« 宮大工の人育て 薬師寺東塔をめぐって | トップページ | エッシャーがだませなかった立体クラフト »

2008年5月 4日 (日)

“もっと見える”から母の日を考えて

 まだ連休2日なのに連休明けのことを考えています。仕事かって?ほんの少し(笑)。ブログやビジネスメディア誠のネタ集めかって?アンテナは毎日立てるようにしています。そうじゃなくて、次の日曜日、08年5月11日のイベント対策です。

0330_0185692_01  母の日仕様マリー。

 森永マリービスケットじゃダメですか? アホ!と母に言われるでしょう。年を考えれば(70代)スタイリッシュなアイケアグッズはどうだろうか?と思案したのが今日のブログです。

【hmm…なアドバイス95.“もっと見える”から母の日を考えて】
ワンタッチポップアップ式で、プッシュオンでレンズが出現。未使用時には本体に収納され、キズや汚れからレンズを守ります。片手で持ちやすいコンパクトサイズ。携帯にも便利なのでアウトドアにも、コンサートや観劇にも便利です。メタリックなボディーにラバーの滑り止めを施しデザイン性にも優れています。引用元 

0504_img10252322044 カメラみたい。

 独エッシェンバッハ光学の新製品が『マイクロラックス f/f』。このサイトの説明では“単眼鏡”という味気ない説明がありますが、開発元では“ギャラリースコープ”というコンセプトを提唱します。美術展や写真展、博物館に行ったときに、じっと近くで観たい!というニーズに応える室内望遠鏡。あの絵がどんな筆致で描いたのか?どんなサインがあるのか?

0504_img10252322046

 視力の弱いわたしも、美術展では注意されんばかりに近寄って観ます。屋外展示品を観るのにもいい。倍率6倍なので6m離れていても1m手前の感じ。最短焦点は2mですから30数cm手前の感じです。ワンタッチプッシュでレンズが出てくるデザインが拡大鏡ぽくない。サイズは45×22×79mmとタバコ箱のサイズ。価格は12000円前後です。

0504_429  出典

 同じエッシェンバッハで以前から好評なのは『パノラマクラブM』。これもコンセプトは同じですが、長方形のレンズとスライド式のピント合わせがユニーク。首からぶら下げるストラップが鑑賞に便利。6倍タイプで18,000円、8倍タイプで20,000円前後。

【高齢化社会のハイテクアイケア商品】
 米国のGM Microが08年3月に発売した『SenseView Duo』はハイテクの拡大鏡兼カメラ。

0504_duo

SenseView Duo also boasts a camera for distance viewing for objects more than 7.5 feet away, raising the bar for portable low vision technology. With the combination of the ability to magnify small print, read handwriting, and see items at a distance, the SenseView Due is the portable digital magnifier that does it all. 引用元 
SenseView Duoは2m離れた距離のモノを観たり写真を撮れる一方で、小さな文字をCCDカメラで電子的に拡大して署名などをしやすくします」(簡訳)

0504_senseviiewduo1

 4.3インチの液晶スクリーンで3〜12倍の望遠鏡兼カメラになる(20枚まで撮影可能)。さらに“署名カメラ”として手元を拡大することもできる。GM Microはもともと弱視や難聴の人のデバイスメーカー。それゆえの発想だろう。値段は1299ドルと母の日には高すぎる買い物ですが、高齢化社会にはこんなハイテクが普通になるのかも。

【ケンマックスのギャラリースコープも凄い】
 もうひとつは日本の光学メーカー、ケンマックスの「Ken MAXギャラリースコープ」。ちっちゃい。たったの30gで直径22mm、長さは51mm。こんなに小さくても手元で5.3倍、無限大で4倍という高倍率。昆虫採集・昆虫観察の養老孟司先生にぴったり。

0504_loupe_km421  0504_kmc出典 

 いかにもレンズぽいデザインは×ですが、片手でフィンガーリングを持てば、淑女の競馬観戦みたいですよね。両眼にあてる双眼鏡より疲れないということで、復活した伊達公子選手の試合を観にゆくお伴にもいいでしょう。私が欲しくなりました。9900円前後です。

0504_km4211sub1 ちっちゃさがわかる。

【hmm…な単視眼アドバイス】
 “簡単ケータイ”なる高齢者向け携帯はあえて避けて、70代の母からも携帯メールが飛んできます。カッチョ悪い老眼鏡やルーペなんて持ち歩きたくない、高齢世代がどんどん増えてきます。ですからアイデア的には“携帯電話と拡大鏡の融合”はトレンドです。

 50代向けの女性誌をみても、“年取ると愉しみが増えてきて困るワ”そういう時代に突入しつつあるので、視力矯正はやはり基本ニーズです。母は強く、母は老いず。これが今どきの母の日キーワード。さてブログを書いたけれど、結局迷ってしまって品が決まらない。あぁ!今日は以上です。

2 こんな美人のママなら誇れます。

|

« 宮大工の人育て 薬師寺東塔をめぐって | トップページ | エッシャーがだませなかった立体クラフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “もっと見える”から母の日を考えて:

» 河村隆一「国宝 薬師寺展」でトークショー [覚えておきたい馬券購入術!競馬予想をする前に]
“もっと見える”から母の日を考えて [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 20時07分

» 明日から収入が発生するアフィリノウハウ [明日から収入が発生するアフィリノウハウ]
実は、アフィリエイトで稼げていないという方は、アフィリエイト人口の95%と言われていますが、ちょっと視点を変えるだけでいきなり4桁が稼げるとしたらあなたはどうしますか? [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 06時39分

« 宮大工の人育て 薬師寺東塔をめぐって | トップページ | エッシャーがだませなかった立体クラフト »