« 3MとAIPTEKが拓く“手のひらプロジェクタ”元年 | トップページ | アイデア手帳もアイデアも、1人ではいられない (Biz.ID短期連載) »

2008年9月17日 (水)

マーケティング・ブレインの365日 × 2ターン

 今日は“個人的なこと”がテーマです。個人のブログなのにそう断るのはオカしいのですが、このブログ(マーケティング・ブレイン)では、たいていはヨソの企業の“ぐっときた”の商品やサービス、起業家の奮闘やデザイナーさんら個人の創作について書いてきました。それが規定路線なのですが、たまには(たぶん年に2回くらい)は自分自身のことをPRしてもいいですよね?それというのもー。

 今日はマーケティング・ブレインの“365日 × 2ターン = 730回目記念日”

【hmm…なアドバイス212.マーケティング・ブレインの365日 × 2ターン】
 このブログをココログで書き出して以来、2年間で730回目を迎えました。欠かさずお読みいただいている少数の“コア友”はもちろん、一度や二度、通りすがりしてくれた皆さままで、ほんとうにありがとう!累計のPV数は(およそ32万)、ショコタンの15億に比べるとおよそ5000分の1ですが(笑)、書き始めた当初からしてマンなんて雲の上の数字で。

 なにしろ書いた当日、最初はアメブロで始めたのですが、たった一人の読者(笑)。だよね?Cherryさん。翌日くらいかな、Tomoyoさんが加わってくれた。あなたの言ってくれた感想、覚えてるさ。ネットというオープンな場で表現することは、いろんな意味でスリルだらけだったけれど、他にやることもないから続けてみようかなと思ってね。

【メッセージの力】
 “初心忘れるべからず”。マーケティング・ブレインのブログ3日目の2006年6月28日、タイトルは“メッセージの力”。そこから引用させてください。

 10007712507  
 “針のムシロ”のDixie Chicks (ディクシー・チックス)

 音楽だけがメッセージを売る商売ではない。われわれコンサルタント稼業はまさにメッセージの売り子だ。

 マーケティング大家のP・コトラー によると、マーケティング・コミュニケーションには5つの方法(広告、販促、PR、人的販売、ダイレクトマーケティング)がある。最近ではメルマガ、 Blog、SNS、バナー広告、SEOなどさまざまな新メディアが増えた。みんな「売る」ためのメッセージ伝達方法であるが、根底には「メッセージを信じてもらうこと」がある。

 メッセージには「率直さ」「ほんとうらしさ」「主張をかんたんに曲げないこと」が必要だろう。企業のメッセージのどれだけが本気で、ほんとうだろうか?偽装する食品会社やスーパー、インチキをする建築会社や土木会社、損保会社、生命保険会社・・からは、本気もほんとうも伝わってこない。

引用元 

【ナタリー・マインズのぶっ飛ばすチカラを心に秘めて】
 意外にいいこと書いていますよね(笑)。カントリー・ロックグループのディクシー・チックス、ボーカルのナタリー・マインズ(まん中)がわたしの“ヒーロー”。なぜならナタリーのパワーにには“それ”をぶっ飛ばすチカラがあるから。

 みんな、生きる上で何か&どこかで妥協しています。“妥協=社会の一員”のような不文律が日本社会にはあるし、それが自然なことだし、みんなそれを不思議にも思わない。それを受け入れて、まあ社会的にフツーであればいいねと思いつつ、何年も過ごし、そのある日、からだのそこかしこにアトピーが出てきて痒くて、ずっと苦しむ人もいる。痒みの原因はたいてい“仮面の一員でいること”の限界点なのです。

 創造とは、社会の価値観と戦うこと

 世の中に善悪なんて実はない。そのときどきの善悪に(無意識に)(いやおうなく)(あきらめて)(それぞれの立場や現実的な理由から)従う。社会の価値観と戦うことが、人間である存在理由なのに、多くの人は、ある日にそれをやめちゃう。

 ところが皮肉なことに、社会に埋没している先輩たち自身が、“ビジネスのルールはかげろう”と認識しなさいと言う。社会の価値観を自分なりにとらえて、自分なりに価値観を作り直しなさい、と先達者はいうのです。それがお客さまをいっそう惹き付けると信じて、ルールを作り直せと言うのです。それが新製品開発であり、新事業である。

