« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の32件の記事

2008年6月30日 (月)

ワンウーマン・バンドが映す音楽のダイレクト・トレンド

Theresa Anderssonさんの“台所音楽”を聴きましたか? 

0629onewoman_11

 台所音楽といっても鍋や釜やザルを使って、チンチン♪カンカン♪するわけではないのです(ソーダ瓶は使っているらしい)。台所をスタジオ代わりに音楽セッションの場にみたてて、さまざまな楽器の“ソロ演奏”をして、スタジオテイクならぬ“キッチンテイク”。

【hmm…なアドバイス143.ワンウーマン・バンドが映す音楽のダイレクト・トレンド】
スウェーデン生まれでニューオーリンズ在住のTheresa Anderssonさんが、
即興演奏『Na Na Na』を写した動画をアップロードしたのは6月8日(米国時間)。
瞬く間に視聴数は60万ビューを超えており、いまだ増え続けている。

引用元 Wiredvision

 3分くらいなのでお時間がある人は視聴しましょう。『Na Na Na』、ギターもドラムもバイオリンもひとりで操る。わたしも最初は「素人のやらせでしょ」ぐらいに思った。だが聴いてみるとこの即興演奏はとても見事。ギミックでもやらせでもない。ポップで軽やかで伸びやかな歌声もいい。

 これまで96年以降、06年の『Theresa Andersson』までソロで4枚のアルバムを出している彼女はベテランであり芸達者。話題づくりなねらい(だけ)ではない。本日(08年6月30日)現在で66万ビューを超えているのもなっとく。

0629onewoman_10 0629onewoman_13

【ダイレクトなアーチスト】
 「台所の音響はすばらしい。自然で、見事な残響効果がある」と同誌に語るTheresaさん。たしかにほどよく狭くてどん詰まりで、音を反響させる冷蔵庫や食器棚やシンクがある。換気扇を回すとうるさいし音は抜けますけど。

 08年9月に発売するアルバム『Hummingbird, Go!』も、この台所でレコーディングしたそうだ。台所という究極のスタジオでアルバム料理とは恐れ入る。CDはやっぱり缶詰ですよね?

20060520_2 シンガー“プリンス”のCDケースは丸かった。引用元

 彼女、もちろん爆発的に売れている歌手ではない。この台所も自分なりのプロモーションもあるはず。でも彼女のサイトを見るとその姿勢がわかる。「無料オーディオクリップ」「ビデオクリップオンライン」「ウエブからのダウンロード」など、“ダイレクトに販売”に積極的。

630_theresa01  

 つまり“私のこと、自分自身で発信します、素のままを見てください”。そうしたアピールがネットを使えばできる。

【hmm…なアドバイス】
 音楽ビジネスはどんどんダイレクトに向かっている。提案の一部をモディファイしたのが次の図。

Artist_direct_singing

 アーチストは事務所に所属し、レコード会社と契約して作品を発表してきた。音楽メディアもそれをもり立てる役割を果たしてきた。CDは垂直な販売チャネルで売られてきた。だがiTunesなど、ネットを用いたダイレクト販売がトレンドになり、作品はバラ売りされるようになり、ネット販売のチャネルが太くなった。これが今の状況。

 次いで起きつつあるダイレクト革命は、アーチストとリスナーのダイレクト・チャネルである。台所からリスナー/特定のアーチストを濃く支持するコミュニティとのつながり。以前書いたArtistShare”(ダイレクト販売の取り組み)も同じだ。

 アーチストとファン、そのコミュニティが自然発生するのがネット社会。当然、既存の枠組みや事業モデルにはそぐわないから、あつれきは起こる(大きな目で見てダビング10もそのひとつ)。だが流れはダイレクトだ。逆らえない。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月29日 (日)

“雨の日の傘”のやさしさーunder the weatherのバッグ

 今日は。自転車日和ではありません。自転車に乗れないかわりに・・・自転車のバッグをなでています。 Anais Fritzlanさんから昨日届いた、世界でひとつしかないメッセンジャーバッグ。しかも・・・

Pict0181

 チャーミングな彼女のサイン入り!「サインを求められたのは始めて」とかおっしゃるので、これはかなり価値のありそな一生モノです。自転車に乗っていてよかった。

【hmm…なアドバイス142.“雨の日の傘”のやさしさーunder the weatherのバッグ】

 きっかけはビジネスメディア誠に書いた『“under the weather”は、自転車メッセンジャーの自由の傘』。元バイクメッセンジャーでもあったAnaisさんが“under the weather” というブランドを作って、Toronto発でひとつひとつバッグを作っている。今日のような雨の日にも自転車に乗るメッセンジャーへのトリビュートが詰まったバッグ。

Pict0176

 彼女へのインタビューメールの末尾にこう書いた。
 I want a whacky patchy-lookin’ bag. Is the Flyaway Bag enough capacity for a Macbook?
 (ボクもツギハギのバッグがひとつ欲しいのだけど。Flyaway BagならMacBookが入るでしょうか?)

“Lost weekenderでも十分!”と返信あり(Flyawayはラージサイズ)。それでミディアムサイズのバッグを、こんなお願いをつけて注文。「色は赤と黒が好きです。雰囲気ワイルドでお願いします!」

Pict0179  ちと派手ですか?(笑)

【グッとです。】
 やっぱりメッセンジャーバッグって丈夫です。手にして改めてわかりました。とてもしっかりした縫製。容量は12ℓで“本とセーターとスケッチブックとワイン1本が入ります”と商品紹介にあり。外が濡れても内側を濡らさない防水加工。ショルダーベルトのしっかりも印象的。モノづくりは手抜きなし。

 メッセンジャーバッグ情報満載の『messengerbag.jp』でこう紹介されている。

13
 Under The Weatherは、女性メッセンジャーAnais Fritzlanが、2001年に
 CanadaのTorontoでスタートしたReal Messenger Gear Companyです。

【メッセンジャーバッグの起源と発達】
 messengerbag.jpには、その歴史が詳述されている。『1950年代ニューヨーク・グロ−ブキャンバス(Globe Canvas)社による電話架線工事夫のために生産されたショルダーバッグ』が起源で、70年代に自転車メッセンジャーのためにバッグを注文したのが始まり。

 その後90年代にかけてメッセンジャーの増加とともに普及し、一流バッグブランドまでファッショナブルなバッグを発売する“ブーム”を迎えた。『メッセンジャー以外の一般消費者には、メッセンジャーバッグとショルダーバッグの区別を正確に把握するための情報が提供されることはありませんでした』ゆえに、日本の消費者にメッセンジャーバッグの正しい姿を伝えるのがこのサイトの設立趣旨。くわしくはサイトを。

【自転車とメッセンジャーバッグに夢を入れて】
 さてAnaisさんのバッグに何を入れようか? MacBookにノート、デジカメにMy水筒、それで自転車で仕事に!(というわけにまいりませんが)。いずれにせよ“”を入れたい。

 そうそう“夢のタネを撒く自転車”もあるそうですから。

Bloominaction3_550x550_

 自転車の“排気管”からシャボン玉がいっぱい出て、そのシャボン玉には花の種が仕込まれる。“Seeding Solution”、まあ種とシャボンですね。これに水を混ぜて空気を吸い込んでプクプクさせる。

Bloomexplained6_550x550__2 Bloomingredients2_550x550_

走った後にはタンポポや草だらけ(笑)。

Bloomfruits5_550x550_

【hmm…なアドバイス】
 さてunder the weatherの意味をおさらいしたい。 "I am feelin' under the weather today but have to go." (今日は具合悪いけど、行かなきゃならないんだ)そう“具合が悪い”という意味でした。具合が悪いときには傘をさそう。“傘”というやさしさがAnaisさんのブランドの気持ちです。

Utwanais02 じゃかじゃか縫ってくれた。

雨の日にこそ夢を持ち続けよう。雨だからこそ種を撒こう。なぜなら芽がでやすいから。最後に英文でAnaisさんにメッセージ。

Hi, Ms.Anais
Thanks for my lost weekender messenger bag! I love this! What a great design as I imagined. I will bring a book and sweats and sketchpad & bottle of wine, as well as my dream with this bag.

Thanks for the signature also. I think everyone who loves your messenger bags in Japan envies it. This is true.

I will make a plan of asking you to make messenger goods and propose to cooperate with sometime. See you then!

Y.Go

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

誰か“Greater 渋谷マップ”を作って!

 近年とみに方向音痴である。先日も三浦半島の農園へ行くのに30分近くさまよった。始めての地だから仕方ない・・・のだが、反対方向の電車に乗るのはかなり高頻度だ。降車を考えて電車の前だな!と思うとたいていは後ろ。

 育ったのが“東に西武、西に東武の池袋”だったのがいけなかった。いや池袋はまだいい。新宿は少しアブない(都営大江戸線で某イラストレーターさんと待ち合わせも、摩訶不思議なほど離れた場所に出て、出会えないかと焦った)。渋谷はもう真っ暗闇だ。あの駅だけは左右天地がよくわからん。

【hmm...なアドバイス141.誰か“Greater 渋谷マップ”を作って!】
 しかも副都心線という大動脈が発進し、東京メトロでは欣喜雀躍して?この大見取り図を作成した。先般話題になりましたな。

L_yuo_netlab_01

 う〜ん、よくぞこのイラストを起こした(笑)。迷路建築会社もごくろうさま。しかしまあ、これって歩けって言うんですか?白は階段のようだが、もしもすべて階段で副都心線から銀座線まで上ろうとすると、200段くらいは軽い。すべての道を一筆書きで制覇する“ウォークラリー”は可能だろうか?

【みんな自社路線地図主義】
 副都心線からやれやれ地上に出たぞ!と達成感にひたってはいかん。地図とはどこかに行くためにある。大渋谷駅にはJRもあれば東急もあるし、京王もある。乗り換えのつなぎが問題だ。他社はどんな地図を作っているのだろう?

Jr
 JR線

 割とすっきりしているナ。だがよく見るとさっぱりわからん(笑)。ハチ公やマークシティの関係なぞわかりにくい。にしても“新南口”って・・・ほんとはどこにあるんですか?

Photo
 東急東横線

 JR東日本のお高い目線よりは、かなり低めの視点からの透視図。どんづまりだからこれでいいだろう。ただかなり“部分地図”でホームの案内だけしかない。

10
 東急田園都市線
 う〜ん、詳しいのだが・・池袋の田舎モノにはわかりません。この駅がどこに横たわってはるのか、見えんとですよ。

Photo_2
 京王井の頭線
 わたしはこれが一番わかりやすい。情報量がコントロールされてすっきりしているのと、重要なことだが、“井の頭線が真ん中にない”からだ。「東急の街ですから隅っこにいます」と謹んでいるかのようだ。

【自分中心地図の弊害】
 フト思う。みんな“自分中心地図”なのだ。自分の駅や路線や建物を真ん中に置いている。オーストラリア世界地図みたいなもんだ。だからわからにくい地図ばかり。

B832e7fc0066a734ca9b2be58ef09adb_2 
 オーストラリア中心地図 引用元
 

 新宿乗り入れ各社の路線図をつなげた人もいる。その気持、わかります!

11
 新宿駅をつなげたサイト(部分図) 引用元

【渋谷駅嫌いからのお願い】
 お願いだから渋谷駅の各路線もつなげてくれ!(笑)。鉄道各社で協議して“Greater 渋谷マップ”を作ってほしい。大きな渋谷マップがひとつある。その情報量は大雑把でいい。渋谷駅構内を、ぐっとひとづかみにできればいい。

 大渋谷駅図があり、個々の路線の詳細図につながる、そんな駅構内図がほしい。もちろん外国人がたくさん来るので英語、中国語、フランス語、スペイン語などは必須だ。

【hmm…なアドバイス】
 良い駅構内地図作りに秘策がひとつある。“駅構内マニアに訊こう!”。 

東銀座から東京駅まで歩いた構内マニアのブログがおもしろい。東銀座→銀座→有楽町/日比谷→二重橋→大手町→丸ビル→東京駅丸の内→八重洲口まですべて地下を歩けるのだ。

 大手町から東京駅はよく歩く東京ウォーカーなわたしから提案。東京駅八重洲の地下街の京橋口と銀座線京橋駅は至近(300mくらい)なのでつなぐ。そこから銀座までは1.5kmもない。銀座線に沿ってトンネルを掘る。京橋と銀座がつながれば、都心の“地下環状歩道”の出来上がりだ!観光に役立つでしょうが・・・またしても迷路増やすだけ?(笑) 今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月27日 (金)

いつか自前のオフィスが持てるなら。

 先日取材をうけた講談社MOOK『セオリービジネス』。サンプル本に、工業デザイナー佐藤可士和さんのオフィスの写真が掲載されていた。棚、机が天井と床のライン上にきっちりとそろい、あまりに整然とした姿に驚嘆した。

Pict0162  『セオリービジネス 2008 Vol.1』
 

 棚も見事だが、同じ箱ずら〜りも見事。きっとひとつひとつのプロジェクトが、ムチっと詰まっているのだろう。今日は「いつか自前のオフィスが持てるなら、こんなのどお?」と思ったいくつかの商品や素材をテーマに。

【hmm…なアドバイス140.いつか自前のオフィスが持てるなら。】
そこで考えたのがボックスです。部屋の中で見えてしまう部分だけど、かっこ
いいボックスにまとめて、同じボックスを繰り返せば美しく見えるはず。
というわけで佐藤可士和のオフィスで使われているボックスを購入しましたw。

引用元 Creamu 

Fellowes_bankers_box 整然と。

 “Web2.0を紹介するデザイナーブログ”『Creamu』の記事の中に、佐藤可士和さんのオフィスで使われる“墓石より整然とした”ボックスがある。記事によればその箱は『Fellowes Bankers Box 703』。オフィスデポで5個で2,190円で販売。A4形の書類もファイルもバシバシはいる。丈夫だし持ち運びやすいし、箱の中身の正体も書き込みやすい。これはいい。

18169_sk_lg オフィスデポのサイトから。

 すべてこのボックスで統一して、きちんとツラが揃って並べればオープンな棚でも見栄えがいい。でも整理にズサンな不届き者がひとりでもいると、箱の隊列が乱れて、佐藤可士和という存在理由さえも損なわれそうだ。

【“壁面留め”という収納】
 佐藤可士和方式もいいけど、「とりあえずいつも使う物を近くに!」という人には、この壁収納グッズがお奨め。

Strapmain Strapmain2

このウォールストラップは壁に物を「留めておく」のに使います。このスト
ラップの端と端を伸ばせば伸ばすほど壁に物を留める力が強くなります。
バッグや、ハットを留めて機能的にも使えますし、靴やフライパン、食べ物
でさえも留めて壁をあなたなりにデザインすることも出来ます。

引用元 Generate

 この『Wall Straps』、一セットに2本で7,350円。ボックスに整然と入れるか、壁に留めておくか、もちろんモノによって違いますが、壁面収納の新しいスタイル。強力なゴムを買ってきたら自分で作れるだろうか?

【ピンポン会議室はぐ〜です。】
 壁が伸び縮みするなら、意見はもっと伸び縮みする。それはアタマで考えるから。意見に詰まったらカラダで考えよう!

20080412170504  

 はてな京都オフィスにある唯一の会議室は卓球台だ。人呼んで“Pingpong会議室”。これは最高です!意見が煮詰まったときだけでなく、伸びちまった人間関係を、“ピンポ〜ン”と縮ませるのにもよさそうだ。

【キユーピーにもぐっときた】
 ベランダのゴーヤーも伸びてきたキユーピーでは、社会・環境推進室の佐々木さんとフクムラさんが率先してエコ活動にまい進する。彼らのブログ(08年6月10日付け)にはぐっときた。環境チームのオフィスの蛍光灯を10本取っ払って、替わりに“反射板”を付けた

080609_keiko 080609_ita

 オフィスの電力消費を抑制するには間接照明がいい。だがわざわざ間接照明を導入するとおカネがかかる。キユーピーの取り組みは今ある“蛍光灯”を外して、PET樹脂製の反射板を取り付けるだけ。ほとんど設備投資は要りません。これには一本取られた。

080609_32 080626_report

 ちょっと暗くなりましたが、業務に支障なし。エコとはわざわざ投資しちゃダメなのです。ますますキユーピーの好感度がアップしました。写真右は、できたての『社会・環境報告書2008』を手に。

【hmm…なアドバイス】
 いつか自前でオフィスが持てるなら、こんな夢を!と思いつつ。人によっては、自宅にいる時間よりもオフィスにいる時間の方がよほど長いわけです。だから整理整頓、効率やエコは発想力や集中力、共働力に通じるだけでなく、地球にもやさしい。つまり、仕事をおもしろくすることは地球にやさしい。それを忘れないようにしよう。

 最後に、今日で退職する営業ジムのKSさん、お疲れさまでした。有志10名くらいで花束を贈りました。

Pict0159

 「南国風でナチュラルな感じでお願いします!」と言って作ってもらいました(虎ノ門のベビーフローリスト)。個人的に、こんな花が大好きです。花も良く似合うオフィスがいい。ではブログ3年目もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月26日 (木)

“作る”と“食べる”がつながる、ながしま農園の野菜づくり

  今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへの“注水”です。

“作る”と“食べる”がつながる、ながしま農園の野菜づくり
わずか1.2ヘクタールの農地で120品目もの野菜・加工品を生産・出荷。
非効率とも思える多品種少量出荷にもかかわらず利益を上げているのが、
三浦半島 にあるながしま農園だ。暖房や化学肥料を導入した農家が原油高で
苦戦するなか、自然農法にこだわり続けて成功しているながしま農園の姿は、
これからの農業 を考える人々にとって大きな示唆を与えてくれるはずだ。

続きはこちら。

 きっかけは京急百貨店の“楽eco”のことをビジネスメディア誠に書いたこと。その取材のとき、京急百貨店広報の宮崎さんが「長島さんてホント熱いンですよ」と言うのを聞いて、「あ、これはいつか行かないと!」と直感しました。

 “農業でしかも食”とくれば、料理研究家の相棒Cherryさんが必須です。長島勝美さんにハガキを送り、日程を合わせて、天気の良い日に二人で伺いました。長島勝美さんは何せ語り部なので、そのこぼれ話が多くて。そのウチのいくつかを紹介します。

【シェラザードに行けなくて】
 当日は午後2時に伺う約束。Cherryさんとわたしはおおよそ同じ時間の電車に乗っていこう♪というアバウトな約束で現地集合。ところが!賢いというか食い意地が張っているというか、Cherryさんは先乗りしていた。メールが来た。「アタシ、ながしま農園の野菜をフンダンにつかうフレンチレストラン『シェラザード』にいます」 なんと優雅に先乗りランチだ。きたないぜ。

Dsc00074 料理をα350でパチリ。

 シェラザードは農園の手前にあり。30分くらい後に京急YRP野比に着いたわたしは、携帯メールでやりとりをしてレストランに合流しようと。天気もよい日、うららかに歩き出しました。ところが行けども行けどもシェラザードがない!おいまだか、と思ってCherryさんに電話した。

 「今、“長沢中学校”の前だよ。ガキどもがランニングしている」
 「じゃあもう少しです!」
 「そうか。じゃあアトでね」

 という連絡をしてから、歩けども歩けどもレストラン見えず。道沿いの飼い犬たちに吠えまくられるし、自動車のディーラーはあれどレストランはなし。三度くらい“君はどこにいるの?”という電話をして、たっぷり通り過ぎていたのがわかった。何百メートルもどってたどりついたシェラザード。マダムの顔をちらりと見たときにはもう約束の時間。ああ!美味しい野菜料理にありつけなかった!

