あるときはコミュニケーションを促進し、あるときは抑える。それが集団知のひらめきをもたらす。

 それに比べると日本のオフィスのレイアウトは何を大切にしているのか?ときどき疑問に思う。「フリーアドレス」といってもホンネは場所の節約が目的で、音や視界に対する配慮も少なく、創造性に配慮もしていない。デスクレイアウト=何を大切にするか?それが大切なメッセージだと思う。

【発想の転換は“ピボットターン”で】
 集合知は動的レイアウト、一方自宅の机は"ピボットターン”がいい。それは“L字型レイアウト”である。

Kokuyo_piex_20050317_01 Kokuyo_piex_20050317_02

 これはコクヨの『Piex』で、賢いのはL字型の部分の柱が邪魔にならないように、脚部をピボットターンのように動かせるところ。さすがはコクヨです。この机は欲しいと思いました。

 だがL字型でピボットターンをするのは、むしろ“人”である。敬愛する写真家の吉村和敏さんもデスクはL字型らしい。彼のブログを読むと、正面と斜め前にパソコンを置き、横の机には抱えている仕事をどっさり置いておくという。前に向いて写真や原稿、横を向いて次の仕事をエイさ!と前に持ってくるのだろうか。

 仕事だけでなく、吉村さんの机にはひとつ、発想の切替えの素がある。それは“地図”。地図をいつも机の上に置いているという。仕事に飽きたら、まだ行っていないところを地図で想像して、発想をピボットターンするというわけです。な~るほど。

【hmm・・なアドバイス】
 会社の机ではなかなか自由にならないでしょうから、せめて個人の机でピボットターンを! え?スペースもないって?ひとつノーベルなアイデアを発見しました。それは押入の活用!

Pict0378 雑誌の写真なのでピンぼけ。 

 雑誌『リンカラン』にあった"私の小さなリノベーション”特集から。押入のスペースをうま~く使ってL字型のデスクレイアウトにしちゃうわけです。これは気に入りました。押入は奥行きもあるので、でっかい世界地図も広げられます。押入から世界へ!今日は以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

今こそ、自転車都市宣言を!

 同僚のCherryさんは自転車を買ってルンルンしている。ちょこっと遠出もしたらしい。彼女はモノ感度が高いので、このサイクルバッグがクールだとか、あのLEDランプが素敵だとか、いくつもURL提案が飛んでくる。 ・・・と思いきや、そのLEDランプ(写真下方の青い『knog』)、もらっちゃった!嬉し!(このLED、かなり優れています)。

Pict0372  この彼女が買ったカギ、かなり良いモノ。

 ちょうど今日は3人乗りの自転車の話題をとりあげようかと思っていました。タイミングばっちし。

【hmm・・・なアドバイス61.今こそ、自転車都市宣言を!】
 警察庁は「交通の方法に関する教則」を約30年ぶりに改正するにあたって、
 自転車については、補助椅子を使ったとしても3人乗りは「できない」などと
 明文化する方針だ。違反した場合は「2万円以下の罰金または科料」に
 するという。早ければ08年春に、遅くても08年6月19日までに実施される計画だ。

 引用元 http://www.j-cast.com/2008/02/28017249.html

Sty0802260845001n1  サンケイWebより。

 子どもを2人持つ奧さんからは猛反発の嵐。「どうやって「保育園に連れていくの?」「買い物の際、家に子どもを置いて何かあったらどうしてくれるの!」「ひとりっ子政策ってわけ?」。恐れをなしたのか、今度は条件付きで容認をするかもしれないそうです。へぇ!警察庁というところは、民の声を聞いてくれるところだったんだ!意外な嬉しさ半分、腰くだけだなぁ半分以上。正直、実態を無視した法改正の無思慮にも驚いたが、その弱腰政治家ブリにも驚きました

【大岡裁きとはほど遠い】
 警察庁は容認する代わりに、安全な三人乗り自転車の開発を自転車業界に要請した。特定NPO法人の自転車活用推進研究会が推奨するのはこの自転車。デンマーク・ニポラ社製で子供を前輪部に乗せられるものだ。わたしはこれはいいと思うが・・・

Sty0803140745000p2 犬も猫もフェレットも乗せられそう。

 日本の道交法で定める普通自転車の基準は、長さ190cm、幅60cm以下であり、ニポラ社の自転車は203cm、85cmとわずかに超過してしまい、歩道を走ることはできない。これなら揺れないで走れるので、普通の自転車よりよほどまっすぐ走れるので、幅はオマケ出来る。長さだってたったの13cmだ。法律を改正すればいいことだ

5416bcfb

 だが上図の左のドクター中松の自転車(?)は笑止千万である。ベロタクシーの改造版ということで、全長2.8mもある。これは歩道も車道もムリだ。こんなものがたくさん走る方がよほどアブナイ。
 Photo 安定してそうだし、現実解。

丸石自転車で開発中の3人乗り自転車はさすがにうまい(上右)。しかし自転車業界に課題を押しつけるだけはムリです。道路こそ元凶である。猛省せよ、警察庁だけでなく、道路に関連する国土交通省も、都道府県も市町村も。

【行政に顧客視点、ありますか?】  
 あいまいな歩車道区分、歩道に自転車のマークを描いたり、自転車と歩行者部分を色分けをしただけで“自転車道”としてきた行政にこそ責任がある。昨今は減ってきた歩道橋に代表されるように、自動車を優先し、歩行者や自転車を軽視した戦後の都市開発のゆがみである。

 余談だが、外された歩道橋の“捨て場”を江東区の廃棄物処分場で見かけたと聞いたことがある。付け替えもあるのだろうが、すごいムダ。高齢化社会にやさしくない歩道橋、もういらない。どうしてこうも(日本の)行政は顧客視点がないのだろうか?

【世界11都市の自転車優遇シティに住みたい!】

 以前にもちょいと書いたが、米国カリフォルニア州Davis(デービス)市は「A Platinum Bike City」宣言をして、自転車通学・通勤・移動を推進してきた。Bike Law(法律)、ライセンス、地図情報、中古リサイクル・・・など自転車促進のすべてが整備されている。今回ネットを探ると、そのDavis市は『11 most bicycle friendly cities in the world』の第5位なのである。
 5daviscity

 その11都市(欧州7、アメリカ4)の基準は次の通り。
  
5es1
 ・開発:コミュニティの駐輪場、自転車レーン、信号、歩車道との一体性
 ・教育:自転車乗り、自動車乗りの双方への教育プログラム(地図を含む)
 ・奨励:自転車イベントやキャンペーンの実施
 ・施行:自転車利用を促進し、自動車運転者と安全な通行ができる法律の施行
 ・評価と改善:現在のプログラムの実行とその改善をする仕組みがあること

 道路開発、教育、その奨励、法律、そして継続的な改善。漏れなくダブり無く、さすが自転車先進国は違う。このリストに中国はもちろんアジアはひとつもないのは仕方ない。

【hmm・・なアドバイス】
 町おこしのために自転車をつかおう!自転車都市宣言をして、自転車を優遇する町をつくろう。世論が盛り上がったのを好機ととらえて、盛岡在住の作家の齋藤純さんが言う「脱クルマ社会ではなく減クルマ社会」を宣言する都市が現れてもいいと思う。たとえばこうです。

・自転車専用道の整備はもちろん、駐輪スペースを豊富に設置。
・耐久レースやロードレースなどオフィシャルな競技の招致。
・老若男女、誰でも参加可の"ゆるい競技”の開催(ママチャリ選手権など)。
・自転車産業の誘致(自転車乗りは結構お金を使うので、外国企業もいい)。
・町内の郵便と宅配便は自転車輸送に徹する。
・宅配ピザ・バイクは絶滅させる(あのピーキーなバイク音、大嫌い)
 

そんな町に住みたい。先進住宅地として住民も増えるのは間違いない。今日は自転車グッズ、Cherryさんにありがとう!で以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

レモンバームに鼻の通貫を求めて

 昨日は良くなったと思った花粉症。今日になってまたひどくなった。もう・・・今日のブログは自分のために書きます。いつも自分のためじゃないか?と言われるかもしれないけれど、ある意味で、世のため人のためでもあるんです。でも周囲からいつも白けた視線を感じます。

 自分へのギフトテーマはレモンバーム原材料のサプリメント。これが睡眠障害に効き、ストレス抑制にも効くという。副次的には花粉症にも効きそう。すぐにでも欲しい!今日は自分の鼻にささげます!

【hmm・・・なアドバイス60.レモンバームに鼻の通貫を求めて。】
 兼松株式会社は、NATREX社(フランス アビニヨン市)からレモンバーム
 より抽出した素材Cyracos(シラコス)を輸入し、日本市場で初めて同素材を
 紹介していくことになりました。

 引用元 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=184954&lindID=4

0184954_01

 フランスの中でも、ロワール川流域のアンジュー地方というエリアで栽培されたレモンバームを原料を錠剤にしたサプリメントである。そのレモンバームから抽出した原料をシラコスと呼んでいるそうです。調べてみると米国では商品化例がありますが(それは一部個人輸入もされている)、国内では初めて。

 シラコスの効能は「不安兆候」「随伴症状」「不眠症」の3つの兆候をおさえるとされ、臨床試験でもかなり明確な結果が表れている。

Photo

 商品名は『ウェルネスレモンバーム』。発売は08年3月25日から。60粒入りで定価5,040円(一粒レモンバーム30枚分)。

【最大の効能は不眠症撃退!】
 効能の注目は不眠症日本大学の内山教授のリポートによると、不眠症による経済損失は年間3兆4,693億円とされる(作業効率の低下率×年収と、欠勤・遅刻・早退の経済損失の合計)。呑みすぎで眠いとか、原因のはっきりしている場合はともかく、ストレスや花粉症(今のわたしです)による不眠症は損失以外の何ものでもない。

 もともとわたしはサプリメントはあまり好まない。自然治癒に頼る方だ。経年変化を遅らせるために運動をしたり顔にクリームぐらいは塗るが、基本は自然体。だがすっきり眠れるなら・・・と思ってしまう。

【だが花粉症にも効く!】
 さらに花粉症にはレモンバームがいいという。レモンバームとはシソ科のハーブ。All aboutの記事によれば、シソ科のレモンバームにも抗アレルギーの高い効果が学術的に確認されたという。

 花粉症に注目されるレモンバーム:レモンバームのロズマリン酸というポリフェノール
 化合物が、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの過剰分泌を抑える働きがあり、
 鼻づまりなど不快な症状を緩和するのです。

Lemoba2  レモンバームtea(出典同じ)

 レモンバーム・ティーの淹れかたが紹介されています。『レモンバームの葉3枚をポットに入れ、熱湯を注ぎ2~3分置く。ティーカップに、レモン1/2個分の果汁を注ぎ、レモンバームティー、ハチミツを加えていただきます』 かんたんだ。

 レモンは加えずストレートもいいし、鼻がすっとするミントをブレンドしてもいいそうです。やってみようと・・・思ったら、近所のスーパーではレモンバーム無し!ああ!シソと思えば自生しているようなハーブなのに。いっそ会社のデスクで植えますか。

【hmm・・なアドバイス】
 前にコエンザイムQ10についてまとめたことがある(拙共著『顧客視点の成長シナリオ』)。そこにQ10の普及の教訓がある。サプリメントの流行づくりは、かならずしも着手した会社がトップを握るとは限らない。二番手でも三番手でも漁夫の利はある。

 まずネーミングの問題がある。兼松は“シラコス”というネーミングを避けたが、サプリメントの原材料の名前が浸透するまでに時間もかかるのだ。さらにパッケージと効能イメージが一致しているか、プライシングと症状改善の摂取期間のバランスが取れているか、商品販売チャネル(通販や店販業態)が適切か、陳列と売り方がマッチするか・・・ヒットの影にはいろいろな要素がある。これらが“(鼻)づまりなく一気通貫”でないとダメなのである。ああ・・・わたしはもう少しだ。今日もつらいので以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2008年3月23日 (日)

椅子と人の間にあるものは―吉岡徳仁氏のブーケチェア

 今日は良い天気に恵まれました(でも明日から崩れますね♪)。桜も芽吹き、緑が冴え、ようやくわたしの花粉症も峠を越した?花粉症は今年からですが、ひどかった。こんなにつらく、思考も鈍り、ネタ獲得力も落ち、体力も落ちるものだとは知りませんでした。

 でも新しい相棒(ノートPC)も入手して、今週からは気分一新。華やぐ気分そのまま、花の話題を!

【hmm・・なアドバイス59.椅子と人の間にあるものは―吉岡徳仁氏のブーケチェア】
 MOROSOより発表される花束のような椅子"Bouquet(ブーケ)" です。
 引用元 http://www.tokujin.com/

826e3347e6cdc6e353eec6ddb48bccfc_13 椅子です!

 あらら花束の椅子!2008年4月16日から始まるミラノの家具見本市『ミラノサローネ』で、デザイナーの吉岡徳仁さんMOROSO(イタリアのソファメーカー)から発表する作品。MOROSOのウエブサイトには次のような説明がある。

 The Bouquet "blossoms" from a thin stem of chrome metal from which
 impeccable white or delicately-coloured petals bloom. They are composed
 of fabric squares sewn one by one with meticulous care and infinite
  patience to fully cover the inside of a snug, curving, egg-shaped shell.

  「クロームメタルの細い茎に、白や色とりどりの花びらを彩ったブーケチェア。
 織物片の花はひとつひとつ細心の注意をはらって根気よく縫われ、卵形に
 カーブした座面をすっぽりと覆います

Tokn1 いろんな色がありそうです。

 わたしの訳も下手ですが、説明文からだけではわからない。実際に座ってみないと、蝶よ花よの気分になれるかどうかわからない。だが吉岡徳仁さんの椅子と素材へのこだわりは並ではない

【ガラスの椅子とポリカーボネイトの椅子】
 03年に発表した『雨に消える椅子』は六本木ヒルズにあるストリートファニチァー

Amenikie

 「ノグチ・イサムが100年後に生きていたら、一体何を作るのだろう」吉岡さんはそう自問しつつこの椅子のデザインした。 偉大な彫刻家ノグチ・イサムの作品は“環境彫刻”とも言われ、環境そのものを創りあげる作家だった。彼へのオマージュが“雨の日に消える椅子”。椅子全体がガラスの塊で作られており、雨が降ると透明さゆえに風景の中に埋没する。このストリートファニチァーは売り物ではないが、透明樹脂のポリカーボネイトの椅子『Kiss me goodbye』は販売していた(約5万円、04年のミラノサローネ出品)。

Photo  driadeから発売されていた。

 どちらの椅子も少し遠くから見ると、座る人がまるで中に浮いているように見える(らしい)。座ると環境の中に同化していく気分になる―それがメッセージだろう。

【食べちゃいたくなる椅子】 
 さらに06年のミラノサローネでは『パンの椅子』を発表した。インテリアやデザインを中心に活躍されるライターのreikoyamamotoさんのブログから引用。

 「Pane(パーネ)」とはイタリア語で、食べ物の「パン」を意味する。スポンジのような
 見た目だが、近づくとビーフンのように白くて艶のある、細い繊維が無数に絡まって
 できたようである。
 

060414yoshioka_pane0032jpg 060414yoshioka_pane04

美味しそうな椅子!その形状や座った感触だけでなく、おもしろいのは製造工程で、まさに「椅子を調理して制作」された。繊維のかたまりを布で包んでかたちにして、ボール紙の型に押し込んで104度の窯に入れる。するとその型に合わせて繊維が形状記憶するようにかたまるそうだ。“座り食べ心地”とはいったいどんな気分なのか?

