« iPhone行列とAppleマーケティング その2 | トップページ | 日本サッカー協会新体制のキックオフ »

2008年7月12日 (土)

骨のある生きかたをしたい

 おっと、タイトルは大見得を切ってしまった。“骨ある生きかた”を思へども思へども、じっと耐え忍ぶ。そうやって生きる人は多い。わたしもまたそうだ。骨に関するポジワードとネガワードをあげてみた。

ポジ:骨のある、気骨、土性骨、骨っぷし、骨太、etc.
ネガ:骨なし、骨折損、骨皮、骨惜しみ、馬の骨、etc.

 ポジでいけるか、ネガでカルシウム不足でぽっきりになるか。今日はがんばるためにも骨グッズを取り上げます。

【hmm…なアドバイス154.骨のある生きかたをしたい】
 まずは相棒Cherryさんが持っている『魚コード(なこーど)』。ふざけたネーミングだ。

41ckn5x1xsl_sl500_aa280_  くねくね。 51fvw3v16kl_ss400__2本も出した。

  問答無用の延長コード(笑)。尾をコンセントに、アタマを延長先に挿しこむと目がほんわり光るのも楽し。3800円。開発した明和電機、もともと玩具屋さんだがどうも変な会社のようだ。社訓は「やったもんがち、とったもんがち」。『明和電機 魚コードのできるまで』という本まで出版している。よし、骨のある会社を見習おう!

3  同社会議室の風景。

【これはかわいいウィッシュボーン・ソープディッシュ】
シンプルなデザインでも計算された緩やかなカーブで、難なく石鹸を
キャッチします。さらには、トレイがホネになっているので水が溜まる
こともありません♪
 引用元 AQUA

Wishbornlimg01   Wishborntop

 キッチンや洗面台やお風呂に、骨のあるヤツを置いておけば石けんをつかうのが楽しくなる。骨のくせしてクネクネ弾力があるのはナコードと似ている。骨のあるヤツとはツッパるだけでなく、弾力性も持ち合わせているのだ。これが教訓だ。PINK ROSA/CACTUS/TEALの3色あり、725円。

【骨は塩と胡椒でできている、文句あるか?】
 ソルトとペパーのシェーカー。『Dry Bones - Salt and Pepper』。

BonesBones2 

 白粘土を固めて中火で焼き上げるとこんなに美しい骨ができる。人間、燃え尽きると骨もぽろぽろですよね。父のぽろぽろの骨を思い出した。焼かれても美しくありたい!サイズは125mm、28ドル。A+Rで

【焼いても焼いても燃え尽きない】
 スカル(どくろ)のバックル付きのベルトだ。『Skull - Belt + Buckle

Skull   Skullbelt

 これは鋳鉄で、複数の層に絵柄を書き込んでいる。だからドクロが浮き上がって見える。このアートワークはぐっときました。ベルトのざっくり感もテイストがある。“骨の髄まで丹念に焼き上げろ”が教訓だ。A+Rで175ドルで販売。

 12sk03a  引用元 

 とても気に入ったので元サイトを探したら、美しいバックルがゾクゾクあり。話が脱線するのでこれ以上取り上げないが、デザイナーのBrooks Shane Salzwedelさんにはいずれ連絡したい。

【ひと皮むけたらCRAZY PIG】
 その昔、スカル・リングに込める意味を「人間なんてひと皮むいたらみんなこれさ」と言ったミュージシャンがいた。まさにその通りだな。

91f6b194    200508061c1d5e03 KR。

 ロンドン、コヴェントガーデンの工房で、デザイナーのアーモンド・セラが一品ずつ手づくりするスカル・アクセサリー、日本ではこちらで販売。スカル・リング、“自分自身のアドヴェンチャラスな指輪物語”を語れるようになったら買いたい。

【hmm…なひとりごと】
 燃え尽きて骨になるか。燃えてひと皮むけた骨になれるか。
 どっちも骨には違いないが、燃料と燃焼プロセスが違う。

 前者は“助燃剤”だ。後者は“炎そのもの”だ。
 ぐつぐつブチブチ言いつつ燃え尽きるか、かがり火から山焼きができるか。

 結論を出します。今日は以上です。

|

« iPhone行列とAppleマーケティング その2 | トップページ | 日本サッカー協会新体制のキックオフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/22245927

この記事へのトラックバック一覧です: 骨のある生きかたをしたい:

« iPhone行列とAppleマーケティング その2 | トップページ | 日本サッカー協会新体制のキックオフ »