 いつも段取り良しがCherryさん、かなり行き当たりばったりがわたし。汗をぬぐいつつ、長島さんに「こんにちは。レストランの前にいます」と電話しました。

【長島さんとご対面】
 ほどなく軽のバン&つなぎで軽快に表れた長島さん。どうも、どうも、という感じで、すぐに農園に着きました。出荷分を仕分けする出荷所です。そこが入り口になって、段々と坂を上って土地が広がっています。

 ビジネスメディア誠に書かなかったことのひとつに“鶏卵タマゴのエピソード”があります。ながしま農園ではタイ国から農業研修生も受け入れている。

 あるとき研修生たちが「タイではタマゴを産ませる鶏(レイヤーという)が1日2回タマゴを生む」という。え?2回生むってそんな馬鹿な・・・と勝美さんは不思議に思い、知り合いの鶏卵農家に聞いた。するとやはり日本のニワトリは日に1回だという。あり得ないんじゃない?とタイ研修生にさらに訊いた。

N041201_2 出典

 だが間違いではないという。タイでは鶏卵ケージ舎を“いつも昼間のように”ド明るく照明を照らす。明るさゆえにニワトリの体内ホルモンが“昼だ”と感知して、朝も晩もタマゴを生む。それゆえに寿命は半分くらいになる。タイの鶏はかわいそうだ。ところが勝美さん、こうも話す。

 「タマゴは値上がりしないし、自給率が高い(90数パーセント)と誇ってるけど、ホントじゃないですよ」

 鶏卵の母体となるニワトリはオランダとドイツから輸入に頼り、その率はなんと94%!それを育てる飼料は輸入100%。これって国産ですか?偽装うなぎはあざといですが、ニワトリも国産と胸をはれるとは思えない。

【5ヘクタール・エピソード】
 農園の広さをどう表現するか、そんなところにも“農業政策の前近代さ”が見えてきた。ながしま農園は『第12回環境保全型農業推進コンクール』で農林水産大臣賞を受賞している。その受賞関連の神奈川県の資料には“5ha”とある。おかしいな、勝美さんは1haとか2haと言っていたよな、第一、5haなんてありそうもないが・・・と思って確認した。勝美さんからメール返信があった。

  (県の)環境保全型の資料の方には理由がありまして、当農園は年間120
  品目を作り畑の回転率は良いと言うことで県の担当者が延べ面積で換算
  して書いた資料です。

 神奈川県の方で“気を利かせて”、年間出荷品目を合計して“延べ面積”として5haとした。ほんとうは1.2ヘクタールだが、4期作分に水増ししたわけだ。間違いではないかもしれないけれど、1.2haで120品目分の収穫量が生産効率が良過ぎて、コンクール資料としてマズいと“自主判断”したという。さすがはお役所、“常識力”がありますね。

Dsc00122  
 勝美さんとわたし。写真はCherryさん。

【まだまだ書けなかったことがある】
 上の写真は“珊瑚礁のクズ”を畑に撒いているという話でかがんだ。台風などの後に、南国の岸に珊瑚礁のクズが浮かぶ。これをすくって“空荷”の船に載せて運んでくるそうだ。直径数ミリの珊瑚礁のクズが、畑の堆肥の定着に一役かう。

 ながしま農園から出荷する野菜も、京急百貨店が家具やら家電やら販売したモノを配達したあとの空荷のトラックで集荷している。その容器も、樹脂の通い箱か、リユースの(無料の)段ボールだ。エコも効率も考えていますよ、出荷するときまでずっと。

 さて、今回の農園取材では相棒Cherryさんは相当に満足した。“ほんとにおもしろかった”と言っていた。

 帰りがけにわたしは勝美さんに言った。 
 「今日はありがとうございました。拙いエッセイ、書かせていただきます」 
 すかさずCherryさん、いつになく真顔で言った。
 「郷さん!良いモノ、書いてくださいね!」

 文は拙くても勝美さんの想いが伝わればいい(と言い訳)。ビジネスメディア誠のメインの読者=30代男子です。現役ばりばりの20代、30代の世代から、たったひとりでも“オレ農業やろうかな!”と目覚めさせること。それができれば、今回のエッセイは成功です。今日の種まきは以上です。
 
 ※訂正 ながしま農園の野菜の経営面積は2.5ヘクタールです。
  上記の文中、1.2とあるものを訂正いたします。
  長島さんから「経営面積は施設45a路地2.5ha、1.2haは三浦半島の
  農家の平均経営面積」という連絡をいただきました。
  謹んで訂正いたします。今日は訂正することばかりでした(6月27日記)。

 おまけ:2006年6月26日のこのブログの誕生日からちょうど今日で2年です。まだ青2歳。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月25日 (水)

男の日傘、なんとする

今朝(08年6月25日)の日経のコラム『春秋』に「福田総理、ネクタイを外しましょうよ」とあった。わたしは反対です。むしろ外すな!と言いたい。だって外すと(ますます)そこいらへんのオヤジになっちゃう。それに、リラックスをするのはまだ早い。一国の首相として拉致被害者をきちんと救済してからネクタイを外してほしい。それまで暑かろうが汗だくだろうが辛抱です。 

 庶民のクールビズな開襟オヤジはみっともよくないがフツーになった。シャツもドゥエ ボットーニも珍しくなくなった。次なる“夏の男のファッションのテーマ”と言えば・・・男の日傘だろう。男の日傘、いかがでしょうか?

【hmm…なアドバイス139.男の日傘、なんとする】
福岡市内では岩田屋が今年初めて売り場に男性用もそろえた。黒や灰色の
ものが多く、一見日傘には見えず、ちょっとした雨にも耐える。月約20本は
売れるという。三越福岡店や博多大丸も男ものを扱っており「男の日傘」は、
着実に世間に浸透しつつある。
引用元 西日本新聞 

06256825488  06256825488_o2   

 西日本新聞の記事によれば、男モノ日傘、福岡ではかなり売れている。そのさきがけのひとつである『マンブレラ』(フクサン)、昨年9月から発売され、話題にもなり予想外に売れた。持ち手がおしゃれで柄まで木製もいい。全長が約88cm、傘幅は約110cm。この和柄の日傘はちょっと高価で29,800円ぐらい。同じメーカーで廉価品は8,000円から14,000円くらいで百貨店で売っているようです。

0625img55323443 スケルトンです。

 マンブレラにはキットもある。骨セットは3900円(布の型紙付き)。和柄の布は別途購入する必要があるが、1mほどあれば良いので、計5,000円から6,000円でオリジナル日傘が作れる。扇子の次は日傘に挑戦したいな。

【みや竹のサラクール日傘は“ヤング”な感じ】
男性だって機能性とファッションセンスを兼ね備えた日傘を持ちたい。そんな声
におこたえました。いままでの、男性日傘はご年配の方のものというイメージを
完全に払拭! 
引用元 心斎橋みや竹 (楽天)

062504_2 クール、ですか?

 みや竹の男の日傘は、なかなか若々しいイメージ。こちらも柄は木製、パラソル部はコットン30%、ポリエステル(CXサラクール)70%。親骨60cmの長傘は13,000円。余談ですが、今どき“ヤング”という単語、口にするのはもちろん、キーボードで打つのも気恥ずかしいですな。

062523 062502 う〜ん、こういうのが似合いたい。

 ユニチカが供給するCXサラクールは「セルロース系繊維と特殊セラミックを練りこんだポリエステル繊維サラクールとの複合素材」というもので、サイトでは紫外線の遮断効果がくわしく説明されている。もちろんUVカットは男性にも女性にも必要。けれど女性向けにはワザワザ数値を説得して売ることはないから、やっぱり男の日傘には“数字の理屈”が必要なのでしょうか。

【「和木綿」とみや竹のコラボレーションの日傘】
久留米、織物の郷で永年培われた極上の和木綿。もの創りの魂を込めた、
傘の匠の技。そしてコーディネイター宮武和広の創造力が結晶となり、
こんなにも「ぬくもり」のある作品が完成した。
引用元 宮田織物

4

 宮田織物の「和木綿」とみや竹のコラボレーションの日傘は和柄が“キャラ立ち”。特に『竹宝』とネーミングされた傘(下画像)は好きです。12600円。

0625i 0625j   

【どれというならアフリカンパティック(ろうけつ染め)】
 神戸の『MANDRAKE』に揃うアフリカ柄。これはいい!男女問わず惹かれるはず。晴雨兼用傘で馬柄(左13,800円)と貝と太鼓柄(11,800円)。

0625img_00901 0625img_00981

 おまけは『うさぎプリント日傘』 残念ながらこのサイトでは売り切れですが、同僚Mayuさんの好きなウサギ柄なので紹介 (9800円)。ちょっと渋い柄かな。

0625img55363012 よ〜く見るとウサギが。

【hmmなアドバイス】
 男の日傘、問題は服装、ファッションだ。開襟オヤジには似合わないのは論を待たない。ガチガチのリーマン背広にもちょっと。ネクタイはしたほうが似合うだろうか?う〜ん、やっぱ着流しでしょうな。着流しで仕事、してもいいですか?クールビズ・ファッションの次なるテーマ、日傘から発信すればいいのだ。

 フト気づいた。もちろん傘の柄と服のマッチングということもあるけれども、問題は服装だけでないのだ。涼しげな顔をしてないと似合わないのだ。アチイ、アチイと汗だらだら男と日傘、ダメなのである。ていうことは男も美白ケアしないとダメですか?

 しかし福田首相の日傘姿をとても想像できない(ごめんなさい)。小泉元首相なら似合いそうだ。人気の秘密は傘にあり、だろうか。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

“おしぼり”ビジネスセミナー開催のお知らせ

ビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティング『お前が変えてみろよ、おしぼりの価値観ってやつを』、このエッセイでの主役、おしぼり会社若き二代目、藤波克之さんを招いてビジネスセミナー開催をいたします。

 『ウチの会社を変えよう!イメージ刷新からの ぎゅっと“価値観改革”

Photo おしぼりドビーくんより。

開催日時 2008年7月24日(木) 1400~1630 
場所     ビジネスブレイン太田昭和 南麻布事業所 (港区/白金高輪駅)
主催   株式会社ビジネスブレイン太田昭和
協賛   株式会社藤波タオルサービス

 第一部では“おしぼりの価値観を変える”ために、革新的な事業展開をしている藤波タオルサービス(本社国立市)の経営戦略室長藤波克之氏を招き、同社の本業強化戦略(おしぼりレンタル) 、新市場戦略(香りのおしぼり、Web・リアル通販等)、おしぼりブランド戦略(おしぼり漫画、フリーペーパー、おしぼりJapan等)を、熱く語っていただきます(冷たいおしぼり付きの講演です)。

 第二部、第三部では、ウチ(会社)とソト(お客さま)の価値観を変える改革を、原点へのこだわり、新市場開拓・既存市場強化のフォーカス&バランス、“改革のすぺり台”を転げ落ちない“起点人材”からの出発、「これまでどおりでいいや」という“心のワナ”を越えて本気にさせる方法を、原点からのビジネスモデル改革とモチベーション改革の観点から、弊社コンサルタント(郷、榎谷義明)がラップアップします。

 会社は堅気ですが、これは堅っくるしくないセミナーにします。正式募集前に、“先行予約”を受付中(聴講者は30〜40名を予定)。今こそ突破口が必要な経営者、明日の経営マインドをフツフツさせる方がメインですが、ご興味がある方優先です。聴講ご希望の方は郷まで(ygoアットbbs.co.jp)、「藤波タオル、聴講希望」とメールでご連絡ください(※アットを@にする)。折り返しギュッと連絡します。

追記:おっと藤波さん!今週の『R25 』にも登場してます! (6月27日~7月10日)
     いよいよ聞き逃せないぞ!セミナーパンフレットはこちらです。
           「seminar01.pdf」をダウンロード (まだβ版)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月24日 (火)

“ボディトーク”を読む取材作法

 先週のビジネスメディア誠の連載『見たことのない日常風景を切り取る――スナップに必要な“2つの目” 』を掲載しましたよ、とSonyの写真教室の講師の坂口恵さんにメールで連絡をした。ほどなく“インターネットがダウンしていて返信が遅れました・・・”という返信があった。その中にこんなくだりがあった。

 「セミナーの後にお話した時には特にメモなどをとっておられなかったように
 記憶していますが、どのように記事に反映させたのかが気になります。
 郷さんならではのコツを伝授していただきたいと思ったからです

 教室のあとインタビューをお願いしたのだが、実に痛いところを突かれた。メモもあまり取らずテキトーさというか、いい加減さがバレた(笑)。だが長年インタビューをしてきた、わたしなりのコツは少しはある。そのイイワケとわたしの取材作法を今日の話題としたい。

【hmm・・・なアドバイス138.“ボディトーク”を読む取材作法】
 坂口さんには相棒Cherryさんと一緒に、ソニービルにあるパスタのお店でお話をうかがった。

 お腹が空いていたのでわたしたちはパスタを注文したが、坂口さんはコーヒーだけだった。まず取材の鉄則“取材対象者と同じものを飲み、食べる”をわたしは軽々とヤブってしまった。お腹が空いてはイクサもできん・・・が、ぺペロンチーノのお皿が邪魔してメモがしにくかった。それがメモが少ない理由No.1です(笑)。

 メモするとき、いくつか気をつけていることはある。たとえば、

 「自分だけがわかればいい単語でメモる」
 「なるべくビジュアルにメモる(文字より絵や図)」
 「マルチペンの色を変えて、段落や内容や強調の変化をつける」

 レコーダーは使わない(あとで聞き返すのは面倒だし、人によっては自然に喋らなくなるので)、切り込みの質問と余談を交互に混ぜる、こんなことも必要だ。何よりも事前にできることはすべてしておく。これが原則。

 正確に会話をメモするのはたいせつだが、そのためにも、ぜひ気を配りたいことがある。それは相手の表情やカラダを観ること。ジロジロ観るとセクハラですので、そういう意味ではない。“カラダも語る”からです。

  Dsc00064_2 
  カラダの一部です(教室のとき無断で切り取りました 笑)

【カラダの語りを感じる】
 坂口さんへのわたしからの返信メールを引用します。
 
 「むしろ相手が、話されるときの仕草や表情を努めて見るようにしています。
 ことば=体の表現だし、どのくらいその人がそのことばを信じて話している
 のか?こっちが感じることばは、(相手の)体から伝わってくると思います。」

 ことばとカラダは一体モノだと考えるようにしている。いやむしろことばは嘘をつくが、カラダは嘘をつなかい。ことばが表現していないことを、カラダが表現することもある。

 相手がのけぞって喋るか、身を乗り出して話し込んでいるか、身振り手振りにどれほど熱が入っているか。インタビューアーとして熱を感じさせているか。メモするためノートに目をやりつつも、相手の表情や体を見ることは意識しています。

 人間のカラダはかくも喋る器官なのです。

 と、そんなことを考えていたら、“カラダが語る(ボディトーク)”写真を発見しました。

【カラダが“hyper”な写真群】
 フォトグラファーDenis Darzacq氏の新シリーズ『hyper』の写真は凄い。スーパー/量販店という日常風景の中で、“買物客たちのカラダがシュールに語る(というか跳ぶ)”。

 Hp5

 Hp6

 Hp4

 Hp1   
  ※すべて引用元はこちら。こちらはDenis Darzacqのサイト

 もちろん被写体はフツーの客ではない。ダンサーやスポーツマンやウーマンをモデルに雇い、ハイパーなポーズをとらせて瞬間を切り取っている。デジタル処理は一切なしだという。

 Denis Darzacq氏のねらい、わたしはこう読んだ。お店の中で消費者は、実はさまざまなボディトークをしており、商品やサービスにたくさん反応している。

 “おもしろい!” “お徳!” “あら高いわね!” “のけぞりそうだわ”

  それを極端なポーズと瞬間で切り取った写真だと思う。

【hmm・・・なアドバイス】
 取材対象者のカラダや顔もまた(ここまでノケゾリはないにせよ)いつも何かを語る。

 そのボディトークを真ん中においてみて、一番響いたことばキーワードを重ねる。ほかのワードをジグソーパズルのように組み合わせる。構成にまとまりがあるか、自分なりにピースを組んでみる。「よし!」と思ってから書きだす。メイキングしないように、でも事実の列挙にならないように。

 こんな感じで取材エッセイを書きます。取材なしの場合はまた別ですけど。今日は取材を受ける身になって、あらためて取材を考えました。ボツにならなければ講談社MOOK『セオリー』にわたしのコメントが掲載されます。(講談社さん、ダベリになってしまってごめんなさい!)。今日は以上です。

 Photo15 オマケは『LA CHUTE』より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

モントリオールのパブリック・バイク・システム(PBS)

 一昨日(土曜)「雨降らないでね〜」と思いながら、わたしは愛車(自転車)でバックパックに詰めた野菜を背負い、10kmを40分弱でしょうか、ちょうど良いサイクリングしました。一度交差点で暴走してきた子連れ女の車に轢かれそうになりましたが、それ以外は快調。じゃがいも、茄子、ミニトマト、ズッキーニ、ヤングコーン・・・などなど“配達”しました。

 おっと野菜テーマは今週の“ビジネスメディア誠”です。今日は自転車。「わあ!これこそ東京でもやってよ!」と思ったモントリオールの自転車レンタルシステムを。

【hmm…なアドバイス137.モントリオールのパブリック・バイク・システム(PBS)】
The Public Bike System (PBS) was created to offer an attractive
and easy-to-use option for those seeking urban transportation
that has less impact on the environment than traditional fuel-
powered vehicles, and to act as the perfect complement to public transportation networks. 
引用元 Public Bike System

0622_montreal_pbs

パブリック・バイク・システムは都市部の移動手段として理想的でかんたん
な自転車のレンタルシステムです。燃料を燃やして走る交通手段と違い環境への
インパクトも小さく、公共交通ネットワークにぴったりの補助手段です

