« パスタに宿る小さな幸せの力 | トップページ | ポルシェを捨ててプリウスに乗ろう!(ですか?) »

2008年5月26日 (月)

人馬一体の自転車グッズとunder the weather in English

人馬一体の自転車グッズとunder the weather in English

 今朝、メールボックスを開けると、under the weatherのAnaisさんからメールが飛んできている。先週のビジネスメディア誠のエッセイで書かせていただいた人。「記事を載せましたよ~♪」とメールを打ったのでその返信だろうと思ってあけると、こんなことが書いてあった。

 記事、見た感じいいわね。でも私は日本語は読めないのよ。ネットの自動翻訳
 をしてみたの。It's Greek to me(ワケがわからない)だったわ。

Utwanais02

 う~ん、そりゃそうですよね。機械訳じゃ、Lost in Translation on the Webですよね。何を隠そう、いえ隠しもしませんが、わたしは女性には滅法弱い。しかもAnaisさんのようなチャーミングな女性に溶けてしまふ。ついハイハイ、訳しますとメールしちゃいました(笑)。今日は人馬一体になる自転車グッズ3点と誠の記事の英訳のスペシャル版。今日のブログはAnaisさんにささげます。

【hmm・・・なアドバイス114.人馬一体の自転車グッズとunder the weather in English】
まずテンピュールの自転車用クッション。テンピュールとは枕やマットレスに使われ、押すとじわりと形ができて、離れるとだんだんと元にもどる、あれです。

Img_2008_04_18_0

座るとまず、テンピュール独特の低反発性で、お尻がゆっくり沈み込んでいく感じ。
気がつくとお尻にぴったりフィットしていました。街乗り自転車で約 10kmの
サイクリング。その程度ならお尻は痛くならないよ、と言われそうですが、
お尻にかかるプレッシャーがまったく違います。

引用元

180802 180801

 これなら長時間ロードでも、段差や非自転車舗装道路でもお尻が痛くならない!。目の付けどころがいい商品。プロ仕様の軽量サイクリストには馬鹿にされそうですが、軽いでしょうし、日に50km以上走ればお尻もヒリヒリします。アマサイクリストのわたし、ちょっと遠出のときにはよさそう。

 あれ?とうに注文は締め切り・販売終了でした(4200円 税込み)。サイクリストの皆さんの声を集めて“欲しい!”とテンピュール・ジャパンに詰め寄りましょう!この商品をご紹介していtair-bepalの佐藤恵菜さんの記事、いつも愉しみにしています。

【長距離には手袋はかかせない】
 二つ目はグローブ。自転車乗りには著名な定番グッズです。わたしはケチなグローブを買ってはめてましたが、すぐに無くしました。素手では怖いので、これをねらってます。

Glove_backnew
 http://item.rakuten.co.jp/giro/glove_assos_summer/

 『ASSOS Pros Summer Glove』スイス製のサイクルウエアトップ企業で、ちょっと高いんですが、使えばその理由がわかると多くの人が言います。ある人のブログから「最初は固くて手になじまず付け外しも大変でしたが、使っているうちになじんできて、1ヶ月も経つと手放せなくなってきました」。

Assos_glove

 水泳競技で新記録ばく進のスイムウエアと似ている“立体裁断”。“だんだんフィットしていく”という点がテンピュールと似ています。5300円。尚、冬用のフィンガーレスじゃないタイプもあります(そちらは1万円くらいです)。

【自転車を持ち運ぶときにはこれがいります。】
3つ目は、under the weatherより珍しい形のフレームパッド。『Le Crux CX Frame Pad

Lecruxlg

 普通のフレームパッドは、自転車のトップチューブに巻いてスタンドがわりに使用しますが、これはまさに持ち運び用。自転車のレースで“シクロクロス”がありますが、自転車を担いで移動する箇所がある過酷な競技に向いているグッズです。

150pxcyclo_doherty 普通のフレームパッドにあきたらない人へ。

 いずれもドMのサイクリストの父に向けて、父の日好適品です。ぜひ検討してくだい。さて以下はビジネスメディア誠の記事の翻訳です。

 When in downtowns in cities, we see bicycle messengers every day. They are good at riding unique and very light weight bicycles, and with wireless receivers and big messenger bags holding A3 paper flat in maximum. 

In their bag there are parcels less than 3kg, which senders demands in one-day delivery. They, messengers, are of course couriers' servicer. But they look so lively and starts feverishly at crossings. As it seems they say "we are not mere curriers but love to ride." But when it is under the weather of rains and winds, we feel pathetic to their rides. 

