« 気まぐれにプリンアラモード、それともひと筋にキムチ? | トップページ | 雨の日々も楽しもう »

2008年6月13日 (金)

神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る”

 今日はすっかり晴れ上がり、気持ちんよか♪日になりました。キーボードを捨て、旅に出よう!ではありませんが、今日のテーマは野外アクティビティ2つです。

 まずひとつは“お寺カフェ”。同僚Cherryさんのお知り合いが運営されていて、ずっと前から一度行きたいと思っていた。東京タワーのすぐそばに、こんなに落ち着けるところがあるなんて。おっと目的は会社の仕事です。結果はNGでしたが。

Pict0096  撮影郷
 ゆったりとしたただずまい。境内の梅が“たわわ”に実っていました。 

 もうひとつは“マーケティングを切り撮る”です。カメラをもって街の風景を写し、“マーケティングな情景”を切り取ろう、街の中からマーケティングを感じ取ろう、というやりかたで、新入社員研修を実施しました。

Dsc00038 (撮影Cherryさん)
 ストローをぐいっと曲げてお持ちいただいたところに“
おもてなし”を感じた。

【hmm…なアドバイス128.神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る”】
お寺らしくゆとりある雰囲気を保つため
おもてなしには事前のご予約をお願いしております。
ご予約いただいた方にはお席を設け、お茶やお菓子で
おもてなしをいたします。
*ご予約席への飲食持ち込みも可能です

光明寺“神谷町オープンテラス”ブログより。

 Dsc00056
 境内の梅の木、初夏ですねえ。(撮影byCherryさん) 

都心ド真ん中、東京タワーのすぐそばのお寺(梅上山光明寺、日比谷線神谷町から3分ぐらい)である。その本堂の2Fテラスが、日中は持ち込み自由なカフェになる。見晴らしのよい境内に向かうベンチあり。向かい合わせの椅子とテーブルあり。ゆったり4人がけのソファあり。それらが想い想いに置かれる。1名〜4名までの席予約を電子メールで受け付けている。

Dsc00046
 1100〜1140/1145〜1225/1230〜1310/1315〜1400の4回転(撮影Cherryさん)

【このカフェは気持ちいい】
 店長は木原さん。丁寧なお話ぶりと物腰の静かさが心に残った。オープンカフェの風情に溶け込むような人。「何がよろしいですか?」と聞かれて、手づくりなメニューをめくるとほのぼのとしてくる。“本日のスイーツ”がわらび餅だというので、冷たいほうじ茶をお願いした。そのわらび餅は美味しいばかりか、ちょうど紫陽花の咲く頃、紫陽花をイメージした紫色の寒天を散らしてあった。お茶もスイーツも無料です。ただし“おきもち”を賽銭箱に入れるのを忘れずに。

Dsc00049
木原さん (撮影Cherryさん)

 Cherryさんとは古いお知り合いの木原さんに、あるお願いをしてみたかった。お寺のオープンテラスで“コンサルティングセミナー”を開けないか。セミナーは、おしぼり企業の若き熱血二代目をお呼びする革新企業への脱皮がテーマ。おしぼり=おもてなしなので、お寺カフェスペースがいいなと思いました。外部者のイベントはNGだというので断念しましたが、ブログでも開催をお知らせしますので(7月下旬予定)ふるってご参加ください。

 Dsc00061
 逆光がいい(撮影Cherryさん)

【“マーケティングを切り撮る”研修】
 午後は当社への新入社員4名と一緒に、“マーケティングを感じる”をテーマに街に出てみました。各自カメラを持って、おのおのが街角で感じる“マーケティングなシーン”を撮る。それを持ち帰り、プロジェクタで映し合って、何がマーケティングなのか?を雑談する。題して『マーケティングを切り撮る』。実はあるイベントに参加してから、わたしもCherryさんもカメラづいているのである。

 教科書を読むのではなくて“街角の現実”からマーケティングの「根っこ」「幹」「枝」「葉」「花」を感じて、写真に切り取る。そこから商品や売り方を見つめる目の肥やしにしてもらおうというのがねらい。ちょっとお堅い当社では、かなり調子ハズレの研修だが、やってみるとおもしろかった。

 わたしも含めて5人が内幸町から新橋までブラついて撮った写真、こんな感じだ。道ゆく人、看板、自転車、昭和と平成、ポスター、タバコ、モス、タリーズ、花、空間、ゴミ、POP、宅急便、張り紙、影、和と洋、和洋折衷、中華、日本中華、排水溝、安心、ほっと・・・などなど100数十枚

 何がマーケティングか、その解釈は人それぞれ違うがあるが、の中で毎日売れたり売れなかったり、生で起きていることを自分のファインダーにおさめて、自分なりに考えることが大切だ社会人になることとは、自分なりの教科書を作れるかどうかにかかっている。マーケティングの定義なんて忘れちまっていいけれど、その態度を忘れてはだめ。それだけ言いたい。

 さて新入社員4名の写真をひとつずつ掲載しよう。「自分がぐっときた写真を一枚メールしてくれ!」とお願いした。もっとマーケティングぽい写真があったが、きどった写真をよこしてきたようだ。そこには課題が残った(笑)。

Kawamura_san_no_001
 kawamuraさん。霞ヶ関にも緑が多い。そうです、緑な時代です。

Satosan_no_itimai_pict1183
 Satoさん。タリーズが好きだそうで。黒板書きうまいですよね。

Yamaguchi_san_no_ichimai_image018
 yamaguchiさん。携帯写メで粗いですがお花のPOPがみずみずしい。

Inui_san_no_ichimai_ca390159
 inuiさん。調理の煙と匂いがかもしだされているのはマーケティングだ。

 “マーケティングを切り撮る”ワークショップも企画化して、一般の方々に(安価で)ご参加していただけるかたちにします。今日は以上です。

|

« 気まぐれにプリンアラモード、それともひと筋にキムチ? | トップページ | 雨の日々も楽しもう »

コメント

YUKaさん、コメントありがとうsnail
そうですか、テレビにも出てたんですね。
外人さんもスタスタと階段を昇ってきて、
自然に座って食事を始めました♪
お寺もまた和の象徴です。

投稿: 郷/marketing omotenashi | 2008年6月16日 (月) 23時16分

神谷町のお寺cafe!
以前テレビで紹介されているのを見て、
行ってみたーーーーい!とブックマークしていたお店です。

cherryさんのご友人が経営されてるなんてステキですね!

投稿: YUKA | 2008年6月16日 (月) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/21607839

この記事へのトラックバック一覧です: 神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る”:

» 茨城の求人をサクサク検索! [茨城の求人 サクサク検索!]
茨城の求人をサクサク検索! [続きを読む]

受信: 2008年6月13日 (金) 22時44分

« 気まぐれにプリンアラモード、それともひと筋にキムチ? | トップページ | 雨の日々も楽しもう »