 08年6月、カナダのモントリオール市は素晴らしい自転車レンタルのコンセプトを発表した。デポに備え付けの自転車をクレジットカードなどでレンタルし、目的地まで乗ったあと、その近くのデポに返せる。デポには最大6台ずつの自転車を置くことができるというし、デポのシステムには最新の技術がある。自転車にもかなり工夫がある。

0622_montreal_pbs00

【アウトルック】
 まず携帯やPCで、もっとも近いデポの自転車の空きをリアルタイムで確認。近くに空きがあればその自転車をその場でチョイス。使用後はどのデポに返してもいい。それも空きをウエブで確認することができる。支払いはクレジットカード、プリペイドカード、メンバーカード(チャージができるのだろう)で。パンクや大きな故障はバイクドックでわかるそうだ。

0622_public_bike_systems

 しかも自転車一台一台がRFID(無線ICタグ)でコントロールされ、いつどこにあるかすべて把握されている。バイクドックを備えるデポのシステムは独立して運用されており、すべてソーラーパワーで動くのもとてもグリーンだ。

0622_pop_contenu_03_a 駐車とも共生できる。

【細かく観て気になったのは】
 まず自転車。全体はアルミで強度・耐久性を高めた。走行中はいつでもライトオン(前後尾)、雨に性能を左右されない内部ブレーキシステムもある。チェーンもケーブルもほぼカバーされている。とてもモダンでカッコいいなと思う。

 0622_pop_contenu_02_a1
 0622_pop_contenu_02_a2 0622_pop_contenu_02_c

  デポの仕組みも興味深い。自転車がまるでPCのように“プラグ・アンド・プレイ”。つまり駐車するとその時点からアクティブになり、駐車状態を無線で伝える。そのシステムは一つが壊れれば、まるでブロックのように、新品にはめ直せばいいという。各ユニットは(前述の通り)ソーラーパワーで蓄電して稼働する。

 4 5

 モントリオール市のブログによれば、このシステムを08年9月にオープンし、09年春までに300デポをオープンする。待ってますよ!おっとわたしはモントリオール市民じゃない(残念ながら)。

【こんなデザイン、どんな人が?】 
 これは凄いシステムだ。どんな人がデザインしたのか? デザイナーは世界的な工業デザイナーMichel Dallaireさん。30年以上にわたり工業デザインに従事し、数々の賞も受賞。パブリックデザインに強みがあり、街、道、通行システム、ストリートファニチュアなどユニークな作品が多い。モントリオールの“the University of Montreal Ecole de Design industriel”などでもデザインを教える。

 6 デザイナー Michel Dallaire 氏

 08年7月11日に発売される“アイフォーン(カタカナだとブランドイメージがイマイチ臭い)”のようなPDAの効用がストリートで発揮される。自転車とiPhone(やっぱり英文表記の方がよほどいい。ソフトバーンクさん、カタカナ表記は捨ててもいいと思います!)の組み合わせが都市で力を発揮しそうだ。

【道交法の悪改正で、都市が息できなくなる】
 07年にパリで始まった自転車レンタルシステム『ベリブ』は大ヒットと言われる。一般市民だけでなく多くの観光客が利用しているという。パリはきっと“自転車にやさしい街並み”があるからではないだろうか。

 ひるがえって東京の道。道交法が改正され、自転車は専用道か専用レーンか車道を走ることになった。歩道がアブないのは間違っていないが、自動車がばんばん駐車する“なしくずしの自転車道”を走るのはかなり危険だ。“日曜だけドライバー妻”にひかれそうにもなる。見切り発車の改正でしかない。

 この改正、日本人にさえ正しく伝わらないのだから、外国からの観光客にはまったく伝わらない。たしかに道は狭けりゃ車も人も多い。東京は働くにも旅行するにも、かなりお手上げだと思う。東京が観光都市として魅力がアップしないのは、自転車さえも利用できないからだ。

【hmm…なアドバルーン】
 原油200ドル時代、自転車フレンドリーか否かは、“都市インフラの差”をあらわにする。東京ではムリとしても、人口30〜50万人の郊外都市や地方都市では、モントリオール・バイク方式を採用すれば、都市としての魅力がかなりアップするはずだ。そんなコンサルなら手弁当でもしたい。

 環境にやさしいインフラをアップさせれば、街のエコ感度が高くなる。そうすると知恵のあるいろんな分野の人々が集積する。センスの良さだけでなく、その地の伝統をたいせつにする街が創られる。エコから始まる街起こしサイクル、実現できると思う。わたしはデザインや手づくりやモノづくり支援から、そんな街づくりに貢献したい。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年6月22日 (日)

“もんちほし扇子” 手づくり制作記

“六月の雨”は「菖蒲のいろの みどりいろ」とその昔、詩人の中原中也はロマンチックにうたった。雨の日はこんもりして工作するに限る。今日はかねて作ろうと思っていた“手づくり扇子”にチャレンジした。第一の理由は祖父のン十年来の形見が見るも無惨だからだ。

Pict0157 ツギハギで使ってました。

 もうひとつの理由は、世に一つしかないオリジナルな“もんちほし扇子”を作りたかった。キットはスペースアーツから購入済みだ。今日は久方ぶりの手づくり挑戦記です。

【hmm…なアドバイス136.“もんちほし扇子” 手づくり制作記】
扇面紙は特殊な和紙で出来ています。サイズは195×436(mm)です。
用紙設定で長尺紙を設定出来るプリンターであれば可能です。

引用元 スペースアーツさんとわたしのメールのやりとり。

Pict0136 Pict0138

 上左が手づくりキットの道具、右が扇子作成用の特殊和紙にプリントアウトしたもの。用紙には手書きもできるが、イラストレーターもんちほしさんの『落椿』を内側に、同じく『サロメ』を外側にプリンター印刷した。サイズが微妙なのでA3手差しモードだが、一発勝負でやったので構図には少し心残りがある。

Pict0141 Pict0143

 その用紙に山折・谷折のスジを付け(左)、そして扇型に切り取る。

Pict0145 Pict0146

 そして筋目に沿って山谷を折り(左)、オレ折れ状態。ここまでは大過なく。

【ちと、ミスりました。】
 次の工程でミスをしたのだが、それが仕上げのまずさにつながってしまった。この扇子の用紙は特殊な二枚重ねで、紙と紙の間に扇子の“中骨”がすっくと刺さるようになっている。それを挿しこむところが扇子作りキットのコツだ。

Pict0147  あくまで平な部分の真ん中に差すべし。

 あらかじめ鉄筆で差し込み口を開けておいた箇所に、“中差し竹”で骨を通す道を開ける作業だ。上の図では、山の中央部に近いところを差しているのだが、これが間違いだった。山折と谷折の間の真ん中に差すのが正解。あとで気づいたが、これが仕上げのまずさにつながった。ここのくだり、説明書はちょっとわかりにくいと思った。

Pict0149 Pict0150  

 なんとかミスをカバリング。まあいいでしょ。

Pict0156 Pict0152

 差し込みを先端2センチを残して抜いて糊付け。そして乾かす。

Pict0153

もんちほし扇子、できあがりました!中骨が寄ったという不出来なところありますが、ひと夏くらいは使えるでしょう(笑)。世界でオンリーワン、お気に入りの『落椿』ですから大事に使います。扇子キットは3,045円(税込み)。

Sensuzairyou 200pxp4022340
 (キット見取り図 スペースアーツより)  落椿(Wikiより)

 扇子キット、説明書だけでオリジナル扇子を作れるのは凄い。ただもうちょっと大きなサイズでしっかりした骨でもよかった。わたしのようなポカもいるので、“教室”でやる方が間違いはない(京都には修学旅行向けに扇子づくり教室もチラホラ)。

【hmm…な手づくりアドバイス】
扇子づくりしつつ“手づくりの愉しさ”について考えていた。

①だんだんカタチができていく愉しみがあるだろうか?
 通販手づくりキットでは、プラモデル方式で組み合わせないと不器用な買い手からクレームがくる。この扇子も、骨はあらかじめ組み上げられ、差し込みだけがちとむつかしい。慣れれば60分かからない。バラバラなパーツから完成形のカタチができていくのが愉しみなのだが、キットは準備工程や中間工程を省かざるをえない。

②二度、三度と作りたくなるだろうか?
 My扇子、一度作ると翌夏までやろうと思わないかも。My箸づくりは一度やりたいが、二度やるだろうか?あまりに用具に近いモノは「ひとつあればいい心理」が働いて、幾つも手作りしようとしない。用具より“不要具”が手づくり品にはよく似合う。別の“もんちほしデザイン”に挑戦はしたいけれど。

③オリジナリティを発揮するポイントがあるだろうか?
 扇子自作キットでオリジナリティを発揮させる場面は図柄だ。文字を書くにせよ絵を描くにせよ、そこがオリジナル。教室にしろキットにしろ、オリジナリティを追求したくなるように仕向けられるか?それがひと夏の体験を“手づくり作家への夢”に変えるポイントだ。

 帽子づくり教室に行ったときのことを思い出すと、先生や相棒とフェイスtoフェイスが作るのが楽しく、準備やパーツづくりからデザインまで奥行きを感じさせてくれた。今日は扇子づくりをしつつ、手づくりスクールのポイントを考えた。以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月21日 (土)

hallmarkのグリーティングカード・コンテスト

 今日は犬やネコやウサギやリスです。何のことかって? もちろんペット。以前、相棒Cherryさんは、飼うネコたちの写真を近所の催しに応募した。こんな写真だったのだろうか? 

Dsc00013  無断転載しました。左が“つみれ”でした?

 応募写真で賞を取ったかどうか聞いたような・・・健忘症で忘れた。今日のテーマは米国のグリーティングカード最大手のHallmark社の写真コンテスト

【hmm…なアドバイス135.hallmarkのグリーティングカード・コンテスト】
You're creative. You've got talent. And passion. We LOVE that.
So we've been scrambling around to figure out how to make this
happen, to give you a spot to submit those brilliant card
concepts. 
引用元 hallmark greeting card competition

29

アタシもボクも、み〜んなクリエイティブ!才能たっぷり!ホールマークでは
その才能を開花させる場としてオリジナルカードの創作コンテストを開きます!

 今日は土曜ですから、ちょい訳です。要は飼っているペットの写真を応募するコンテスト。カード屋さんならではのアイデアがあって、hallmark側で予選突破のファイナリストを決定し、その写真をウエブに掲示するだけでなく、実際のカードに仕立ててくれます。気に入ったらそのカードに投票できるだけでなく、購入もできます。投票や購入が多かったカードがグランプリをつかむ。

【My favorites】
 08年6月から8月まで、投票と販売を受付中の“your petsコンテスト”と“your funny*nessコンテスト”から、気に入ったヤツをいくつか。

14 16
 これが一押し!こんなカワユイ顔ないすね。右は裏面。

5 18
 この足(笑)

9 25
 ふむふむ、どうしたね。

4 27
 ふん、食べるもんか。

23 24
 ぼわ〜ん。

19 20
 飼い主が気になる。

【Product RED賞 goes to・・・】
最初のコンテストは“Product RED”だった。U2のボノらが運営するグローバルファンド,『世界エイズ・結核・マラリア対策基金への持続的な資金の流れをつくる寄付の仕組み』である。75,000の投票のうち34%を集めてグランプリに輝いたのが次の作品。

Webcov_red1131l これは素敵です。

 フロリダ州のデザイン学校の学生Erin McGuireさんの作品。少女がカードを鳥に渡して配達してもらう構図。REDを表す赤い木と緑のコントラストがいい。販売収益の8%がファンドに寄付された。

一般の人がデザインして、みんなで良いものが選び、メーカーがそれを商品化し、そのデザインが収益を生み、世の中のために役立つ。こういう顧客参加でロングテールなサイクル、やはりインターネットができたから容易に実現できるようになった。

【hmm…な独白】
 以前、わたしとCherryさんは、あるTシャツデザインコンテストに出品しようとした。わたしは絵を描くのが好きなので、“日本地図”をデザインモチーフにしたイラストを描いた。その手書きイラストをCherryさんがスキャナで読み込み画像化した。さあ応募!のはずだったが・・・。ある日、思い出してCherryさんに言った。

 「そういえば、あのTシャツのコンテスト、申込金の送金がいるんだよね」
 「郷さんが応募と一緒にやってくれましたよね?」と彼女。
 「ええ!ボク・・・応募してないぜ!

 彼女はわたしが、わたしは彼女が、応募したとばかり思っていた。すでに締め切り後だった。ありゃりゃ。ポカしました。だがそのイラストがひょんなことから、ある提案の表紙に復活しました。本復活したら、その拙イラストと提案を紹介します。しばしお待ちください。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

枠を突破らうアーミーナイフ

 もらっても使わないモノってありますよね。たとえばマウスパッド(今どきほとんど見かけませんが)、ペーパーナイフ(封筒も新聞記事も手で引きちぎるので)、ペーパーウエイト(これはちょっとだけ使います)。

 あるけど使わないモノの代表格は“アーミーナイフ”だろうか。持っているはずのアーミーナイフ2つを探しましたが、どうしても見つからない。そのズシンという重さもいいし、カッコいいのですが。あとでもう一度探してみます。今日はアーミーナイフ系のグッズのご紹介を。

【hmm…なアドバイス134.枠を突破らうアーミーナイフ】
もう釣りは30年以上やっているんだけど、こんな道具を持ったのは初めて。
(中略) 一度使ってみたら、けっこう活躍しているよ。大物を釣り上げたら、
まず獲物の大きさが一番気になる。そんな時には「ファクトリー」のメジャーで、
サッと計るんだ。
引用元 ワキステーショナリー 

15 13

 とわたしも広告文に釣られてしまったのだが、アーミーナイフライクな旅行文具『ファクトリー』にはなんと7つ道具を超える8つの機能がある。本体サイズは115×32×30mm、重さ140gと、大ぶりのアーミーナイフサイズとはいえ、よくもコンパクトにこんな縮み道具を開発したものである。一個一個みて行く前に、youtubeの画像をごらんなりたい方はこちら。

【ファクトリーは手元文具の重宝グッズ】
 まずははさみ。はさみでチョキチョキと糸や紙を切り取れる。カートンオープナーは段ボールや箱をびりっとするとき。重宝です。

7 8

 ホッチキスは10枚程度の綴じに対応するタイプ。50本用の針が入るので重宝する。メジャーも案外どこかにいっちゃうモノ。長さは1mだが、たいていの釣りには対応ができる。

4 5

 レンズはアウトドアでは集光に使えるだろうし、コンパスはオリエンテーリングにぐ〜。

10 11

 youtubeを観ていて精密ドライバーをゴロンと出してきたのは笑ったが、眼鏡やPCには重宝するはずだ。発光ダイオード(LED)は明るさを追求するものとは思えないが、キャンプではあんがい活躍するはずだ。

12 6

 便利グッズにすぎない。でもフツーのアーミーナイフにある機能が「切る」「削る」「開ける」ような道具ばかり。戦場やキャンプ地では必要だろうが、日常生活ではあまり接点がない。ここでちょっと探したらひとつ見つけました。2つの内、大きい方です。

080620_200901 ちょっとピンぼけ

 大きいナイフ以外に2つナイフがありますが爪では固くて開きませんでした。錆てるのかも知れないが、ナイフばかりあっても使いません。『ファクトリー』はカタチはアーミーナイフでも軍隊用具から脱してニーズをギュっとした。2940円です。

【爪切り付きアーミーナイフも優れモノ】
 これはいつもセンスの良い佐藤恵菜さんが紹介していた『爪切り付きアーミーナイフ』。これはいいです。

186401 見た目は普通

 爪切り、爪ヤスリ、ハサミ、小ナイフ、ピンセット、爪楊枝の合計6点あるそうです。切って削って整えてがひとつでできる。爪楊枝は甘皮押しこみ、ピンセットは刺抜きだけでなく毛抜きに使えるので眉処理にもいいでしょう。

Img_2008_06_13 186404

 残念ながら限定30個で(税込み4,410円)すでに締め切りです。本家のスイス製ながら一般需要を意識して、アーミーナイフの枠をとっぱらった一品。

【変わり種アーミーナイフ+アイデア】

0620_gigswissknife
 2007年の発売だった『The Giant Swiss Army Knife』は77個の機能があった。詳しく語りたくもないが、片手で持ち上げられるのは特筆ものだ。

Rw61s 軍隊はデータだ。

 これは2004年頃のもので『USBメモリー付きアーミーナイフ』。今どきなら“USBハブ"付きや“ソーラーパネル電池付き”、“フリ振り発電機能付き”なんかいいと思う。

0620_swissarmyknifemp3playerコード切っちゃいません?