【hmm・・なアドバイス】
 吉岡さんはauデザインプロジェクトの『MEDIA SKIN』もデザインした。あの携帯を触ったことのある人はわかるが、微妙な素材感触が特徴だった。

Si_ms03 コアなファンがいます。

 結局彼は、“プロダクトと人の間にあるもの”を問い続けてきた。椅子に言い換えれば「椅子と座る人の間にあるものは何か?」。“お尻!”は正解だけれども、ちょっとだけ本質を考えよう。

 彼はいかに座らせるかという機能から椅子をデザインするのではなく、座る人がどんな気持ちになるか、そこからスタートする。花の椅子に座ると、きっと華やいでスターダムに登る気分になる。透明な椅子だと環境と一体になる錯覚をおぼえる。パンの椅子に座ると、きっとお腹がぐぅ~っと鳴るのだろう。椅子とは座ると「ホッとする」「落ち着く」「考える」「やる気になる」・・・人の気持ちを動かすもの、商品開発とは“気持ちから”なのである。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月22日 (土)

SimpleでFeel goodな靴

 「今日yuki嬢がかわいい靴を履いていました。すべて天然素材でできた、エコスニーカーらしいです。ホームページをみたら、郷さんにも観ていただきたくなったので転送します」そんなメールが同僚のTomoyoさんから飛んできた。その靴がこれです

Main_02 ざっくり感がいい。

 ふ~ん、『グリーン・トゥ/green toe』ね。すべてエコ素材って何だろう?と思ってサイトを読むと、メイドイン「オーガニック・コットン」「竹繊維」「ジュート(麻)」「天然ゴム」そして「水溶性のノリ」。そんなんで靴ができるんだ!と思って今日はSimpleの靴をテーマに。

【hmm・・なアドバイス58.SimpleでFeel goodな靴】
 このToe Stirという女性用のサンダルモデルもかわいい。麻と竹のライニング、廃タイヤのアウトソール、水溶性のノリ、さらにボタンはココナッツ製。定価12,600円です。さっきのやつも一緒のお値段。

Main_01

 他の靴も自然素材満点で作られている。さっき挙げた以外では、ペットボトル、クレープラバー、さらにコルク。どんな会社なのか?

Simple_shoes01

【ひとりの天才がこの会社を起こした】
こんにちは!イカした小さなシューズカンパニーSimpleはカルフォルニア・
サンタバーバラ市で生まれました。質素でリラックスしたライフスタイルを
送りながら、「リキまない、やり過ぎないシンプルなシューズ」を作っています。
分かりやすく言うと「Feel Good = イイ感じ」であることを大事にしています。

 出典: http://www.goldwin.co.jp/simple/history/index.html

 創業者はEric Meyerさん。1991年頃、運動選手の履くスニーカーやキドった靴しかななかった。彼は「オレは走るわけじゃないし、キドりたいわけじゃない」と自分が履きたい靴を作ろうとリサイクルショップでスウェード素材などを買って作った。それがイケそうかどうか確かめるため、愛車の2台のVWカルマンギアを売り飛ばし、サンプルを発注した。サンプルをトレードショーに持ち込んで売り込みをはかった。目をつけたのがDeckers(当時サンダルなどのメーカー)だった。

1991_02a 1994_01a
 O.S.Sneaker          Clog

 Deckersの資本で、2つ目の商品として販売を開始した『O.S.Sneaker(Original Sneakerの略だがOld School Sneakerとも揶揄される)』がスケートボーダーに大ウケし、一夜にして大ブランドになった。この商品はいまだに発売されている。続く94年に大ヒットになったのは『Clog』。サンダルともスニーカーともつかない奇抜なデザイン、その当時も大ヒットしたが、最近のいわゆる“クロッグサンダルブーム”の原点である。まさにEric Meyerさんは靴づくりの天才。

 Eric Meyerさんはその後会社を去り、別のデザイン会社を設立しているが、Simpleはずっと“Feel Good”をテーマにエコにも足にもやさしい靴を出している。

【なんとDIYの靴もある】
 Simpleには“Do it yourselfの靴”もある。ふにゃっとしているのが良い感じ。靴のパーツセットを買い、手縫いで組み立てることができるのである。ウェブサイトにはかなり詳しい縫い方(動画 約6分30秒)がある。これならたぶん間違わないで縫えるだろう。男女とも65ドル(日本では未発売のようだ)。
 Diy_shoe

【Tyler WarrenモデルもCool!】
 おまけは07年発売のサンダル。Tyler Warrenさんというサーファー兼アーチストのモデル。彼は「ラグナビーチの若手ロングボーダー」(カリフォルニア州)。ラグナビーチは芸術家のたまり場で、わたしはよくドライブしたので懐かしくなった。

62

【hmm・・なアドバイス】
 わたしは80年代まで、ずっと赤や黒のコンバースのスニーカーを履いていた。当時はあれくらいしか、カジュアルでカッコよいスニーカーがなかった。90年代になって、ハイテク・ハイプライス・スニーカーブームが訪れた。デザインもカラーも素材も豊富になった。だが用途やイメージはエクササイズ、ランニング、ウォーキングなど、やはりスポーツ色が強かった。

 しかもその大半は、アジアのスウェット・ショップ(非近代的な工場)で、低賃金労働で作られてきた。もちろんエコでも何でもない素材も使った。Simpleはそんなブランドとは違い「自分の履きたい靴」「気持ち良い靴」「地球にやさしい靴」というテーマで、リキまずゆるくやってきた。yukiさんのイメージと重なった。Feel goodな靴を紹介してくれてありがとう。今日は以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月21日 (金)

遊び心と緑と光を壁に!

 年度末ですね。新入や異動シーズンたけなわである。異動や入社に伴ってアタフタと引っ越しする人も多い。そうそう、同僚のYukaさんは「引っ越してひと部屋分増えました~♪」と話していた。なんてうらやまし。

 ひと部屋増えれば壁が増える。壁が増えれば飾り付けがしたい。引っ越しせずとも、殺風景な壁を持つ人や、仕事や学業に越えがたい心の壁を抱える人もいる。そんな方々に、今日は遊び心と緑と光の壁をテーマに!

【hmm・・・なアドバイス57.遊び心と緑と光を壁に!】
 まずCherryさんから教えてもらった部屋から夢が広がるウォール・ステッカー

ウォールステッカーは壁や窓・インテリアに貼ることができます。キレイに
剥がせる特殊なビニール製のため安心して貼ることができます。ウォール
ステッカーは貼るだけで壁や窓がおしゃれに変身するヨーロッパでは人気
のアイテムです。

 引用元 http://labonbo.com/?pid=5709188

Room2 5696969_o1  
 ステッカーはどれですか?(間違い探し♪)    これがステッカー(他にもあり)。

 インテリアの壁のデコレーションといえばポスターやカレンダーが相場だが、こんなステッカーを貼ると遊び心がくすぐられる。マントルピースのステッカーを囲むように、テーブルや椅子などの家具を置くと、ぐっと部屋はにぎやかになる。ステッカーをうまく貼るやり方もサイトに説明あり。レ・ザンヴァジォンエフェメール製、サイズは93cm×84cm、12,534円。

Communiqueprintemps こんなデザインの椅子に座りたい。

 この椅子のステッカーサイズはタテ99cm、ヨコ41cmとほんとうに座れる椅子サイズである。(約9,000円~12,000円)。他のデザインで中サイズ(30cm×20cmなど、約3,500円~4,500円)、小サイズ(10cm×10cmなど、約1,000円~1,200円)もあり、単独であるいは組み合わせでデコレーションするのが楽しい。詳細はこちらへ。

【もっと壁にもを!】
 ステッカーを貼るなんて人工的なことをしたくないよ!そんなナチュラル派にお薦めの壁デコレーションがこれ。壁を本物の緑で装飾できる。

37085 この雰囲気好きです。

 杉の木で作られたウォールマウントボックスには、トップに水を入れるタンク、ボトムにやりすぎの水をためるがあり、植物を植え込むヨコ4列、タテ9列の「プラントグリッド」があるので、お好きな植物を植えられる。緑や花だけでなく、唐辛子やカイワレなど収穫できる植物は一石二鳥、食用ハーブなら香りもついて三鳥。米国のGardener's Supplyの製品、1セット189ドル。 

37085_b  ポストですか?

【もっと壁に光を!】
 壁に照明をつけたいという人にはこのブライトなアイデアのステッカーがある。
 tall & tiny are two vinyl stickers in the shape of a table lamp and a
 standard lamp, each comes with a hook to hold the lightsource / bulb.

  引用元 http://www.designboom.com/weblog/index.php
 「のっぽとチビのビニールステッカーは、床置き型のランプとテーブル型
 ランプ。どちらもフックで壁にランプつけて、ほら!壁ランプの登場!

Tall  Tiny 何やら影が。

 これもビニールステッカーだが、光れば透明に見える“リアルな光源”をセットしているところがマントルピースとは違う。白いソケット、白いランプをぱぁっと照らせば、ほんとうにランプがあるような錯覚に陥るのが見事。イタリア人デザイナーalice rosignoliさんのデザイン。欧州向けに106ユーロ、それ以外の地域向けに108ユーロで販売中。

Hook これがカラクリ。

【壁の夢】
 わたしなら壁ランプステッカーと椅子ステッカーの組み合わせをする。ソバにまだ読んでいない本をど~んと積んでおく。座れないから、読書灯の下で立ちんぼして“積ん読本”をパラパラめくる。フト発見がある。そんな感じがいい。

ハリポタはどうだろうか。見た目は何もない壁。だがそこでハリー・ポッターの“透明マントで隠れる術”ができる。怒られた子ども、喧嘩して負けた夫が、さっと壁に同化して隠れるのである。そんな“塗り壁”があったらいいですよね。 

【hmm・・・なアドバイス】
 借家はもちろん、持ち家であっても、あんがい苦労するのが壁の加工である。戸建ても集合住宅も、日本の家屋の壁は、どうも自分で穴をあけたり、色を塗ったり、壁紙を貼ったりすることを前提としていない。仕上がっている。どこに釘やネジの受け側を打ち込めるのかわかりにくい。

壁を自分の好みにデザインにするという感覚が薄い。これはもったいないことである。住まいからしてオリジナリティを追求しようという感覚が薄いんですよ。壁だって自己表現の重要な要素なのに、デザイン感覚が養われようがない。加工をすることが前提の壁素材の家、もっとあってもよいと思う。今日は以上です。

※『SAKURAの春』 2008年正月掲載分を別サイトにまとめてアップしました。右サイドバーの
見出しからリンクされています。読みそこなった人はボチボチお読みください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月20日 (木)

愛のお弁当メモリー

 お弁当派が増えてきた。お弁当といってもソト弁ではなくウチ弁です。ソト弁とはコンビニやお弁当屋で買う弁当、ウチ弁とはお家から持参する弁当(my造語)。

 ソト弁もご飯をよそってくれるお弁当は美味しいけれど、お弁当といえばウチ弁ですよね。ウチ弁には愛がある。からだへの思いやりや美味しさへのこだわり。今日は愛の弁当を求めて、ぐっときたお弁当箱を2つ。

【hmm・・・なアドバイス56.愛のお弁当メモリー】
 去年バカ売れして、ヤフオクでも入札されたのが『おべんとう丸くん」だった。

フジッコ
株式会社は、食育をテーマとしたお弁当箱「おべんとう丸くん」
開発し、2007年2月より雑貨専門店のロフトで販売しました。全商品の中で
売上1位(販売時の週間ランキング)を記録し・・・(中略)追加販売の数量が
完売した現在も、販売を望む声を多数頂いており、ご好評にお応えするため、

2008年3月20日より全国のロフトにて数量限定で販売を再開します。

 引用元 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002833.000000000.html 

C0b1e912b47d6c3ad6105dcb8859fff5jpg  布カバー付き

 このお弁当箱のきわだつ特徴は、ご飯入れ部分がお茶碗型であること。保温のお弁当箱にタテ型はあるが“椀型”は見かけない。これは“犬食い予防”ゆえだという。犬喰いとは容器に鼻を近づけて、箸でばっばっとご飯をかき込む、あのスタイルですよ。お椀を手に、箸を正しく使おう!というメッセージ商品でもある。

C31f18a8e2e61ef22c19dc4665b7bddajpg   ほほっ、という感じですよね。

 もうひとつの特徴は、3つの仕切りがあるおかず入れ。仕切りで主菜・副菜・果物をバランスよく盛れる。容器は二重構造で、おかず入れの底面に主菜、副菜、果物のイラストがあり、食べるときはクルクル回して“ばっかり食べ”を防ごう!という親心。作るときも食べるときも、栄養バランスを気をつける“食育お弁当箱”なのである。

【日本人の食スタイル崩れが背景に】
 外食や中食の拡大はウチ食の市場シェアの縮小でもある。だからふりかけやおかずメーカーのフジッコは、お弁当という市場で販売増をねらいたい。だがそれ以上に日本人の食スタイルの崩壊、企業には長期的に致命傷となりかねない。いったい何割の人がお箸を正しく使えるだろうか?お昼、ネット見ながらスープパスタをすする・・・それででいいのだろうか? 
 Areyouok555img560x4201196436995dscf Areyouok555img560x4201196437002dscf ヤフオクにも出てました。
 写真出典 http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g57667222

 教育ぽくなりがちな“食育”、おべんとう丸ではかわいいイラストとオモシロ発想で伝えようとするのがいい。2サイズあり、子供用2,394円、大人用は2,499 円。

【あとりえときのわっぱ弁当箱には食の美がある】
 相棒Cherryさんもたまにはお弁当派だとか。お弁当箱は「わっぱ」に限るそうだ。ならば「第47回日本クラフト展-時代を見つめる手」で大賞を受賞したこの「えびす弁当」、きっと気にいると思う。   

F31092a57ec54b53c378057367faba84  071012_07
   同展の展示会ポスター       日経BPの記事より。

 これは湯布院の「あとりえときデザイン研究所」の時松辰夫さんの作品。植物を思わせる外周のカーブと、食を美しく彩る曲線の仕切りのバランスが素晴らしい。

 元々は由緒ある旅館『亀の井別荘』:の発注で作られたらしい。「正月用だから、松をかたどっています。木を優しい曲線に曲げるのが難しいんですよ」と日経BPネットのインタビューで時松さんは語っている。亀の井別荘のような隠れ家の旅館にふさわしい食器デザインですよね。これは欲しい。 

 あとりえときの製品は「せん定した枝」「間伐材」「風倒木」、つまり端材や割れ材、普通は捨てられる木を元に作られる。それに加工技術と木への愛を吹き込んで、食器に生まれ変わらせる。だからひとつして同じ顔のものがない。

10019930720 アトリエときで販売中のワッパ弁当箱 

 『器は中に入れる食べ物が美しく、おいしく見えることが重要で、それを楽しむことが人の暮らしです。主役は器ではなく、人の暮らしなんですよ』(引用同) いつか訪れたい。

【お弁当メモリーあれこれ】
 学生時代のお弁当メモリー、わたしはあまり思い出したくない。おおざっぱな母の作るお弁当は、ご飯のヨコにおかずが一品だけド~ンと居座ることが多かった。恥ずかしくてフタを立てて食べたこともあった。

 Cherryさんの級友には“カレー弁当”というのもあったらしい。想像したくないぜ(笑)。そうだ、持参弁当が「中メシ」で、お昼には菓子パンを食べたという“ツワモノ女編集長”もいらした。お見それしました。

