« 王貞治さんに。 | トップページ | こぼれ話その2:“私”って誰? »

2008年9月25日 (木)

こぼれ話その1:COATEDインタビュー

 今日はITmedia Biz.IDのインタビューエッセイと、夜にアップされる予定のビジネスメディア誠の妄想エッセイへのリードです。まずは『2009手帳マッピング』のこぼれ話。

まぼろしの“ドイツ手帳”を求めて——COATED DESIGN GRAPHICS
COATED DESIGN GRAPHICSをご存知だろうか? ロフト、東急ハンズ、
丸善など大手店舗で個性派手帳を展開するCOATEDだが、しかしその
制作者の実態は謎のベールにつつまれたまま。そこで同社・齋藤聖一
代表への独占インタビューをお伝えしよう。
以下こちら

Pict0780 3つのcoated手帳.

 “2009手帳マッピング”と題してITmedia Biz.IDで始めた手帳シリーズの4回目。きっかけはわたしの手帳フェチぶりをビジネスメディア誠で知った、Biz.IDの鷹木さんの提案。夏のさなか、ふたりで手持ちの手帳やサンプルを広げて、“あ〜でもない、こ〜でもない”といいながら、“手帳ポジショニング”なる軸を引いて手帳を分類した。

 「手帳って、スケジュール管理ばかりじゃないと思うんです」とわたし。
 「そうですよね。みんなパソコンでやるし、これがあるし」と鷹木さん。ジーンズのポケットから取り出したのがiPhone white。

 「買ったんですか!」と白い筐体にみとれつつ。
 「買っちゃったんです。かわいいんです、これ」と白い筐体をなでつつ。
 「触らしてもらっていいですか」
 「なでてくださ〜い」

 こんなやりとりから今回の連載が始まった(笑)。

【COATEDへの想い入れをまん中にすえて】
 手帳で自己管理するのが苦手で、行き当たりバッ旅な生きかたのわたし、スケジューラとしての手帳よりも、アイデアの書き留めと発想の展開に興味があります。いち早く09年手帳ウォッチをしてきた鷹木さんも「やっぱりスケジューラよりも、日記や発想書き留めがトレンドであることは間違いない」とおっしゃった。

 アイデア手帳の連載構想を練りだして、どうしてもあの気になる手帳をまん中に据えたいと思いました。それがCOATED DESIGN GRAPHICS。ホームページもなければインタビュー記事も見たことがない。謎の作り手。でもCOATEDインタビューを絶対にやろう!とふたりで決めて敢行したわけです。

 その想い入れ、感じていただければ幸いです。来週はしめくくりです。

|

« 王貞治さんに。 | トップページ | こぼれ話その2:“私”って誰? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/24007490

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話その1:COATEDインタビュー:

» スクラム 中古車 [スクラム 中古車]
ニュース!!スクラム 中古車をご紹介してます! [続きを読む]

受信: 2008年9月25日 (木) 15時38分

« 王貞治さんに。 | トップページ | こぼれ話その2:“私”って誰? »