 こいつは『スイスアーミーナイフMP3プレーヤー』。2008年初頭の発売。たった1GBしかないのに149ドルもしたので売れなかっただろうな。むしろ“無線マウスになるアーミーナイフ”の方がいいかな。眉毛セットがOKなら、コンタクトレンズケースも入れてほしい。アウトドアなら“ムヒ”も出てくるといい。

【hmm…なアドバイス】
 扇子といい『板紅』といい筆箱といい、携帯品を縮めて小さくするのは日本のお家芸。だがスイスアーミーナイフの変わり種のクリエイティビティにも恐れいる。“たたむ” “引き出す”という単純なアクションなのに、こんなにたくさんの知恵が込められる。枠を“突破らう”ことがたいせつなのだ。

 今日は、ずっとCherryさんと考えてきたこと、やりかけてきたことに、一縷の光明が挿しました。モンモンし続けると良いことがやってくるのでしょうか。このブログは“自分の枠を外そう”として始めて、そろそろ2年たちます。最初の小さな一滴が、だんだん波紋が大きくなりました。次週は講談社さんに取材を受けます。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

見たことのない日常風景を切り取る――スナップに必要な“2つの目”

 今日はビジネスメディア誠に連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

見たことのない日常風景を切り取る――スナップに必要な“2つの目”
旅先で非日常を撮る。また、食べたモノや面白かったモノをブログに載せる
ために撮る。これは多くの人がしていることだ。しかし、スナップのもう1つの
ジャンル「ストリートスナップ」とは? プロの手ほどきを受け、その本質に
少し近づけたような気がした。
続きはこちら

 Sonyの『ITエンターテイメントセミナー』に申し込んだ直接の理由は、イラストレーターもんちほしさんをゲイサイミュージアムで撮った写真が、“かなりピンぼけ/throughly out of focus”だったから。自分の写真下手を少しでもカイゼンしたい。必死です。

Dsc_0039
 もんちほしさんと木工作家の木賊(とくさ)さん。Capaのよりもかなりピンぼけ。

  一方で若い女性を中心にデジイチブーム花盛り。雑誌も発刊され、カメラも売れています。マーケティング話としてはそんな市場の状況をまとめれば記事になります。実際、先週も日経でそんな記事もありました。でも自分をカメラと被写体の間に置いてみると、そんなブームの根っこに何があるのか?みんな、何を写したいのだろうか?その疑問が原点でした。

Title
SonyのITエンターテイメントセミナー デジイチ販促のための講座ですが、ああ欲しくなった。

  わたしの気持ちを汲んでくれたのか、相棒Cherryさんが選んだ教室が坂口恵さんが講師をする『日常を切り取る(スナップ入門)』でした。帽子教室体験もそうでしたが、教室に行くと目線が変わります。それを体感しました。

【アキハバラへの追憶】
 書きながら、さらに想いが及んだのは秋葉原の殺人事件でした。教室の同日同時刻帯にあの事件が起きて、現場写真がネットにあふれました。このブログにも写真や動画を集めたサイトのトラックバックが飛んできました。そのTBは反映する気になりませんでした。TB先のサイトも見ませんでした。TBして頂いた方、反映しなくて申し訳ありません。こんな事情がありました。

 講師の坂口さんは秋葉原がアキバに変わる風景を切り取った個展『アキハバラの肖像』(2005年)からセミナーの講義で何点か映してくれました。その写真にも、今のアキバへの道のりがあり、点と線を結んで、歩行者天国があるのかもしれない。そんなことも思うと坂口さんの想いもいかばかりだったか、と思いました。

【講義+実習の持つ力】 
 さてさて、サツバツなアキバを抜きして、銀座のスナップはほんとうに楽しかった。座学の講義+体験実習=おもしろい&実感アリです。セミナーぽいことをする職業に就いているわたしにはとても参考になりました。

 この撮影実習をヒントに、新入社員を街に連れだして“マーケティングを切り撮る”を企画・実施しました。街の中の店舗や看板やポスター、道行く人や車や煙突の写真をみんなで撮り合って会社にもどります。それをプロジェクタで写しつつ、どこにマーケティングを感じたのか、ワイワイします。ついでにわたしなりのマーケティング観を話します。なかなかウケもよかったので『マーケティングを切り撮る』講座をつくり、このブログでも案内します。(個人でご参加いただける費用に抑えます)

【われわれの作品を4点ほど】 
 最後に、ビジネスメディア誠に掲載しなかった写真群から4つほど。

Dsc00140
 これはCherryさんの作品で、資生堂のショーウインドウの装飾の一部です。こまかいところにワザ(同社の香水なのか)がある。

Dsc00063
 これはわたしの作品で風月堂のショーウインドウ。Cherryさんがほめてくれた一枚。坂口さんの写真講座の中に“お品書き”があったので真似して撮りました。

Dsc00080 Dsc00033

 街かどの鏡をつかった自画像2点。はからずもわたしたちは同じことをしていました(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月18日 (水)

プリンアラモードが見つからない!

 先週のビジネスメディア誠の記事に関連して、吉岡編集長がアラモード行脚に行ってくれました!だが・・・5軒まわって、なかった。おつかれさまでした。そのくだりはこちら

Pict0083s_4 これ、くだんのババロアアラモード

 東京でたった3人(吉岡さん、Cherryさん、そしてわたし)ですが、合計7軒も行脚して、まったく見つからなかったプリンアラモード。それってニーズがあるのかないのか。

 ある本を探して一人の同じ人が、近場の書店3軒を回った。各書店が「お、これはニーズあり!」と注文をかけて増刷したのに、実は1冊も売れなかった(探した人はAmazonで中古を買った)というエピソードと似ているかもしれない。われわれの主食はプリンアラモードではないのだ。プリン職人を養成してもアブれるかもしれない。以上、今日のデザートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ:ふたつのプログッズ、ひとつの“ほっと”グッズ

 オフィスや書斎の話を続けたので外に出たくなりました。それで今日は日光sun sun、海nami namiの地、三浦半島に行きました。その訪問先の話は、来週のビジネスメディア誠の話題まで“熟成”させますのでお待ちください。お話をうかがっていて、とっても気持ちよくなりました。

 今日の余韻と明日のビジネスメディア誠のエッセイの話題をつなぐモノは、“Cherryさんのカメラ”なんだと思ひました。彼女が手にする(某ルートから不当に安くゲットした)α350が光っている。うらやましい。「写真はまかせたよ!」「ハイ!」という連携プレーがグットなのはよかったけど。まだデジイチを持たないわたしですが、憧憬をこめて! 

Idx_mainv わたしもレンタルで使ったSony α350

【hmm…なアドバイス133. カメラ:ふたつのプログッズ、ひとつの“ほっと”グッズ】
バッグに鉄の塊のカメラやレンズを入れるとかなりの重量になる。もちろん
バッグの背面にいろいろ工夫されてはいるのだが、それでも、春から秋の季節に
何kmも歩くと、背中が汗でびっしょりになるのだ。そこで、カメラ関係の量販店
に向かい、いろいろ物色してみた。すると、今まで見たことのない縦型の細い
ザック型のカメラバッグを発見!

引用元 air BE-PAL フォトグラファー/田川 哲也さんの記事より

1856_big すっと立つフォルム。

タテに細長いプロポーションが目を惹く。カメラマニアならずとも「ちょっと変だな」と思うはず。「これがカメラバック?」と。だがこの記事を書く田川さんは絶賛。プロの写真家の彼は、世界遺産を歩きながら撮る企画を引き受けた。歩きながらだとバッグの良し悪しで疲れかたが相当違う。そこで長時間歩いても疲れないバッグを探し、この商品『フリップサイド200』に出会った。メーカーはフォトジャーナリスト御用達のロープロ

【これは脱帽の機能!】
 大きな特徴はバッグの背面、つまりいつも背に付ける面をガバチョと開ける点だ。外側にジッパーがあると、背に付ける面を下にして(地面に付けて)開けて出し入れするが、このタイプだと逆になる。外側を下に置いて、内側からカメラ機材を出し入れできる。背中が汚れないし、おろしてすぐに出し入れができる。

185602 30

 さらにタテ長であることで、背中の左右の両端がバッグで覆われない。夏だと汗をかく背中にはそれがやさしい。外寸法はW218×H420×D157mm。16,800円

【吉村和敏さんのアドバイザー三脚】
 勝手に敬愛している写真家吉村和敏さんは長らくフランスに出張だったそうです(お疲れさまです。根性でブログをアップする姿、わたしも触発されています)。彼が開発に関わった三脚があります。『エル・カルマーニュ645KCリミテッド』これは(素人目にも)凄い。

Img_0886 引用元 吉村和敏さんのブログ

「CAPAオリジナルグッズ開発局」とベルボンのコラボレーション三脚です。
人気三脚のエル・カルマーニュ645をベースに、エンドフックや石突、雲台
取付部などの細部に至るまで使いやすさを追求しました。

引用元 CAPAネットショップ 

214a 35 34

 「大型の可変石突(足の突端)」「雲台固定用のイモネジ(カメラを固定する台をイモネジにした)」などこだわりの装備満載。Cherryさんのα350闇価格に近い52,400円(三脚+クイックシュー付き雲台PHD-61Q KCセット)。

31 吉村さん(引用元CAPA)

   こういう三脚を使えるようにもなりたい!と思いますが、まずはデジタルカメラを買わないとダメです(笑)。今回のエッセイの体験で、相当焚き付けられましたが。

【α350にはレンズフードが付属している!】
 見出しが変ですが正しいのです。たいていのデジイチのレンズにはフードが最初からあります。レンズフードは、画質劣化や先端保護に必要なもの。下図左は普通のタイプ、右は花型タイプです。

32 引用元

 Cherryさんはα350にレンズフードが必要だと考えました。ところが購入した「α350にはレンズフードが無い!」。これまずいわ!そう思ってひとつ買ってきました。

 ところが!です。よ〜く見ると、実は最初からフードがレンズに付いていた。黒いので先端にかぶさっていたのが同化していた(笑)。ひっくりかえっていただけだった。眼鏡の上に眼鏡する、パンツの上にパンツをはく状態。ムダになったレンズフードはなくすかもしれないので、とっておくといいと思いますよん♪ 明日の写真の話題に続きます。ご購読ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

作家の仕事机

 たまにはしっかりした本を読まなきゃ、と思って手にとったのは、ノンフィクション作家野村進さんの『調べる技術・書く技術』。しっかりした本で、ライターとして吸収すべきことがたくさんあります。ときに取材をして書く我が身には、“貴君の猛省をうなが〜す!”という文字が紙背からずんずんとアブリダシになってきて、赤面してしまいました。

 気になった箇所のうちのひとつに“著者野村さんの机”があります。これが実に合理的。昨日のオフィスのフリーアドレスから、机に場所を移します。

【hmm…なアドバイス132.作家の仕事机】
作り方は簡単である。B4サイズの二段型キャビネットを二基購入し、左右に配置して、
その上に厚手の板を橋渡しするように載せるだけだ。

引用元 同書P.47

080617_205001  本写メなので暗くてすみません。

 キャビネットの大きさは、タテ70cm、横45cm、奥行き71cmなので、板もそれに合わせて幅を70cmに切断して二基の上に渡して使用。長さはそのまま六尺(180cm)、厚さは30mm。この机(というか“渡し”)がいいのはシンプルだし、安あがりだし、使い勝手がいいところ。元々は知の巨人、立花隆氏の著書から発想を得たとのこと。

 野村さんは『山根式袋ファイル』で取材記録や資料を整理しており、角形二号(240mm×332mm)封筒をしまいこむには、B4サイズのキャビネットが余裕をもって入れられる。実に合理的な計算である。左側のキャビネットを「今の仕事」、右上は「その次」、右下は「その次」にあてるという、売れっ子の氏ならでは。

 実はわたしも“渡し板方式”の机を使っている。売れっ子ではないので、キャビネットではなく、足は丸太を4本。180cmあればたっぷりだろうと思われるだろうが、さにあらず。平たい場所があれば人はモノを置くのだ。モノが先ではない。机がモノを運んでくる。これを“パーキンソンの机の法則”という(嘘です)。

【英国の作家の書斎を検分】
 ともかく机片付け下手なので、そんな時は先人に学ぼう。英国の作家たちの書斎を紹介するウエブサイトがある。そこからいくつか見てゆこう。

[あなたのに似たデスク?]

0617dahl

 短編作家ロアルト・ダールの書斎はごったごただ。すべてを手の届く範囲でやっつけるのが彼の趣味だったそうだ。足元には寒いときに足を温める寝袋とスツール、右手にはガラクタや鉛筆削り、左手に電話と灰皿。それもこれも、彼が第二次世界大戦で脊椎を痛めたことと関係があるのであろう。

[窓のある部屋に入ると作家になる]

0617_margaret_forster

 伝奇作家マーガレット・フォースターはこのチャーミングな2つの窓のある角部屋に入るとき、妻であることも母であることもおばあちゃんであることも料理人であることも掃除人であることも、全部忘れ去るそうだ。そしてコンピュータを使わず、A4の紙にペンを使って書く。手書きは言葉に注意深くありたいからだそうだ。

[窓には背を向けろ]

0617_fraynroom

 窓には背を向けて書けと文豪サムセット・モームは語ったそうだが、劇作家マイケル・フレインは敬意を込めて横座りである。なぜ背を向けろと言ったのか彼は語っていないが、「外の些事に気をとらわれずに仕事しろ」という意味だろう。だが仕事100%ですっきり機能的なマイケルの書斎の壁には、多くの写真がある。PCの正面にあるのは“百貨店ハロッズの広告”。そこに彼の母が写る。
 母は、彼が小さい頃亡くなり手元に写真がほとんどない。だが仕事の合間にモデルをしていた母の写真が偶然見つかった。1925年3月18日付けのハロッズの広告だった。それがひとつの支えなのだろう。

[うん、これだね。板張り、シンプル。いいな]

Thirlwell

1978年生まれの新進気鋭の作家Adam Thirlwell(まだ翻訳なしだと思う)の部屋にはあこがれた。何しろ整然としていて、シンプルで、不要なモノがなくて、すっきりしていて、板張りで、ランプシェードも素敵だ。ノートPCがぽつん、オリベッティのタイプライター(カノジョからプレゼントされて、タイプ練習に使っている)がじっと。疲れたら(カノジョから失敬した)横ちょのベッドでごろん。真似できそうもないけど。

【hmm…なアドバイス】
 実はテキトーに4つ選んだが、英国の新聞ガーディアン紙のこのサイトには、たっぷり30名ぐらいの紹介がある。ついでに詩人の書斎の写真もある。ひとつずつ見るとじわんとくる。

 強いてマーケティングぽく語る必要もないのだが、机や椅子や棚や本棚や照明を、機能や便利だけを追求して商品開発するのが、なぜ無意味なのかわかると思う。書斎とは創造の場だから。

 作家だから“書かなきゃ”という意識を自分に持たせる工夫がある。必要なモノを手に届く範囲にという身体への思いやりがある。窓からやってくるアイデアを逃さず、受けとめたい。一方で窓に背を向ける固い意思がある。歩きまわったり寝転んだりして、自分をリラックスさせるスペースがある。機能だけぢゃない。“書く”という意思を支援するのが書斎のニーズだ。

 とはいえ、次の究極の書斎(?)も凄い。じっくり見ると劇笑モノ。今日は以上です。

13lh1 半畳くらい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月16日 (月)

間接部門のフリーアドレスに見えた、キューピーのイズム

 これは珍しいな!と思ったのが、キューピー工場間接部門でのワークスタイルです。先週のゴーヤーの記事に続いて、またしてもキューピーですが、わたしはキューピーの回し者ではありませんし、特にマヨネーズ好きでもありません。どちらかと言えばドレッシング派。

 フツーは営業とかコンサルの会社で導入される“フリーアドレス”、それを間接部門でという記事を読んで、なるほどこの会社は活き活きしている、楽しそうと思いました。ゴーヤーからフリーアドレスへ、ちとおおげさですが“オフィスの自由の意味”が今日のテーマです。

【hmm…なアドバイス131.間接部門のフリーアドレスに見えた、キューピーのイズム】
全国に9工場を抱えるキユーピーの生産本部の間接部門で、従業員の座席を
固定せず毎日自由に席を選ぶ「フリーアドレス」の導入が進んでいる。フリー
アドレスを営業部門で採用する企業は少なくないが、生産本部の間接部門に
導入する事例は珍しい。現在、6工場にまでフリーアドレスの導入が進んだ。

引用元 日経BP  

0616_ph01  
 キューピー仙川工場では5つの部署をひとつにして、無線LAN+ノートパソコンを配った。

 コンサルティング会社やIT会社ではもはや珍しくなくなった“フリーアドレス”。座る座席を自由にして施設コストを削減するもの。もちろん社内の“異職種交流”による仕事改善の意識への向上も目的のひとつだが、ホンネは業務コストを“安く上げるため”である。

 特に間接業務は、その名前通り間接的なので本質的に減らすべきで、究極はゼロがいい。キューピーでは工場の(たぶん間接部門の)社員から『複数ある間接部署を1部屋に集約し、席を並べて一緒に仕事をしたほうがよいという意見が出てフリーアドレスを導入した。

【間接業務=情報の製造ライン】
 実際はどんな具合なのだろうか?以下、取材したわけではないのでわたしの想像です。5つの部署は場所をひとつにして、機能は簡素化(重複した業務を削減する)しても、それぞれの機能(例:品質管理、衛生管理etc.)は消滅しない。

 だから各担当者が当日の業務がもっともやりやすい机(ホワイトボードのソバ)に座る。特定の人と打ち合わせが必要なら並んで座り、個人作業なら離れて座る。ある日の情報の扱いが、キメ打ちで処理する“セル生産型”なのか、流れ作業の“コンベアライン型”なのかで、座る位置を変える。

 同社の業務改善活動『HIT活動』は“間接業務=情報の製造ライン”とみなすそうで、そこからの発想だろう。これを自発的にできる社員がそろうとは、さすが優良会社は違う。脱帽です。

【事業計画にもそのイズムが見える】
 間接部門のフリーアドレス、単発のアイデアではない。同社の中期経営計画(07〜09年)の中でも具体的な数字を上げて、“グループコストの低減”を上げている。

0616_03  中計より。

 この“グループ”という言葉がミソだ。“情報の製造ライン”という考え方と同じで、調達・生産・販売を個別プロセスではなく、つながったプロセスと見なして物流を考えようというもの。お客さまを向く“イズム”と言っていいだろう。お客さまを向くとき“機能(調達・生産・販売)”は必要だが、それは“組織”ではない

 おまけですが、同社のこの中計は良くできている。参考になりますので見てください。

0616_02  
 ぐっときた中計の中の一ページ。

【hmm…なアドバイス】
 こうした提案活動がうまく運営されるのは“内部結束”のタマものである。

 フリーアドレス=オフィスの効率化に関連して、最近は入退室管理システムや指紋認証が一般化してきた。それも必要だけれども、むしろ組織は内部から崩壊しやすい

 個人情報保護を究極にするとどうなるか。「面接で何も聞けなくなりますね」と知人のコンサルタントが言った。厳密に運用するなら、名前はいいとしても、出身地や学校はもちろん職歴や学歴も聞けなくなる。男か女かさえ聞けない。性転換しているかもしれないからだ(笑)。マジメに言えば暴力団や活動家が入り込むスキができる。保護を強化すると内部崩壊のリスクが大きくなる。だとすれば皮肉だ。

 フリーアドレスがコスト面だけでなく業務まで含めて成功するのは、内部結束があるときである。価値観があるレンジで一定であり、協調して働こうという意識が生まれ、実践されるときである。社内でさえ“アイデアを奪われる”という意識があるのではダメだ。サツバツになり「僕、XXX君の隣に座りたくないもん」ということになる。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

ニッポンの先端商品ー月桃紙、紅型、楮紙

 今日は、和紙を使った手づくりグッズの製作ルポの予定でした。ルポといっても自作自演のルポですが(笑)、2つの理由から着手できませんでした。ひとつは機器材の準備が整わなかったこと、もうひとつは花粉症のぶり返し(?)なのか、アレルギーなのか、鼻水くしゃみがとまらずジョギングも自転車乗りもパスしました。苦しいです。

 和紙手づくりができなかった恨みを和紙で晴らそう! で、グッときた和紙商品と作り手をテーマに。

【hmm…なアドバイス130.ニッポンの先端商品ー月桃紙、紅型、楮紙】
沖縄に自生する多年草の植物月桃。昔から沖縄の人々の生活に馴染み、漢方薬と
しても用いられる一方、精油には防虫効果、抗菌効果も認められ、魅力ある素材
として近年ますます注目を浴びています。(中略)月桃紙壁装材はその月桃の
強靭な繊維を漉き込み、壁装材として加工しました。
引用元 ozone 

5  月桃の花と葉

 月桃(げっとう、沖縄本島ではサンニンと呼ばれる)は初夏に美しい花が咲く、ショウガ科の多年性の植物。月桃生活online-shopを運営する那覇市の日本月桃では、月桃の茎の繊維を使って「防火種別1—3」も取得する和紙素材や壁紙、障子紙をつくる。

6

 月桃の繊維が浮き出る様が深みがあり、調湿機能、殺菌機能もありシックハウス対策品でもある。表面に樹脂加工が施されているので、布巾で拭けるほど防水性もある。月桃障子だと、指をなめて穴がポコっと開けて覗き見はできないのだろうか?

