« 神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る” | トップページ | ニッポンの先端商品ー月桃紙、紅型、楮紙 »

2008年6月14日 (土)

雨の日々も楽しもう

 おや?南関東の今日の天気、もともと雨の予報だった・・・と思っていたら、一日中日差しも出てほぼ晴れました。してみると梅雨は6月後半に押し寄せてくるのだろうか?

 雨が降らないのに雨グッズを取り上げるのはナニですが、雨が降ったあとに雨グッズを買いにゆくのはめんどうだ。晴れている今の内に買いに行こう!どんなモノでも後の祭りでは遅い。今日は“雨の日に楽しい商品”をテーマに。

【hmm…なアドバイス129.雨の日々も楽しもう】
磁器でできているので、時間がたってヘニャヘニャになってしまう心配が
ありません。また、ホワイトボードマーカーで顔を描くこともできます。
描いた顔はティッシュ等で消すこともできるので、何度でも描き直せます。

引用元:caina

0611_30456314_ma_2terumain2 0611_30456314_sl_2terusam2 30456314_sl_3terusam3

 瀬戸焼きの“てるてる坊主”『TERU-TERU 風鈴』。説明無用な商品ですが、“てるてる坊主”を焼き物の風鈴にしてしまおうという発想がいい。顔(自分で書いては消せる)とカタチはてるてる坊主、チリンチリンと風で揺らぐところは風鈴。てるてる坊主をわざわざ買おうという人はいないだろうが、こんな風鈴ならぜひ欲しいと思う。

0611_30456314_sl_5terusam5 うらめしい眼。

 デザイナーは福岡迪子さん。サイズは高さ120mm、直径65mm。のっぺらぼうは¥2,940で眼や眼鏡の顔付きは¥3,465。イチオシは手書きですね。なにせ今どきの子供はもう作らないでしょうから、顔ぐらい書けよ。

【傘を忘れても葉っぱがあるさ】
 どんなに“あ〜した天気にしておくれ♪”と唄っても、降るときは降る。傘を忘れたら蛙さんなら葉っぱの下に隠れます。

0611_leafumbrella01 0611_leafumbmain

かわいらしい葉っぱの形をした傘です。雨の時期はとっても憂鬱になりますが、
この傘があれば、むしろ外に飛び出したくなります。子供の頃に思い描いた
あの感覚、街中で、通勤、通学中に思い出してみてください。

引用元 Generate 

 デザイナーAnouk Magis Jansenさんの『Leaf Umbrella』、葉っぱ傘。蛙になった気分で、これをもってチャビチャビしたい。道ゆく人に「一本折れてますよ!」と言われるのもいい(笑)。やっぱオヤジは持っちゃダメですか?MowLiftでは3色そろって販売中(5,040円)。

0611_leafumbmain2 0611_img48550245

【傘を傘の傘立て入れる】
 傘使えばしまう傘立てあり。ビチョビチョの傘を玄関に置くのは憂鬱ですが、傘を傘の傘立てに入れようかと思うと、何となく楽しくなる。

 5傘立てです。

傘をしまうには実は傘にしまうのが一番!?
そんな思いきったコンセプトを形にしたのがこれ、Giotto(傘立て)です。
傘をモチーフしたこちらの傘立ては、8本程の傘が収納可能。防水性抜群の生地を
使用してますので、しっかり水をはじきます。
引用元 Gadget Club

6 考えられています。

傘に傘を入れる、ウィットのある“Found Object”なデザインがいい。IDEAの『Giotto 布製傘スタンド』、このサイトではアウトレットが9,000円(定価15,000円)。お得です。

【レイン・カメラマンになりませんか?】
 雨こそ写真を撮りたい!という雨撮影マニアもいる。彼らは雨を待っている。

Dicapac2 ビニールに入れて写す。

DiCAPac α(ディカパック アルファ)は防水機能が無い普通のデジカメでも
手軽に海やプール、スキーなどで水中撮影ができるように開発された世界初の
ズームレンズ対応のデジタルカメラ用防水ケースです。
引用元 大作商事

Dicapac1 ごわごわはしそうですが。

 水中撮影もできるというデジカメ用の防水ケースならば、雨くらいへいちゃら。雨だとゲロゲロと出てくるカエルや、モノ言わぬカタツムリを接写したい。雨しぶきの中でも走るメッセンジャーバイクの若者を撮りたい。雨上がりの虹をじっと待っていたい。実は雨とカメラはよく似合う。さまざまなメーカー対応があり。あなたのデジカメもきっと大丈夫。3,800円。

【hmm…なアドバイス】
 最近「雨の似合う映画は?」というお題が流行りましたが、わたしが思い出したのはあの土砂降りの映画『セブン』だった(1995年作品)。B・ピット、M・フリーマン、K・スペイシーの名演が光った。どのシーンも雨がザンザン降りだ。そして“救い”は最後までやってこない(ラストシーンでようやく晴れわたる青空になるが、そこは赤く染まった)。

 たった今が雨だとしても、救いのラストシーンの青空が皮肉にムラサキに染まるとしても(青+赤=紫)、雨が止む日はいつか訪れる。その日に備えるのも大事なら、雨を日々を楽しむのも大事。そう思って自分を励ましましょう!今日は以上です。

|

« 神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る” | トップページ | ニッポンの先端商品ー月桃紙、紅型、楮紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/21623873

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日々も楽しもう:

« 神谷町の“お寺カフェ”と“マーケティングを切り撮る” | トップページ | ニッポンの先端商品ー月桃紙、紅型、楮紙 »