« “自分づくり”の文庫本ノート | トップページ | Dellとnanoの新製品に想ふ。 »

2008年8月22日 (金)

睡眠にはサウンドを!

 夏の終わり、体力消耗なのか、カリウム不足なのか、寝ていると脚がつって起きたり、眠りが浅かったり。通勤電車で運良く座れて、さあ寝よう!と思います。ウチで寝るよりよっぽど熟睡できるのはなぜだろうか。

 それは“適度な雑音”があるから。電車のごっとんごっとん、デジタルプレーヤーの音楽。眠りとサウンド、密接な関係がある。そこで今日は眠りと音をテーマに。

【hmm…なアドバイス189.睡眠にはサウンドを!】
 まず西川産業から9月に発売されるサウンドシステム内蔵の多機能敷き寝具「ドクター セラ ルナ」。

0195602_01  引用元

ゆったりとした“月のリズム” と“ゆらぎのある音”を組合せ、自然音を
ベースにした「ルナリズム」を新開発。サウンドシステムを敷き寝具に内蔵
することで、スムーズな入眠を実現します。
引用元 プレスリリース

 寝具に内蔵したサウンドシステムで、“ゆったりとしたルナ(月)リズム、ゆらぎのある音を聴いて眠りを誘す仕組み。音だけでなく、温かくして入眠をうながす「速暖機能」、だんだん温める「温熱効果」、さらに酸性になって疲れきったからだを、弱アルカリ性の健康なからだにもどす「電位効果」まで備わる。iPodなどデジタルプレーヤーなどの音楽を再生も可能。

1

入眠から起床までトータルで心地良い睡眠をいざなう健康寝具である。価格はシングルサイズで294,000円、セミダブルが378,000円、ダブルサイズが420,000円。

【1/f2ゆらぎで眠りへ急降下!】
 西川産業のシステムの音楽は、自然な眠りを誘う “1/f2ゆらぎ”の音を組み込んだもの。武蔵野大学・生理人類学教室との産学共同で開発した。“1/f2ゆらぎ”の音とは、ロックやポップスなど激しい音楽が相当する。下図の左グラフにあるように音が45度の勾配でギュッと下がる。

6 8_2   
 こっちが1/f2、              こっちは1/f1 

 対照的な音が1/f1。クラシカル音楽のようなゆったりとした流れで、だんだんと勾配する。左は佐野元春さんの『スターダスト・キッズ』、右はモーツアルトの「フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299」。クラシックよりも激しいテンポが入眠リズムに合うそうだ。

【ビレバンでは音楽枕も売っている】
 もっとお手軽な入眠枕もある。『ネックピロースピーカー』はiPodなどを接続して、枕から流れる音楽を聴きながら眠ることができる。スピーカーの付いた枕。

00000vv946_5l  00000vv946_2l

 部屋中にステレオで音を鳴らさずに、耳元で入眠しやすい音楽を選べる。ビレッジバンガードで2,079円で販売中。

【hmm…なアドバイス】
 寝るのがひとりじゃなくて、誰かと一緒で、その人がいびきをかいたら、音楽を聴いても眠れなかったり。そんなときは『How to Sleep when Someone Is Snoring』の7つのアドバイスがいい。

1.パートナーにお願いして別の部屋で眠ろう(ウチが広ければね)
2.部屋を変われないなら、せめて耳栓をしよう
(耳にさわるけど)
3.バックグラウンド音楽をかけよう
(今日のテーマですね)
4.いびきの主に向こう向いて寝てよ!と命じよう
 
(必要なら、かわりに枕を抱かせてください)
5.ベッドとベッドの間にパーティションを置こう
(あんがいいいかも)
6.5番目までが効かないなら、あなたが睡眠薬を飲もう
(おっと)
7.睡眠薬も効かなくなったら、パートナーのいびきを数えよう

 いびきはたいてい同じインーターバルで発生する。それも“ガァ〜〜〜、フゥゥ”と、上ってはすとん落ちる繰り返し。それって、あのリズム、1/f2のゆらぎです。パートナーのいびきを数えているうちに入眠をさそわれて、自然に眠りに落ちるハズですよね。何十万も、いや2,000円さえもかけないで眠りに落ちることができるかも。

 それなら“いびきのBGM”ってありですか?今日はzzzで以上です。

|

« “自分づくり”の文庫本ノート | トップページ | Dellとnanoの新製品に想ふ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠にはサウンドを!:

» 便秘解消してくれる食べ物 [便秘解消してくれる食べ物]
便秘って辛いですよね!便秘を解消してくれる食べ物をご紹介します! [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 19時54分

« “自分づくり”の文庫本ノート | トップページ | Dellとnanoの新製品に想ふ。 »