« 骨のある生きかたをしたい | トップページ | マルチタスクの女王 杉山愛さん »

2008年7月13日 (日)

日本サッカー協会新体制のキックオフ

日本サッカー協会の役員人事が発表になった。協会の会長は前浦和社長の犬飼基昭常務理事。浦和レッズの冬の時代(J2降格)後に社長に就任し、常に上位を争うチームに育てあげた功績ゆえと言われるが、年功功績ゆえではない川淵キャプテンらしい会長指名のようだ。 

080712n_01 引用元 the stadium

 川淵キャプテンが犬飼氏を意識したエピソード、クルム伊達公子さん、平尾誠二さんという畑違いの理事起用(犬飼氏の指名という)、ダイナモと言われた北澤豪さんの理事起用から停滞するサッカー人気をいかにとりもどそうとするのか、観察したい。

【hmm…なアドバイス155.日本サッカー協会新体制のキックオフ】
『代表戦の集客低調、事業収入が不振 サッカー協会決算』

 08年7月12日の日本サッカー協会評議員会で07年度決算が承認された。日本代表戦の観客数が低迷(平均3万人)が原因で赤字すれすれ。コストダウンで何とか乗り切った決算だった。

20080703_13 う〜ん、レッズの試合の方がおもしろい。。。

 最新のFIFAランキングでは34位とアジアトップに立ったが、必ずしも魅力のあるチーム、試合ぶりとは言えない。JFA登録数も目標の200万人にはほど遠い(120万人)。Jリーグでも札幌など経営不振企業も目立つ。川淵キャプテンの認識は“サッカー冬の時代”、だからこそ弱かった浦和を立て直した手腕をまず買った。

【“サッカー界の夢のひとつがかなった”】
(レッズランドの)開業式典の出席を「それは、協会ではなく、Jリーグチェア
マン(当時は鈴木氏)の役目だろう」と(川淵キャプテンは)固辞した。犬飼
氏は、電話でこう言った。「サッカー界が夢だと言っていたものが現実に
なったんです。Jリーグ全体でかなえた夢のひとつを、一度でも見てもらえ
ませんか」 
引用元 スポーツライター増島みどりさんのコラム

3
レッズランド見取り図 スポーツいろいろ。

 『レッズランド』とは浦和レッドダイヤモンズが運営する会員制の地域密着の総合スポーツランド。見取り図にあるように天然芝サッカー場3面、人工芝1面、野球場兼用1面、フットサル4面、テニスコート11面、レンタルサイクルまである総合スポーツランド。2005年、東京農業大学から譲渡されて実現した。

 『地域密着、ホームタウン、総合スポーツクラブ』は川淵キャプテンの夢だった。サッカー界の夢ができた、という犬飼氏の言葉にほだされた。このひと言が会長就任につながったそうだ。じん、ときました。

【伊達さん、がんばって!(ファンです)】
 テニスも野球もできる総合スポーツクラブを作った犬飼氏の想いは、協会の新理事に現れた。なぜテニスのクルム伊達公子が?なぜラグビーの元代表監督の平尾誠二が?単なる意外性の社外取締役だろうか?

「2人には直に会っていろいろ頼みました。いい考えを持っている」
犬飼氏は自身の肝いりで起用したことを明言。
引用元

20080713k0000m050080000p_size5  4

 平尾氏起用はラグビーにとどまらない“視野の広い”発言がポイントだと思う。スポーツ人口をいかに増やすか、サッカーよりもっと人気のない競技からの視点を入れたい。もちろんラグビーとサッカーは共通点が多い。“展開・突破・切り換え”のゲーム展開、“蹴る” “走る” “コンタクト”の個人技。ラグビーとサッカーの共通競技場もできるだろう。

 復帰したクルム伊達公子さん。ブログを見ると「37才なのに400mを何本も走ってへとへとです」と。笑顔が素敵です。練習に試合にテレビ出演に雑誌取材、ブログもこまめに更新。そのスポーツ振興を通じて多くの人に影響を与える姿勢が買われた。今のサッカー界を見渡しても、そんな選手は誰もいない。せいぜい中田英寿氏くらいです。(追記:おっとカズがいました!三浦カズさんも次々期くらいの理事に抜擢したい)。

 意外な理事起用、スポーツ振興という視点でみればまったく意外ではない。誰しも色々なスポーツを楽しむのだ。サッカーだけのタコ壷にはまる方がよほどおかしい。

【ミッションがキックオフ】
 他の新役員人事もサッカー協会の国内ミッション(CHQ=キャプテンズ・ヘッドクォーター)に忠実である。新任の北澤豪さんは元日本代表で女子サッカーや海外分野を担当してきた。アジアのサッカーとOBとしての代表の盛り上げ。風間八宏新理事は「自分の役割は(若年層から)いい選手をいかに多く出すこと」と語る。

2  2007年のもの。

【hmm…なアドバイス】
 危機感を共有し、現在と将来のミッションを明らかにする。そして課題ごとに適材適所をする。これが組織運営の鉄則である。

 目先ばかり考えて仕事の割当てをする組織に欠けていることは“価値観の違い”。何を目指すかが共有できないから、ウワベの仕事を割当てておしまい。不満も恨みも蓄積する。離脱もある。コンサルタントの存在価値はそこなのだが・・・。今日は以上です。

|

« 骨のある生きかたをしたい | トップページ | マルチタスクの女王 杉山愛さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカー協会新体制のキックオフ:

» 【サッカー/Jリーグ】川崎フロンターレの新監督に風間八宏氏!筑波大再建の立役者がJ初指揮 [芸能スポまとめっくす]
1 :お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/04/19(木) 06:41:22.10 ID:???0  11日に解任された川崎の相馬直樹前監督(40)の後任として、元日本代表MFで関東大学1部・筑波大監督の風間八宏氏(50)が就任...... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 14時01分

« 骨のある生きかたをしたい | トップページ | マルチタスクの女王 杉山愛さん »