 昔、サッカーの強い都内の某T高校では、3年生部員が下級生部員の弁当を貢がせる慣習があった。取られないために下級生部員は、昼前の休み時間に屋上で隠れて食べた。そんな運動部は嫌いです。

【hmm・・・なアドバイス】
 おかずの品数、組み合わせ、ご飯を美味しく見せるコツ・・・朝の忙しい時間、手間暇かけられないが、容器を変えれば作り方が変わる作り方が変われば食べ方も変わる。遠回しなことだが、そもそも愛は遠回しが奥ゆかしいのだ。

 おかず一品派の母のお弁当にも、いちおう愛はあったとして、愛のお弁当メモリーを大切にしたい。出張で働いた今日、新幹線で書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年3月19日 (水)

“問い続ける男”が教えてくれる、“続けさせるマーケティング”――アウディ

 今日はビジネスメディア誠での連載『“うふふ”マーケティング』へのリードです。

“問い続ける男”が教えてくれる、“続けさせるマーケティング”――アウディ
  アウディ ジャパンのキャンペーン「問い続ける男」が面白い。ある時は哲学的に、
 ある時は怒りながらこちらの質問に答えてくれるのだ。単なる言葉のゲームで
 はなく、「問い続ける=中毒性」が成立することに“巧妙”さがうかがえる。

 業績好調なアウディ ジャパンでは、今年日本市場に5つのニューモデルを投入する。ちょうど昨日、08年3月18日に発表したのが『A4』、BMW 3シリーズ、ベンツ Cクラスをライバルとするアウディの中核モデルである。

Thumb_450_01_px450 シングルフレーム・グリル。

 先に発表した『A5』『S5』、今後発売する『RS6』そして『TTS』がその新ラインナップ。好調な波にのっていっきに日本市場での高級イメージの確立をはかるのであろう。2007年の全世界販売台数は964,151台で対前年比約6万台増。米国の景気が失速する中、中国と日本のマーケットに重点をおいているのはまちがいない。

 台数販売=需要層の拡大をねらう上では、エッセイで取り上げた『問い続ける男』やAudi Forum Tokyoというオープン型の展示スペースを展開して、アウディのブランドイメージを浸透させる方針だと思われる。

 業種もモノも違うが、米国の無骨な皮バッグメーカーだったコーチが、デザインを一新して“ラグジュアリー・カジュアル路線”にシフトして大躍進をしたのに似ている。アウディ・デザインにもまた“無骨なイメージ”があった。

【なぜ無骨なイメージを払拭できたのか?】
 「役人の車」という代名詞で語られたのがアウディだった。わたしがそう言うわけではなく、みんなそう言っていた。アウディ・クワトロという80年代にラリーで活躍した名車もあったが、BMWやベンツに比べると“無難な車”だった。デザイン面でも前輪のオーバーハングが長いところが、まるでドイツ人の鼻のように無骨さがあったと思う。

Aut0802211817000p3sankeimsn A5と和田さん。

 それがデザイナーの和田智さんが手がけた『A6』(04年発売)あたりから、そのイメージを刷新するボディをまとい、快進撃を続けてきた。もちろん彼だけでなく、彼の上司だったワルター・デ・シルバ氏の存在が大きいとは言われるが(VWに移籍)、海を越えた向こうで「アウディとは何か?」とデザインの本質を問い続ける日本人の存在は心強い。

【小型車の4輪駆動とは何か?】
 和田さんが手がけたものではないだろうが、2年後に発売予定の小型車『アウディA1』の原型となる『メトロプロジェクト・クワトロ』は気になる。東京モーターショーで発表されたこの小型車でのアウディの問いは、「小型車における4輪駆動とは何か?」である。

Itmedia_l_ys_amq04

前輪は1.4リッターエンジン、後輪は電気モーターで駆動させるという前例のないハイブリッド方式。住宅街などでは静かに電気モーターだけで走行し、両方回せば4輪駆動になる。エンジン駆動力で電気モーターのバッテリーの充電もできるのだろう。

 小型車における4輪駆動とは?の答えは“合理性とエコの両立”だった。小さなボディに2つの動力源をもたせるという、思いもかけない逆張りの発想である。これは凄いと思った。

【なぜ“うふふ”の連載が今週は水曜日なのか?】
 “うふふ”マーケティングの連載は毎週木曜日アップ枠を頂いているが、昨夜の“密談”で一日早めていただいた(明日は休日なので)。昨夜はお忙しい中、ビジネスメディア誠の吉岡編集長さんと楽しいお食事をご一緒させていただきました(with Cherryさん)。編集長に「今週は木曜がお休みだけど書いていただけるんですか?」と問われた結果、今日のアップ、ありがとうございました。

 どういうご飯を食べたか?という質問には別途お答えします。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月18日 (火)

かさねの色目と和菓子に色目

 道々には梅も咲き、花屋さんの店頭も華やいできた。異動配転シーズンでもあり、行く人来る人を花で飾るのも今週、来週が本番だ。

  花のアレンジメントはわたしの知らぬ世界であるが、“かさねの色目”を表現したギフトセット、しかも緑色の甘味の“かさね”まであるという。それ何だろう?という好奇心から今日のテーマ。

【hmm・・・なアドバイス55.かさねの色目と和菓子に色目】
 株式会社日比谷花壇は、今年2008年、「源氏物語」が記録の上で確認され
 てからちょうど一千年を迎えることを記念し、源氏物語の世界に登場する
 “かさねの色目”を表現したフラワーアレンジメントと、京都・白心堂の「小倉
 抹茶生八ッ橋」とのセット商品を企画しました。

 引用元 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=181855&lindID=2

0181855_01

 今年は源氏物語の千年紀にちなんで、各地でイベントや講演会などが行われている。まだ盛り上がりに欠けているが、その中で平安時代の“かさねの色目”に着目したのは日比谷花壇。当時の平安宮廷の女性が着ていた衣裳にとりいれられた“四季の自然や動植物にちなんだ色の組み合わせ”、それが“かさね”である。

 このセットは梅の花にシンビジウム、薔薇、カーネーションを重ねたアレンジメント。さらに生八つ橋の緑を重ねるという配色は妙である。まさに源氏物語の色彩世界。2月14日~5月28日まで、店頭だけでなくオンラインや携帯からでも注文できる。花と団子ならぬ小倉八つ橋のセットで5,250円(送料別)。これなら花で喜び、和菓子で喜びの二重奏である。

【かさねの色目とは?】
 『かさねの色目』とは何か?平安時代以降、女性の装束だけでなく、調度品などでも宮中を彩る配色法であった。「その配色は、四季折々の自然や動植物の色彩と、密接に結びついています。季節の移り変わりの微妙な色彩の変化まで、逃すことなく取り入れた結果、その数は今に伝わっているだけでも、200種以上になります」と、手織り手染めの布工房『studio-tao』のサイトにある。

Photo 詳しく同工房へ(注目は工房建物

 色目のかさねの一部分をtao工房のサイトから引用した。微妙な色彩の変化が見てとれる(この色はCMYで数値で表現も可能です)。日比谷花壇の採用した『梅重ね』は右上にある。当時の貴族の着る着物の素材は薄手の絹であり、表地と裏地を異なる生地で合わせ、透けて見せる表現を楽しんだ。微妙に重ねて色目の合わせの妙、これが重要であった。なお表裏の重ねを『重ねの色目』、いわゆる十二単の衣装の配色の重ねを『襲(かさね)の色目』という。

 四季折々の色をよみ、色を引き立てる組み合わせをつくる―俳句の季語に、季節を詠んだ感情を重ねあわせるようなワザである。それができないと宮中では“野暮オンナ”だった。オンナの色への執念は千年紀である。昨日今日に始まったことではない。だが当時はファッション雑誌もPantoneもなかったので、たいへんだっただろう。

【Pantoneによれば・・・】
 Pantoneとはインダストリアルデザインのカラーリングでデファクトの米国PANTONE社の色彩。この会社と色目で提携をして(冗談です)携帯電話に20色のPantoneカラーをそろえたのはソフトバンクの812SH。

Photo_2 微妙に色が移る。

 表面のシルバー部分と本体色が“襲の色目”にも見えますよね。 Pantoneの発表した2008年の流行色は“BLUE IRIS”である。ブルーアイリスへの色かさねは「deeper plums」「red-browns」「yellow-greens」「grapes」などをレコメンドしている。

Press_img_20540_1 08年はブルーアイリスに次いで竹の緑を押す。

 工業製品もずいぶんカラフルになったが、まだ重ねのクリエイティブに心血を注いだ平安美女たちの執念には遠い。パソコンもグレーや黒だけでなくピンクなどカラーが増えてきたが、次の色のトレンドは“かさね”、つまりツートンカラーではないだろうか。

【hmm・・・なアドバイス】
 源氏物語千年紀の今年、愛の重なり物語だけでなく、色のかさなりもいいだろう。単色の時代から多色へはあたりまえになった。さらに複数の素材を重ねて透かしてという“かさねの色目”へ展開も検討してみたい。

 和ブームの中、“モノトーンのかさねの色目”も注目されている。それは日照のつくる黒と白の陰影、光と影の微妙な色合いである。陽射しをパーティションでコントロールして、部屋の色合いをナチュラルに変化させるという住宅インテリアの提案もある。これもとりあげたい。

【和菓子にも色目!】
 日比谷花壇の色目はかさねだけではない。和菓子への色目もある。京都の生八つ橋とはゆかないが、Cherryさんお薦めの新橋文銭堂の和菓子を買って、お昼にお世話になった企業におじゃましました。『桜の道明寺』は美味しかった(二つも試食しちゃいました_笑))。今日はこれから特別ゲストとCherryさんと3人で食事です。

Shinbashi_naka 昔ながらの接待サービスが気持ちいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

9brand 生き物に学ぶバイオミミクリ・グッズ

  花粉が飛びまくった今日、くしゃみ・鼻水・なみだ目・・・・苦しんだ人も多かったはず。それは自然が悪さをしているのではなく、自然とうまく共生しきれなかった歴史(生態系を無視した植林事業)ゆえである。今年から花粉症ぽいわたし、杉に罪はないのに、杉を恨みたくもなる。

 今日は、生態系にかなった商品開発、バイオミミクリの続きである。生物や植物に学ぼうというと、コむつかしい研究テーマも多いけれど、今日取り上げるのはキュートなグッズ。

【hmm・・なアドバイス54.9brand 生き物に学ぶバイオミミクリ・グッズ】
 「9brand(ナインブランド)」は、「生き物」をテーマにものづくりをする小さな
 デザインレーベルです。1999年9月9日に活動をスタートし、東洋では大事な
 数字とされる「9」を冠に「9brand(ナインブランド)」と名付けました。(中略)
 私たちのものづくりのコンセプトは、『Think Creatures./生き物に学ぶ』です。

 引用元 http://www.9brand.com/9brand/about/index.html 

 9と東洋と言えばマンダラですね。9へのこだわりの割には、なぜか8本足の製品から。

  Pink_img001 網バッグ。

 『スパイダー・ネット』は、蜘蛛の巣状のネットバッグで、クモを模したエコバッグ部分と、それを収納するクモケースからなる。ネットバッグはナイロン製で丈夫で伸縮性が高いそうだ。「(S)はかなーり小さく、(L)はかなーり大きいので、驚かれないでください」という商品説明がおもしろい。こういうの好きです。

Spidernet03 Spidernet02 Spidernet01

 8本足のクモケースは、今日はこっち、明日はあっちにネットのあちこちで生息可能。Sサイズは300×300mm、価格は3,570円、Lサイズは驚天動地の600×600mmで、価格は5,460円。

【羽化する帽子】
 帽子好きのわたしがかな~り気になったのはこの一品。『バタフライハット』は広げてかむるときはのかたち、たたむと「さなぎ」になるのがバイオミミクリな特徴。素材には手ぬぐい専門店『かまわぬ』の手染めてぬぐい。

S_shichiho_img001 帽子となると血が騒ぐ。

 さなぎはナップザックの脇にちょこんと生息もさせられるし、猫がみつけるとコロがしてくわえて、庭の隅に埋めちゃうかもしれません。子ども用のSサイズ(53cm)、6,090円と大人用のLサイズ(59cm)、7,140円。わたしはSでたぶん大丈夫だと思う(買う気になっている)。これをかぶってどこかに飛んでゆきたい。

Bataflyhat00 Bataflyhat02 Bataflyhat01

【紋切りもあった!】
 以前このブログ紹介した『紋切り』がありました!エクスプランテと共作の『紋切花時計』で、時間を表す文字盤に紋切り紙(和紙でしょう)ではさみこんで、世界にひとつしかない時計に。

Monkiri_img001 紋切りが大好きなので惹かれた・・・。

 花を生活用具に溶け込ませるという、ナチュラルで深いバイオミミクリな発想。色紙25枚入りで5,040円。紋切りの和紙だけでなく、季節の花のドライフラワーでもできそうだ。

【(妖怪+骨董)×家具=生き物】
 こんな楽しい発想のデザイナーさんは、瀬戸けいたさんと瀬戸なおよさん

Index_img001 夫婦で顔が似る、とわたしも言いたい。

 けいたさんは妖怪好きで、なおよさんは骨董や民芸品好きだという。おふたりともデザインや絵画の才能があって、家具会社で出逢って、ふたり足して生き物グッズになった。わかるよ~な、わからないよ~な。けれど「さまざまな角度から生き物を追究し、普段の生活のなかで使える、デザインや作品をつくり出す」その発想、凄いと思った。たぶん地を這う生き物のように、まっすぐここにたどり着いたわけではない。

 なおよさんのブログ(九印記)を読んでいたら、「ここまで来るのに、のんびりしたり、遠回りしたり、後悔することもたくさんある・・・」との率直な言葉、じんときました。

【hmm・・なアドバイス】
 杉は戦後復興時、木材不足で日本の至る山に植えられた。だが廉価な外洋材に押され、切られず伐採もされず、今や花粉をまき散らす。経済重視、心おきざりの戦後の半世紀の象徴とも言える。バイオミミクリとは、そんな半世紀のアンチテーゼにも見える。生き物がずっと持ち続ける“自然の理にかなった賢さ”に学ぼう。そんなメッセージを感じる。

 春ですから、商品開発者は街を出て野山を歩こう。自然の中にヒントを見いだそう。木々や植物や花、昆虫や鳥、土やお日さま、寝ぼけた熊とか、いろんな遭遇で心身を活性化しよう。オフィスの中を歩き回っても、PC要らずのiPod充電器のような発想しか湧かないのです(あれはあれで必要ですね♪)。生き物の生態をマネても「肖像権」も「特許」も「著作権」もない。どんどんマネしよう。

 シニアの気持ちになっての商品開発で、「シニア装備」―腰を曲げて杖を突いた姿で年寄りの気持ちになろうという取り組みがあった。バイオミミクリ商品開発でも木々や昆虫に化けるのもいい。発想転換にいいと思う。だが街中の木に止まって数日過ごすうちに、いつの間にか留置所という“鉄のカゴ”にいたとしても、わたしのせいではない(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月16日 (日)

バイオミミクリ・テント

 今日はいよいよ春いっぱいのお天気。みなさん、自然に向かって羽根、伸ばしましたか?わたしは浦和レッズのだらしない連敗にもめげず、その監督交代ニュースに半分くらいうなづいてから、週末恒例の自転車ひと乗りしました。

 川沿いは青々として、どうやら桜もちらほら咲いてきました。自然と一体になって歩いたり、走ったり、またがったりの男女でいっぱい。そこで今日と明日は自然とプロダクトデザインをテーマに。

【hmm・・なアドバイス53.バイオミミクリ・テント】
 チェコのデザイナーのondrej vaclavikさん(Design-brothers)のバイオミミクリ・テント(biomimetic tent)のコンセプト図。 

Husky3_183  さなぎみたい。

 young designer, ondrej vaclavik recently graduated from prague's academy
 of arts, architecture and design. he sent in some images of his final  
 project which was also shown at prague designblok in 2007. the project  
 was a biomimetic tent that used the vein structure of leaves to inspire  
 the tent's design. 'tent husky' uses the rigid branch-like structure to add

 stability to the tent's design.