7  月桃紙の表情

月桃生活オンラインショップでは、壁装材以外にシートの和紙や名刺用の紙などを販売する。

【月桃紙は沖縄、沖縄といえば紅型】
 その月桃紙と、沖縄ならではのデザイン“紅型(びんがた)”を組み合わせた『月桃紙の紙額』がある。額の真ん中の染めが、月桃紙の紅型です。

Img_3300 Img_3304

 紅型(びんがた)とは、沖縄を代表する伝統的な染織技法。この作者の賀川理英(かがわりえ)さんは、沖縄に紅型を学びにふらりと1年の予定が、20年近く沖縄に染まってしまったという(おっと年を想像できそで、すみません)。次も素材は月桃紙、筒引き(つつびき=ケーキのクリームしぼりのような染色道具)で描いたとある。左が下図、右が仕上がりとなる。とても美しい。

8 9  

 こんな緻密な染めを描く賀川理英さんは、海外のメディアにも紹介されるアーチスト。作品をブログで見ただけですが、デザインの楽しさ、色づかいのセンスの良さ、商品としての完成度も高くてどれも見入ってしまった。惚れました。いつかコンタクトしたい。(次の作品は紙ではないですが、素敵なので)

12

【渋柿楮紙は縫える、縫うなら帽子を】
 月桃紙は“縫う”ことはできないのだろうか?縫えれば除湿・殺菌の機能性が高いので、帽子にぴったりなはず(わたしは帽子マニアです)。月桃では探せなかったが、別の縫える和紙を紹介します。

G_eodqzx_s Jj3jbrnm_s (引用元) 

柿渋楮紙(しぶがきこうぞし)で作られた帽子で、大山記世さんのブランド『Put on』の商品。大山さんのHPのトップの帽子の写真には“アイロン・手洗い・帽子”のマークが並んでいる。和紙の帽子、このデザインにもすごく惹かれました。

Topimage200711 Put onさんのHPより

 丸めても洗っても大丈夫なように『厚口の楮紙にしっかりと柿渋に塗り、充分に乾いてから手で揉む。これを5回繰り返します』と素材について、創作和紙工房のまるともにある(引用元)。

Kvupbalu_s 筆と和紙/筆屋和紙之助さんのブログより。

【hmm…なアドバイス】
 薄く、強く、破れず、にじまず、といった機能重視は洋紙の長所だ。デジタルな仕事や勉強には必須な紙だ。生態系破壊と引き換えではあるが、生産コストも安い。

 一方和紙は、60年代以降の経済効率主義の波間に消えてしまったかに見えた。半世紀たち、そのぬくもりや素材感、デザイン表現力、エコなメリットが見直されている。さらに機能性も昔ながらの技法の復活最新の複合加工で、和紙のイメージを塗り替えつつある。

 原油依存社会のパラダイムシフトが必要な今、ニッポンの先端商品のひとつとして、和紙を世界にアピールしたい。今日はくしゃみがとまらず、以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

雨の日々も楽しもう

 おや?南関東の今日の天気、もともと雨の予報だった・・・と思っていたら、一日中日差しも出てほぼ晴れました。してみると梅雨は6月後半に押し寄せてくるのだろうか?

 雨が降らないのに雨グッズを取り上げるのはナニですが、雨が降ったあとに雨グッズを買いにゆくのはめんどうだ。晴れている今の内に買いに行こう!どんなモノでも後の祭りでは遅い。今日は“雨の日に楽しい商品”をテーマに。

【hmm…なアドバイス129.雨の日々も楽しもう】
磁器でできているので、時間がたってヘニャヘニャになってしまう心配が
ありません。また、ホワイトボードマーカーで顔を描くこともできます。
描いた顔はティッシュ等で消すこともできるので、何度でも描き直せます。

引用元:caina

0611_30456314_ma_2terumain2 0611_30456314_sl_2terusam2 30456314_sl_3terusam3

 瀬戸焼きの“てるてる坊主”『TERU-TERU 風鈴』。説明無用な商品ですが、“てるてる坊主”を焼き物の風鈴にしてしまおうという発想がいい。顔(自分で書いては消せる)とカタチはてるてる坊主、チリンチリンと風で揺らぐところは風鈴。てるてる坊主をわざわざ買おうという人はいないだろうが、こんな風鈴ならぜひ欲しいと思う。

0611_30456314_sl_5terusam5 うらめしい眼。

 デザイナーは福岡迪子さん。サイズは高さ120mm、直径65mm。のっぺらぼうは¥2,940で眼や眼鏡の顔付きは¥3,465。イチオシは手書きですね。なにせ今どきの子供はもう作らないでしょうから、顔ぐらい書けよ。

【傘を忘れても葉っぱがあるさ】
 どんなに“あ〜した天気にしておくれ♪”と唄っても、降るときは降る。傘を忘れたら蛙さんなら葉っぱの下に隠れます。

0611_leafumbrella01 0611_leafumbmain

かわいらしい葉っぱの形をした傘です。雨の時期はとっても憂鬱になりますが、
この傘があれば、むしろ外に飛び出したくなります。子供の頃に思い描いた
あの感覚、街中で、通勤、通学中に思い出してみてください。

引用元 Generate 

 デザイナーAnouk Magis Jansenさんの『Leaf Umbrella』、葉っぱ傘。蛙になった気分で、これをもってチャビチャビしたい。道ゆく人に「一本折れてますよ!」と言われるのもいい(笑)。やっぱオヤジは持っちゃダメですか?MowLiftでは3色そろって販売中(5,040円)。

0611_leafumbmain2 0611_img48550245

【傘を傘の傘立て入れる】
 傘使えばしまう傘立てあり。ビチョビチョの傘を玄関に置くのは憂鬱ですが、傘を傘の傘立てに入れようかと思うと、何となく楽しくなる。

 5傘立てです。

傘をしまうには実は傘にしまうのが一番!?
そんな思いきったコンセプトを形にしたのがこれ、Giotto(傘立て)です。
傘をモチーフしたこちらの傘立ては、8本程の傘が収納可能。防水性抜群の生地を
使用してますので、しっかり水をはじきます。
引用元 Gadget Club

6 考えられています。

傘に傘を入れる、ウィットのある“Found Object”なデザインがいい。IDEAの『Giotto 布製傘スタンド』、このサイトではアウトレットが9,000円(定価15,000円)。お得です。

【レイン・カメラマンになりませんか?】
 雨こそ写真を撮りたい!という雨撮影マニアもいる。彼らは雨を待っている。

Dicapac2 ビニールに入れて写す。

DiCAPac α(ディカパック アルファ)は防水機能が無い普通のデジカメでも
手軽に海やプール、スキーなどで水中撮影ができるように開発された世界初の
ズームレンズ対応のデジタルカメラ用防水ケースです。
引用元 大作商事

Dicapac1 ごわごわはしそうですが。

 水中撮影もできるというデジカメ用の防水ケースならば、雨くらいへいちゃら。雨だとゲロゲロと出てくるカエルや、モノ言わぬカタツムリを接写したい。雨しぶきの中でも走るメッセンジャーバイクの若者を撮りたい。雨上がりの虹をじっと待っていたい。実は雨とカメラはよく似合う。さまざまなメーカー対応があり。あなたのデジカメもきっと大丈夫。3,800円。

【hmm…なアドバイス】
 最近「雨の似合う映画は?」というお題が流行りましたが、わたしが思い出したのはあの土砂降りの映画『セブン』だった(1995年作品)。B・ピット、M・フリーマン、K・スペイシーの名演が光った。どのシーンも雨がザンザン降りだ。そして“救い”は最後までやってこない(ラストシーンでようやく晴れわたる青空になるが、そこは赤く染まった)。

 たった今が雨だとしても、救いのラストシーンの青空が皮肉にムラサキに染まるとしても(青+赤=紫)、雨が止む日はいつか訪れる。その日に備えるのも大事なら、雨を日々を楽しむのも大事。そう思って自分を励ましましょう!今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る”

 今日はすっかり晴れ上がり、気持ちんよか♪日になりました。キーボードを捨て、旅に出よう!ではありませんが、今日のテーマは野外アクティビティ2つです。

 まずひとつは“お寺カフェ”。同僚Cherryさんのお知り合いが運営されていて、ずっと前から一度行きたいと思っていた。東京タワーのすぐそばに、こんなに落ち着けるところがあるなんて。おっと目的は会社の仕事です。結果はNGでしたが。

Pict0096  撮影郷
 ゆったりとしたただずまい。境内の梅が“たわわ”に実っていました。 

 もうひとつは“マーケティングを切り撮る”です。カメラをもって街の風景を写し、“マーケティングな情景”を切り取ろう、街の中からマーケティングを感じ取ろう、というやりかたで、新入社員研修を実施しました。

Dsc00038 (撮影Cherryさん)
 ストローをぐいっと曲げてお持ちいただいたところに“
おもてなし”を感じた。

【hmm…なアドバイス128.神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る”】
お寺らしくゆとりある雰囲気を保つため
おもてなしには事前のご予約をお願いしております。
ご予約いただいた方にはお席を設け、お茶やお菓子で
おもてなしをいたします。
*ご予約席への飲食持ち込みも可能です

光明寺“神谷町オープンテラス”ブログより。

 Dsc00056
 境内の梅の木、初夏ですねえ。(撮影byCherryさん) 

都心ド真ん中、東京タワーのすぐそばのお寺(梅上山光明寺、日比谷線神谷町から3分ぐらい)である。その本堂の2Fテラスが、日中は持ち込み自由なカフェになる。見晴らしのよい境内に向かうベンチあり。向かい合わせの椅子とテーブルあり。ゆったり4人がけのソファあり。それらが想い想いに置かれる。1名〜4名までの席予約を電子メールで受け付けている。

Dsc00046
 1100〜1140/1145〜1225/1230〜1310/1315〜1400の4回転(撮影Cherryさん)

【このカフェは気持ちいい】
 店長は木原さん。丁寧なお話ぶりと物腰の静かさが心に残った。オープンカフェの風情に溶け込むような人。「何がよろしいですか?」と聞かれて、手づくりなメニューをめくるとほのぼのとしてくる。“本日のスイーツ”がわらび餅だというので、冷たいほうじ茶をお願いした。そのわらび餅は美味しいばかりか、ちょうど紫陽花の咲く頃、紫陽花をイメージした紫色の寒天を散らしてあった。お茶もスイーツも無料です。ただし“おきもち”を賽銭箱に入れるのを忘れずに。

Dsc00049
木原さん (撮影Cherryさん)

 Cherryさんとは古いお知り合いの木原さんに、あるお願いをしてみたかった。お寺のオープンテラスで“コンサルティングセミナー”を開けないか。セミナーは、おしぼり企業の若き熱血二代目をお呼びする革新企業への脱皮がテーマ。おしぼり=おもてなしなので、お寺カフェスペースがいいなと思いました。外部者のイベントはNGだというので断念しましたが、ブログでも開催をお知らせしますので(7月下旬予定)ふるってご参加ください。

 Dsc00061
 逆光がいい(撮影Cherryさん)

【“マーケティングを切り撮る”研修】
 午後は当社への新入社員4名と一緒に、“マーケティングを感じる”をテーマに街に出てみました。各自カメラを持って、おのおのが街角で感じる“マーケティングなシーン”を撮る。それを持ち帰り、プロジェクタで映し合って、何がマーケティングなのか?を雑談する。題して『マーケティングを切り撮る』。実はあるイベントに参加してから、わたしもCherryさんもカメラづいているのである。

 教科書を読むのではなくて“街角の現実”からマーケティングの「根っこ」「幹」「枝」「葉」「花」を感じて、写真に切り取る。そこから商品や売り方を見つめる目の肥やしにしてもらおうというのがねらい。ちょっとお堅い当社では、かなり調子ハズレの研修だが、やってみるとおもしろかった。

 わたしも含めて5人が内幸町から新橋までブラついて撮った写真、こんな感じだ。道ゆく人、看板、自転車、昭和と平成、ポスター、タバコ、モス、タリーズ、花、空間、ゴミ、POP、宅急便、張り紙、影、和と洋、和洋折衷、中華、日本中華、排水溝、安心、ほっと・・・などなど100数十枚

 何がマーケティングか、その解釈は人それぞれ違うがあるが、の中で毎日売れたり売れなかったり、生で起きていることを自分のファインダーにおさめて、自分なりに考えることが大切だ社会人になることとは、自分なりの教科書を作れるかどうかにかかっている。マーケティングの定義なんて忘れちまっていいけれど、その態度を忘れてはだめ。それだけ言いたい。

 さて新入社員4名の写真をひとつずつ掲載しよう。「自分がぐっときた写真を一枚メールしてくれ!」とお願いした。もっとマーケティングぽい写真があったが、きどった写真をよこしてきたようだ。そこには課題が残った(笑)。

Kawamura_san_no_001
 kawamuraさん。霞ヶ関にも緑が多い。そうです、緑な時代です。

Satosan_no_itimai_pict1183
 Satoさん。タリーズが好きだそうで。黒板書きうまいですよね。

Yamaguchi_san_no_ichimai_image018
 yamaguchiさん。携帯写メで粗いですがお花のPOPがみずみずしい。

Inui_san_no_ichimai_ca390159
 inuiさん。調理の煙と匂いがかもしだされているのはマーケティングだ。

 “マーケティングを切り撮る”ワークショップも企画化して、一般の方々に(安価で)ご参加していただけるかたちにします。今日は以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年6月12日 (木)

気まぐれにプリンアラモード、それともひと筋にキムチ?

今日はビジネスメディア誠に連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

気まぐれにプリンアラモード、それともひと筋にキムチ?
女が「私のどこが好きなの?」と問い、男が「君のすべてが好きなんだ!」と叫ぶのには理由がある。それは、男女の心に住むものが違うから。そこに 気付くと、商品の“性別”が見えてくる。男品(おとこじな)と女品(おんなじな)——その融合ポイントを探すことが、マーケティングには必要になる。続きはこちらへ。

 男モノ・女モノという旧来の持ち物区分はとうに崩れている。ちょっと見回すだけで崩壊は明らかである。

 長時間勤務を誇る熱血の営業マンの同僚オダッチさんは、ドピンクのケータイをさりげなく持つ男である。その色や派手で良し。かくいうわたし、4年も前だがピンク色の携帯をてらいもなく使っていた。女性が買い物カゴを腕にかけるように、通勤トートバッグをかける男性営業ジムもいる。違和感はない。

 そうそう、イラストレーターもんちほしさん男モノの着物が実にサマになっていた。それがかえって女っぽさをアピールするから不思議だった。何しろ今やランドセルが、24色もの色物から選べるのだから、子ども時分から“男色・女色”というステレオタイプな感性は消滅しているのである。消費者のジェンダーボーダーの消滅、商品開発において重要な伏線なのである。 

Dsc_0029s 男物の着物の似合うイラストレーター。

【女性による商品開発という呪縛】
 ところが商品も店舗もサービスも、まだまだジェンダーの呪縛にとどまっていて、カラを破ったとは言えないものが多い。ジェンダーをウリにする、たとえば女性仕様の自動車、とても野暮であった。西武鉄道のスマイルトレインはいいなと思うけれど(新型電車の先頭車両デザインを、女性チームの開発でスマイルフェイスにした)、「女性パワーでスマイル電車をつくりました!」というPRには“男クサさ”を感じた。 

3 スマイル!

 むしろ男の品格、女の品格を尊重しつつ、男品(おとこじな)と女品(おんなじな)か、どちらかに重心を保ちつつ、その上でジェンダーの境界をあえて踏み越える、そんな感じの商品がいいと思う。

【プリンアラモードを探してー】
 エッセイの中で“プリンアラモード”があります。この画像づくりに苦労しました。ネットから拾って掲載はできない。だが今どきどこにプリンアラモードがあるのか?昔ならデパート最上階のファミリーレストランにありましたよね。今どきのデパ地下にあるわけがない。

 さてどうするか?見つからなければ、セブンイレブンの”がっつりプリン”で代用しようと思っていたところ、相棒Cherryさんが“打ち合わせでアキバに行きます!”というので、打ち合わせの前に奇妙なお願いメールを打った。

 @アキバでプリンアラモードがある店、知らない?@ 
 返信あり。
 @アキバのヨドバシのカフェ“丸福珈琲店”ならあると思います!@

 丸福はプリンで有名なのである。よしイケそうだと、夕方、イソイソと秋葉原に出かけた。ヨドバシの1階でCherryさんと待ち合わせ。「着いたよ〜♪」とメールを打とうと思ったら彼女が現れた。

 「郷さん、すみません!」
 「何が?」
 「ないんです、丸福にプリンが

 なにやら4Fの店頭のメニューを見たところ、プリンの箇所に“抹消線”が引かれていたそうだ。某航空会社と同じで、プリン職人が2人退職して、プリンを焼けなくなったのだろうか?

