« 自転車メッセンジャーへのトリビュート | トップページ | 早割でも遅割でも、ご結婚は計画的に »

2008年3月 5日 (水)

歩数計は“腰ふり”フリーへ!

 みなさん、自分が一日に何歩くらい歩いていると思いますか?あるサイトによれば、普通の事務職種の人は5,000歩ぐらい、自営業の女性は7,500歩社長は4,000歩(社長室にこんもり?_笑)だとか。これ・・・あんがい歩いているのか、いないのか。そのサイトでの比較例は、幕末の要人、勝海舟。彼は一日に実に2万歩くらい歩いていたとされます。徒歩で出社(登城)していたからですが。

 ヨコムネ美人もメタボリック撲滅も基本はウォーキング。最近の歩数計は実に長足な進化を遂げているそうです。

【hmm・・なアドバイス44.歩数計は“腰ふり”フリーへ!】
 この4月から始まる「特定健診・保健指導」(いわゆるメタボ健診)をねらって、セイコーエスヤード株式会社が08年3月下旬から発売する3つのタイプの歩数計。

3
 『ウォーク・ノート』『スリムスティック』『五街道』と3つのラインナップ。

 一挙に3つの理由はターゲットが3つあるから。ウォーク・ノートは「健康をそろそろ意識しだしたメタボリック予備軍」、おしゃれなスリムスティックは女性向けで「ウォーキングやダイエットを意識する20~30代女性」。遊び心の五街道は、じっくりしっかりのウォーカー向けでターゲットは中高年。歩数計もターゲットマーケティングの時代です。

Sei_10

 3種に共通する特徴は「ポケットに入れる/バッグにしまう/ストラップにして首から下げる」など携帯のしかたいろいろができるところ。腰につけなくていいのが特徴。

【スリムと宿場から宿場へというコンセプト】
 おしゃれな「スリムスティック」に惹かれました。歩数計といえば運動ギア丸出しというデザインばかりですが、薄型(8mm)で12gという軽さ、携帯プレーヤーのようなデザイン、まるでガムのパッケージ。液晶パネルにアニメやメッセージまで表示されるところは“歩くタマゴッチ”です。 

Sei_05s これは歩数計というデザインを超越。 

 「五街道」は累積歩数や累積距離から、5つの街道(東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道)の宿場をどれだけ歩いたかを、地図と数字で表示する機能がウリである。中高年ウォーカーにはウケる。わたしなら奧の細道(奥州街道)を歩き、宿場到着ごとに川柳でもひねりたい。

 3タイプともに表示は「歩数」「消費カロリー」「歩行距離」「脂肪燃焼量」「歩行時間」そして「エクササイズ値(Ex値)」。

【エクササイズ値とは?】

 聞き慣れないエクササイズ値とは、厚生労働省が定めた“身体活動の量を表す単位”で、活動強度に実施時間をかける。水泳やランニングなど強い運動は8、ゴルフや自転車は4とされており、それに実施時間をかけるとエクササイズ値がでる。

Ex

 “1エクササイズ”はその人の体重によって40~90キロカロリーに換算される。どのくらい運動したらカロリー消費がどのくらいかの目安になるので便利だがネーミングはイマイチ。せっかくメタボ流行りなのだから「1メタボ」「2メタボ」にすればインパクトがあった。

【腰フリーで先行したのはオムロン】
 最大の特徴は「腰ふりからフリーの歩数計」。万歩計の時代(ちなみに万歩計は登録商標)、歩数計測のためには、腰に着用する必要があった。だが歩数計に「3Dセンサー」を搭載するようになって、腰フリフリから解放され、ポッケにもバッグにもOK、首からの“胸ブラ”でも大丈夫。

 さきがけは2004年発売のオムロン『ヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT』から。

519syne6bal_aa280_  41dvmg711rl_ss400_ 51jy5mhahdl_ss400_  

 この商品、専用のUSBケーブルをPCに差し込み、歩数計データをパソコンに転送しソフトウエアで管理するというアイデアもある。腰フリーのセンサー、オムロンでは「加速度センサー」と呼んでいるが、制御技術といえばオムロン、元祖の技術力はさすがである。

【タニタでも腰ふりフリー】
 タニタでも腰ふりフリーのセンサー付きのタイプの歩数計あり(4000円/4500円)。

Fb722_04 Fb722_06 Fb722_05

【hmm・・なアドバイス】
 わたしたちは商品を見るとき、実に思いこみに支配されている。これらの歩数計からそのことに気付かされました。

気づき1:歩数計、腰につけるという思いこみ
昔の歩数計、男性ならベルトにはさめるが、女性はベルトをしていない。していてもそれはファッション。万歩計なんてNGです。機構上から正確な歩数計測に腰付けがよかったのだろうが、かっこわるいし腰のあたりも気になった。だからユーザーが広がらなかった。腰ふりフリーなら、携帯プレーヤーやデジカメに歩数計が付いていてもいい。My水筒ボトルの底につければ、水補給しつつ歩けます。

気づき2:表示は数字だけという思いこみ
数値だけでは味気ない。たとえばメタボ値を入力すると“メタボ・アバター”がポヨっと登録される。それをたまごっちみたいに「やせていく自分を育てる」のもいいでしょう。でも歩いても歩いてもやせない“いつまでもプヨ・アバター”は見たくないですね♪

気づき3:歩数計が要るという思いこみ
auでは08年2月から『au Smart Sports“Run&Walk』を提供開始(同僚のjneomanさんから教わった)。携帯のGPS機能で位置計測して、走ったり歩いたりの移動を測り「距離・タイム・速度・消費カロリー」を送信記録できるそうです。なるほど、携帯さえあれば歩数計要らず、ですね。

 Au_runwalk

 商品の差別化ポイントとは「マッサラな視点で、自分が感じることを感じられるか」。感じすぎて「おぉ、自社の製品は・・・要らないじゃないか!」とひらめいてしまっても、そこにも新しい商機がありますので、ご心配なく。今日は以上です。

|

« 自転車メッセンジャーへのトリビュート | トップページ | 早割でも遅割でも、ご結婚は計画的に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩数計は“腰ふり”フリーへ!:

» カルティエ ベルト が激安 [カルティエ ベルト が激安]
カルティエ ベルト が激安,カルティエ ベルト が激安,カルティエ ベルト が激安 [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 07時18分

« 自転車メッセンジャーへのトリビュート | トップページ | 早割でも遅割でも、ご結婚は計画的に »