 引用元 designboom

 「プラハのアカデミー・オブ・アートを卒業したばかりの若手デザイナー
 ondrej vaclavikは、『プラハdesignblok』で作品を展示した。それはバイオ
 ミミクリ・テントで、木の枝と葉の形状をテントに見立てた。風に吹かれても
 安定した構造のデザイン、Husky社がテント製品にすることが決まった

Husky1_183  Tent1

【木の枝からのテントの着想】
 木の枝が風に吹かれても折れないその柔軟な構造を、テントに仕立てた。なるほど素晴らしい着想である。木はよほど強風でないと折れない。

Ondra_stan_part
  この図の左上の枝に注目。

 さまざまな試行錯誤のスケッチもある。
 Tent2

 デザイナーのondrej vaclavikさんは兄弟で独立している若手デザイナー。彼らのウェブサイトには工業デザイン、空港の環境デザイン、インテリアデザイン、自動車デザインなど事例がある。またhusky社はチェコのアウトドアー商品のメーカーであり、テント、シェラフ、バックパックなどを製作する。

Profil_ondrej_only 精悍な雰囲気。

【バイオミミクリとは何か?】
 ところでバイオミミクリとは何か?日本環境財団のプロジェクト『バイオミミクリ・プロジェクト』では次のように定義される。

 「生物に学び模倣する」技術

 「自然のデザインやプロセスをモデルやヒントにして、人間社会の問題を解決する」「ライフサイクルを通して環境負荷を下げる」を特徴に掲げる。つまり自然界に生きる知恵を商品化しようというアプローチである。下図がバイオミミクリの範囲を表し、ヨコ軸は加工度合いを示し、タテ軸は個体か集合体かを示す。

Domain

 バイオミミクリ・テントは「構造をまねる」という位置づけ。このサイトでは「フクロウの羽根の形状を新幹線N500系のパンタグラフへ適用して騒音を軽減」という事例や「蓮の葉の表面構造をまねて、高機能繊維素材の開発」などの事例を挙げている。たしか海外事例だが、集合体でアリの行列から着想して、サプライチェーン・マネジメントかロジスティクス・ネットワークを開発したという話しも読んだことがある。

【hmm・・なアドバイス】
 人間サマは速く動きたいとか、空を飛びたいとか、堅牢な家に住みたいとか、季節かまわず美味しいものを食べたいとか、まさに自然界にワガママいっぱい。ときには自然になびく発想も必要である。自然になびけばムリ・ムダ・ムラが減るのだ。

 商品開発でバイオミミクリに学べることは、素材特性や加工特性といった人工物の視点だけではなく、自然界という大きな視点の中で考えると、かえって差別化ができる。合理的かつエコにも良いプロダクトが生まれるかもしれない。明日は続けてキュートなバイオミミクリ・グッズをテーマにします。

Husky 光るテント、虫みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

ウェブサイトにタテ書きの自由を!

朝日・日経・読売の3社が提携して08年1月から開設した「あらたにす」、一面、社会面、社説などを三紙の紙面でくらべて読むというのがコンセプト。クリックするとそれぞれ会社のウェブサイトにリンクするのは便利だが、各紙の見出しとリードがヨコに三社一線になって比較して・・・それで何が良いのかさっぱりわからない

Photo

 新聞の圧倒的な良さは一覧性である。一覧性とは、ハマる見出し、引きつけるリード、そして巧みなレイアウト、もちろん文章で決まる。そしてもうひとつ、タテ書きも大きな要素だと思う。日本語、タテ書きだとフンフンとたくさん読みやすいのだ。今日はタテ書きがテーマ。

【hmm・・なアドバイス52.ウェブサイトにタテ書きの自由を!】
 日本語の文章になじむ「縦書き」横流れ絵巻型ブログ
 フォント文字が使えるようになって、より美しい日本語表記が可能になりました
 株式会社 コンテンツ・ファームは一昨年に発表した「縦書きブログ」から、さらに
 読みやすく、洗練させた「縦書きブログVer.2」を株式会社スカイアークシステム
 (東京都渋谷区 代表取締役社長 小林晋也)と共同開発しました。

01 タテなサイトはこちら。

 タテ書きブログの運用開始はメディア向けなどで2006年から開始された。そのソフトウエアの新バージョン『縦書きブログVer.2』が08年2月に発表され、誰でも書きやすく、読みやすくなった。ただし一般配布はしておらず、実験中。
 00

Photo_2

 実験中のブログは4本ある。八軒屋南斎さんの『その日その日らく描き絵巻』。これは下にスクロールが付いていて、左に動かすと1日分が1ページで読める。上田早夕里さんのブログは、左側に「次へ」「目次へ」が付いていてワンクリックで進む。全ページが読める一覧性がいい。ヨコ長の液晶画面のPCが増えてきた今、どちらも違和感がないし、タテスクロールよりも早く快適に読める。

【タテ読みの時代へゆくのか?】
 Ver.1からの改良ポイントは次の通りである。

 ・さまざまなフォントが使える。
  →八軒屋南斎さんのブログにはVer.1のサイトもあり、文字体の進化がわかる。
 ・Fire FoxやSafariにも対応
  →ちなみにわたしはFire Foxですが、違和感まったくなし。
 ・テキストのコピーアンドペーストが可能
  →リンクの線はちょっと不自然だと感じた。
 ・多段レイアウトが可能、投稿も縦書きで書ける
  →新聞のように自在なレイアウトができるのがいいなぁ。

 適する文として、長文のテキスト(まさにわたしブログ)、俳句や短歌、タテ書き世代(団塊以上)などへの適応性もある。何より、日本語、やはりタテ書きは読みやすいどらくのインタビューを愛読しているが、外国語が入らないロングインタビューでは、タテ書きがいい。

  Photo_3  
  今日3月15日、あのグラフと戦った伊達公子さん。

【読みはぁ~タテ、書きはぁ~ヨコ♪】
 だが書くのはどうか。タテ書きが手元から消えて久しいですよね。それはPCの普及だけのことではない。手帳も横書きならノートも横書き、会社の書類もほとんどが横書きです。タテ書きノートは小学生で卒業、タテ書きペン(筆ペン)は年に一度のごあいさつ。封書も年賀状も宛名書きからしてヨコ書きばかりである。

 タテ書きは死滅していないがマレである。始末書や退職願はタテ書きだからこそサマになる。血判状もタテ書きでしょう、やはり。自殺する人の遺言書のたぐい、想像だがタテ書きじゃないだろうか?悲壮な決意にはタテ書きがよく似合う(日本人ぽい)。余談だがラブレターはタテ書きとヨコ書き、どちらが突破率が高いのだろうか?恋文ならタテで、ラブレターならヨコ?愛にもタテとヨコがあるのだろうか?あ、上か下かでした(笑)。

【hmm・・なアドバイス】
 こうしてタテでもヨコでも融通無碍なのが日本語。直感的な言い方をすれば、タテ書きは感性を刺激し、ヨコ書きは頭脳を刺激する書籍も出版時、だいたいそれでどちらにするか決めます。

 とすると、新聞や雑誌のウェブサイトにタテ書きを盛り込めば、読者の感性と理性の両方を刺激できるのではないだろうか?紙の新聞は「記事はタテ・広告はヨコ」だから、メリハリがあって読みやすい。ウェブニュース、ヨコばっかりで画一的すぎませんか?ヨコ一線でのニュースの比較ではつまらない。タテも入れましょう!今日は以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

小さくて高感度でエコな名刺

 今週ビジネスメディア誠に掲載した『私がiPodを聴く気になれなかった理由』で伺ったサウンドクリエイト、お二人の名刺、『Pocketer』だった。

Pict0498_2

 これは東京IT新聞の記事でも紹介された“FRISK大のミニ名刺”。高感度企業や学生に流行っているそうだ。小さいのがオシャレだし、エコにもいいというのがその理由。今日は名刺という日常性の差別化をテーマに。

【hmm・・なアドバイス51.小さくて高感度でエコな名刺】
 pocketer(ポケッター)は、日本初!3cm×7cmのオリジナルミニ名刺(実用
 新案登録第3138022)です。小さいけど、魅力はかなり大きい!
 miniサイズで環境にもやさしい☆そんなpocketerは、価格もminiサイズ♪
 25枚¥1,000、50枚¥1,980  で絶賛販売中!!

 引用元 http://pocketer.jp/
Pocketer01

株式会社spice lifeの日本初のミニ名刺サービス。頂いた名刺、普通の名刺よりかなり小さいと感じたが、実際にはそれほどではない。だがそのサイズはシックでインプレッシブだった。 

Pocketer03 Pocketer02 Pocketer04

【ねち。さんのイラストもいい】
 ネット上からのオーダーができるのがポイント。自分の作成したイラストでも、写した写真でも、凝ってつくった文字体でも作成が可能という柔軟さがいい。裏面に印刷する写真やイラストを選び(一枚一枚異なるのも可)、表面に名前・住所・メールアドレス、もちろん“マーケティング・ブレイン”など自分ブログやHPのURLやQRコードも忘れずに入れよう。

Pocketer05  ねち。さん

 「脱力系。」イラストレーターのねちさん(これ、気に入りました!)のデザイン名刺シリーズなど、レディメードチョイスもいろいろあるのもいい。

【札幌発のエコ名刺も種類豊富】
 素材で凝る名刺もある。札幌の日新堂印刷では「再生ペットボトル名刺」(100枚あたり2310円~5250円)、バナナ名刺(バナナの茎を用いて紙に。同1365円~3780円)、そしてトウキビ名刺もある(同1575円~4725円)。社長の阿部晋也氏のコメントがふるっている。

Photo

 従来の印刷という常識にとらわれず、紙ベースのアナログとデジタルの融合により、
 お客様のメリットを最優先した印刷・販促のご提案をさせていただきます。効果の
 無いチラシ、DMを作る事は地球環境にも良くありません。こんな事を言うと印刷屋
 は儲からないでしょうと言われますが、決してそうではありません。

 引用元 http://www.nissindou.co.jp/company.html

Sozai  

 名刺とは違うが、こういう目線を商売の基本にしている社長に惹かれた。

【エディオンでは名刺は半分、価格も半分(嘘です_笑)】
 環境意識は名刺交換から-約480人の社員全員がこのサイズの名刺を使用。
 http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news003075.html

Img001437

 エディオン社長の久保允誉氏はなんと20年前からこのサイズの名刺だったという。今のエコブームに始まったことではなく、エコも経費徹底もしっかりしている。商いの根本ここにあり。逆に「家電は割引も半分です♪」なんてのはないですよね(冗談です)。

【ウゥゥ・・な名刺リスト】
 わたしが好きになれない名刺リスト。

 ・再生紙使用、印刷は大豆油を使用とワザワザうたう名刺。
 ・ISOやCMMやPマークなど、トコロ狭しとあげつらう名刺(形式重視な感じが嫌い)
 ・写真付きの名刺。美人ならいいけど、営業員の写真が印刷されているのが疑問。
 顔を名刺で覚えてもらうというメッセージなのだろうか?営業は通って、話して、
 提案して、それで顔を覚えてもらうものである。

 余談だが、会社のロゴの印刷がにじんでいるなんてもっての他である。

【hmm・・なアドバイス】

 pocketerで感じたのは名刺は「自社表現」であり「自分表現」であること。どこでも誰でも同じサイズだからこそ、ちょいとサイズを縮小させるだけで差別化ができる。パンフは配らなくても名刺は配ります。つまり名刺=会社の顔なのに、これまでデザインや表現や素材に気を使ってこなかった。総務まかせの事務作業だった。

 名刺にも彩りを!わたしなら季節名刺がいい。季節の花や風景を裏面に印刷、「季節の変わり目ごとに名刺ください!」なんて言われないだろうか?逆に「あなたは四半期に一回しか来ないコンサルタントなのね」と言われてしまうだろうか?そのくらいで業績がよくなるのならコンサル要らずでいいですが。今日は以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

私がiPodを聴く気になれなかった理由

 今日はビジネスメディア誠で連載している『“うふふ”マーケティング』へのリードです。

私がiPodを聴く気になれなかった理由
  「音には絶対解がない」という。音と食は似ており、一度おいしさを知ると、
  さらなる“おいしい音”を求めてしまうのだ。サウンドクリエイトで高級
  オーディオの試聴をした日、筆者が考えたこととは……。

 元はといえば45年も現役を続ける「ローリング・ストーンズ」のドキュメンタリー映画『シャイン・ア・ライト』のCDが08年3月31日に発売されるニュースから。昔ながらの曲の繰り返し演奏に過ぎないのだが、コアなファンは「まるで税金だ」とボヤきつつも長年払ってきた。今回もまた徴税が繰り返される。

Img_main01

 ところがそのCD、同じ曲目で同じジャケットでなぜか2つの商品がある。ひとつは普通のCD(3,300円)、もうひとつはSHM-CD仕様(3,800円)。なぜ?と思えば高い方はユニバーサルミュージックと日本ビクターが共同開発して、07年12月から発売するSHM-CD、安い方は普通のCDである。その差額が500円なのだ。たった500円、音のディープな世界への序曲になるのだろうか?

 結論から言えば、SHM-CDは感動モノである。アフィリエイトも宣伝もない。ビジネスメディア誠での連載ではアルバム『レット・イット・ブリード』を題材にしたが、取材後改めて自宅で聴き返すと、「あぁ!もうたまらん!」ともう一枚(同じグループの『ベガーズ・バンケット』)衝動購入してしまった。こっちのアルバムの方がアコースティック曲が多いので(SHM-CDはとりわけ弦楽器が美音になると感じた)、違いはより明快なはずだ。ここ数日、花粉のせいか、夜になるとぐったりするので、まだ開封して聴く時間がもてていない。

 にしても・・・今回の連載は出費が多くてたまらん(笑)。

【二兎を追いながら、同じ方向に走ったオーディオ機器業界】
 レコードとSHM-CDの試聴でお邪魔したサウンドクリエイトには社員ブログがあり、それを読んでいたら広報担当の竹田さんがこんなことを書いていた。

 敬愛する青山二郎さんは、中原中也が「二兎追うものは一兎も得ず」と
 言ったら、「一兎追って一兎得るのは当たり前のこと。二兎追ってどちらも
 得られるのがよい」と言ったとか。

 なるほどオーディオ機器業界は二匹のウサギを追ってきたと思った。一匹のウサギはお部屋でじぃっとお座りして、良い音に耳をツンと立てる。いわゆるオーディオマニア。もう一匹のウサギは大きな耳で音を聴きながらタタッっと走る。そう、昔はウォークマン、今はiPodという携帯音楽プレーヤー。

 どっちも良い音を求めてきたが、鑑賞性におけるそれと、携帯性におけるそれは違うはず。だけどいつの間にか鑑賞用のコンポも小型化なら携帯プレーヤーも小型化。どちらもデータのやりとりや圧縮、ライブラリのサイズなどが差別化要素になって、みんな“縮み志向”や“便利志向”になってしまった。“音の感動”はどこにあるだろうか?

