« 竹素材の成長持続性高し | トップページ | 栄養士のネットコミュニティと資格者支援 »

2008年4月 6日 (日)

360度の球体風景アート

 小さい頃から物心つくまで、曲がりくねった路地ばかりの町で育った。両手を広げれば届きそうな小道。うねり、曲がり、くびれて、折れて、つながり、時に行き止まる。階段もあれば穴ぼこもあれば井戸もある。猫が横切り犬が吠える。「まだ通ったことがない路地」を探り当て、どこに通じるか歩くのが好きで、路地の出口が意外な場所だと“町のパズル”を解いたような気分になった。

 そんなことをわたしに思いおこさせた“ご近所の町並み球体アート”が今日のテーマ。

【hmm・・なアドバイス71.360度の球体風景アート】
 球体に描かれたのは何気ない、町の風景。初めて見るもののはずなのに、
 どこか見たことのあるような不思議な気持ちにさせる。しかしそれはただの
 懐かしさではなく、近いものなのにどこか遠いような、まるで日常と非日常
 を行ったり来たりするような感覚。

 引用元 ギャラリー TAGBOAT

0406_samejima_blog__tn_fmura  どこにもありそうな街。

 これはアーチスト鮫島大輔さんの『フラットボールシリーズ』の内の一作で、ご自信のブログから引用させていただいた画像。どこにでもあるような街かど。電信柱に上り坂。思わずボールを回して、この道の向こうを見てみたくなる。

0406_samajima_sintopsssss

 鮫島さんは直径17cmのアクリルのボールに、360度のパノラマ風景を描くシリーズをもう何年も続ける。その風景は日常のどこにでもある街路であり、公園や田園だったり。身近な場所ばかりなのである。

【なぜどこにでもある風景を球体に描くのか?】
 美術品売買のTAGBOATの『ビューイング』関連イベント ギャラリートーク「7人の若手作家/若手アーチスト魅力に迫る」で鮫島さんはこう話している。

「あっ、ここ曲がり角になってる、とか、なんとなく球を回しながらそんな
 ちょっとした発見をしてもらえたら、日常風景の面白さが追体験できるん
 じゃないかと思うんです」

0406_tag_samajima_flat_ball_2008_21  0406_tag_samajima
 引用元 TAGBOATの作品販売サイトより拝借(無断です、ごめんなさい)。

 なるほど「この道、どこにつながってるんだろう?」とくるくる回していいんですね。回してみたい。しかし・・・回したりコロコロ転がせるアートって、これまでにあっただろうか?

【上を描いても、下を描いても歪むはずだが】
  技術的には4点透視で曲面で歪むところを補正しつつ、つながる図柄(特に高いビルがつらいそうです)を描くのがむつかしいという。そうでしょう、球体だから描いてゆけばゆくほど、歪みますよね。それでどうしてつながるんだろう?とても不思議。

 フト想いました。町は日本の一部。日本はアジアの一部で地球の一部。大きな視点から見ると球面の上に存在している。地球儀をみれば一目瞭然で「つながっているの、当たり前じゃない」とわたし達は思う。

 だけど、どこがどうやってつながっているんだろう?と考えだすと、鮫島さんのボールと同じで、「え!この国とこの国、こんな感じでつながっていたんだ」「山を越えるとこんな丘陵で土地がつながっている」「町の境目って、あんがい平坦じゃなくて上がったり下がったりなんだ」など、“球体からの発見”、きっと新鮮な驚きに満ちている。それが球体アートのメッセージだろう。

 鮫島さん、1979年生まれですからまだ20代。360度の球体風景アート作品、今がお買い得だと思います。

【hmm・・なアドバイス】
 先日ネットを探っていて、奇妙なパノラマカメラ(むろんデジタル)をみつけた。変な形をしていて、いっぺんに360度デジタル写真を写して合成できるらしい。いずれ取り上げますが、それにしても人はなぜ360度の風景に惹かれるのだろうか? 眼球も“球”というくらいですから表面は球面。でも上下左右に(せいぜい)180度しか見渡せない。だからいっぺんに見てみたいと思うのだろうか。

 きっとこうなのだ。路地裏派が路地を歩き詰め、見慣れた街区に出たときの新鮮さ。それは球体アートをぐるぐる回すのと同じなのだ。球体の向こうは見えない。歩くと光景が連続的に変化して、だんだんと裏側が見えてくる。それがみんな好きなのだ。今日は以上です。

|

« 竹素材の成長持続性高し | トップページ | 栄養士のネットコミュニティと資格者支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/12363817

この記事へのトラックバック一覧です: 360度の球体風景アート:

« 竹素材の成長持続性高し | トップページ | 栄養士のネットコミュニティと資格者支援 »