« manbaiesから親子商品を考える | トップページ | 手作り5人展から、売らないマーケティングを考えた »

2008年5月19日 (月)

ハーマンミラーの“Lifeworkイズム”

 先日オフィスグリコのことを書いたときに、あらためて会社の机の多機能ぶりに気づかされました。PCや書き物の業務もさることながら、モノを食べ水分をとり、腰掛け、ときにうたた寝もしたり。

 自宅の机は長さ6尺の集成材合板。円柱型の脚4本の木材でささえています。引き出しもなければコンセントもない、板っきれ。そこでも会社と似たような数々の作業をしつつ、さらに爪の手入れも(笑)。だからもうちょっと機能重視もいいな・・・と、機能とデザインに高次な折り合いをつけたデスクがありました!ちょっと高価なので、お金ができたらぜひ買いたい!

【hmm・・・なアドバイス108.ハーマンミラーの“Lifeworkイズム”】
Storied furniture company Herman Miller launched today Lifework,
a residential collection targeted at discerning individuals and families
looking for smart yet stylish solutions for the home.

引用元 

「数々の逸話のある会社、ハーマンミラー社が本日発売したのは『Lifework
(ライフワーク)
』と名づけられた家庭向け家具コレクション。スマートで
スタイリッシュな家具を求める、目利き力のある個人と家族を対象にしている」

0518_airia

 コレクションはニューヨークでちょうど明日(08年5月20日)までの『2008 ICFF(International Contemporary Furniture Fair)』でお披露目されている。複数の商品展開があるが、わたしはこの『Airia』にひと目惚れ。なんとも言えない美しい機能美と曲線美がある。

 0518_airia2 側面からが尚美しい。 

【タスクとアートの狭間で】
 この『Lifework』のコンセプトは、ひとりの人間がデスクでたくさんのタスク(パソコン、仕事、学習、趣味・・・)をやるようになり、それぞれの機能をひとつに美しくまとめられないか。同社ホームラインのディレクター、Marg Mojzaさんによれば、「これからのデスクは、リビングのさまざまな場所で起きていることをひとつにします」という。たしかに家で仕事をする、本を読む、ブログを書く、動画やDVDを見る、PCを片付けて、紋切り遊び(切り絵)や縫い物もする。爪の手入れもする。人生に悩む。これをひとつの場所、デスクでやっている。

0518_airia3

 ケーブルをキレイに接続できたり、小物を整理したり、時には机を伸ばしたり、働きかた・遊びかた・くつろぎかたによってデスクが対応してくれるなら言うことがない。Airiaは機能とシンプルなデザインの調和が美しい。脚部はアルミ、机の側面や奥の素材はウォールナット、天板は白のラミネート加工でMacBookにも良く似合う。引き出しは3つの分類がある。ONとOFFとその中間という意味だろうか? 2,199ドルというリストプライスは安くないが、いつか・・・。

0518_airia1 こんな組み合わせもいいが・・・

【Airiaにはイームズチェアをあわせたい】
 この机には、椅子はやはりイームズチェアだ。

0519_eames_mpc7

 『Eames Molded Playwood Chairs(イームズプライウッドチェア)

 今年はMoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションで有名なイームズチェアの制作者にして著名な工業デザイナー、建築家でもあったチャールズ・イームズ氏の生誕100周年、没後30年。イームズの普遍的なシンプルデザインの美しさは廃れない。彼のデザインを商品化してきたハーマンミラー社とはどんな会社なのか?

【巨人は居場所を与える】
・・in 2008 was once again cited by FORTUNE magazine as both
the "Most Admired" company in its industry and among the
"100 Best Companies to Work For" in America.

引用元

 2008年、米ビジネス誌のフォーチュン誌で「最も賞賛される会社」「働きがいのある全米100社」に再び選ばれた。日本法人のHPの冒頭にも「ハーマンミラーは、オフィスを単にモダンで美しいだけの空間ではなく、そこに発生する問題を解決する場だと考えます」という崇高なことばがある。同社の二代目社長のマックス・デプリー氏の著書『リーダーシップの真髄』にはこんなくだりがある。

巨人は他人に居場所を与えることのできる人です。巨人は、私生活でも
会社でも人があるべき姿になるための居場所を与え授けることのできる人です。

同著 P72

 仕事上のリーダーの姿勢を表した言葉だが、不思議なことに、新作のデスクの商品開発に当てはまるのである。イズムの浸透とは、まさにこういうことを言う。

0518_logo_black

【hmm…なアドバイス】
 Lifeworkのコレクションを見て3つのことを思った。ひとつは「アートとプロダクトのボーダー(境目)」。わたしたちは数々のプロダクトに包まれて生活する。大量生産品にときに息苦しくなる。アートが欲しくなる。Lifeworkはアートでもあり用具でもある、絶妙なバランスに乗っている。

 2つ目はコンテンポラリー(同時代性)の解釈。アートの世界でコンテンポラリーとは、前の時代のアンチテーゼという意味合いが強い。だが工業製品では“今時のニーズに合わせる”となる。このあたりもバランスというか妥協というか、微妙だ。

 3つ目はシンプル。このデスクの差別化とはシンプルさだ。シンプルとは何か?つまるところ機能性のこと。用具としての機能に目覚めるられるかどうか、それがチャールズ・イームズをアーチストからデザイナーにした要因でもある。

 最近になってわたしは、だんだんアーチストやデザイナーのホンネと本心がわかってきました。マスプロダクトからナノプロダクトへ、大きく時代は変わりつつある。明日もアーチストの話題を書きます。今日は以上です。

|

« manbaiesから親子商品を考える | トップページ | 手作り5人展から、売らないマーケティングを考えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/21039983

この記事へのトラックバック一覧です: ハーマンミラーの“Lifeworkイズム”:

» BTOパソコン比較 [BTOパソコン比較]
BTOパソコンを普通に買おうとしていませんか?。BTOパソコンは、好みのパーツを選択出来て、性能がパワーアップできるんです。 たくさん選択項目があって分からない?。大丈夫です。このサイトを読めば、お買い得な一台が買えます。 [続きを読む]

受信: 2008年5月19日 (月) 23時16分

» ☆自宅でお仕事☆ [週末社長]
○●  自宅でコツコツ  ●○  ◎人様に泣くほど感謝されるお仕事です◎ 素直な方→http://brb-pp.com/1208/ [続きを読む]

受信: 2008年5月20日 (火) 08時43分

» 押切もえが熱愛 巨人のイケメン野間口投手と交際発覚 [押切もえが熱愛 巨人の野間口投手と交際発覚]
カリスマモデルとしてOLに絶大な支持を集める押切と、巨人のイケメン右腕、野間口に熱愛発覚。 [続きを読む]

受信: 2008年5月21日 (水) 13時11分

» 恋愛ドラマをテレビで見よう [恋愛ドラマをテレビで見よう]
恋愛ドラマとか [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 01時32分

« manbaiesから親子商品を考える | トップページ | 手作り5人展から、売らないマーケティングを考えた »