There is a messenger bag brand under the name of "under the weather” which claims popularity among messengers and general cyclists as its fashionable design. The name of "under the weather" in English also means "feeling bad." Like someone say, "I was feelin' under the weather last week" means feeling bad or sometimes "have no money." I interviewed with the designer of the messenger bag, Ms.Anais Fritzlan,(Toronto, Canada)

【Triggers of making messengers' bags】
Q.Why was it the messenger bag for the startup?

 Anais Fritzlan(AF)
I worked very briefly as a messenger starting in 2000; first for a few weeks in Toronto, then for a couple of months in New York City, then about six months in Amsterdam, where I had moved with my first/previous husband (a Dutch cycle messenger, not my husband now). I have always done a lot of sewing, and he was interested in designs for messenger bags so we worked out a design based on our experience of technical needs.I sewed a bag for him, and I made some other ones for myself, and then some for a few friends.

Q.The experience of the messenger works is helpful for the business, isn't it?
AF Although being a messenger was fun, and I think it's an important and worthwhile job for those who love it, I wanted to do something different and decided to make messenger bags as a business because I really enjoyed it. I began Under The Weather in early 2000 and started selling bags at cycle messenger races like the ECMC and CMWC.
I returned to Toronto in fall 2001 and my first husband and I split. I spent some time studying graphic design and then started running Under The Weather in Toronto in mid-2002.

【No same patterns or colors in her messenger bags】
The particular point of her bags is basically no same patterns or colors.No reproduce in art bags. There are wits in the design and the combination of colors is exquisite. The coloring patterns are unique not only in outside but in inside.

Q.About colors and designs, how do you have concepts and ideas?

AF I sew art graphics based on what people ask for, or ideas that I have from things I see around me. I love nature, flowers and trees etc., but also the urban landscape and technology and science. The most fun for me is making unique art on the bags.

She learned to sew from her mother when she was very young, and have always sewn things for myself (clothes, household items). Although she have taken a few courses on certain aspects of graphic design and typography a, most of her knowledge is from reading and from designing things herself.

Q What is the selling points of the bag?

AF Of course durability is extremely important, and every design element and material choice has been made with that in mind. In fact we recently changed our liner material to TPU (Thermoplastic Polyurethane) because it is much stronger than PVC, and less harmful for the environment and people working with it.

  "Every city has its own brand of messenger bags," says Mr.Seiya Minato, at "Depot" in Ichikawa, a distributor in Japan of under the weather. The essentials of the bags are settled by document sizes and delivery goods by the customers' request in every town.

【Why still sticking to "Hands-on business?】
When I asked her " why do you still stick to "hands-on business" ? and she said "Do not make me laugh to imagine that I have “fame”! But her own brand, under the weather has ardent supporters not only in North America but in Japan. There is no stocks of under the weather bags because thy are sold very quickly.

She does design,sawing by her own two hands.  Some weeks they ship out 20 bags or less. Sam, her current husband, helps but basically only with her hands. She sells cycle pants and skirts which they order local small factories in Toronto. She likes to manage small business.

AF  I do not like managing larger businesses or people and don't want a business doing that. I would rather make small quantities of goods that I can put a bit of myself into, than to manage a business telling other people how many things to make and only worrying about staffing and training and scheduling and bills all the time.

Q. I found out your names on CMWC entry lists,in 2005 and June of 2008. Why do you still entry the contests?

AF My husband and I register for the CMWC every year, even if we can't go. I don't race, and he only sometimes races, but we feel it's important to support the messenger community.

【Compensation of Freedom】
Why young people wants to be messengers? I think they feel free if they have bicycles they can work from today. Plus, they feel they are the supporters of bicycle culture.

However they feel the compensation of freedom is no small. They work as "part-time contractors". Average annual income is 20000 to 30000 dollars in Tokyo area, 10000-20000 dollars in local cities. They basically have no liability insurance and pay medical insurance and pension plan by themselves. They pay bicycles and its parts and puncture repair by themselves. This work situation is forever as long as they are part-timers.

However their work is so hard, there are lots of cyclists who go to CMWC by their own saving. Ms Aanis supports CMWC in Toronto 2008 for their entries.

【the Dream of Micro-business】
Q. What is your dream?

AF My dream is to spend my life making things that I love, and living in a relaxed way that is good to the environment and in harmony with the natural world. I believe it's important for people to support each other, and since the messenger community has given me tremendous support, I will continue to give it whatever support I am able.

