« 敬愛する女性たちへの(気持ちだけの)贈り物リスト | トップページ | Feu(フー)という明るさの新基準 »

2008年6月 2日 (月)

イラストレーター・もんちほしの誕生 (後編)

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

イラストレーター・もんちほしの誕生 (後編)
情感あふれる美人画をベジェ曲線で描き出す、26歳の女性イラストレーター
・もんちほし。彼女にしか描けないオリジナリティはどのように醸成されたのか? 
そして人はなぜ、彼女のイラストに“恋をする”のだろうか?
続きはこちら

 “うふふ”マーケティング始まって以来の2枚組、いえ2回物です。惚れ度合いが高いので前後編になりました。後編もお読みいただければ幸いです。

 わたしがもんちほしさんを知ったのは、またしても同僚Cherryさんから。彼女が○○印刷の元同僚Kuroさんらと会ったときに、もんちほしさんがいらした。そこでは“エバンゲリオン”の話で盛り上がったとか。

 Cherryさん曰く。「わたしはエバンゲリオンなんて語れません!」
 郷曰く。「僕もだよ。それって“グインサーガ”みたいなものだろ?」
 Cherryさん反語。「グインサーガって何ですか?」

 これがコンサルタントの日常会話です(笑)。ともあれCherryさんが「郷さんは絶対あの絵が好きです!」と高らかに言うので、その夜、“もんちほし”とググったとき“二次元の恋”に墜ちました。

Pict0056 戦利品写真

【私のマーケティング】
 結局これも運命だ、と思った。あ、恋の運命じゃないです!(残念ながら!笑) わたしにとってマーケティングとは何か?という想いと、どこかピピピとつながったんです。

 世の中一般に言われるマーケティングと、わたしの思うマーケティング、ずっと前からギャップがあり、違和感がぬぐえず、居心地の悪さが続いていました。それを何とかしたい、書いておきたいと思いました。そんな想いと、もんちほしさんの絵がどこかでつながったのがきっかけです。

 もんちほしさんの絵こそ、マーケティングそのもの。あるいはその前に書いたメッセンジャーバッグのAnaisさんのパッチワークバッグにもマーケティングがあるし、今週木曜日掲載予定のビジネスメディア誠のエッセイでとりあげるシューズデザイナーさんの生き様はマーケティングだと思う。

 教科書的にはマーケティングとは“セリングをなくすこと”と言われます。あるいは“お客さまの関心テーマを起点にすること”とも言われます。どちらもその通りだと思う。

 でもそれが“マーケティングのマーケット”に出ると、なぜかCRMとかSFAとかSEOといったシステム道具に化け、あるいは“マーケティング2.0”といった散布図みたいなコンセプトになる。おいおい、そうじゃないだろうと。声を大にして言いたくて。

 だから3人連続で女性デザイナーを取り上げ「マーケティングって、この人たちの行動そのもの」と伝えたかった。次回のエッセイもあわせてお読みくださればありがたいです。

【自転車と自動車の心象風景】
 話しは変わりますが、昨日(08年6月1日)はとても良い天気になり、ノースリーブ、ノー手袋(先日失くしまして素手です)、オンヘルメットで自転車にまたがりました。川沿いのサイクリングコースがいつになく気持ちがよかった。しばらく走ると、国道と交差点にぶつかり信号待ちの車を見ていました。フト、自転車ってこんなに気持ちがいいのに、自動車はストレスのカタマリだ!と思いました。

 キーワードでその違いをキワだたせてみます。

  <自動車のキーワード>
  燃費と燃料費、らくちん、でも渋滞イライラ、道不案内、GPSは便利でもロボット走行、
  保険が高い、法定点検しなくちゃ、洗うところ多い、などなど

  <自転車のキーワード>
  自分の力、風まかせ、追い風らくらく・向かい風つらい、渋滞なし、自然と一体、
  スピードは自分次第、さらばメタボ、手入れちょこちょこ、などなど。

 片やストレスいっぱいの乗り物、片や自分で漕ぐのはたいへんだけど、身体にもエコにもいい。できればそろそろ“自動車から自転車へ乗り換えたい”、ストレスいっぱいの乗り物から、自分のスピードで動かせる乗り物に乗り換えたいと思いました。自転車を漕ぎながら思いついた心象風景なので、夢みたいな話ですが。

【もんちほしさんに感謝して】
 さて、もんちほしさんの話でしめくくり。

 もんちほしさんにお会いして、なんとなく映画『ゆれる』の西川美和監督を思い出しました。ぱっと見はカワイイ女性なのに、その心の奥には人間の怖い部分をじっと見つめるまなざしがある。怖いというか、凄いというか。もちろん西川監督とお会いしたことはありませんから、想像ですが。

 若いのに深みのあるもんちほしさんにお会いして、目を開かれました。そうそう、蒸し暑くなったのに扇子が壊れちまったので、もんちほしさんのイラストを転写して自作しようかなと思っています。作成したら紹介します。では、ありがとうございました。今日は以上です。

|

« 敬愛する女性たちへの(気持ちだけの)贈り物リスト | トップページ | Feu(フー)という明るさの新基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/21360876

この記事へのトラックバック一覧です: イラストレーター・もんちほしの誕生 (後編):

» SEO・SEM・アクセスアップ | 情報商材・評価ランキング10-分野別-2008年5月30日版 [情報商材・評価ランキング10-分野別-]
SEO・SEM・アクセスアップの情報商材の評価が初心者でもすぐ分かる2008年5月30日版ランキングです。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 22時46分

« 敬愛する女性たちへの(気持ちだけの)贈り物リスト | トップページ | Feu(フー)という明るさの新基準 »