 ビジネスルールのコアな部分=お客さまのコアな価値をつかみなおすこと。青春の反逆とビジネスの刷新は、実はつながっている。それこそほんとうのマーケティングであり、わたしのブログ・テーマでもあります。

【3つの顔を持ちます!】
 さて3年目の明日のブログ、ビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードを予定してますが、そのあと、日記=毎日にならないこともあります。それをご容赦いただきたく。

 所属会社の気楽なサラリーマンの立場を辞して、独立します。独立するからこそブログを書けと言われるかもしれませんが、実はひとり三役でブログどころじゃない!と思ってしまう日もあるかもしれないのです。三役は次のとおり。

 1.マーケティング・コンサルタント
 2.マーケティング・ライター
 3.クリエイティブ・ディレクター


 1はこれまでの仕事で、コンサルタントとしての業務領域は“お客さま視点から商品と売り方、そして作り方を変え、企業の価値観を変える”です。次の3つのシンプルメニューもご覧ください。

 マーケティングを“切り撮る”ワークショップ
  〜お客さま視点のマーケティングを感じる〜
  ご案内資料 「marketing_workshop_kiritoru.pdf」をダウンロード

 マーケティング“引力”ワークショップ
  〜お客さまを惹き付ける原点を体得する〜
  ご案内資料 「marketing_workshop_inryoku.pdf」をダウンロード

 Goot Advice(ぐっとアドバイス)
  〜このブログの誌上無料助言(お悩みうかがいます)〜 
  ご案内資料 「goot_advice.pdf」をダウンロード

 2の“マーケティング・ライター”はこのブログに加えて、ビジネスメディア誠、Biz IDに連載する“お客さまのまん中からの独特な視点”でのエッセイ。『SAKURAの春』“ビジネス青春エンターテイメント”の加筆・修正もします。“ダウンアンダー”でコバヤシと後藤が社会の価値観に立ち向かう物語、もっと生々しく。お楽しみください。

 3の“ディレクター”と気取った役割は、Cherryさんと黒っちとやる新事業です。そちらで書く郷のブログとリンクをします。来月からのわたしは“フリーマン”。Cherryさんまで一緒に“フリーウーマン”にできたのが、この拙ブログの最大の功績です。新事業のことはおいおい紹介しますので、応援してください。

【hmm…なアドバイス】
 わたし自身の今、アメブロでブログを始めた日から今へ導線があります。日々ブログで考えることを通じて、自分を作り直してきました。批判じゃなくて“ぐっときたこと”書こうとしました。匿名じゃなくて実名で書き、コメントもTBも受け付けたこと(TBは取捨しました)は炎上しないでよかったけれど、時にキツいことがありましたけれど。
 
 ブログを書き始めたい人、何を書こうか迷っている人、書き始めたはいいけど続けようかと迷っている人、とりあえず書きましょう、続けてください。できるだけ“見えないあなたの友人に”たくさん与えましょう。何かが変わるかもしれませんよ。いえ絶対に変わります。

 経営や商売のお悩みだけでなく、ブログの悩みもお聴きしますのでお便りください。ではまた明日(きっと)。

|

« 3MとAIPTEKが拓く“手のひらプロジェクタ”元年 | トップページ | アイデア手帳もアイデアも、1人ではいられない (Biz.ID短期連載) »

コメント

郷さん、二周年おめでとうございました。
ノーツのDBから出発して、HPになり、ブログになり、
そして飛びたって。
継続は愛をはぐくむナリ?!

郷さんの新しいお城には木のベンチがあるといいなあ、なんて
こないだ明治通りの古道具やさんでベンチ見かけて、
勝手に妄想してしまいました。

これからも応援しています。

一番最初のコメントに何をかいたか、
すっぱり忘れているトモヨでした。笑

投稿: tomoyo | 2008年9月19日 (金) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/23811607

この記事へのトラックバック一覧です: マーケティング・ブレインの365日 × 2ターン:

« 3MとAIPTEKが拓く“手のひらプロジェクタ”元年 | トップページ | アイデア手帳もアイデアも、1人ではいられない (Biz.ID短期連載) »