Then, see the logo of under the weather. It symbolizes the supports when they are under the fierce weather. The cyclists and the designer of the items. One to one. They're helping each other for the freedom, and hope its sustainability. Ms. Anais supports their freedom by maximizing  their individuality with the bag, every one is unique in the world.

雑訳ですがとても翻訳疲れたので、今日のブログはこれで限界です。ではまた明日。

|

« パスタに宿る小さな幸せの力 | トップページ | ポルシェを捨ててプリウスに乗ろう!(ですか?) »

コメント

Cherryさん、コメントありがと。
オイルパッドって、やっぱブラ?w笑w
寄せて上げて、ヌルり?
すみません、変なコメントバックでした♪

投稿: 郷/marketing-oily | 2008年5月29日 (木) 16時50分

うちの子はオイルパッド付きです。
お尻の下で寄せて上げては必要ないですが。

投稿: Cherry | 2008年5月28日 (水) 11時28分

タカハシさま、コメントありがとう!
小箱ですね、昨年お歳暮では購入したのですが、
今年の中元は京急エコギフトなのでパスしました。
すみません。(おっとまだ買っていないぞ)

自転車の無法さ、目に余りますね。右側を逆走する
ヤツとすれ違うたびに、にらみつけて「逆だ!」と
言っています。無灯火自転車には「ライトくらい
つけなさい」と警察になりかわって指導しています
(笑)。

ロードレーサーに乗るようになってわかりましたが、
“チ〜ン”という音をならすのはよくない。
あの手の自転車は付けませんものね、チ〜ンを。
だからメッセンジャーはほぼ歩道は走らない。
すれ違ってアブないときは“すみません”ですよね。

自転車流行もいいけど、最低限のマナーはたいせつ
ですよね。とくに自転車ロードの未整備の国では。

投稿: 郷/marketing-amacyclist | 2008年5月27日 (火) 22時46分

はじめまして。
仙台小箱の記事を読んでから、RSSに登録し
て拝見しています。仙台在住者です。
自転車の記事に賛同と問いが同居します。
最近、散歩人の自分ですが、歩道を歩いてい
るとスピードも落とさずに走り去る(向かっ
てくる!)自転車が多すぎて怖いのです。
自分も自転車に乗ると、やはり同じように歩
行者に不安を与えていたのかと思うと反省仕
切りです。
歩道では歩行者優先の社会的認識が必要で、
歩行者を発見したらスピードダウン、歩行者
の進行の邪魔をしないということが必要に思
われます。
そのためには、サイクリストも安心して走行
出来る車道の一部自転車走行路も必然となる
と思います。
歩行者の進路を妨げないようなよい方策があ
ればと思うのです。
郷さんの記事に興味を持ってくれる方たちが
先導して、歩行者とサイクリストの共存を実
践できる環境が整えばと思います。
あちらがよいなあと思っているとこちらが起
たずで、なんとも難しいのですが。。。

投稿: タカハシ | 2008年5月27日 (火) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人馬一体の自転車グッズとunder the weather in English:

» おすすめのヘアメイク着付情報を案内/ビューティーきれいナビ [ヘアメイク着付についてのオススメ情報です]
!!ヘアメイク着付の情報 [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 01時44分

» ■■ クリックすると 誰かが 無借金 ■■ [■■■ 副業で 借金5000万円 完済! ■■■]
■■■ 副業で 借金5000万円 完済! ■■■   これ以上の、事実はありません [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 14時51分

» ゴルフクラブ中古販売店/アウトレットshopナビ [ゴルフクラブ中古販売店/アウトレットshopナビ]
びっくりゴルフクラブ中古販売店/アウトレットshopナビ情報、必見です [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 (土) 01時54分

» ゴルフクラブ中古販売店/アウトレットshopナビ [ゴルフクラブ中古販売店/アウトレットshopナビ]
びっくりゴルフクラブ中古販売店/アウトレットshopナビ情報、必見です [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 (土) 15時08分

» ラストフレンズ 消えた幻のシーン公開!(動画あり) [ラストフレンズ 消えた幻のシーン公開!(動画あり)]
「ラスト・フレンズ」で消された幻のシーンと来週に公開予定の特別編を内部関係者から入手しました。その映像を公開します。「ラスト・フレンズ」のファンなら絶対に見ておきたい代物です。 [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 19時36分

« パスタに宿る小さな幸せの力 | トップページ | ポルシェを捨ててプリウスに乗ろう!(ですか?) »