 オーディオ市場不況の一因は、差別化といいつつ、みんな同じ方向で商品開発しているからでもある。

【ハイクォリティ・オーディオの時代へ】
 アスキー創業者の西和彦氏はデジタルドメインというオーディオ機器の会社を創業し、08年2月、第一弾の商品を発表した。マニア向けの高額な商品だが、氏は「パソコンでは2つの積み残しがあった」とアスキーのインタビューで語り、そのウチひとつが『ハイクオリティーなオーディオ』としている。

Dac_product_585  同社のDAコンバーター

 何GBで何曲入るというお手軽志向はもうそろそろ終わり、高質な音をデジタルでどう処理してどう聴くか、それが鑑賞ウサギにも携帯ウサギにも、次のテーマのようである。

 音楽は一度良い音を聴くとマズイ音には満足できなくなる。確かに食とよく似ている。今回はそれを身をもって感じた。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年3月12日 (水)

異文化を縦断するロマンスカーの魅力

 昨日(3月11日)霞ヶ関の駅で配っていたのがこのパンフレット。

Pict0495  こういうの、価値でるんですか?

 先週も鉄道をテーマにしましたが、まったく鉄ちゃんでない。ダイヤ改正を控え、話題が鉄道に揺られているからだけであります。でも、北千住から2時間ちょいで箱根湯本までゆける千代田線縦断の青いロマンスカーにちょっと興味あり。今日は3月15日から発車するロマンスカーがテーマ。

【hmm・・なアドバイス50.異文化を縦断するロマンスカーの魅力】

01

 2つの顔とは「平日の顔」と「休日の顔」。全席指定で、平日は箱根湯本や小田原から都心へ、休日は北千住から箱根へ。

1044  アタマから乗るワケではない。 

 平日運行はゆったり通勤をイメージ。
 上り1本=本厚木0628発、霞ヶ関0725、北千住0747着
 下り3本=北千住1735発~唐木田1845分着と、大手町2033発(本厚木2132着)、2133発(同2236着)の2本

 土日休日の運行は上り下り共に4本ずつだが、往路が北千住を0913発、箱根湯本に1114着、復路が箱根湯本を1704発、北千住に1912着が“日常性からの脱出と回帰”のダイヤになる。

03  北千住発・・・。

【車内は快適そうだ】
 小田急と千代田線の相互直通運転の歴史は古く1978年からだが、今回は専用車両のロマンスカーMSEの運行となる。ちなみにMSEとはパンフのどこを見ても見あたらなかったが(よくポカあるので、どっかにあるのかもしれない)、Multi Super Expressの略で「多彩な運行が可能な特急列車」という意味である。

1058  ロマンスたっぷりの車内。

 室内は美しく、特に蛍光灯の間接照明とLEDの直接照明という配慮や、流線型のテーブルなど堅苦しさがなく落ち着いた雰囲気がよい感じ。 北千住から箱根湯本まで片道2400円、往復4800円で東京縦断の現実逃避ができる。

02 1090

【千代田線とロマンスというミスマッチ】

 さてわたしが興味を惹かれたのは、千代田線という日本有数の混雑電車の路線に、優雅なロマンスカーが走るというミスマッチである。メトロ千代田線はよ~く揺れるし、車輌は古いし、いまだに扇風機車輌があるというのはモノを大事に扱う上では○ですが、乗客も大事にはしていない。花粉もたくさん飛ばしているに違いない。

Dsc00468  北千住+ロマンス=3列乗車(笑)

 湯島に愛のロマンス街があり、大手町にロマンスグレーが集い、赤坂にはコモエスタなロマンスが漂う。だが二重橋や霞ヶ関、国会議事堂前にロマンスカー、やっぱりミスマッチですよね。だがそのミスマッチに魅力あり!とひらめいた。

【都心を縦断する魅力】
 たとえば湘南新宿ライン。ダさいたま大宮(失礼)から、池袋・新宿・渋谷そしてハマの横浜と、それぞれ独自文化の都会の雑踏をくぐりぬけ、サーフボードの湘南までひた走る。異文化を車窓にながめ、異文化ボーダーを突っ切る。これ、実に気持ちいいじゃないですか。

 MSEロマンスカーも同じ。北千住や根津・湯島という下町から、大手町や霞ヶ関という日本の中枢を抜け、表参道というオシャレな街を経て、一気に郊外へ―都心を縦断してリゾートに抜けるのである。これが爽快なのである。

 「異文化の一気通貫=爽快」、逆に言えば「文化ない道=ペンペン草」という実例もある。それは電車ではなく、あの東京湾横断道路「アクアライン」。料金を値下げにしても運行車両がいっこうに増えない。その理由のひとつには「都心を迂回する」ところにあるのではないか。わざわざ雑踏を通るのは合理的ではない。だが都会を完全に迂回して、何にもない海とトンネルを走るのはつまらない。そこに人は魅力を感じない。だから通行車両、増えないのではないだろうか?

【hmm・・なアドバイス】
 人は本性から都会を突き抜けるのが好き。合理なら迂回すべきだし、混雑ゆえの時間の浪費や危険もある。だが都会を突っ切って異文化ボーダーを越えたい、その本性というか欲望にあらがえない。

 わたしの感覚的な仮説なので間違っているかもしれないが、北千住発のロマンスカー、新宿発よりも突っ切る異文化数、だんぜん多い(でしょう?)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月11日 (火)

消えゆく石けん―エコでもあり、はかなくもあり。

 花粉症の季節になりました。わたしは根性で(?)大丈夫ですが、まわりにはゴホゴホ・クシャン・涙ポロポロ・・・というマスクメン、目立ちます。春の陽気なのに、寒暖の変化もあって風邪をひく人も多い。風邪予防は、春でも指洗いの徹底。手を抜かないで洗いましょう。

 ということで、今日のテーマは石けんです。それも最後まで使い切る気持ちよさ、環境にやさしい知恵のあるデザインの品を。

【hmm・・なアドバイス 49.消えゆく石けん―エコでもあり、はかなくもあり】
 A tiny soap might not worth too much for you, but millions of tiny soap
 might be a big problem for our earth, so why not use them up?
 This weird design is function like a piggy bank, after your soap bar is
 being too small to be used, just slip the soap into this soap bank,
 it gonna be more efficient.

 引用元はこちら

 拙訳 「ちっちゃくなった石けん、使いやすくない。でも地球上には何百万もの
 ちっちゃい石けんがある。どうして使い切れないんだろう?このヘンテコな
 デザイン、まるでブタ貯金箱みたいな機能がある。ちっちゃくなった石けんを
 ネットに入れると、ほら!み~んな使い切れますよ!

Soap_bank3 Soap_bank

 このエコなるデザイン、Wooteik Lim, Yeonha Jo, Sungwoo Park、Yoonha Paickという4人組。アジア系のデザイナー集団の手によるもの。エコなネットのすっきりデザイン。かなり惹かれました。製品化はこれからでしょう。彼らは知っているか知らないのか、このデザインの源流、昔の日本にもありました。

A861ad75

ある方のブログから。まさにこれです。ミカンやポンカンのネットの廃物利用で、学校の水道の蛇口にはよくぶらさがっていた。今どきはないのだろうか。

【他国にも同じようなアイデアはある】
 ネパールの川漁師の漁網と同じ素材の手作りネット。小さくなった石鹸もネット
 に入れバスルームやキッチンで吊るして使ってください。最後まで良く泡立ちます。
 「イラクサ」は抗酸化作用が高くカビません。

 引用元 http://shop.kurkku.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=4200211001002 

4200211001002_2_m  4200211001002_4_m 石けん付きもあり。

 エコ感度の高いお店、kurukkuで売っています(399円 税込)。どこの国でも似たような“もったいない”の発想がある。

【紙石鹸 初雪という、はかなくも美しさよ】
 使いきりの石けん、また違うかたちもある。これは『紙石鹸・初雪』というネーミングの一枚ずつ使い切る薄い固形石けん。

Yukihanabig  Hatsuyuki

 いつも使っている固形石鹸。お出かけのとき、旅行のとき。
 持ち運ぶことができたら… そんな想いから生まれた紙石鹸。

 引用元 http://at-siesta.com/?pid=888566

洗顔にも手洗いにも使えるのは、合成保存料をいっさい使わず、調合も温度管理も人手なら、この結晶型の型も手作りオリジナルだから。一枚一枚手作りの石けん、40日も熟成させる。12枚入りで1,050円(内税)。ギフトもいいし、旅行用もいい。

【結晶のアイデア+北海道への愛+石けんという連携】
 開発のきっかけは山形県にお住まいの野口忠典さんが、札幌スタイルデザインコンペティションで、「雪の結晶の形をした紙石鹸」というアイデアを提案。それを地元企業が中心になって商品化し、07年の雪祭りから雪の結晶石けんが発売された。

Hatsuyuki5  手の中でほんわりと消える手づくり石けん。

 製造元は株式会社GEL-Designの附柴彩子さん。茨城県出身の附柴さんは高校卒業後、北海道大学に進学して、北海道の自然やライフスタイルに惹かれた。この地で生きたいと移住して、趣味で作っていた「手作り石鹸」を事業にしたのがきっかけで、このデザインに出遭った。「Savon de Siesta」というブランド名もウトウトな感じがしていい。すばらしい起業。型代はたいへんでしょうが、たとえば札幌雪祭りの頃に限って“10種類の結晶の形が流通する!”など限定品があればいいなと思いました。

【hmm・・なアドバイス】
 使いきることはとても気持ちいい。石けんに限らず歯磨き(昔、ラミネートチューブではないころ、ぐるぐると巻いて使いました)、鉛筆(サックを差してチビても使う)、野菜やお肉でも使いきりは気持ちいい。洗濯石けんでも使いきりネットがあればいい(洗濯板にブラ下がるようなかんじで)。

 石けん使い残しで気になるのは“ホテルの石けん”。一回しか使わないあれは、どう始末しているか?場所によってはボランティアが海外の病院に送っているという

 それはエコかもしれないが、コストも手間もかかり、ボランティア頼みだし、石けんの地産地消じゃないですよね、ちょっとはかない。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

food blog search 食ブロガーのサーチエンジン

 みなさん、台所に立ってますか?デスクワークではワクワクしなくても(特に月曜日には)、台所に立つとワクワクするという人いますよね(これCherryさんだよね?笑)。世のたくさんの料理好きのために、今日のテーマはfood blogです。

 「お前のブログなんて・・・煮ても焼いても食えないよ!」という人もいるんですが、いえいえ毎日のブログ料理、古ネタにはよく火を入れて、新ネタはくずさず、あんがい気をつけているんですよ、食あたりフリーではないですけど(笑)。わたしのブログネタよりもっと美味しいのはfood blog searchでさがせます!

【hmm・・なアドバイス48.food blog search 食ブロガーのサーチエンジン】 
 Search for recipes in over 1900 fabulous food blogs!
 「スンゴイ美食ブログだけをサーチ 1900皿!」と、油ヂュウ!な訳で(笑)。

Foodblog_top

 アメリカの食のサイトだろうから・・・何とかロールじゃないの?ちょっとイジワルをして「Sushi」というキーワードを入れる。サーチ結果はゴマンと出てくる。ひとつ目はかなりカリフォルニアロールぽいのでパス。ふたつ目の『Brownie Points』というブログの「How to Make Sweet Sushi」。これはかなりおもしろい。テーマはフェイク寿司で、マシュマロでニセご飯、ホワイトチョコレートに食紅ならぬ“食緑”を入れてフェイクワサビ。海苔はチョコで、卵もマシュマロらしい。

Wasabi Fake_rice Tamago_sm

 書き手はBrownie Pointsさん。ブログをざっとみるとデザートが強みらしい。チョコプディングやブレッドやプレッツェルなど、かな~り盛りたくさんのブログに圧倒されてしまった。これは相当に手が込んでいるブログです。

Jocelyn_mcauley ブロガーさん。 Tamago_howto これマシュマロ?

【Eaten in Translationさんの日本食ブログもいい!】
 これはメルボルンから日本にやってきた『Eaten in Translation』さんの稲荷寿司。「Recipe: Inari Sushi with Carrot, Enoki and Kiriboshi Daikon」 英語のレシピが参考になるだけでなく、オーストラリアン視点がいいです。

490484590_0e01a23917  美味しそうなお稲荷さん。

 他のページにも焼きおにぎりとかお茶漬けとか、日本食をオーストラリア人視点で、食べたり作ったり楽しだりが満載。"A-I-U-E-Onigiri!" と発音まで付いていて(笑)おにぎりのつくりかたもしっかりあり。お茶漬けは「Literally 'soaked in tea', ochazuke is perfect comfort food.」 文字どおりお茶にどっぷり、完全なる快適食!ですかね)。 

475225302_9adde10eb4 426656999_5a1c0486ed
 http://eatenintranslation.blogspot.com/search/label/fish

 この方の好奇心なら、日本でもEate-Loss in Translation(食べ損なって途方に暮れる)なしでしょう。オーストラリアを舞台に、日本食レストランの苦労物語(SAKURAの春)も書いているわたし、かなり親近感をもちました。

【本格的な食通ブロガーを検索するという妙】
 検索語Sushi”にハマったが、もちろんその他の語、たとえばbeef stew, orange, wheat,
slow food, asparagas, coffee・・・おもしろいように検索できる
。 大好きなのに自分ではうまく作れないPeperoncinoでも何百個以上もブログが検索できる。恐るべしブロガーの食欲。

 検索といえばGoogle。この会社が「世界中の知の体系化」「検索者の意図の正確な把握」「最も頻度の高く普遍的なサイトへのアクセス」というミッションを掲げて、検索エンジンを整備してきたのは有名だが、今のところGoogleで言葉を重ねても、この食ブロガーだけのサーチのようにはゆかない。
  Foodblog

 巷のブロガーが自分で作り、食べ、語り、ハマり・・・という内容の質の高いブログだけ1900を検索対象に選んだfood blog search、プロに限らずブログやSNSを通じてみんながネットで語れるようになった今、検索のひとつの方向だと感じた。

【hmm・・なアドバイス】
 
 Food blog search、ある意味ではサーチエンジンというよりも“コネクトエンジン”、つまり人と食、作り手と食べる人、ブロガーと企業、プロとプロなど、さまざまな結合エンジンになりそうだ。「このレシピならこの食材はいかが?」「ぴったりのタッパーがありますよ」「わたし、これ習いたいです!」「取材させてくれませんか?」などなど。

 こんなつながりがブログサーチから飛び出してくる気がする。わたしとCherryさんが考えているコミュニティもこれにかなり近い。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

カッコいいスポーツジャージに近づきたい!