 困った。だが代替案もCherryさんから出てきた。“万惣(Manso)フルーツパーラー”である。千疋屋と同じだというので、そこならあるだろう!と歩き出しました。万世橋を越えてしばらくゆくとありました。2階の喫茶の席に座り、メニューを開けて、“プリンアラモード”を探すと・・・。

 「あったぁ!プリンアラモード!」 ほっと胸をなでおろして注文を。

 ところが・・・。しばしあと、パティシエぽい男性がやってきた。
 「すみません、本日はプリンを切らしておりまして・・・」 

 えええええ!!! アタマが真っ白というか、プリンになりました。

 「実はプリンアラモードの写真を撮りたくて来たんです」Cherryさんが言った。
 「と言われましても・・・」 パティシエが言う。
 「プリンアラモードに近いもの、ないんですか?」シドロモドロなわたし。

 それで選んだのがババロア・アラモード。プリンかババロアかの違いだけなので、どんぴしゃではありませんが、苦労したので性別ならぬ“識別”は問わないでください。  

Pict0080s ババロアですが。

 さて、原稿入稿したあとでCherryさんから飛んできたメール。
「郷さん、組み立て式スイーツって、おかしくありません?」

2 スイーツは部品です。

 この会社では、店舗から“スイーツのパーツ”をオーダー受付している。パーツといっても食べれるヤツ。納品されたパーツを店頭で“組み立てる”。ここならプリンアラモード・キット、あっただろうに。今日は以上です。

 Pict0079s
 万惣店内のカーテンには、どこかジェンダーなしくずしな匂いがする。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年6月11日 (水)

水と紙のエンジン

 Cherryさんとお昼を食べていて、artgymという美術学校をテーマにした余勢で(昨日のブログ)手づくりの話になった。小学生時分の“粘土の手づくり”である。

 「食パンとか、メロンパンとかフランスパンを作って、お皿にのせて、家に飾ってました!」
 「へえ、お皿も粘土で作ったの?」
 「そうです。パンはこんなちっちゃなサイズ(2cmくらい)で作って、絵の具で色を塗って、それを段ボールで作ったお家に飾りました」
 「ほお。そりゃすごい。僕はね、アブラ粘土で自動車を作ってた」
 「車ですか」
 「普通の子どもは車のかたちを作るだろうけど、僕はシャシーを作って、タイヤを作ってくっつけて、シートも作って載せ、エンジンを細か〜く作って、なんてやっていたよ」 

 パンと自動車という違いはあれど、わたしたちはマニアックなガキだった。そこから話は“水で動くエンジン”に流れ、そのあとでわたしは“紙の動くエンジン”をネットで見つけた。

【hmm・・・なアドバイス127.水と紙のエンジン】 
このハイブリッド自動車(Scorpion)が画期的なのは、水素タンクを搭載せず、
代わりに搭載している水タンクから電気分解によって水素を必要に応じて
生成する点です。生成した水素は30〜40%の割合でガソリンと混ぜて使用
するとのこと。
引用元
 0609_01_08_2

 ひとつ目はマユツバ、いやミズモノのエンジンガソリンと水素を混ぜて自動車燃料として、ガソリンを少なく済ませる装置を搭載したスポーツカーScorpion。水素とガソリンの混合燃料を燃やすことで、排気ガスの浄化が進み、エンジン性能がアップするという。

【水をガソリンに混ぜるの仕組み】
 水素で動くエンジンはもちろん珍しくない。日本でもマツダを初め取り組みがある。ガソリンならぬ水素ステーション構想もあり、代替燃料/動力源の候補のひとつだ。だが米国のRonn Motor CampanyHydrorunner Inc.が開発したハイブリッド自動車は、水素タンクを搭載せずに、水素をオンデマンドで生成して注入する装置『Hydrorunner』を搭載する。こうした仕組みはいままでなかった。

 0609hydrorunner_g3ゲーム機ですか?

 “Hydrorunner”に投入する水だが純水にあらず。“庭ホース”からでもOKというから普通の水である。その水を電解して水素を生成する。電解する電源も車の発電機の余電力というから、わざわざ発電する必要はない。水素はインテークマニホールドを介して、ガソリンと共に燃料噴射ポンプに送り込む(マニアックでスマン)。メーカーでは“Hydrogen Fuel Injection(水素燃料注入)”と呼ぶ。特許のポイントは水素混合気の生成から制御プロセスにありそうだ。

 燃費は対してよくならないが(リッター17km)、水素パワーで加速が盛り上がり、さらにカーボンの排出が小さくなるというエコ効果がある。マニアックにそこまでは読み取れたが、いくつか疑問もある。 

・ほんとうにアブなくないのか?(水素は爆発しやすい)
・水をエンジンに入れても大丈夫か?(水と油といいますが)
・水を水素にする電力はモーター駆動した方がエコだと思う

Hydrorunner02 Hydrorunner01
ピックアップの荷台で水素づくり。

 そんな疑問も残るが、しょせんわたしは粘土自動車製作所なので、これ以上詮索できない。08年秋の“庭ホース・エンジンスポーツカー”の発売を待とう。

【紙のエンジンの驚愕】
 もうひとつ、ペーパーだが動くエンジンが凄い。驚愕した。

0611_20080611191 紙!

カナダのモントリオールに住むYeeというアーティストが作ったV型12気筒
エンジンは、本物のエンジンのようにピストンが動く紙の模型だ(実際には、
乾電池とモーターで動かしている) 
引用元   

195枚の紙上の1978個のパーツで作るペーパークラフト。エンジンサイズは630mm x 405mm x 335mmというから、1/2スケールくらいだろう(重量も1.5kgもある)。モーター駆動のクランクシャフトのスピードは13.5rpmと、実物のエンジンの1000分の1くらいだが、ピストン・コンロッド・冷却ファンの連動は見事だ。12気筒エンジンの気筒のひとつひとつにLEDが仕込まれ、クランクシャフトの動きと合わせて爆発イメージで光るのが憎い。ぜひ回るサマを動画で見てほしい。

 日本への発送費を含めた価格は、162.86CAD(カナダドル)でフルキット(印刷シートあり)、自分で印刷する場合は121.28CADである。作りたくなったでしょ、Jneomanさん!(紙クラフトマニアの同僚です)

【hmm…なアドバイス】

 今週は月曜・火曜とデザインの話に振ってきたが、もちろん工業デザインは“中身(機能)あってのモノ”。中身と外身が、機能的にそして美的にからまりあうとき、トータルとしてのデザインが完成する。外っつらだけが美的な商品は見透かされて売れない。

 つまりデザインとは内と外が“からまり合うこと”でもある。その“内”、自動車のエンジンといえば、素材は鉄(鋳造、鍛造)でありアルミでありステンレスであり。高価なマグネシウムなどレア金属も稀にはあるし、部分的に樹脂も使われている。動力源はガソリンであり、電気である。エンジンに限らずデザインの中身を知ることは、商品開発上とてもたいせつである。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月10日 (火)

artgymという廃校活用

 こうして毎日書いていると、書くことに波があります。次から次へと見るもの読むものすべてが、ネタに見えてくるときもあれば、どれを見てもネタに見えないときもある。そんなときはブログを捨て、街を歩こう!

 というわけで街を歩いていました。あのアキバの殺人事件現場から末広町方面をぶらぶらと。オモテ街道ではなくウラ道を歩くのはほぼ習性です。すると、あららという意外な発見がありました。前学校だったはずなのに・・・。

【hmm…なアドバイス126.artgym(アートジム)という廃校活用】
 わたしはネコと同じ習性で、いくつも角はあるのに、たいてい同じ角を曲がり、たいてい同じウラ道を通ります。そこは中学校の前の道。都会の学校の哀しさで敷地が狭い。校舎をぐるりとランニングバルコニーが取り囲み、走っている子供の姿も見たことがあった。ところがフト見ると“アートジム”というような看板が。

 Artgym  左上の学校マークにも注目。

「artgym」とはアートをやりたい人々を対象としたアートのジムです。
(中略)「鍛える」のもよし、「遊ぶ」のもよし、「触れ合う」もよし。
その他あなたの望む生活スタイルを自由に実現させてください。

(引用元は同校のパンフレット)

Logo1
Logo2

 2007年から、千代田区立錬成中学校が廃校になって、服部学園 ochabiの運営する『artgym』になった。教室兼、アトリエ兼、工房というコンセプトで、美大生やアーチストが講師になって、一般の老若男女、親子連れに芸術を教える“ジム”である。

【コース内容】
 デッサン、油絵、イラスト、水彩画はもちろん、日本画やグラフィック、アート書道など盛
りだくさん。artgymの特徴は次に通り。

・初心者から上級者まで個人レベルに合わせた実技サポート
・ひとりひとりプログラムの作成を支援
・平日夜間は制作に打ち込める
 昼間に教えてもらい、そのままひとりで制作を21時まで継続できる。
・手ぶらで通える(画材道具はジムのロッカーに)

 Topph01 Topph16_2

 子供から大人まで、いや親子ペアで美術を楽しめる。コースの構成は体験コース(1ヶ月以内5回まで)を入り口に、「クラブ」「スクール」「チャーター」の3つのコースがある。

クラブ:デッサン、絵画、デザインなどの集中レッスン(18,000円/月~)
スクール:ベーシック、スキルアップ、作品出品の最大12回(48,000円/月~)
チャーター:仲間を集めて集団講義、実技指導など。

 年間18万円(月1万5000円)で、最小60回、最大100回以上通える。しかも納得するまで制作に打ち込める。講師のクオリティも美大生やアーチストなので触発されるだろうし、アート好きな知り合いも増える。かなりお得である。

 Topph11 Topph05
 アート学習指導もあれば、画材販売もある。

【廃校の用途】
 少子化の波で各地で学校が閉鎖され、毎年200校前後の廃校がある。廃校後の利用は高齢者施設や温泉施設、英国庭園、体験教室、集会所など、その地域のニーズにもとづいて活用されている。だが用途さえなく、グラウンドだけ使われ放置される例もある(ウチの近所です)。

 美術と廃校利用が結びついた有名な先行事例は『世田谷ものづくり学校』だろう。アーチストが何人も巣立っているし、ものづくりを食まで広げたメニューもユニーク。群馬県などには、特定のアーチストに教室を貸し出すという事例もある(木工作業の場などに作家が使う)。

 全体として老人向け施設が多いようだが、そもそも学校は“教える場”であり、“学ぶ場”である。教室や職員室、美術室や木工室まで、スペースも機能も教えたり、学んだりが似合う。なぜなら廃校されるまで、子供たちと先生の魂がそこで息していたのだから。

 だから廃校利用、単に遊休のスペースとして考えるより、教え学ぶ場として再活用したい。その意味でパブリックなArtgymは、最も理にかない情にかなう使い方だ。

【hmm・・・なアドバイス】
 やっかいなのは、建設時の借金(学校債)が残っている場合、建物の用途転換ができないという。アホなお役所仕事である。でもジムなら教育だからいいでしょう。語学ジムもいいし、ダンスジムもいい。木工ジム、楽器ジムもいい。もちろん手づくりジムもいい。教え学ぶという、生身の人と人ふれあいを広げてゆけば、孤立した人を減らして、あんな悲惨な事件も減るのではないだろうか。

 ブログを書き続けると“ブロガーズ・パラドックス”にハマる。それはブログを書こうとパソコンに向かい続けて、やがてネタに詰まる。ネタを探しに街に出るとブログを書く時間がなくなる。それがパラドックス。街を歩くとネタに当たる、それがartgymだった。タイミングといい今の想いといい、個人的にはかなり運命的な出会いを感じました。今日は以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年6月 9日 (月)

“Ora Unica”と“駅”と企業ロゴ

 昨日(08年6月8日)は腕に時計をせずにあるセミナーのために、銀座に出かけた。休日なのでそれもありかなと思ったし、腕時計はもはや“手首のアイコン”。携帯にも駅にも街にも、時を刻むものはどこにもたくさんある。それにわたしの腕時計のデザインは“平日のアイコン”のようなモノなので休日に似合わない。

 フトdesignboomを見ていたら「これはいい!」という時計デザインがあった。今日は1週間のスタートの月曜日ですが、休日にぴったりの時計デザイン。というか、こんな時計のモードで平日も生きてみたい。

 0608_oraunicasqu1 これでも時計です。

【hmm…なアドバイス125.“Ora Unica”と“駅”と企業ロゴ】
with his design, guidone aimed to create a way of telling
time which is in line with ‘the irregular traits of our time’.
the hour and the minute hands are transformed into a single
line drawn on two faces which rotate one inside the other.

引用元 

0608_oraunica2 針は一筆書き

そのデザインでguidone氏は、私たちの時間を不規則なひと筆書きで表す
ことで今何時?を示す手法を創造しようとした。時と分は一本のぐにゃぐにゃ
な線で表され、それは(よく見ると)内側と外側の2つの針になっている

 子供がぐいっといたずら書きしたような線が文字盤にあるだけで、他に何もない。作品(まだ製品化されていない)のタイトルは“Ora Unica”、イタリア語で“たった今”ないし“ひとつの時間”という意味。たった今と言われても、何時かわからないじゃない。

 いえいえ、よく見るとこの一筆書きのぐにゃぐにゃ線は2本にわかれていて、一本が短針(時)、一本が長針(分)になっている。次の画像を見てほしい。

0608_3oraunica2007  短い一筆は時を。

 
0608_2oraunica2007長い一筆は分を。

 じぃっ〜と見ると時間がわかってくる(笑)。

【時間を裏切り、アイコンを否定するデザイン】
 時が進むにつれて幾何学な針模様が変形するのは、まるで銀河系の“平行時間”を可視化するようだ。時計は視認性が命と思う常識屋をこっぱみじんにする難読性。時間というものはチクタクと3つの針が刻むものと思うている良識家を裏切る不規則性。これで腕時計はまさに手首のアイコンになった。

2 competition展示風景

 これをデザインしたのはイタリアの若手デザイナーdenis guidoneさん。‘adom o’ eva creations’ design competition受賞作品のこの時計、いくらで売り出されるのだろうか?そもそもこのまま製品化ができるのだろうか? そこは怪しいのだ。無意識なのか意識的にか、腕時計のもっとも重要な“ブランド”をOra Unicaは否定しそうだから。

【腕時計 “駅”が示したこと】
 これと対極にあるデザイン、深澤直人氏がセイコーの“パワーデザインプロジェクト”でデザインした腕時計『』を見てみよう(2002年)。

2002_eki_main 引用元

 駅の時計を模した“日常の意外性”をテーマにした腕時計。駅を背景にして時計を手にする写真のインパクトが、状況証拠のような強烈な記憶となった。駅時計なのでとっても視認性が高い。この時計デザインは、製品化されていた。セイコーからではない。深澤直人氏+松江幸子氏『』は無印良品から発売された。

20051219_89544
 写真は商品を購入したハッシュさんのブログから。

 よく見てほしい。ロゴがないのだ。購入者のハッシュさん、「個人的にはロゴ(SEIKO)は残した方が気分が出るなぁと思うけど、無印良品から出るが故にここは削らざるをえない部分」と書いている。

 無印だからしようがないのかもしれないが、“SEIKO”というブランドのロゴが消えてしまったことは、この商品の魅力をかなり損なった。駅の時計の“SEIKO”と同じロゴがあるからこそ、おもしろかった。“SEIKO”がないと“駅”というイメージに結びつきにくい。

【hmm…なアドバイス】
 この時計デザインで確信犯的に深澤氏がねらったのは、“企業ロゴ=ブランド”を、“企業ロゴ=生活風景”に変えることだ。企業ロゴは日常風景になりうるという主張。それを嫌ったのでしょうか、SEIKOは自社で商品化しなかった(いや単にロットが小さいからだけかもしれない。これは憶測です)。

 “Ora Unica”にもどろう。“Ora Unica”の文字盤にはたして企業ロゴを入れられるだろうか?デザインが破綻しないだろうか? 100歩ゆずって“agnes b.”のような文字体ならいいかも。

3 ちと苦しいですか?(笑)

 Ora Unicaもまた無印良品でしか商品化できないとするなら、企業ロゴを前提としないデザインやその商品化のことを、ちょっと考えさせられた。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 8日 (日)

WWDC08は、WinからMacへのターニングポイント

 明日からWWDC08が開幕。WWDC08とは“Apple Worldwide Developers Conference 2008”の略で、毎年カリフォルニアで行われるApple社主催のデベロッパー向けのイベント。デベロッパー向けとはいえ「デザイナー、イラストレータ、学生、先生、経営者、プレス、そして生粋のAppleファンなど、多種多様な分野の人間が5日間同居します」(2007年のWWDCの小池邦人氏によるフォトレポートより)そうなので、ようするに初夏のリンゴ収穫祭り。 

3 チケットは当然完売です。

 このカンファレンスで飛び出してくる新技術や新製品がみんなお目当て。今年WindowsからMacへ道具を転換したわたしなので、Appleの展開への注目度もより高まる。今年もまたジョブスの“One more thing(おっともうひとつ)”も聞けるのだろうか? 今日はまだまだにわかMacerの、想像半分のApple戦略をテーマに。

【hmm…なアドバイス124.WWDC08は、WinからMacへのターニングポイント】
今年のWWDCでは二つの革新的な開発プラットフォームが紹介されます。
一つは画期的なOS X Leopard®、もう一つは、世界で最も先進的なモバイル
オペレーティングシステムであるOS X iPhone™です。

引用元

001656img_0454_400 124035natbyte_300

 漏れてきている次世代iPhoneの画像はこんなカタチ。ポイントは3G(W-CDMA)対応、有機ELディスプレイ搭載、薄型化である。そして200ドルからと言われる低価格化はとてもインパクトがある(現行399ドルから)。2年間の通信契約をキャリアとする前提で値引くかキャッシュバックをするらしい。

ソフトバングがこの値段で仕掛けてくるとすれば、相当売れる。ジョブスの演説と共に、孫氏の兵法がまたもや注目される。予想GUYな価格を期待したい。

 さて同社のOSとしては初めて“ネコ科の名前”が付いていないのに注目した。順を追って、シャム、チータ、プーマ、ジャガー、タイガー、パンサー、レパードなのですが。ネコの次は何なのだろうか?(すでにソフトの登録商標はクーガーしか残っていない)

 でもメインテーマは3GのiPhone。それを大きな視点から見ると“iPhoneとMacの融合”、そして“Mac陣営の構築”である。

【囲い込み戦略です、いわゆる】  
 08年3月6日に行われたスペシャルイベントで、iPhoneのソフトウエア開発キット(SDK)を公開した。このときのスライドが“iPhone 28%シェア”。ソフトウエアの開発企業への公開なんて、今さら当たり前なこととも思えるのだが、それはPC、つまりウインドウズ陣営からの見方だ。

002l  
 引用元 スマートフォンで28%のシェアのiPhone

 iPhoneが発売されたのは07年6月末。それからわずか1年で1/4以上のシェアを獲得したが、1/4ぐらいないとSDKを公開してもデベロッパーがついてこない。だからSDKの公開は当初からロードマップにあったが、問題はトップを狙えるマーケットシェア・ポイントと、ユーザーをじらした後に“Wow”と言わせるタイミングだけだった。

 SDK公開と低価格化で一気に米国内トップをとり、3G携帯網をもつ日本や欧州での販売増をねらう。サードパーティが開発するソフトは、ゲームやミュージックなどのソフトウエアなどパーソナル中心といわれるが、3月のカンファレンスではSalesforceのCEOも登壇した。SFA/CRMなどモバイルワークのソフトもiPhoneで使えるようになる。企業に浸透している競合のブラックベリーなどの法人需要も取り込もうという戦略だ。

 インテルマックの次のテーマは、ソフト仕様を公開して“Mac陣営をつくる”のだ。え!それってWindowsがやってきたことだって?そのとおりだ(笑)。時代は動き、因果はめぐり、主役は変わるのだ。

いやソフトだけじゃない。こんな噂もある。ネコ陣営はソフトウエアで味方を増やすだけでなく、“OS X”をPC陣営へ開放するらしい。そうなると市中に“MacクローンPC”ができるわけだ。Mac版レッツノートも夢ではない。真偽は定かではないが可能性は高い。なぜか。背景にはPC陣営の疲弊がある。

Wwdc2008 これも噂のひとつ。SSD版Mac。

【Windows陣営の迷走が背景にある】
 OSで迷走し、低価格PCにしか商機を見いだせない“手負いのWindows陣営”という背景があることは指摘しておきたい。

 XPですったもんだし、Vistaを買えと声高にいい(おかしくないですか、買い手に買えって迫るってのは)、次のOSを前倒しにする。しかもハードウエアには革新がなく、話題になっているのはチープな8インチ液晶のPCばかりですよ。勝手に方向音痴になって、ネコに引っ掻かれるまでもなく、道に迷うクマさんがPC陣営である。

 そう考えると、ジョブスが“iPhoneとMacの融合”をうたう同じ月の末日にビル・ゲイツ氏が退任するのは、とても象徴的である。ターニングポイントになりうる、このWWDCかな。

【hmm…なショートカットキー】
 最後に、“iPhoneとMacの融合”とは具体的にはどんな体験なのだろうか?

