« 耳に痛いこと、痛くないイヤホン | トップページ | ポール・ニューマンの青い目 »

2008年9月27日 (土)

LONDON 100%デザインから

 今日は丸1日原稿書きでした。まずビジネスメディアのBiz.IDで短期連載する“2009手帳マッピング”。最終回の荒稿を書きました。これまで4回に渡りご購読いただきありがとうございます。最終回もよろしく。

 もひとつは今週のビジネスメディア誠の荒稿です。合計で5500字でへとへとです。その話題の中である展示会が登場します。東京でも来月末からやりますが、まずロンドンで9月24日 - 27日まで開催。その速報写真のご紹介をいくつかが今日のテーマ。

【hmm…なアドバイス220.LONDON 100%デザインから】

2 ロンドン

 Based in London, 100% Design is the UK's leading contemporary
interiors event for the contract market, attracting key manu―
facturers, star designers and major specifiers from the UK and
overseas.
引用元 100%design London
ロンドンを拠点とする100%デザインは、英国のコンテンポラリー・インテリア
デザインの国際見本市。英国や海外の製造業、デザイナー、発注者が来場
します

 95年にロンドンのキングス・ストリートで始まったイベント、今では“100%デザイン”と言う単語が世界中に通じるようです。デザイン好き、デザイナー好きは絶対に行かなきゃ!というイベントに育ちました。

【目玉オヤジじゃない!ヒザ小僧です】
 まず英国人デザイナーalex underwoodさんの“目玉オヤジ”。おっとこれスピーカー!ウケました。

Alex2 Alex1
 引用元 designboom

 アレックスさんは 'speaker buddies'、つまり子供がヒザ小僧をかかえている構図、と説明しているのでオヤジぢゃなかった。すみません。

Speaker_man アレックスさんサイトより

素材はポリスチレンで形成できるようで、高いリサイクル性とインテリアにマッチするスピーカーデザインがとても新鮮。これは欲しいので、ぜひ作ってください(コンセプト品)。

【ネックレスクロック】
 次はネックレスで造ったクロック(時計)。いやクロックがネックレス?

Thorn2 Thorn3

 アイスランドのデザイナーのthorunn arnadottirさんが制作したもの。その説明によれば;

・ネックレスの1ビーズ=5分
・つまり赤玉ごとに60分
・歯車の回転でビーズが一個落ちてゆく(5分)
・ネックレス一周は=1日
・銀色の玉は深夜の12時、金色の玉は昼の12時。

 なああんんて分かりにくい時計なのか!でも惹かれました。

【やさしい感性にほだされて】
 3つ目は韓国人デザイナーのkim sang meさんの陶器デザイン。下は“デザートボウル”。やさしい木の葉というか花というか、触りたくなるカタチがすばらしい。

Kim8 引用元 designboom

 次の花瓶のたおやかなうねり、ささえてあげたくなるフォルムデザイン。この感性の豊かさは嫉妬します。

Kimthumb 引用元 designboom

 こんな柔らかいモノづくりをするKimさんに惹かれました。ご自身にいつか逢いたい。

Kim5

【"節"足動物にこだわるロンドンの日本人作家】
 さらに100%デザインからではなく、その前の週くらいに開催されたlondon design festival 08より、気になった作品

Ik2 触らないで!

 女性のカラダのフォルムを描きつつ、かんじんのところがイボイボ(笑)。"節"足動物にこだわるデザイナー岩本幾久子さんの作。ロンドンでスタジオを開き活躍中。HPに見事な作品多し。

Enter_page3 Iku03 こちらより。

【hmm…なアドバイス】
 08年の100%design Tokyoは10月30日から11月4日まで神宮外苑で開催。

1

 作品の展示会でもあるが、試作品やコンセプト展示など、「これどうかな?」というお客さまの生の表情をうかがう良い機会でもある。“ぐっとくる”の見えない方程式を観察できる。今日は以上です。

|

« 耳に痛いこと、痛くないイヤホン | トップページ | ポール・ニューマンの青い目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/24071941

この記事へのトラックバック一覧です: LONDON 100%デザインから:

« 耳に痛いこと、痛くないイヤホン | トップページ | ポール・ニューマンの青い目 »