 いよいよ名古屋国際女子マラソン。最後のチャレンジになる高橋尚子選手、体調はどうなのだろうか?ラストチャンスは弘山晴美選手にとっても同じ。マーラ・ヤマウチさんのことを書いたときに取り上げたセカンドウィンドACからも、嶋原清子選手、加納由里選手、吉田香織選手が出場する。2時間24分の記録を持つ加納選手、26分の嶋原選手も優勝圏内。

08309_nagoya_kokusaijyoshi  大会HPより。

 テレビの前で走る前にブログをアップします。マラソン日和にはジャージが似合う。今日はカッコいいスポーツジャージをテーマに。

【hmm・・なアドバイス47.カッコいいスポーツジャージに近づきたい!】
 『デサント』ブランドより、春先のスポーツモードウェアをコンセプトに開発した
 ジャケット「フォアラブルジャケット」(FOURABLE JACKET)を発売します。
 「フォアラブルジャケット」は”4つの特殊機能(FOUR)”+”可能(ABLE)”の
 ネーミングが示す通り、1.Detachable、2.Packable、3.Comfortable、
 4.Imaginableの機能を搭載したジャケットです。
 
引用元 http://www.descente.co.jp/press_releases/detail/91

0183867_03  プロビーチバレー選手西村晃一さん。

 08年3月から発売のこの商品、ことばの説明だけだとよくわからないが、これはかなり考えて作られたジャケットである。4つの機能とは何か。

080309_jacket01 080309_jacket02

1.熱くなったら袖をはずせ!
 袖ありジャケットとして、またベストとして二通りのファッションができる。
2.左袖にしまえ!
 左袖口をぎゅっとしばり、袋状にして他の部分を折りたたんで収納できる。
3.汗は流すな!
 「超薄手の透明感のあるナイロンマイクロリップ」という撥水性が高く、高透湿な素材を採用した。
4.聴きながら走れ!
 携帯プレーヤーを聴きながら走るランナーに配慮したイヤホンコードをアタッチできるファスナー引き手つき。いいですね。 

L0872f19535102014200_wmain  L0872f19535102014200_wsub1 L0872f19535102014200_wsub2
   アイコのサイトより。

 メンズ15,750円、ウイメンズ14,910円でちょっと高いが、春先の季節にぴったりだし、高機能と利便性、そしてデザインの三拍子がそろっている。

【シルエットにこだわり】
 『ゴールドウィン』からは「ジャージ 新スタイル宣言(すっきりフィット)」「新-美パン」。

080309_campion_sukkiri すっきりフィット 

 08年3月から発売の「すっきりフィット」は、通気性の高い素材・編み方で“ドライタッチ”がポイントだが、写真の通りジャージのもったり感がない“斬新な曲線デザイン”が最大の売り。カラーリングデザインもスタイリッシュに見える曲線が入る。価格はシャツが7,245円、パンツが6,195円。

0180859_01 0180859_02
  フレックス・ストレート     アクティブ・ブーツカット

 もうひとつの「新美-パン」は女性向け。ストレートなシルエットにこだわった「フレックス・ストレート」と、美脚の「アクティブ・ブーツカット」。まるでジーンズのノリであるが、スポーツ消費者のツボをおさえた展開である。わたし的には男性向けもぜひ作ってほしいし、スリムタイプもいいな思う。どちらも6,195円。

 製品写真からもシルエットがそれとなく分かるが、広報予算がなかったのでしょうか、やっぱりモデルが着た写真を発表してもらいたかった。どこ探してもないのだ。

【hmm・・なアドバイス】
 走るマラソン選手を間近で観たことがあるだろうか?その削ぎ落とされた肉体、足の筋肉のスジに驚愕する。あそこまで絞りこみ鍛えないと20分台が出せないのだろう。

 わたしのようなヨチヨチ走りのランナーには永遠に到達できない。だが「着る服から理想の肉体に近づく」のはできるかもしれない。デサントやチャンピオンのカッコいいジャージを着て、身体をカッコよさにだんだん近づける。

 よく見かけますよね、車のデザインの方が乗り手よりカッコいい人や、服はキマっていても着る人がキマってない人。「ちょっとダサくない?」と思っちゃうが、でもそれも“商品のようにカッコよくありたい”という本人の願いがこめられている。消費者の夢とはだいたいにおいてそんなもの。今日は走りを見たあとはサイクリングで夢に近づく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

どらえもんテルミン?アレレなゆびピアノ

  わたしはアレゲなスラッシュドットの一ファン。これまでいくつかのブログネタで助かりました。今回もこれを読んでやったぁ!と拳を小さく握りました。そして相棒のCherryさんに「ねぇねぇ、こんなのあったんだよ!おもしろいでしょ」と話すと、Cherryさんも「買ったら私にも貸してください!」とのたまわれて快諾したのだった。

 だから駅前の本屋へ、帽子をいつもよりも深めにかぶって、小さな子どもがいるかのように装って、小学館の『小学一年生』を買った。その中の付録が目当てだった。喜び勇んで買ったのだが・・・・。

【hmm・・なアドバイス 46.どらえもんテルミン?アレレなゆびピアノ】
 恐るべし「小学一年生」 - NextReality経由で知りましたが、タレコミ人を含む
 皆様の多くもお世話になったでありましょう小学館発行「小学一年生」、その
 最新号(4月特大号)には何と、手指に装着すると「どんな ばしょでも ひけ
 ちゃうよ!」という触れ込みの、「ドラえもん どこでもゆびピアノ ドレミくん」
 なるアレゲな楽器がおまけでついてくるようです。

 引用元 http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/03/06/0353203

0306
      どうがはこっから。おとがでるので、きおつけてください

【どんなばしょでもひけちゃうよ!って?】
 動画の説明はこうある。「どんな ばしょでも ひけちゃうよ! おともだちと なかよく えんそうかいを ひらこう!」 どんな場所でも弾けるという説明、しかも背景が黒い動画を見てわたしはこう思った。 

「空中演奏だ!きっとテルミンなんだ!」 

 すごいな!付録でぽっこりふくらむ『幼稚園』や『小学三年生』の雑誌、書店の中のどの辺にあるのかさえ不明なのに、おっとわりとレジそばにありました。買いました。家に帰ってさっそく開いた。アレゲな記念写真を一発撮りました。

Pict0477 しっかり梱包。

 開いてみれば、各指のサックの裏側に押すボタンがあるじゃないですか!(笑)。指を机で「トントン」と叩く要領で演奏するオモチャだった。しかも親指から小指までがドレミファソ、ラシドは手首につける本体のボタンにある。子ども用だから、オトナの手のサイズにはまったく届かない(はめるのがキツイ)。

 “無接触楽器”テルミンのイベント(第一人者の竹内さんが演奏した)に参加したことがあるのがアダになった。テルミンとは似ても似つかないボタン演奏なのだ!アレゲじゃなくてアレレだった

【中身が見えないから惹かれます】
 年に一度の縁日、見せ物小屋の「蛇オンナ」を思いだした。「蛇に育てられ、蛇の生き血だけを呑み干して・・・」と口上で出てくる蛇女の見せ物だ。外から小屋の中は見えないから、たくみな口上で期待だけがどんどんふくらむ。

Extnews_hebi1130 こっちは蛇の生き血?を呑むらしいが・・・・ 

 誇大宣伝だとはわかっていても(杏アメをがまんして)入ってしまう。かぶりつき待った蛇オンナ、やってきてはマフラーのように蛇の皮を首に巻くだけで、生き血も呑まずに観客をにらみつけて去っていく。え?っと息を呑む間もなく、外に出される。入場料は縁日で最高値の350円・・・なのにまた今年もやられたと思った。

 今も昔も信じやすいわたしはおバカ。ま、550円の本にテルミンが付くわけがないのであった。だが・・・。

【2,300円の『大人の科学』にはテルミンが!】
 だが学研から07年9月に発売された『大人の科学』には、ミニテルミンが付いていた。

Magaimg おぉ!テルミンが付録。 

 1920年、旧ソ連のレフ・テルミン博士によって発明された世界最古の電子楽器
 テルミンは、手をアンテナに近づけたり遠ざけたりして演奏するユニークな楽器だ。
 高周波のうなりから生み出される独特な音色を、付録のテルミンでも楽しめる。

 スピーカー内蔵。トップテルミスト竹内正実の教則本もついてます。

 単三電池4本、スピーカー内蔵で音が立派にでるらしい。定価は2,300円とちと高いが、まだ購入可能である。アンプと接続する改造もできるとかで、ちょっと惹かれています。

【hmm・・なアドバイス】
 結局、雑誌の付録とは「来月は何かな~」と期待を膨らませる古典的なティーザー(じらし)キャンペーンである。待って、買ってきて、開けるまでが楽しい。バレたらこんなものか・・・としぼむ。だが大丈夫、来月号がある!次号予告でまた騙されるのが楽しいのだ。

 『小学一年生』の来月号は『ドラえもん 光るマジカルウォッチ』だ。今度はCherryさんの番です(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

リゾートしらかみと全日本単線電車サミット

 誰にも「ちょっと苦手だな」というタイプ、誰しもいますよね。朝オハヨウのひとつも言わない人も実に嫌ですが、ちとつらいな・・なのは「とっつかまると延々と趣味のウンチクを話される人」。ウンチクの代表格は「鉄ちゃん」、鉄道マニアでしょう、やはり。

 電車は嫌いじゃないし、ウトウトできるし、車よりエコにもいいのですが、鉄道マニアの世界は実に狭くて深い。語るととまらない。マニアは語るよどこまでも~♪ 今週は自転車、歩数計ときて(一日おいて)鉄道車輌展示会と鉄ちゃん語りがテーマです。

【hmm・・なアドバイス 45.リゾートしらかみと全日本単線電車サミット】

 青森・秋田を結ぶ「五能線」を走る人気列車・リゾートしらかみ「くまげら編成」が
 上野駅にやってくる!

 引用元 ポスターより 

Photo

リゾートしらかみの展示イベント、今年は上野駅で開かれる。明日08年3月8日の土曜(10:30~16:00 入場は15:30まで)と、9日の日曜日(10:00~14:30 入場は14:00まで)に、13番ホームです。鉄ちゃんは遅れないように集結しましょう!

Title

 イベントにあわせて、五能線の観光情報提供や来場記念撮影コーナー、オレンジカード(まだあったんですね♪)やグッズ販売もあるので、鉄ちゃんならずともこの春「しらかみリゾート」に旅しようと考えている人は、ふらりと訪れるときっと予行演習にもなります。

【リゾートしらかみの魅力】
 このディーゼルカーの現物展示は、これまでも上野駅(05年青池編成、07年ブナ編成)、品川駅(03年ブナ編成、06年くまげら編成)などで行われている。

Sub_img01 Sub_img03
 大きな窓で日本海をパノラマ一望ができます。まさに絶景であります。ボックス席もまたよし。ベンチ型のシートなので、小さな子どもも寝っころがることができる。仲間でワイワイ行くためには4人で予約がいいでしょう。あるマニアの写真ですが、こんな風にフルフラットにもなる。テーブルも実によく考えられている。

Resort_seat3 Resort_seat4

 先頭車両の展望ラウンジは、津軽三味線の生演奏と津軽弁の語りべ実演があるというフリースペースになっているそうです。これもリゾート電車ならではの良いアイデア。液晶モニターではDVDによる観光案内などが映されるそうですが、例のJR東日本がポスター展示を拒否したとされる岩手県の蘇民祭(はだか祭り)の模様は映されないでしょう(いや余計でした)。
 Sub_img04 Sub_img05

 毎年多くの鉄ちゃんや家族連れで賑わうこのイベント、その理由はやっぱり“現物の魅力”でしょう。ポスターや画像では味わえないのが現物展示の迫力です。

【電鉄会社の経営は楽じゃない】
 話しはガラリと変わって、千葉のいすみ鉄道。千葉県夷隅エリアを走る第三セクターのローカル電車です。一両編成で大原から上総中野までトコトコ走るこの電車、経営は長年にわたり赤字である。06年の赤字は約1億2,700万円だった。社長を公募したので有名になりましたが、これは09年度決算でもまだ収益改善の見通しが立たないならば廃線も、という瀬戸際に立たされているからです。

203  がんばれ、いすみ鉄道。

 赤字電車はもちろんここだけではない。同じ千葉県の流山電鉄つくばエクスプレスの開業以後赤字がかさんでいるというし、ぬれ煎餅で一躍有名になった銚子電鉄も一度倒産している。今は経営が安定しているそうですが、それも旅客収入より煎餅収入のおかげとも言われる。

Amajyuoyu011  有名なぬれ煎餅

【97社中75社が赤字という業界】
 日経スペシャル「ガイアの夜明け」の放送の記事によれば「JRと大手私鉄を除くいわゆる地方鉄道は、現在全国で97社。そのうち赤字経営に陥っている地方鉄道は75社にも及ぶ」。日本民営鉄道協会によれば、02年から07年までの5年間で15社、20路線が廃線においこまれてきた。

 廃線になった例もあるし、DMV(デュアルモードビーグル)という最新式の路面電車に変わって生き延びた例もある。DMV、エコな燃料電池車も開発されているそうだから、これからどんどん増えてもらいたい。バスとは違う鉄のレールを走る魅力、鉄ちゃんならずともわかりますので。

【hmm・・なアドバイス】
 経営改善のための事業売却や社長公募もよいと思うが、それは究極の手段。リゾートしらかみの車輌展示からヒントを得て、「現物展示と鉄ちゃんの力」を借りたい。それは・・・

全日本単線電車サミットの開催!

 一年に一回、全国の赤字路線の単線電車をどこかのローカル駅に集結・展示します(サミットのように持ち回りでもいい)。期間中に一般の鉄ちゃんに「車輌の内外のデザイン」「乗り心地」「メカ」「設備・装備」「地域観光資源」「経営改善アイデア」など、どんどん語ってもらう特設ブログをつくってもいいし、語り合うイベントの開催もいい。とにかく語り尽くそう!というノリです。

 メインイベントは鉄道の語り部(たとえば元マイクロソフト会長の古川享さん)や電鉄会社の経営者を招き、経営改善のパネルディスカッション。電鉄会社の経営評価や自慢話し、鉄の識者からの運営改善アドバイスがその内容です。ポイントは現物車輌の展示です。車輌を目の前にするからこそ、コンテストにも語り合いにも熱が入ります。パブリシティにもなります。

 想像してみてください。地方からサミットのために、お化粧したローカル電車がトコトコやってくるなんておもしろいじゃないですか。3セクに赤字電車をおろしたのですから、JRさん、協力お願いします!くわえて鉄ちゃんがトコトン語れる場をつくれば、一般の人は鉄のウンチクを垂れられることもなくなりますので、これまさに一挙両得(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

早割でも遅割でも、ご結婚は計画的に

今日はビジネスメディア誠での連載「“うふふ”マーケティング」へのリードです。

早割でも遅割でも、ご結婚は計画的に
  早割ではなく「遅割55プラン」をご存知だろうか? 海外挙式の基本料金が
  5万5000円で、申し込んでから55日以内に式を挙げるというサービスだ。
 ウェディング需要が縮小する中で、“遅割”で狙うターゲットとは。

 いよいよ春の陽気。春はあけぼの、人生の出発点です。出発点には愛あり。愛あれば結婚式もあります。2月14日のバレンタインデーに「まっすぐな愛の話」を書いたあと、3月になったら結婚話も書きたいとひそかに思っていました。

 そんなところにワタベウェディングから『遅割55プラン』という新商品が発表されて「これだ!」とひらめきました。ちょっとしたご縁もあって広報室に取材を申し入れました。創業55周年記念キャンペーンでとてもお得なプランだし、キーワードの「海外挙式」「55日以内」というところに昨今のウェディングトレンドを感じました。

 実はタイトルは、これとは違って「分けて離れて寄り添ってXXXX」という案で出稿しました。ですが意味不明なのと、先週の連載のタイトルが“上げて寄せて”だったので、また同じじゃ・・・と変更されたようです。“上げて寄せて”のタイトル案も元の案から少し修正されましたが、それもきっと吉岡編集長がしたはずです(笑)。いつも拙文に愛をいただき、ありがとうございます。 

Pict0361  ある結婚式でのケーキ。

幸せ産業の働くことの幸せ】 
 それにしても“幸せ産業”で働くのは良きことです。毎日人が幸せになる商品をつくり、企画やサービスを考え、実践する仕事、とてもいいと思う。結婚産業はまさに幸せ産業の代表格です。

 邸宅ウェディングで一世風靡したテイクアンドギヴ・ニーズには、ひところ入社の応募書類がテンコ盛りだという話しを読んだ覚えがあります。今もそうなのでしょうか。結婚産業ではないですが、手作りグッズ企画・通販のフェリシモも同じで、待遇とか給与なぞ一時たりとも考えずに「とにかく働きた!」という女性で年中引きも切らずというらしい。

 結婚と手づくりの共通項は「幸せ」であり「楽しい」でしょう。女性は幸せに敏感です。そこが「社会のために・・・」とか理屈をつけたがる男と違うところです。お客さまが幸せになるために、自分が何ができるか、今の仕事の中でもきっと見つかる。がんばってそんな気持ちで働きましょう。

【国際的な国内挙式のトレンドもある】
 さてわたしの与太エッセイを読んでも非婚や晩婚トレンド解消にはまことに微力ですが、なぜか今年に入って、わたしの周りで続々とあるのが“国際的な国内挙式”です。意味不明ですが、そのココロは「日本人女性が外国人男性と神前挙式をする」です。このパターンで知人でひと組確定(おめでとう、Makiさん!)、そしてもうひと組も今月中には決まるのではないでしょうか。

 Makiさんには外国人がよくにあうのは間違いありませんが、なぜ神前なのか?ボーダーレス with Godな結婚に踏み切ったMakiさんに今度会ったら、聞いておきます。しかし・・・ニッポンの独男よ!もっとがんばれ!いつまでも「いつかはきっとMen'sゼクシィ」ではいけません。

 外国人にはどこか神秘的は神社、日本人にはおみくじの場所です。ええいままよ!と運まかせで引いた結婚、吉がでればよし、凶が出ればこれから良くなる一方と考えますか・・・。おっと身からボロが出ますので今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 5日 (水)

歩数計は“腰ふり”フリーへ!