 MacBookのフルモデルチェンジ(アルミ筐体)、そして年末ぐらいには“タブレットMac”が出るのではないか?という噂もあった。その線から想像すると、モバイルの最も小さいPCがiPhoneという位置づけで、ハイエンドがMacBook Air、中核になるのがMacBookとそのタブレット版。これらをAir Mac環境で結びつけあうのが、“Mac融合”なのだろうか。

Keyboardshortcutskinsfopl2 ショートカットキーガイド付き。
 Applerなりたての人にはわかる、これが欲しい気持。

 個人的には、ポリカーボネートのMacBookに凄く満足している。まだまだ使いこなしていないけれど(購入後3ヶ月目)、ショートカットも覚えきれないけれど、ブランドと一緒になりたいという気持ちは、Windowsマシンではなかなか味わえなかった。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年6月 7日 (土)

緑のカーテン、ゴーヤビズ

 今日の南関東、梅雨も中日でしたがすこし蒸し暑く気温も25度くらい。ジョギングをして帰るとちょっと汗ばんだ。日差しはぬるいのでちょうどいい感じですね。夏、ずっとこのくらいの気温だといいのですが。

 と考えていたら、フト同僚Cherryさんがゴーヤビズという“うふふな名前”のサイトがあると話していたのを思い出した。“ゴーヤー”と伸ばして発音するそうですが、あの酸味はちと苦手です、でも食べずともゴーヤーで暑さしのぎ&エコになる。

250pxmomordica_charantia1 これがゴーヤーです。

【hmm…なアドバイス123.緑のカーテン、ゴーヤビズ】
今日も渋谷本社6Fにある緑のカーテンを見にいくと、小さな黄色い花が
咲いていました!今シーズン20日目にして初の開花です!⇒⇒⇒
(昨年は18日目に開花してました。)
 引用元  

080527_kaika 080527_goya

キユーピーの社会・環境推進室では、渋谷の本社ビル6階ベランダで“ゴーヤビズ”をしている。ゴーヤビズとは、クールビズの一環で“ゴーヤーによる緑のカーテンづくり”のこと。ツル性の植物であるゴーヤーをベランダに置いたプランターで育てて、伸びろ伸びろと初夏まで念じると、あら見事!ゴーヤーの緑のカーテンのできあがり。ビルへの直射日光をやわらげてくれて体感温度も下がる。もちろんCO2削減も。

 『社会と環境について語るブログ』というお固い名前はいかんですが、ブログにはゴーヤーの成長が綴られている。今年は早い入梅のせいで発芽も開花も時間がかかったようです。ちなみに昨年の緑のゴーヤーカーテンはこんなに茂っていた。

070919_goya 07年のゴーヤビズ。

【マヨネーズのように身近な環境活動】
 ブログは社会・環境推進室のお二人、佐々木吾朗室長とフクムラ*クニオさん、そしてなかしまあかねさんのお三方で、かなりの頻度で書かれている。

080122_mtg ゴーヤーは見えない会議風景

 もちろんゴーヤビズのことだけを議論されているわけではなく、キューピーの工場や事業所の環境活動の支援、マヨネーズの値上げ問題や原材料の生産環境の変化などのトピックを『社会・環境報告書』の制作に集約している。さすがにまとまりがいい。

080305_hinshitus

 消費者と毎日の食卓で出会う商品のメーカーだから、そのくらいの活動当たり前という人もいるだろうが、読んでいると、ひとつひとつの活動がとても身近に感じられる。ゴーヤーで緑のカーテンづくりも、育っているかな〜という感じが伝わってきていいなと思います。

080603_uketsuke
 クールビズでご来社ください(裸ではつかまります)。

【学校でも緑のカーテン】
 緑のカーテン、もちろんゴーヤーじゃなくてもいい。ツル性の植物ならヘチマでも朝顔でもふうせんかずらでもきゅうりでもいい。ネットを張ったり棒を立てて、プランタや地面からはわせればいい。

 足立区の小学校4校(中島根小学校、北鹿浜小学校、江北小学校、舎人小学校)では「グリーンスクールモデル事業」として緑のカーテンを実施する。地上から三階までよく伸びるものだ。へちま、きゅうり、ゴーヤーだそうです。収穫したきゅうりとゴーヤーは給食で調理するんですか?

0607_d06400045_1 昨年の中島根小学校は“緑の館”

 京都の蜂ヶ岡中学校では、ゴーヤーを売っていました!引用元

1

 2

 6月下旬から7月にかけて、“大きくなっているな、ゴーヤー”と窓の外を毎日見る。いいですねえ。これこそほんとうの環境教育です。

【hmm…なアドバイス】
 窓の外を毎日見る。ツルが伸び、花が咲き、実がなってゆく。そんな光景を見ながら仕事をしたり勉強をしていると、ツルが語りかけてくるように想える。花言葉を調べました。

ゴーヤー 強壮” う〜ん、美容健康にいいそうですから。
へちま 剽軽(ひょうきん)” なんとなく納得。
きゅうり おしゃれ” ふうん。
朝顔 “あなたに絡みつく” おお。
ふうせんかずら “あなたと飛び立ちたい” ごくり。
  

 5991014447qz1 ふうせんかずら  引用元  

 英語名は“love in a puff、Puffはふうせんのふくらみ、だから「ふくらみの中の愛」という意味。ふくらませて飛び立つのか。ツルには奥深さもある。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年6月 6日 (金)

LAMY noto 深澤氏サイン入りエディション随想

 到着しました。写真撮りました。封を切りました。持ち味と書き味を試しました。

0606_pict0067 届いたスペシャルエディション

深澤直人氏がデザインしたボールペン、『LAMY noto スペシャルエディション』。わたしが深澤氏のショップの±ゼロまで行って、ファイドンプレスの深澤本にサインをもらいにいったことを知る同僚のCherryさんから、「Cainaからのメール見ました?」というメールが6月3日に届いた。cainaでは限定50本のサイン入りボールペン。自動筆記ならぬ“自動注文”心理で購入!幸運にも昨日届いた。今日はどこのサイトでもすでに売り切れだ。Cherryさん、またまたありがと。

【hmm…なアドバイス122.LAMY noto 深澤氏サイン入りエディション随想】
ドイツの筆記具メーカー、ラミーの深澤直人(ふかさわなおと)氏デザインの
ボールペンです。noto(ノト)の名前は、深澤直人の直人を縮め、またドイツ人が
日本を感じる五感ということで決まったそうです。
引用元 

27010553_sl_1notosam1  

 シンプルでミニマルなデザインはさすがというしかない。その感想は次のパラグラフにまとめるとして、このスペシャルエディションにはオーストリアのデザイン誌『POL OXYGEN』が付いており、深澤氏の特集ページ(P65〜P72)のみ日本語で書かれているという凝ったもの。この本だけで日本では1500円くらいするから、それにペンが付いているのでお得だ。POL OXYGEN誌のサイトを見るとたしかに今月号です。

1

【直感インプレッション】
 さてnotoペンの直感インプレッションですが、一行で言うと“傑作”です。

 持つと、手とペンの間の永続的な関係を感じる。断面はおにぎりのような三角軸で、その握りやすさは特筆(ペンにぴったりの形容詞♪)される。筆記具は親指・人指し指・中指の3本の指でささえ、親指と人差し指の間に置くという普遍的なものですが、その普遍の究極という握りやすさだ。

 自然なグリップ感を損なわないように、クリップも本体面との凹凸をなくしたデザイン。notoをくるくる回しても、クリップが邪魔をすることはなく、感触には変化がない。マットな素材感がまたいい。筆記具の表面素材といえば、金属、樹脂、ゴムなどいろいろあるが、冷たすぎたり乾きすぎたり、粘り気がありすぎたりと、なかなかフィットするものが少ない。滑りといい吸着感といい、持っていて違和感がない表面処理だ。

0606_pict0069  
 昔、使い込んだ『LAMY Safari』のシャープペンシルと。

 クリップが埋め込みのデザインゆえ、ノックは中心軸からズレて楕円なカタチなのである。ちょっと不思議な感覚。芯の出し入れにカチカチ音がないのも計算ずくだろう。ボールペンの芯の太さはMだが、わたしは細い方が好きなのでいずれ交換したい(800円)。本体色ではスカイブルーがよかった(サイン入りスペシャルエディションは黒で中字オンリー)。

Pict0071 POL OXYGENより。

【西洋機能と東洋デザインの融合】
 LAMYのデザインコンセプトは有名な「機能によってかたち作られるデザイン」。現社長のマンフレッド・ラミー氏が掲げたバウハウスのコンセプトだ。機能=デザインではなく、機能を突き詰めたときのかたちこそデザイン、という意味だ。

 06年に同氏が来日したときのインタビューでは、名前を明かさずに、同社で初の日本人デザイナーを起用すると語っていた。

(前略)具体的な発売時期などはまだ決まっておりませんが、私たちもとても
楽しみしているプロジェクトです。(中略)日本の禅などに大変精通している
デザイナーなので、「バウハウスと禅」そして「西洋と東洋の融合」という
ものが体現できる製品が世にだせるということは、ラミー社の今後の成長の中で、
大変意味あるものだと期待しています

引用元 Allabout インタビューア 土橋正さん

 “禅” “西洋と東洋の融合”というコンセプトから考え合わせると、この筆記具の自由な持ち方ができるフォルムは“”を表し、三角軸の断面は“座禅する人”をイメージし、ノックの静けさは“日本庭園の静謐(せいひつ)”を響かせるようにも思えた。

【hmm…なアドバイス】
 POL OXYGENの記事の中で深澤氏は「人とモノの間に介在する実環境のデザインに集中する」と語っている。氏のデザイン哲学である「日常動作で、人とモノの間にあることを発見しましょう」というコンセプトの“Found Object”と同じだろう。

 わたし自身のテーマも“人とモノの真ん中にあることからのマーケティング”。無断でもパクってしまうと“Found Marketing”(なんちゃって)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 5日 (木)

私のマーケティング物語

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

私のマーケティング物語
もし「ライダーブーツを作れ」と命じられたとしたら、あなたはまず何から
始めるだろうか。ライダーにヒアリングする? 競合メーカーのブーツを分解する? 
それも1つの方法ではあるが、しかし本当のマーケティングではない
——筆者はそう思うのだ。
続きはこちらへ

 今日も雨。レイニーシーズンで雨用品がネットにも増えてきた。ふと『スパイラルオンラインストア』で見つけた長靴、『KISSA SPORTS 長靴』が今回のエッセイの入り口でした。今年は梅雨入りが早いせいか、街で長靴を履く女性も多く見かけます。もちろんいわゆるゴム長ではない。シックな色、絞り込んだシルエット、飾りや柄。おしゃれな長靴が多い。その原点にはシューズデザイナーの高田喜佐さんの想いがある。それがきっかけです。

0510_kissa_gomunaga  
 喜佐さんの絵。『ELLE JAPON』 1993年11月20日号より。

【靴は何足お持ちですか?】
 都会で働く女性はかなりの靴持ちで「何足お持ちですか?」「さぁいくつあったかしら」と答える人が多い。いろいろあわせると30足を下らない人ばかり。TPOでの違いはもちろん、色やかたち、ヒールの高低、思い入れの深さ浅さ、“立ちやすさ”などでその日の靴を選ぶのでしょう。

 選ぶのは楽しいことでもありますが、日々大変でしょう。それにくらべれば男の所有靴は(たいてい)少ない。男は靴を何足持つのか?いや持つべきなのか。高田さんは著書にこう書いています。

 男の靴は道具だと思う。
 はき心地と機能性を第一に選んでほしい。

 男の靴は、丈夫で長持ちしてほしい。
 しっかりとした作り、実用的な靴であってほしい。
 流行に左右されてほしくない。色やデザインで選んでほしくない。
 本物のトラディショナルな良い靴をはいてほしい。
 最低必要な、基本の靴だけあれば良い。ローファーとスニーカーと、
 プレントウの紐じめと、ワークブーツと、この四足があれば良い。
 そしてよく磨き、修理に出し、何年も何年もはいてほしい。

 『私の靴物語

 実用的な靴4足。そのチョイスは、よく練られています。

 プレントウはフォーマルと都会の仕事、スーツからチノパンツまでOK。
 ローファーは仕事からプライベートの架け橋、スーツもジーンズもOK。
 スニーカーは都会も運動も、そして海辺のデッキまで万能なシューズ。
 ワークブーツは野や山を歩くだけでなく、自然を愛するという態度表明。

 わたしの靴箱にプレントウあり、ローファーなし(ローファーやタッセル、デッキシューズ型が好きではないので)、スニーカーあり、ワークブーツあり。四半世紀以上前に買ってまだまだ履けるクラークス(英国)のワラビーとデザートブーツがど〜んとある。

 喜佐さんはワークブーツについて、“男は自然と向き合う仕事もするべきだ”という意見を書いている。実はわたし、ほとんど履いていないティンバーランドのごっついワークブーツも持っています。米国のアウトレットでお買い得品を衝動買いしました。この靴を日常的に履ける仕事がしたいなと思うときが(たびたび)あります。いまだにその夢が果たせません。

 ワークブーツ、箱の中で鬱屈して、まさかカビていないだろうな?後でチェックしないと(笑)。今回のエッセイで喜佐さんにちょっと押されました。

【シンプル】

 男の靴は丈夫で実用的、機能が必要と語るウラには、石岡瑛子さんの婦人靴店のポスターの仕事の依頼というエピソードが影響している(『靴を探しに』)。与えられたテーマは“シンプルなハイヒール”のデザイン。ポスター案を何十枚書いてもダメ出しをされた。それまでのデザイン=装飾という想いを吹っ飛ばされた。シンプルじゃないとダメ出しをされた。

 シンプルってどんな意味なのだろう?ようやくそれが“機能性”につながっていることに気づいた。靴とは機能商品である。それに気づいて、“シンプル=機能性”を満足させつつ“遊び心のデザイン”というオリジナリティを持つことができたのではないか。これは1973年、彼女がデザイナーとしてブレイクする“滑走路上”にあったエピソードである。

 世に、飾り=デザインで終わっている商品は多い。でも機能ばかり重視の商品開発から入っても、シンプルの本意をつかむことはむつかしい。オリジナリティへの旅にでる、という意識がないとダメなのだろう。

【いさぎよさ】
 喜佐さんは1989年、靴デザイナーとして約20年以上走り続けたあと、会社を大きくすべきか、ほどほどにすべきか悩まれた。いくら個性化の時代で彼女の小ロット生産の靴が受け入れられるようになったとはいえ、KISSAというブランドは大きくもなく小さくもなく、ポジションとして微妙だった。今のようにロングテールでレアモノが売れる時代ではなかった。『卑弥呼』のように独自ブランドを維持しつつ拡大の道をたどるか、自分のテイストが薄まらない範囲で事業を継続するか、どちらかの道を迫られた。

 喜佐さんは後者を取った。そう決断して晴れた日曜日にひとりで会社に出て、ショールームに並ぶ靴を眺めていた。ほんとうに自分の履きたい靴、好きな靴はどれだろう?と。

 選んだのはローファーと紐靴、シンプルな中ヒールのパンプス、裸足のようなサンダル、そしてズック靴だった。男よりも数は1足だけ多いだけで、素足に近いチョイス。この5足の好きな靴でゆっくり靴づくりをしようという決断をして会社を小さくした。

 流されずベーシックで気持ちのよい靴だけを選んだ、喜佐さんのいさぎよい生き様がいい。今日は以上です。

Pict0044 喜佐さんの乗馬靴

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2008年6月 4日 (水)

空間清浄ー安藤忠雄デザインの“宇宙船”の意味

 またまた開襟オヤジの季節になりました!6月1日を過ぎたので、通勤者にノーネクタイの人が目立つようになった。ファッション・ミゼラブルなオヤジへの嘆きはともかく、入梅で気温の変化も激しい。そこかしこで咳込む人も目立つ。

 花粉症にもめげずマスクをしなかったわたしだが、新型インフルエンザの流行も取り沙汰されているので、電車の中の浮遊菌にはかなり危険を感じている。いやアブないのは電車だけではない。人混みの空気はどこにも危険がある。昨日の空間照明から今日は空間清浄がテーマ

【hmm・・・なアドバイス121.空間清浄ー安藤忠雄デザインの“宇宙船”の意味】
株式会社ワーナー・マイカルと、三洋電機株式会社は、ワーナー・マイカル・
シネマズに、三洋電機の“virus washer(ウイルスウォッシャー)”機能搭載
「ルーフトップエアコン組込形 空間清浄システム」を、興行会社として1年間
独占的に導入する契約をこのほど締結いたしました。今後3年間で、1劇場
あたり平均8スクリーンを持つ、国内の劇場26ヵ所全スクリーンに順次導入
してまいります。
引用元  

080602_01

 このウイルスウォッシャー機能を搭載した「ルーフトップエアコン組込形 空間清浄システム」を、これまで4劇場5スクリーンに導入し試験をしてきた。その機構は水道水を電気分解して生成した電解水で、浮遊菌、ウイルス、花粉、臭いを抑制するもの。機能としては新機軸ではないが、映画館という空間には世界初だという。その試験結果、映画鑑賞者はこんなに違いを感じている。

1

【公共の場の空気こそ危険だ】 
 昔、わたしが映画少年だった頃、大塚名画座も早稲田松竹も高田馬場パール座も、そして池袋文芸座も、喫煙可だったような気がする。あれはキツかった。今はモチ禁煙だが、空気感染がヤバい。公共空間には空中浮遊菌がこんなに飛び交っている。

2  
      こんなに空中浮遊菌は多い!(三洋電機参考資料)

 もっとも危険なのがラッシュの駅や電車。通勤時間帯の汗や化粧の匂い、咳き込む人、空調装置からの埃、不快な扇風機、空間不快は相当である。咳やくしゃみは決して花粉だけのせいではなない。駅や電車にこそ、この機構がほしい

【安藤忠雄デザインの新渋谷駅】
 こんな事情をくんだのだろうか。安藤忠雄氏デザインで話題のメトロ副都心線の渋谷駅(08年6月14日開業)は、吹き抜けによる自然換気機能がある。

1211706124

(新渋谷)駅では、世界でも珍しい自然の対流現象を利用した「自然換気
システム」を導入。2012年に完成(一部をデッキなどの関連工事を除く)
予定の旧東急文化会館跡地ビルとの境界に、地上から地下に抜ける
巨大な空洞を設け、地下駅で最も環境負荷が大きいとされる地階換気の
問題を大幅に解消する。
引用元

3 4
 画像はいずれも渋谷経済新聞より

 今回の開業に合わせて、まず地下25mのホーム(地下5階)から、地下15mの改札階(地下2階コンコース)までを吹き抜けにした。中央吹き抜けと屋外とは換気口でつながる。

 ポイントは空気の自然対流。大きな吹き抜けにより、暖かい空気(冷房装置から発生する熱や電車のモーターの熱など)を上昇させ、冷たい空気を下降させる仕掛けだ。これはエコ効果(年間1000トンのCO2削減)もある。さらに駅構内に幾つも配置される“宇宙船のモニュメント”には、冷たい空気や水を循環させる冷却マットやチューブが内蔵されていて、それで“放射冷房”をする。

【なぜ安藤忠雄氏は、宇宙船をもってきたのか?】
 「空気清浄に宇宙船の力を借りる」という安藤氏のコンセプト、わたしはこう感じた。

1211706149 地下の宇宙船 

“もはや地球上のエコは、地球人のエゴで破滅した。地球では汚れた空気しかないので、清らかな空気は地球外で生成し宇宙船が運ぶ時代だ!”。

 たとえば、新橋・汐留地区の都市開発。汐留のビルの大規模開発では、汐留シティセンター、電通ビル、日本テレビタワーなどが“東京湾の防風林”になり、都内のヒートアイランド現象の要因とも言われる「環境にやさしくない施設」である。誰が設計したのか?わたしは知りませんが。

 安藤忠雄氏が新渋谷駅の自然対流で示したのは、汐留に代表される都市環境破壊へのアンチテーゼだ。あのようなエコ無配慮な都市開発をするデベロッパーは言語道断だが、それを認める役所もおかしい。役所は環境保全や景観、人の健康など、大きな視点から都市計画を導くべきだ。今の役所は法律はつくれども、その裏に思想がない。

【hmm…なアドバイス】
 さて、三洋電機と安藤忠雄氏のケースをまとめると、公共空間の清浄という新しい競争軸が生まれたことがすごい。今まで人の動線効率とかテナント効率しかアタマになかったところに、空間の快適という競争軸で差別化を図るのは、まさに時代の転換点である。

 デパートにずっといて頭痛がしたこと、誰でもありますよね?どこでも同じような品を売っているし、同じ映画がかかるのだから、人は買い物でもエンタメでも、空間&空気快適なゾーンを選ぶ時代になる。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年6月 3日 (火)

Feu(フー)という明るさの新基準

 よく“常識を疑ってかかれ”といわれる。常識ってほんとうに常識なのか? 疑ってかかれば、たいてはほころびがでる。特に産業界の常識は時代変化・環境変化とともに、割と早く古びてゆく。時代が変われば商品が変わる。使用環境が変わる。商品を測る尺度も変わるのだ 

松下電工が疑ったのは照度の単位、“ルクス”だった。 明るさ=ルクスという常識をとっぱらってみると、明るさに新たな効率の見方ができるのだ。さらに明るい=効率という常識もとっぱらえば、オフィスの作業効率とか心地よさ基準も変わるかもしれない。今日は明るさをテーマに。

【hmm…なアドバイス120.Feu(フー)という明るさの新基準】
近年、オフィス作業の中心が机の上からパソコンなどのモニター画面に変化
するにつれ、作業者の視線が下向きから水平方向へと変化。また、目への
負担も増えつつあります。そこで、机上や床面のみの明るさ(照度 ルクス)で
なく、壁面や天井面も含めた空間全体の明るさに着目した、作業者の目にやさしく、
また環境にもやさしい、新しいオフィス向け照明ソフト「Eco&Feu Lighting」
を開発
引用元

0189699_04

ルクスとは日本の計量単位令で「1平方メートルの面が1ルーメンの光束で照らされるときの照度」と定義されている。(Wikiより) つまり床面や机の上の照度、明るさを示す単位である。そんなことを四角四面で覚えた記憶もある。

 “手書き時代”は机の上の照度が労働環境上問題だったが、パソコンをにらむとなると“ディスプレイ方向の照度”、つまり空間の照度が問題になってきた。松下電工が着目したのは面ではなく“空間”の明るさ。それを表す独自数値をつくり「Feu(フー)」とした。さすがはパナソニック、賢い会社である。

0189699_02 上を向い〜て♭仕事しよう♪

 余談ですが、近年パソコンをにらんで作業をするワーカーが激増した。パソコンさえ開けば仕事してるっぽい。特にわたしたちのコンサルタントという仕事はそうだ。自戒、他戒。

【明るいマシンには明るいオフィスがよく似合ふ】
 2008年7月28日より発売されるEco & Feu Lighting (2品種3品番ある)は、省エネ蛍光灯とルーパーとアクリル反射パネルを組み合わせて、天井や壁を照らすことにより“Feu値”を高くたもつ。天井が明るい、快適、居心地が良い、開放的などの印象を上げる。

0189699_01

 ポイントはPCモニター画面の見やすさ。松下によると全体を明るくしてモニター画面との明るさの差を小さくすることが快適だという。確かにわたしのオフィスの照明はイマイチと思うのは“蛍光灯の映り込み”だ。

 オフィスで使うマシン(エプソンノート)は輝度が低いので、PCモニターにカゲロウのごとく、ぼんや〜りと蛍光灯が映り込む。対照的に我が(カワユイ)MacBookのモニターは明るいので、蛍光灯が斜めにくっきり映る。PCマシン次第でFeu値設定も違うかもしれない。明るいマシンには明るいオフィスがよく似合ふ、と文豪ならぬブロガーは語りき。

 明るさはオフィスの広さ、机回りのパーティションの有無、天井の色や壁の色、窓の大きさなども関係する。“空間の明るさ”にはさまざまな要素が干渉するのだ。

【心を明るくする照明がほしい】
 なるほど!明るさはルクスだけじゃない!という気づきからいろいろ発想ができる。

・朝・昼・晩で明るさに対する感覚は違う
 集中力を高めるためには、朝は明るさ控えめ、昼は明るめ、夜は渋めかしら。
 午後2時頃には眠気を振り払うため、パッパッパッパと明暗を交互に強めるとか。
 え、かえって寝むくなりますか?

・やる気UPにはカラーもたいせつ
 オフィスを“発想室”にしたいなら、LEDランプで空間に色を付けるものよいか。
 赤は情熱色、青は冷静色というじゃないですか。月曜日はブルー、木曜日は
 山吹色とか、そんな設定も楽しそう。TVのチャンネル争いならぬ、オフィスの
 “色争い”が勃発しそうです。

オフィス効率は明るさだけでなく、気持ちこそたいせつ
 イヤな奴を見ずに済むフィルターとか、イヤな声を吸音してくれるパーティ
 ションとか。モチベーションアップの照明こそ、もっとも欲しいモノです。

 空間の明るさだけがやる気や効率の素ではない。“心の明るさ”こそたいせつ。  
 1 わたしのやる気アップ画像(小さめに)

【hmm…な灯りのアドバイス】
 先日、とある女性同僚と照明談義をしていた。名前は伏せておく。かねて疑問に思っていたことを率直にぶつけてみた。

 「どうして女性はあのとき、暗くして!っていうんだろう?」
 「やっぱり恥ずかしいからですよ」と彼女。
 「でもね、真っ暗にすると、今度は“暗すぎるわ”って言うのはなぜ?」 
 「それは・・・女もやっぱり見たいからかな」と彼女は頬を染めて言った。
 「なるほど!女も男と同じなんだ!」

 空間の明るさ、どこでもたいせつなんだ。合点がいったところで、今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年6月 2日 (月)

イラストレーター・もんちほしの誕生 (後編)

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

イラストレーター・もんちほしの誕生 (後編)
情感あふれる美人画をベジェ曲線で描き出す、26歳の女性イラストレーター
・もんちほし。彼女にしか描けないオリジナリティはどのように醸成されたのか? 
そして人はなぜ、彼女のイラストに“恋をする”のだろうか?
続きはこちら

 “うふふ”マーケティング始まって以来の2枚組、いえ2回物です。惚れ度合いが高いので前後編になりました。後編もお読みいただければ幸いです。

 わたしがもんちほしさんを知ったのは、またしても同僚Cherryさんから。彼女が○○印刷の元同僚Kuroさんらと会ったときに、もんちほしさんがいらした。そこでは“エバンゲリオン”の話で盛り上がったとか。

 Cherryさん曰く。「わたしはエバンゲリオンなんて語れません!」
 郷曰く。「僕もだよ。それって“グインサーガ”みたいなものだろ?」
 Cherryさん反語。「グインサーガって何ですか?」

 これがコンサルタントの日常会話です(笑)。ともあれCherryさんが「郷さんは絶対あの絵が好きです!」と高らかに言うので、その夜、“もんちほし”とググったとき“二次元の恋”に墜ちました。

Pict0056 戦利品写真

【私のマーケティング】
 結局これも運命だ、と思った。あ、恋の運命じゃないです!(残念ながら!笑) わたしにとってマーケティングとは何か?という想いと、どこかピピピとつながったんです。

 世の中一般に言われるマーケティングと、わたしの思うマーケティング、ずっと前からギャップがあり、違和感がぬぐえず、居心地の悪さが続いていました。それを何とかしたい、書いておきたいと思いました。そんな想いと、もんちほしさんの絵がどこかでつながったのがきっかけです。

 もんちほしさんの絵こそ、マーケティングそのもの。あるいはその前に書いたメッセンジャーバッグのAnaisさんのパッチワークバッグにもマーケティングがあるし、今週木曜日掲載予定のビジネスメディア誠のエッセイでとりあげるシューズデザイナーさんの生き様はマーケティングだと思う。

 教科書的にはマーケティングとは“セリングをなくすこと”と言われます。あるいは“お客さまの関心テーマを起点にすること”とも言われます。どちらもその通りだと思う。

 でもそれが“マーケティングのマーケット”に出ると、なぜかCRMとかSFAとかSEOといったシステム道具に化け、あるいは“マーケティング2.0”といった散布図みたいなコンセプトになる。おいおい、そうじゃないだろうと。声を大にして言いたくて。

 だから3人連続で女性デザイナーを取り上げ「マーケティングって、この人たちの行動そのもの」と伝えたかった。次回のエッセイもあわせてお読みくださればありがたいです。

【自転車と自動車の心象風景】
 話しは変わりますが、昨日(08年6月1日)はとても良い天気になり、ノースリーブ、ノー手袋(先日失くしまして素手です)、オンヘルメットで自転車にまたがりました。川沿いのサイクリングコースがいつになく気持ちがよかった。しばらく走ると、国道と交差点にぶつかり信号待ちの車を見ていました。フト、自転車ってこんなに気持ちがいいのに、自動車はストレスのカタマリだ!と思いました。

 キーワードでその違いをキワだたせてみます。

  <自動車のキーワード>
  燃費と燃料費、らくちん、でも渋滞イライラ、道不案内、GPSは便利でもロボット走行、
  保険が高い、法定点検しなくちゃ、洗うところ多い、などなど

  <自転車のキーワード>
  自分の力、風まかせ、追い風らくらく・向かい風つらい、渋滞なし、自然と一体、
  スピードは自分次第、さらばメタボ、手入れちょこちょこ、などなど。

 片やストレスいっぱいの乗り物、片や自分で漕ぐのはたいへんだけど、身体にもエコにもいい。できればそろそろ“自動車から自転車へ乗り換えたい”、ストレスいっぱいの乗り物から、自分のスピードで動かせる乗り物に乗り換えたいと思いました。自転車を漕ぎながら思いついた心象風景なので、夢みたいな話ですが。

【もんちほしさんに感謝して】
 さて、もんちほしさんの話でしめくくり。

 もんちほしさんにお会いして、なんとなく映画『ゆれる』の西川美和監督を思い出しました。ぱっと見はカワイイ女性なのに、その心の奥には人間の怖い部分をじっと見つめるまなざしがある。怖いというか、凄いというか。もちろん西川監督とお会いしたことはありませんから、想像ですが。

 若いのに深みのあるもんちほしさんにお会いして、目を開かれました。そうそう、蒸し暑くなったのに扇子が壊れちまったので、もんちほしさんのイラストを転写して自作しようかなと思っています。作成したら紹介します。では、ありがとうございました。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 1日 (日)

敬愛する女性たちへの(気持ちだけの)贈り物リスト

 明日(08年6月2日)ビジネスメディア誠に掲載予定の『イラストレーター・もんちほしの誕生(後編)』のことを考えていました。ゲイサイミュージアム2に行ったとき、もんちほしさんとこんな会話をしたのを思い出した。

 「ドMの話、おもしろかったです」
 「ありがとうございます。」
 (郷独白:ビジネスメディア誠に書いた“にしおかすみこ”の話)
 「あと、indiviの服を買う女の話もよかった」
 (こっちは“女を知る”は難しいの話だ)
 「はあ」
 「郷さん、いつも同じタイプの女性を好きになると、書いていらはりましたよね」
 「はあ」(ちとヤバい展開)
 「あの表の中で、郷さんが好きになった女性、どのタイプなんですか」
 (そうきたか)

 あの表とは、「見た目が男か女か」「心が男か女か」というマトリクス。その中で「私は見事にあるマスに片寄っていた。いつも同じターゲティングなのだ。」と正直に書いた。それでもんちほしさんはどのマスですか?と訊いてきた。詳しくはこちらへ

【hmm…なアドバイス119.敬愛する女性たちへの(気持ちだけの)贈り物リスト】
 正直に答えた。
 「あの・・・見た目が女で、心が男、そんな女性に惚れてきました」
 「やっぱり、そうだと思いました!」ともんちほしさん。

 まだ初対面10分後なのに、なぜ見抜かれたのか? 自分のガードの甘さを嘆き、もんちほしさんの慧眼に恐れいった。もんちほしさんのエッセイでわたしは彼女の恋バナに触れた。人の琴線を書き飛ばしてばかりぢゃ申し訳ないので、わたしが敬愛する女性たちのことを書こう。このブログに登場する女性たちが今日のテーマ。1品ずつ“仮想の”贈り物も添えて。

【Yukaさん】
 麗しき同僚、見た目は女性(姫と称される)ですが、心には闘争心と自負心を秘める。フルマラソンまで完走し、しかも今恋のさなかにいる“旬な女”。

「恋って落ちるもの?それとも昇るもの?」と訊いてみた。
ぜったい、昇るものです!」Yukaさんは誇らかに宣言した。
 ふ〜ん。わたしは自分の昔の恋メモリーをたぐりよせてみたが、皆紐が切れていて、紐が“恋の凧”に使われたか、穴に落ちて引っぱり上げられる救命具だったか、証拠不十分でした。

 そんな彼女に、ホットがあればコールドもあるマグカップを贈りたい!

Hotcoldmain Hotcoldmain3

 『HotCold Mug』 熱いときは HOT、冷たいときは COLD と色と文字で教えてくれるマグカップで、熱いと白く、冷えると黒くなる。冷えろ、と言っているわけじゃないデス。3900円。

【Mayuさん】
 最近お会いしていないが、Mayuさん元気ですか?彼女こそ見た目女!グラマラスですし(笑)。でも彼女ほどに頭脳明晰でリーダーシップがある女性は滅多にいない。それなのに“心チーママ”なので、男性の10人中9人まで撃墜されてしまふ。“心に女を育てる男が棲む”。微妙な言い回しですが。

 愛すべし彼女にはこれ!うさぎの塩コショウ入れ。うさぎ好きなのは外が女?内が女?

0060569img  006056904

 『bunny salt & pepper(バニーソルト&ペッパー)』塩胡椒だけでなく、七味唐辛子やシナモンやカルダモンを入れてもいいでしょう。2,520円

【Cherryさん】
 このブログで最多登場回数を誇る?相棒です。誠のエッセイでは“上げて寄せる”というくだりでもチラリズムで登場して頂きましたし、二度にわたる体験編(帽子づくり、ネイルケア)で付き合っていただいて。アタマが上がりません。見た目女性、心はサバサバで発想力も才能も豊か。彼女の才能の爆発を支援したい。相棒でもいてもらいたいのですが。

 そんな彼女の猫屋敷にはこれを!(なんとまぁ猫三匹になるといふので)

Catsinstylemain2  Catsinstylemain5Catsinstylemain3_2 Catsinstylemain6_3

 『Cat's in Style』猫4点セット。『爪とぎポール』『クッション型隠れ家』『箱型トイレ』『ドア』ナチュラル素材でハンドメイド。バラ売りはないようです。猫よりはずっと安いが¥36,000、それだけ払ってボロボロにされたら怒りますか?

Catsinstylemain1_2 36,000円のセット全貌。

【Tomoyoさん】
 ナチュラルにひたむきに生きている。内にパッションを秘め、地球の向こう側に飛ぶことを躊躇せずにやってしまう。先日こんな会話をした。

 「自分の中でこうやろう、ああやらなきゃといろいろ考えながらやっていたんです」彼女が情熱を注いでいる踊り(フラメンコ)のことだ。
 「手足や身体の振り付けだね」
 「アタマで考えたことが身体に伝わなくて、バラバラでパニックになってしまって」
 「それはつらいよね」
 「どうすればいいか、もう・・・わからなくなって。疲れ果てて、このあいだ、何も考えないでひたすら踊ってみたんです」
 「そしたら?」
 「先生が、“今まで一番よかった”と言ってくれて。何も考えないで踊れたねと」

無心で踊れた彼女は突き抜けたいけるかもしれないと思った。それで飯が食えるかまだわからないが、その入り口には立った。そんな彼女にはこれを。

Ghostvasemain Ghostvasemain3
 『Ghost Vase』アクリル板と花瓶。ほんとうの花と映り込んだ花が共鳴する。実の花は自分で、その自分の姿を客観視する鏡を持つ。それがテーマですね。ちなみに価格は11,500円。

【hmm…な一行アドバイス】
 もんちほしさんを初め、自分らしく生きようとする女性のことを考えるのは楽しい。“自分らしく生きる人を考えること”、それこそマーケティングのコアだと思ふのだが。今日は以上です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »