« ロッキン’チェアに揺られて 年度末 | トップページ | あつエコなピッツァ宅配 »

2008年4月 1日 (火)

“ホイップる”を作りたい!

 今朝もひとつそろえました、リプトン×ピエール・エルメコレクション。今夕もうひとつ買って4つになったら、吉岡編集長(ビジネスメディア誠)に贈ります。お待ちください!

0401_lipton_pict0381  チョコもあったんですね。

 Cherryさんはすべてそろえたというこの食玩、マニアは「箱買い」してそろえるものだそうです。でも一般人は違います。生活彩家でオバさんが、欲しい食玩を求めて棚の飲料をあれこれ品定めしていました。いと浅ましき!ですが、わたしもやってたりして(笑)。今日は食玩がらみの、 久々に発売前からワクワクする商品をテーマに。

【hmm・・なアドバイス67.ホイップるを作りたい!】
 「ホイップる」は生クリームそっくりの特殊なクリームで、ケーキやマカロンなどの
 お菓子の形のパーツにデコレーションをし、ラインストーンで飾りつけてスイーツを
 作る、大注目のメイキングホビーです。

 引用元 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=185858&lindID=4

0331_epoc_0185858_02 凄いです。

 これこそ春の大注目商品!。メイキングホビーっていうんですね。柔らかい軽量粘土のクリームで、まさにホイップするようにカップケーキやマカロン、ドーナツもつくれる。ぜひやってみたい。まずは必要部材がそろったオールインワンセット(2,980円)で、15のスイーツが作れる。これでパティシエ修行事始め。

【パティシエになった気持ちで作ろう!】
 ケーキ台にホイップして(ほぉ)、ラインストーンでかわゆくデコレーション(むむっ)、できあがり(ぴかぴか)。書くよりはきっとむつかしい。ここはひとつ、料理研究家のCherryさんにきっちり学びたい。 

0331_epoc_hp_how_to_make

 もともとパティシエの練習用にこういうキットがあるそうで(そりゃそうですよね、いつも食べていたら身体がマカロンになります)、それを玩具化したもの。このサンプルがうまいということはあるだろうが、ここまで精密に作れれば、携帯ストラップはお菓子で甘くなりそう。

 実にうまい商品です。子どもになんか作らせてたまるか!発売が待ち遠しい、ほんとうの“食玩具”です。15個作ってまだあき足りない人には、商品別の充実したラインナップもあります(980円~)。ホイップだけの販売もあります(680円)。

0331_epoc_pdf
 画像引用はエポック社プレスリリースより。

 エポック社のHPを見るとターゲティングは子ども(当たり前ですか?) しかしエポックさん、大人版のHPサイトもぜひ作りましょう!これで創作コンテストなぞやればおもしろい。

0331_epoc_hp カワイイ子

【食玩の3つの魅力】
 そもそも食玩の魅力とは何だろうか?語り尽くされ、語られ続け、だが依然として語りたがる人の多いテーマである。わたしなりにはこう思う。

1.小さきモノ
  人は縮んだモノが好きなのである。巨大化したガリバーより、親指トムの方に親近感を持つでしょう?(実験中にちびっこ光線をあびてしまい、ちいさくなってしまった探偵の漫画)。

Tomthumb  ♪ちびっこ光線 浴びちゃって ちっちゃくちっちゃく なっちゃった♪

2.リアル
  ピエール・エルメコレクションに限らず、造りの良い食玩に惹かれるのは、モディファイされた現実があるからだ。本物ではないが、スケールダウンされたリアルさに我々は魅せられるのだ。

3.ジオラマ
  食玩を眺めるとき、自分も小さくなって、食玩ジオラマ・ワールドの一部になる。この気持ちは鉄男・鉄子に近いのではないか。

【hmm・・なアドバイス】
 『ホイップる』のポイントは、食玩という“眺めてそろえて愉しむ小宇宙の魔力”と、“オリジナルな食卓を創りたい手力(てぢから)”の統合である。この魔力と手力、ふたつの力の統合は、薄力の小麦粉にはもとめられない強力なミックスなのである。

 隠れた大ヒット間違いなしの『ホイップる』、まさにエポック・メーキングなホビー商品。それにしても・・・作りたい。今日は以上です。

|

« ロッキン’チェアに揺られて 年度末 | トップページ | あつエコなピッツァ宅配 »

コメント

lovely

投稿: | 2008年4月29日 (火) 09時13分

>annieさん、秋葉原ではまだ売っていましたよ!


投稿: Cherry | 2008年4月 3日 (木) 09時54分

Annieさん、コメントありがとう。
たしかにホイップる、造って失敗したら食えないね。せめて固形燃料にでもしますか。
ピエール・エルメコレクションはもうお仕舞いでしょう。生活菜家でもあと1個しかありませんでした。代わりに伊右衛門の“トンボ玉”を買ったけど、全然食玩具ではないですな。有名なロールケーキ家とか和菓子屋とか、やればいいのに。

投稿: 郷/marketing-whip | 2008年4月 2日 (水) 13時16分

『ホイップる』なかなか魅力的です。
形作り(デコレーション)に失敗してもそれなりに美味しく食べられるcoldsweats01という意味で、本物のお菓子作りを選択しておりますが。(家族や周りの方が迷惑してるかも...?)

それよりも「ピエール・エルメコレクション」のついたリプトンはどこに売っているのでしょう...私の周りではすっかり姿を消しているんですけどweep

投稿: annie | 2008年4月 2日 (水) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/12070739

この記事へのトラックバック一覧です: “ホイップる”を作りたい!:

» ジオラマまとめさいと [ジオラマのサイト集情報]
ジオラマのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 00時54分

« ロッキン’チェアに揺られて 年度末 | トップページ | あつエコなピッツァ宅配 »