 みなさん、自分が一日に何歩くらい歩いていると思いますか?あるサイトによれば、普通の事務職種の人は5,000歩ぐらい、自営業の女性は7,500歩社長は4,000歩(社長室にこんもり?_笑)だとか。これ・・・あんがい歩いているのか、いないのか。そのサイトでの比較例は、幕末の要人、勝海舟。彼は一日に実に2万歩くらい歩いていたとされます。徒歩で出社(登城)していたからですが。

 ヨコムネ美人もメタボリック撲滅も基本はウォーキング。最近の歩数計は実に長足な進化を遂げているそうです。

【hmm・・なアドバイス44.歩数計は“腰ふり”フリーへ!】
 この4月から始まる「特定健診・保健指導」(いわゆるメタボ健診)をねらって、セイコーエスヤード株式会社が08年3月下旬から発売する3つのタイプの歩数計。

3
 『ウォーク・ノート』『スリムスティック』『五街道』と3つのラインナップ。

 一挙に3つの理由はターゲットが3つあるから。ウォーク・ノートは「健康をそろそろ意識しだしたメタボリック予備軍」、おしゃれなスリムスティックは女性向けで「ウォーキングやダイエットを意識する20~30代女性」。遊び心の五街道は、じっくりしっかりのウォーカー向けでターゲットは中高年。歩数計もターゲットマーケティングの時代です。

Sei_10

 3種に共通する特徴は「ポケットに入れる/バッグにしまう/ストラップにして首から下げる」など携帯のしかたいろいろができるところ。腰につけなくていいのが特徴。

【スリムと宿場から宿場へというコンセプト】
 おしゃれな「スリムスティック」に惹かれました。歩数計といえば運動ギア丸出しというデザインばかりですが、薄型(8mm)で12gという軽さ、携帯プレーヤーのようなデザイン、まるでガムのパッケージ。液晶パネルにアニメやメッセージまで表示されるところは“歩くタマゴッチ”です。 

Sei_05s これは歩数計というデザインを超越。 

 「五街道」は累積歩数や累積距離から、5つの街道(東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道)の宿場をどれだけ歩いたかを、地図と数字で表示する機能がウリである。中高年ウォーカーにはウケる。わたしなら奧の細道(奥州街道)を歩き、宿場到着ごとに川柳でもひねりたい。

 3タイプともに表示は「歩数」「消費カロリー」「歩行距離」「脂肪燃焼量」「歩行時間」そして「エクササイズ値(Ex値)」。

【エクササイズ値とは?】

 聞き慣れないエクササイズ値とは、厚生労働省が定めた“身体活動の量を表す単位”で、活動強度に実施時間をかける。水泳やランニングなど強い運動は8、ゴルフや自転車は4とされており、それに実施時間をかけるとエクササイズ値がでる。

Ex

 “1エクササイズ”はその人の体重によって40~90キロカロリーに換算される。どのくらい運動したらカロリー消費がどのくらいかの目安になるので便利だがネーミングはイマイチ。せっかくメタボ流行りなのだから「1メタボ」「2メタボ」にすればインパクトがあった。

【腰フリーで先行したのはオムロン】
 最大の特徴は「腰ふりからフリーの歩数計」。万歩計の時代(ちなみに万歩計は登録商標)、歩数計測のためには、腰に着用する必要があった。だが歩数計に「3Dセンサー」を搭載するようになって、腰フリフリから解放され、ポッケにもバッグにもOK、首からの“胸ブラ”でも大丈夫。

 さきがけは2004年発売のオムロン『ヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT』から。

519syne6bal_aa280_  41dvmg711rl_ss400_ 51jy5mhahdl_ss400_  

 この商品、専用のUSBケーブルをPCに差し込み、歩数計データをパソコンに転送しソフトウエアで管理するというアイデアもある。腰フリーのセンサー、オムロンでは「加速度センサー」と呼んでいるが、制御技術といえばオムロン、元祖の技術力はさすがである。

【タニタでも腰ふりフリー】
 タニタでも腰ふりフリーのセンサー付きのタイプの歩数計あり(4000円/4500円)。

Fb722_04 Fb722_06 Fb722_05

【hmm・・なアドバイス】
 わたしたちは商品を見るとき、実に思いこみに支配されている。これらの歩数計からそのことに気付かされました。

気づき1:歩数計、腰につけるという思いこみ
昔の歩数計、男性ならベルトにはさめるが、女性はベルトをしていない。していてもそれはファッション。万歩計なんてNGです。機構上から正確な歩数計測に腰付けがよかったのだろうが、かっこわるいし腰のあたりも気になった。だからユーザーが広がらなかった。腰ふりフリーなら、携帯プレーヤーやデジカメに歩数計が付いていてもいい。My水筒ボトルの底につければ、水補給しつつ歩けます。

気づき2:表示は数字だけという思いこみ
数値だけでは味気ない。たとえばメタボ値を入力すると“メタボ・アバター”がポヨっと登録される。それをたまごっちみたいに「やせていく自分を育てる」のもいいでしょう。でも歩いても歩いてもやせない“いつまでもプヨ・アバター”は見たくないですね♪

気づき3:歩数計が要るという思いこみ
auでは08年2月から『au Smart Sports“Run&Walk』を提供開始(同僚のjneomanさんから教わった)。携帯のGPS機能で位置計測して、走ったり歩いたりの移動を測り「距離・タイム・速度・消費カロリー」を送信記録できるそうです。なるほど、携帯さえあれば歩数計要らず、ですね。

 Au_runwalk

 商品の差別化ポイントとは「マッサラな視点で、自分が感じることを感じられるか」。感じすぎて「おぉ、自社の製品は・・・要らないじゃないか!」とひらめいてしまっても、そこにも新しい商機がありますので、ご心配なく。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 4日 (火)

自転車メッセンジャーへのトリビュート

 まるで台風、春の嵐のような春一番では、日光の杉並木も倒れた。今度は黄砂のおかげでモヤっているし、黒い車が黄色い点々が付いていた。視界も不良なら、砂埃で目元もつらい。魔女のキキメリーポピンズも、飛行運転がきっと定まらないだろう。

 飛ぶ魔女だけでなく、自転車乗りにもまたつらい日々である。特に仕事で毎日自転車に乗る自転車便(メッセンジャー)にご苦労さまと言いたい。今日は自転車メッセンジャー・ライダーへのトリビュートをテーマにします。

【hmm・・なアドバイス43.自転車メッセンジャーへのトリビュート】
 まず最初は駐輪スペースについて。オフィスビルによっては自転車駐輪まかりならぬ!というコーンを立てて、自転車を排除しようという動きもある。これは近くのビルの周りの「自転車駐輪禁止」のコーンだ。 

St330002  駐輪禁止とラベルあり。

 環境にやさしい自転車を目の敵にせず、無断駐車の自動車をもっと取り締まるべきですよ。歩道駐輪はダメですが、強風の中の走行で疲れて駐輪さえできないなんて・・・・かわいそう。彼らはいつも盗難の危険と隣り合わせでもある。そこで紹介したいのが、スタイリッシュでカギ掛けもかんたんな“バイク駐車ラック”。

641 

 ミニマルでシンプルなフォルム、タイヤ止めやカギ掛けのデザインまで、美しい一貫性がある。よく見かけるあのレールにタイヤを入れる駐輪スタンドとは比べられないカッコよさ。このデザインなら、都心のコンテンポラリーなファッションビルにあっても景観を損なわない。商品化はこれからだと思いますが、ぜひ大規模オフィスビルも商業施設も、採用を検討してほしい。 

643 642

 デザイナーはストリートファニチャーデザイナーのRoel Vandebeekさん。彼のデザインしたベンチもいい。並列のベンチにはできない、コミュニケーションを誘発するねらいだろう。

Sfeerbeeld_overrvdb Sfeerbeeld_rvdb  

【ノーベルなアイデアのポンプ】
 自転車野郎へのトリビュートの2つ目はGoodなアイデアのエアポンプ、『ZorinPump』。問答無用で画像を見てください。 

Zpump5 サドルがささえ。

 「おや、タイヤの空気圧、落ちている。、自転車屋どこにあったっけ・・・」 だがメッセンジャーの走る都心では自転車屋なんて滅多にない。あってもフレンチバルブの空気入れが無いかも知れない(たいていのメッセンジャーバイクは仏式バルブ)。そんなときに「シートの下に格納された空気入れ」でぽこぽこできる!なんてノーベルなアイデア。

19_logo

 バイクは極力軽くするのが鉄則(と同僚のjneomanさんも言っていた)。だから重さが気になるが、普通のシートパーツよりたったの100グラムしか増えないという。それならぜひ一家に一台ならぬ、「一尻に一台」。メッセンジャーさんだけでなく、自転車で旅する人にこそうってつけ。開発会社はこちら
 7bfdd8c258f164ae4656c781bc9e1fd1 不条理なアートにも見える(笑)。

 写真のタイプで45ドル(約5,000円)。まだ日本には未上陸のようですが、メッセンジャーのバイクはシートもこだわりがある。だから日本に上陸するときには、シートのカスタマイズが出来るようにしてほしい。これは売れるでしょう。

【ごくろうさまを笑顔に!】
 逆風や黄砂の中、今日もへとへと・・・でしょうか。都心を走るメッセンジャーの人々がだいたいどの辺りに住んでいるか知らないが、「さぁ仕事終わり」・・・でも家への帰途も自転車ですよね。疲れても置いてゆくわけにはゆかない。だからスマイルをひとつ。

Imagephp

 これはInstitute of Contemprary Artsという団体が主催した「ワンタイム・アート」、一発芸術ですね。そこでデザイナーのMoritz Waldemeyerさんは、LEDでホイールを飾ったこのスマイル・デザインを出品した。

 彼のコメント。「自転車は自分の持ち物の中でも大切な宝物のひとつ・・・これを外に目立つところにおくと、道行く人も“あ!スマイルだ!”と気持ちよくなる」 笑う自転車自身も、疲れが飛んで気持ちがよくなります。

【hmm・・なアドバイス】
 ある人がメッセンジャーについてこう話していた。「高等教育を受けて、あんなこと(肉体労働)をするのは日本にとって損失だ」と。一理はあるが、嫌な言いかただと感じた。

 高等教育を受けた人みんなが、官庁や金融業や大企業に勤める必要もないし、オフィス業務だけが人生とは限らない。風に向かい、押されて、一体になってメッセージを手渡す仕事があってもいい。アタマだけで仕事するからウツにもなるしメタボリックにもなる。地に足が付いたヘルシーな生き方も悪くない。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信頼は同僚への愛、仕事への愛から。

 今週掲載するビジネスメディア誠のエッセイのテーマ、“愛”と“結婚”です。まだ吉岡編集長にも出稿していないのにバラしてすみません(笑)。

 それを書きながらフト思うことがありました。お客さまにとって良き仕事、組織にとって良き仕事、社会にとって良き仕事の原動力はやはり“愛”。いわゆる男女の愛だと職場愛になるので、それはちと別のこととして(笑)、仕事を愛する、お客さまを愛する、組織を愛する・・・根本にあるのは愛することです。

 愛があれば、仕事で曲がったことをやりそうになったときこう思うはずです。「ああ同僚が何ていうだろうか?」「相棒にあわせる顔がない・・・」 だからちょっと待てよ、やめとこう。苦しくても、お金にはならなくても、やるべきことをやろう。それが愛。

 社会や組織にはルールも規則も必要ですが、曲がったことが起きるのは、組織や仕事に愛がなくなったとき。フタを締めるだけでなく、中身の愛のチェックこそたいせつです。いかに仕事愛を高めるかを考えるのが、経営者の仕事であり、コンサルタントの仕事でもある。

 ちょっと書いておきたくて書きました。今日のhmm・・なアドバイスは夜掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ひとさし指に風を感じて

 今日は隔週で書いているぷろこんエッセイからの転載です。
 テーマは“指”です。

 宮里がパー3の3番でつまずいた。第一打を池に入れてダブルボギー。
 上空にティーグラウンドでは気付かない風が吹いていたそうで「ショット
 自体はすごく良かった。わたしの責任でもありキャディーの責任でも
 ある」と悔しそうだった。

 米女子プロゴルフツァーHSBC女子選手権(シンガポール)に出場した
 宮里藍選手の言葉 日本経済新聞 2008年3月2日付記事

          ~○○○○○○○○○○○○○○○○~

 ゴルフでは風を読むときよく芝生をつまんでひょいと投げる。落下する
芝生の動きを見て、「アゲンスト(逆風)だな」「ヨコなぐりだな」「少しだけ
フォローの風が吹いている」などと読んで、アドレス(かまえ)やクラブ、
強弱の参考にする。指でつまんで投げる ― なんとなくその仕草がプロ
ぽくてやってみたこともあります。まったく仕草だけですが。

 というのもわたしのゴルフは「下手の横好き」ならぬ「下手の横飛び」
でした。ティーグラウンドでアドレスに入ると、いっしょに回る人々が危険を
察知して、後ずさりするようになりました。じっさい、打ったボールがコース
から大きく逸れて、フェンスを越えて走る自動車の屋根にぽーんと跳ねた
ときもありました。そのまま走り去ってくれたのは幸運でした。ゴルフを
やめたのは正解ですね。

 だから芝を指でつまんで投げるなんて、宮里藍選手のような正確な打球
が打てるプロがすることであって、横飛びがすることではない。まして地上
ではなくて上空の風まで読むなんて・・・プロは違うなぁと思いました。

          ~○○○○○○○○○○○○○○○○~

 そんなわたしは、風を読み風をつかむときにはひとさし指を立てます。

 この商品のポイントはこれだろうか。あの事業買収のねらいはそれだろうか。
あの人事のねらい、ほんとうはこれこれにあるんじゃないか?読みをいれる
とき、心の中だけでなく、ちゃんと右手のひとさし指を立てて、風を感じます。

 指に風を感じるときはGood。
 指が風を感じようとするときはBad。

 ちょっと哲学的ですが、アイデアは降ってくるものをつかむ作業であって、
つかまえにゆくものではない。つかまえにゆこうとすると、ロクなモノをつかま
えない。だから風を感じるか感じないか、風まかせというか“指次第”。

 指が何も感じないときも多々あります。そういうときはアイデアの枯渇、感性
の鈍りなのですが、「スランプ」ではなくて、感じる前に指をしまってゲンコツに
しているのだと思うようにしています。だから「指よ、隠れるな。立っていろ」と
諭して、心の指も立てるようにします。

 そんなとき思いだす“ひとさし指エピソード”があります。スープストック・トー
キョーの提案事例です。この事例、ひとさし指にピピンと感じるところがあり
ました。ピピンは「一人称」「一日」「指で味を取る」と、指一本に通じてます。

          ~○○○○○○○○○○○○○○○○~

 スープストック・トーキョー事業は、起業した遠山正道さんが所属する三菱
商事からケンタッキーフライドチキン(KFC)に出向した97年にさかのぼります。
遠山さんから見るKFCは「時代遅れ」。当時、日本は外食不況まっただなかで、
アメリカンそのもののでっかい厨房やドライブスルー、ペイしないばかりか、
感度が低いと考えました。これからは「低投資、高感度」なちっちゃいお店が
いい。これが遠山さんの提案の底流の時代感覚です。

 そんなある日、仲間とのレストランでの会話で、ふと「女性がひとりでスープを
飲むシーン」が心に浮かびました。その話しをみんなに話すと「いいじゃない
それ!」となりました。そこからスープストック・トーキョーのコンセプトを、全
13ページの企画書『スープのある一日』にまとめました。

 その企画書には3つの指1本がありました。一本目の指は“一人称”。

 企画書はこんな始まりだそうです。「恵比寿にある日本センタッキー・ブライト・
キッチンの秘書室に勤める田中は、最近駒沢通りに出来た(仮称)Soup Stock
の具沢山スープと焼きたてパンが大のお気に入り・・・」という始まりの“物語”。
主役の女性がその店舗を想い、店舗に訪れ、メニューを選び、ほっとしてひとり
でスープをすする・・・一人称の企画書でした。

 二本目の指は“スープのある一日”という視点。

 朝っぱらから、今日は何食べようか・・・とランチのことを考えているなんて!と
部長さんからはドヤされそうですが、人間の生活、リズムがあります。朝の寝起
きの気分、通勤途上の出来事、会社に入る前のコンビニでのペットボトルのチョ
イス、PCに電源を入れて思い出す今日のTo Do Lists・・・そんな一定のリズム
ないしサイクルにあるのがわたしたち消費者。ランチも重要な要素です。

 そんな物語の提案を3人のレビューアにぶつけました。当時のケンタッキーの
社長と副社長、そして今ローソンの社長の新浪さんでした。企画書の表紙には
我が子の写真さえ貼る意気込みにほだされたのか、その場で「それほどやり
たいなら、やってみろ」とゴーサインが出たそうです。

 とりあえずスープを煮込んで“煮えてるかな?”と指をちょこっと入れてペロリと
味見する。それが三本目の指です。

1 遠山さんの企画書

          ~○○○○○○○○○○○○○○○○~

 補足します。まず“一人称の発想”とは、「自分自身がそう感じているか?」
「それで自分は満足なのか?」 アイデアでも企画でも日常業務でも原点は
一人称で考えること。自分を満足させるのが、自然に顧客視点になります。

 二つ目の“スープのある一日”の視点とは、スープと秘書室の田中さんの
接点はランチでも、その接点を持つまでの期待の気持ち、接点後の満足の
気持ち、幸せになった一日全体を顧客満足として考えています。一日が
一ヶ月や一年というスパンでも同じですが、接点を通じて全体プロセスを
考えることで、自社の商品だけではなく、顧客の生活の全体を見渡すことが
できます。

 三つ目は比ゆですが“ひとさし指を時代にさしこんでみる”ということ。熱々の
スープに突っ込むとアチチでヤケドしますが、ときにはそれも必要。頭(理屈)
でなく指(感性)で感じているか?ことわざで「流れに棹を差す」と言いますが、
指を突っ込んでみれば時代の流れもわかります。

 ひとさし指を立てて自分に吹いてくる風を感じて、あたりを見回して、指を
くるくる回してみる―誰かに見られると「変な人!」と言われますが、やって
みてください。 

2 遠山さんのブログより。

          ~○○○○○○○○○○○○○○○○~

 宮里藍選手の昨年来の不調も気になります。不調の原因はゴルフ場に吹く
風の読みというよりも、どうも自分に吹いてくる風をつかまえられないのでは
ないか?プレッシャーさえも楽しむ“一人称のプレー”ができているだろうか?

 横飛びですからゴルフのことはよくわかりませんが、良いショットも打ちに
ゆくと力が入る。時には風まかせぐらいがいいのかも知れません。春一番で、
飛んでくるのが花粉ばかりかもしれませんが(笑)。

 今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 2日 (日)

ダイニングテーブルでビリヤード

 親戚にお金持ちがいた。小学生の頃、1ヶ月か2ヶ月に一度、都バスに乗って、その家にお使いに行くのが楽しかった。ちょこっとお駄賃がもらえるだけでなく、ふだんの庶民の生活からふっと抜け出して、夢の生活をかいま見れるからだ。

 その家には50㎡は下らないサイズの地下室があり、真ん中にひとつ、奧にひとつテーブルがあった。真ん中にあるのはテーブルではなくビリヤード台、奧のテーブルで麻雀卓だった。小さなバーカウンターもあった。その家(4階建てくらいだった)はどの部屋も驚きに満ちていたが、よく思い出すのはその地下室である。

 そんな地下室が無くても、これなら(いつか)置けるかもしれないというテーブルが今日のテーマ。

【hmm・・なアドバイス42.ダイニングテーブルでビリヤード】
 For years, dining tables have been an object of design. They come in all shapes,
 materials and styles but they all remain basically mono-functional serving as
 a dining table only.(中略)
 When it comes to family home entertainment, the Fusion table has everything
 needed to create those unique memorable moments to share. Convertible in
 just seconds, the Fusion table transforms a design dining table in a high quality
 billiard or game table.

 引用元 http://www.fusiontables.com/en/

 「これまでダイニングテーブルといえばデザイン家具だった。かたちや素材やデザイン
 がテーマで機能としては“食事をする”だけのものにすぎなかった。(中略)ファミリー
 の娯楽タイム、Fusionテーブルはわすれがたいメモリーをシェアできるユニークな
 機能を提供します。たったの数秒でダイニングテーブルが高品質のビリヤード台や
 ゲーム卓に変身するのです

Tavolo_divertimento1

 おっぉっと!これはいいじゃないですか。普段は6人~8人掛けのダイニングテーブル、天板を外すとビリヤード台に変身!それも遊びぽいものではなく、とても本格的なテーブルなのである。 

108001

【ダイニング、ときどきビリヤード】
 テーブルと台座の厚みは合計115mmなので普通のテーブルと変わらない。天板の裏側には凹みがあるようで、キューもボールもチョークもすべてそのままでかぶせてしまえる。だから開ければ即ゲームができる。

Design2   Design3

 台の高さもポイント。ダイニングのときは高すぎるとダメなので30インチ。プレーのときは3インチ(7.5cm)上げて33インチにする機能が付いている。ポケットの部分は穴が開けられ、ボールをヨコちょに逃がすような構造になっているらしい。

Design5  Quality4 

 オプションでAramithブランドのビリヤードグッズ・セットや、さまざまなカラーのクロスやルーレットなど他のゲームのクロスまで準備されている。

Premium_kit Tavolo_divertimento3

【昔日本にあったダイニング兼エンタメのテーブルとは】
 開発したのはベルギーのSaluc社で、元々は化学品会社だったが、1950年にビリヤードボールの製作会社に改組した。Aramithの商標で世界85ヶ国にビリヤードボールを輸出し、マーケットシェアは80%を占めるとされる。ビリヤードを家庭に普及させよう!というのがねらいでしょう。
 Fusion 普通のダイニングですね。

 日本人にはとても発想できない・・・と思いきや、日本にも似たものがありました!コタツの台の裏側、昔は緑色のフェルトが貼ってありました。そうです・・・雀卓!になるんです。

Img25854607 見た感じ、木質系じゃありませんが。

 楽天で見つけたこの商品、「ゲーム電気こたつ」という名称で販売されています。作りはちょっとプラスチックぽいですが、まさにこれです。昔のこたつは裏側は緑のフェルトが貼ってあり、麻雀だけでなく花札(やりましたね!)やトランプができました。なぜ無くなってしまったのだろうか?

【hmm・・な活用編】
 ONとOFFの二面性ありのテーブル。どんなときに力を発揮するか?

 たとえば会社の会議室に欲しい。ケンケンガクガク、口角泡飛ばし会議が続く。だが会議は踊り、何時間たっても意志決定ができない。さてどうしたものか・・・手詰まりだ。そんなときふと思い立ったように社長が言う。「テーブルの天板を外せ!スリークッションで採決しようじゃないか!」 なんてどうでしょうか?(笑)

 違法賭博場にもいい。賭博もタケナワの頃、不意に見張りの叫び声が響く!「サツだぁ!ガサ入れだ!」 あわてふためく場内、ほどなくサツ(またはFBI)が登場する。「動くな!フリーズ!」 だがテーブルにはルーレットもチェッカーもきれいさっぱりない。台の上にはミシンやアイロン台が並び、男たちが一心不乱に縫い物をしている。

 サツがうろたえて言う。「な・・・なにやってんだ、お前ら!」
 「見ての通り、キルティングサークルなんですよ」 なんてないですよね(笑)。

【hmm・・なアドバイス】
 ウチでビリヤードやりたし思えども、場所もなければ台も高価なので、たいていの家庭でムリだ。わたしの親戚は例外中の例外。ならば普通のダイニングテーブルでビリヤード、できないだろうか?その発想で、従来無かった新しいビリヤード市場が創出された。

 雀卓こたつだけでなく、テーブルにネットを張るテーブルピンポンもそう、マッサージ器付きの座椅子も同じ発想だ。業務用の商品を家庭に持ち込むには、家庭で普通に使っている家具や家電製品に機能を複合させると、新しい需要が喚起できる。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

フリーバス 自由設計の悦楽

 3月になりました。一年のうち2ヶ月が終わりました。おおもう二ヶ月・・と焦る気持ちはさておいて、まだまだ三寒四温が続きます。寒くなる日も多いこの頃、しっかり温まりたくてお風呂をテーマにします。

 フリーバス企画という会社、住宅設備会社としてはちいさな規模ですが、自由設計のお風呂の施工がメインというユニークさ。お風呂と言えばユニットバスと相場が決まっていますが、それじゃ我慢できないお客さまも増えている。お金ができたらこのお風呂を!と思う良さがあります。

【hmm・・なアドバイス41.フリーバス 自由設計の悦楽】
 ユニットバスは、各メーカーがパッケージ式にセットで販売している物が多く、
 こだわりのある、あなたの要望を十分に満たす状態でバスルームを仕上ることが
 難しいといった現実があります。ユニットバスでは採用することが出来ない浴槽
 (木製の浴槽 大型浴槽…)、天然石、タイルなど、デザイン面・機能面の両方で
 納得いく組み合わせでバスルームを作りたいと思いませんか?

 引用元 http://www.free-bath.co.jp/index.html

Ptf_1103  木のお風呂ですがジャグジー。

 フリーバス企画、その企業名称そのままにお風呂の自由設計がコアコンピタンスである。市販のユニットバスは「漏水が無い」「工期が短い」「リーズナブル」などのメリットがある一方で、画一的でお風呂にこだわる人には満足できないことも多い。だがゼロから作ったら何ヶ月もかかる。

 そんな意識の方々を対象に、「ドア」「窓」「壁床材」「浴槽」「水栓」「照明」を自由にセレクトし、ひとつだけのお風呂をつくるのがフリーバス企画のサービス。ユニットバスの良い点を活かしつつ、セレクトの良さを取り入れた設計施工が売りである。

【施主のお風呂への想いをていねいに作り込む】
 プロセスは同社バスルームコーディネイターと施主の話し合いに始まり、ニーズを提案書と見積書にする。選ぶ部材はかなりバラエティがありそうだ。HPの施工アルバムを見るとドイツの水栓、伊豆石のタイル、透明強化ガラスの壁面、ホーローの浴槽などあり。

 成約後、承認図面を引き、承認を得てから、浴槽や壁床材などの製品の製作やユニット製作にかかる。それに2~3週間、施工と工事には2週間ほど、合計1ヶ月以上となる。だからユニットバスメーカーの標準的な工期(2日~3日)とはまったく比べられない。そこでは勝負をしていない。 

Ptf_0201 Ptf_0202 Ptf_0203
 伊豆石とエステックウッド(木材)で温泉気分、なんというぜいたく!(同社HP

Ptf_0501 Ptf_0503 Ptf_0502
 これも伊豆石とエステックウッド。ベンチがいい。脱衣室もすばらしい(同)

【エステックウッドのお風呂とは】
 この木のバスタブ!いいですよね。木の素材のエステックウッドとは何か。エステックウッド株式会社の製品で、エステック処理という分子レベルでの特殊な処理を施し、含水率0%の木をつくる(加工直後の数値)。だから伸び縮み・歪みがきわめて少なく、ヌメリ・カビ・腐れも起こりにくいとされる。薬品処理無しなので安全だし環境にもよい。バスタブにはもってこいの素材(同社では水漏れ10年保証をうたう)。

F01
 床・壁込みのFシリーズで320~360万円。浴槽だけなら100万円ぐらいから。

 そのエステックの浴槽、マドリードの5つ星のホテル『ホテルプエルタアメリカ』のジャパニーズスタイル室にも採用された。お風呂で部屋の予約をしたくなる。

Supein4 5つ星ホテル。

【良いお風呂をつくるために】
 学校を卒業して、住設メーカーに入社し、毎日毎日、売り上げアップのことばかり
 考えていて自分が何をするために生まれてきたんだろうと疑問を持つようになった
 んです。「大企業に挑戦だ!」(かっこよすぎるかな。)を基本に日々頑張っています。
 「浴室に、こだわりたい」「浴室で思いっきりリラックスしたい」「自慢できる浴室を
 作りたい」…そんな方は、是非、相談下さい。

 引用元 http://www.free-bath.co.jp/fb_1.html

 フリーバス企画の社長、神俊行さんの言葉である。良いお風呂をつくるという仕事に目覚めて“自由なお風呂”をつくってきた。良心を感じます。こちらには価格付きで施工例がある。200万円くらいから800万円と安くないが、リフォームでお風呂にこだわる方にはオンリーワン。

【hmm・・なアドバイス】
 偽装問題により建築基準法の改正・施行で、建築確認手続きをきびしくなった。そのあおりで住宅着工は急減し、07年は官製不況に見舞われた住宅業界。ようやく着工戸数ももどってきたと言われるが、設計会社や住設会社まで金が回らず、過去数ヶ月入金がないという悲鳴さえ聞こえる。

 だが新築の着工は落ちても、こだわりのお風呂が欲しいというリフォームニーズはしっかりある。差別化こそ不況にも耐えうる事業のありかた。今日はエステックウッドのお風呂を想いつつ、FRPのユニットバスでしっかり温まろう。以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »