« “もっと見える”から母の日を考えて | トップページ | 深澤直人の扇風機 »

2008年5月 5日 (月)

エッシャーがだませなかった立体クラフト

  雨が降りそうで降らない連休になりました。“わいるど号”(愛自転車の名前です)でちょっと遠出しようと思いましたが、お天気次第で明日にしました。そのかわり「そうだ!子供の日だし、jneomanさんに教わったペーパークラフトをやらなきゃ!」と思い立ちました。

Photo エッシャーの無限階段展開図 

 原図は展開図をクリックしてプリントアウトしましょう。

【hmm…なアドバイス96.エッシャーがだませなかった立体クラフト】
だまし絵は、オランダの版画家エッシャーが作品の素材として使ったことでも有名です。そのようなだまし絵は、絵には描くことができても、立体としては作れないというのが常識的な理解だと思います引用元 

0505_6  エッシャーの無限階段

 東大の大学院情報理工学系研究科の杉原厚吉教授は「この常識に反して、だまし絵の中には立体として作れるものもあることを発見」し製作したのがこの図です。

0505_sugiharasan00

 さて、先生のCAD展開図ですが、それには糊しろがないくて、自分でつける必要があります。展開図からどこに糊しろが必要なのか想像しにくかったので、予行演習で一枚糊しろなしを切りました。なるほど!と合点してから本番ではきちんと筋目もあてて切り抜き、そして糊づけ。わたしのチョキチョキ手づくりがこれ。

Pict0048 Pict0051

 先生作ですと「ふ〜む」と“錯視”を納得しますが、私自作だとなんとな〜く、ですね。でも久しぶりに手づくりをして気持ちが良かった。手づくりは心が洗われます。

【学術的にも一般的にも考察できます】
 杉原教授の「芸術の中の数理 エッシャーの秘密を探る」というゼミ(2007年)は、だまし絵という不可能物体の投影の幾何学、エッシャー画の構造を数理的に解析し、コンピュータで作図してチョキチョキするという講座。大学院生でもチョキチョキするんですね。幾つになっても、どんなに頭脳が優れていても、アタマや画像だけでなく実際に作ることは大切です。

 ゼミの内容を拝見すると、奥行きのトリック(接続しなければならない線の制約をとりのぞく)、非直角のトリック(観る角度で直角でない角度が直角に見える)など、とても興味深い内容です。とてもおもしろいが、アート系の頭脳を持つわたしには説明がむつかしいので、先生の一般向けの“へん”だけど作れる!という本がいいかしら。

51ccfxvnvrl_sl500_aa240_ 著書はこちら 

 このネタをタレこみ主の同僚jneomanさんは数学頭脳派なのでゼミでも大丈夫でしょう。独創的な立体図と手づくりのネタ、ありがとうございました。

【ペーパークラフト作家も増えました】
 ペーパークラフト、流行っています。今やたくさんの種類もあり、プロの作家も日曜作家も増えてきた。キヤノンやエプソンのサイトでは、プリンタの宣伝もかねて、素晴らしいデザインのクラフト素材を無償で提供している。

2 3
キヤノンのサラブレッド
        エプソンのトランスポーター

 いずれもダウンロードできますが、トラックはなんとA4版8Pの大作です。作るのは一大作業ですね。でもこんな独創のクラフトの展開図、どうやって考えられるのだろうか?

【hmm…なアドバイス】
 数々の部品を組み上げてひとつの製品にする。ひとつの製品をバラバラにして部品にする。どちらが思考力がいるかといえば、やはり後者です。

 だまし絵という非立体の立体化には、きわめて高い抽象思考力が必要です。ここまで高度でなくても、カタチにするためどんな展開図にするか、どことどこをくっつけると立体になるか、ウラ面が出ないか、何を省略して何を強調するか・・・こういう“抽象化思考”、チョキチョキよりずっとむつかしい。

 教訓。自分の仕事で何かを展開図にしてみよう。どんなパーツ、どんな展開で仕事ができているか考えてみる。脳トレになります。モノでなくても、人と人の組み合わせもいい。「面と面が合わない」「糊しろがない人間関係」、そんな発見もありそうです。

【hmm…なプレゼント】
 ちょうど連休前に丸善本店に寄ったらペーパークラフトが販売していました。アニマルクラフトのプロのサトウナオコさんの作品。

0505_maruzenmarunouchi2  0505_45_2 サトウさんのHPより

 そこで“ウサギ”を発見!“ウサギグッズを見かけたらとにかく買う”という同僚Mayuさんとの密約に従い、2枚購入しました(1枚は保存、1枚はチョキチョキ)。社内便で送りましたのでチョキチョキしてください。今日は以上です。

0505_usagi_animalcraft 2枚購入

|

« “もっと見える”から母の日を考えて | トップページ | 深澤直人の扇風機 »

コメント

無事届きました~! ありがとうございました
今夜頑張って工作します♪

公私ともに順調です エヘcake

投稿: まゆ | 2008年5月 7日 (水) 13時32分

Yukaさん
無限階段は無残階段?(笑)
作れるところに意義がある、と思ふのです。
思はないといけません。

Mayu殿
コメントありがとう!
今ごろは社内便で飛び跳ねていると思われまふ。
ところで活動は順調ですか?

投稿: 郷/marketing-puzzle | 2008年5月 7日 (水) 11時07分

わーいありがとうございます♪
楽しみにお待ちしてます~

投稿: まゆ | 2008年5月 7日 (水) 09時59分

立体クラフト・・・
だまし絵を実際に作ってみようという発想はいいですね~
でも無限階段がやっぱり無限に見えないような・・・・
照明当てて影をなくせばそれとも無限に見えるのかしら???

ふぅむ、立体の限界でしょうか。。。
いずれにせよ手先の不器用な私にはできないことでした。

投稿: YUKA | 2008年5月 7日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/20781734

この記事へのトラックバック一覧です: エッシャーがだませなかった立体クラフト:

» 吉田カバン [グッズプラス〜これいいかな!!]
吉田カバン愛用者はたくさんいると思います。私もその一人です。 私のは、吉田カバン ポーター(PORTER)TAG タークです。もう5年使ってます。ポーターのカバンは生地が丈夫で 長く使えます。吉田カバンという名前は以前は知らなて、買ってからそれポーターでしょって?吉田カバンだよって それで吉田カバンのひとつのブランドがポーターと知り、このカバンが(PORTER)TAG タークということも知りま�... [続きを読む]

受信: 2008年5月25日 (日) 22時08分

« “もっと見える”から母の日を考えて | トップページ | 深澤直人の扇風機 »