« “Ora Unica”と“駅”と企業ロゴ | トップページ | 水と紙のエンジン »

2008年6月10日 (火)

artgymという廃校活用

 こうして毎日書いていると、書くことに波があります。次から次へと見るもの読むものすべてが、ネタに見えてくるときもあれば、どれを見てもネタに見えないときもある。そんなときはブログを捨て、街を歩こう!

 というわけで街を歩いていました。あのアキバの殺人事件現場から末広町方面をぶらぶらと。オモテ街道ではなくウラ道を歩くのはほぼ習性です。すると、あららという意外な発見がありました。前学校だったはずなのに・・・。

【hmm…なアドバイス126.artgym(アートジム)という廃校活用】
 わたしはネコと同じ習性で、いくつも角はあるのに、たいてい同じ角を曲がり、たいてい同じウラ道を通ります。そこは中学校の前の道。都会の学校の哀しさで敷地が狭い。校舎をぐるりとランニングバルコニーが取り囲み、走っている子供の姿も見たことがあった。ところがフト見ると“アートジム”というような看板が。

 Artgym  左上の学校マークにも注目。

「artgym」とはアートをやりたい人々を対象としたアートのジムです。
(中略)「鍛える」のもよし、「遊ぶ」のもよし、「触れ合う」もよし。
その他あなたの望む生活スタイルを自由に実現させてください。

(引用元は同校のパンフレット)

Logo1
Logo2

 2007年から、千代田区立錬成中学校が廃校になって、服部学園 ochabiの運営する『artgym』になった。教室兼、アトリエ兼、工房というコンセプトで、美大生やアーチストが講師になって、一般の老若男女、親子連れに芸術を教える“ジム”である。

【コース内容】
 デッサン、油絵、イラスト、水彩画はもちろん、日本画やグラフィック、アート書道など盛
りだくさん。artgymの特徴は次に通り。

・初心者から上級者まで個人レベルに合わせた実技サポート
・ひとりひとりプログラムの作成を支援
・平日夜間は制作に打ち込める
 昼間に教えてもらい、そのままひとりで制作を21時まで継続できる。
・手ぶらで通える(画材道具はジムのロッカーに)

 Topph01 Topph16_2

 子供から大人まで、いや親子ペアで美術を楽しめる。コースの構成は体験コース(1ヶ月以内5回まで)を入り口に、「クラブ」「スクール」「チャーター」の3つのコースがある。

クラブ:デッサン、絵画、デザインなどの集中レッスン(18,000円/月~)
スクール:ベーシック、スキルアップ、作品出品の最大12回(48,000円/月~)
チャーター:仲間を集めて集団講義、実技指導など。

 年間18万円(月1万5000円)で、最小60回、最大100回以上通える。しかも納得するまで制作に打ち込める。講師のクオリティも美大生やアーチストなので触発されるだろうし、アート好きな知り合いも増える。かなりお得である。

 Topph11 Topph05
 アート学習指導もあれば、画材販売もある。

【廃校の用途】
 少子化の波で各地で学校が閉鎖され、毎年200校前後の廃校がある。廃校後の利用は高齢者施設や温泉施設、英国庭園、体験教室、集会所など、その地域のニーズにもとづいて活用されている。だが用途さえなく、グラウンドだけ使われ放置される例もある(ウチの近所です)。

 美術と廃校利用が結びついた有名な先行事例は『世田谷ものづくり学校』だろう。アーチストが何人も巣立っているし、ものづくりを食まで広げたメニューもユニーク。群馬県などには、特定のアーチストに教室を貸し出すという事例もある(木工作業の場などに作家が使う)。

 全体として老人向け施設が多いようだが、そもそも学校は“教える場”であり、“学ぶ場”である。教室や職員室、美術室や木工室まで、スペースも機能も教えたり、学んだりが似合う。なぜなら廃校されるまで、子供たちと先生の魂がそこで息していたのだから。

 だから廃校利用、単に遊休のスペースとして考えるより、教え学ぶ場として再活用したい。その意味でパブリックなArtgymは、最も理にかない情にかなう使い方だ。

【hmm・・・なアドバイス】
 やっかいなのは、建設時の借金(学校債)が残っている場合、建物の用途転換ができないという。アホなお役所仕事である。でもジムなら教育だからいいでしょう。語学ジムもいいし、ダンスジムもいい。木工ジム、楽器ジムもいい。もちろん手づくりジムもいい。教え学ぶという、生身の人と人ふれあいを広げてゆけば、孤立した人を減らして、あんな悲惨な事件も減るのではないだろうか。

 ブログを書き続けると“ブロガーズ・パラドックス”にハマる。それはブログを書こうとパソコンに向かい続けて、やがてネタに詰まる。ネタを探しに街に出るとブログを書く時間がなくなる。それがパラドックス。街を歩くとネタに当たる、それがartgymだった。タイミングといい今の想いといい、個人的にはかなり運命的な出会いを感じました。今日は以上です。

|

« “Ora Unica”と“駅”と企業ロゴ | トップページ | 水と紙のエンジン »

コメント

また遊びに来させて頂きます^^

投稿: ダンス スクール 大阪 | 2008年6月16日 (月) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/21550192

この記事へのトラックバック一覧です: artgymという廃校活用:

» 【群馬県】についてブログや通販での検索結果から見ると… [気になるワードを詳しく検索!]
群馬県 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 03時42分

« “Ora Unica”と“駅”と企業ロゴ | トップページ | 水と紙のエンジン »